スホーンホーヴェン - 銀のお祭り

CIMG5047.jpg

今年も行ってきました!!
スホーンホーヴェンで行われた「ナショナル銀の日」。
私は、2年連続で同じところへ行こう、と思うタイプではないんですが、
このイベントはまったくの別モノ。
下手な外国に行くより全然楽しいイベントなので、
今年も眼の色を変えて(笑)行ってまいりました!!!
たぶん、いや、絶対…私は銀が好きなんだわ。

昨年はおひとり様のぽっちお出かけでしたが、
今年はそろそろ女同志のお買い物も楽しい年頃りすちゃんを
誘って行きました。

お天気予報もよかったせいか…昨年とはケタ違いの人ごみ。
3連休の最終日の祝日にもかかわらず、ロッテルダム郊外のバス停からして
ごった返していてビックリでした。

スホーンホーヴェンに着いたら、、、もっと驚いた!!
数あるブースは、人、人、人…でなかなか近付けないほどの人気なのです。
なんじゃ、この人ごみは。

それー、行くぞ。りすちゃん!!
と、二人で突撃しつつ(?)、楽しい銀のマーケットを楽しみました。


CIMG5042.jpg

って、これ、銀じゃないやん…って突っ込まれそうですが(…汗)。
お値段がお手頃な銀のブースはとても混んでいて、とても写真なんか
撮ってられません。なので、比較的空いていた石屋さんでパチリ。
一個1ユーロから売っているので、りすちゃんのお小遣いでも買えます。


CIMG5043.jpg

だから~銀はどこ?という感じですが…(汗)。
この街は、シルバーの街として有名で、この銀の日のマーケットでは、
シルバーに関するものがなんでも手に入ります。

この街には銀職人の学校もあって、アクセサリーを作る人もいるので、
必然的に石も売られているわけなんです。

すごいですよ。銀の職人に関するグッズ類。
こういう風に銀アートやアクセサリー、シルバー食器などが出来上がるのかっ!!
と、もう一日で銀に関することが習得できちゃうって感じ。
普通、、、街歩いていても、銀をどういう風に扱うのか?なんて
分かりゃしないもんね…(笑)。
ほんっと、面白い!


CIMG5046.jpg

これは、正統銀アクセサリー。
どれも一品ものらしく、お値段も高め…。
でも、とっても可愛いアクセサリーばかりだったなあ~。


CIMG5055.jpg

王室御用達の銀のお店の2階。
きらびやかな銀食器類がまぶしく飾られています。
お値段もついてなかったかな、、、たぶんミュージアム・モノ。


CIMG5057.jpg

別の銀専門店。
二階は完全にミュージアム・コーナーとなっていて、
銀に関する歴史が学べます。

一階はごった返していて…いったい何事?ってくらいでした。
でも、これだけ人が入っていると、気軽に覗けますよね。
ともかく高級ショップなんで、普段は足を踏み入れられないと思う(汗)。


CIMG5054.jpg

この街は…銀だけでなく、それ以外のお店もステキなお店多し。
素敵な手芸屋さんがあって、萌えた~~。
アンティーク・ショップ、ブロカンテなんかも可愛いものがいくつもあって。


CIMG5053.jpg

小さいブロカンテ・ショップ。私好みのものばっかりだったわ。
中で写真を撮りたかったけど、混んでいて断念。


CIMG5049.jpg

歴史的塔がOPENしていて、中に入ったら…アトリエだった。
時が止まったみたいな、すっごく不思議な空間だった。


CIMG5050.jpg

歴史的塔をくぐるとレック川(Lek)。
川沿いには、パタット屋さん(フリッツ屋さん)があって、
とても人気でした。どうやら高得点パタット・ショップらしい。
私も食べたかったけど、りすちゃんが
「私は普通のレストランで食べたい~」と言うので…涙。
だんなもいないのに、二人で川沿いレストランに入り、
大皿を腹いっぱい食べましたとさ。

ご飯を食べた後は、後半戦!
イザ! 買うぞ~~!?

CIMG5081.jpg

りすちゃんが手に入れたのは、葉っぱのブレスレット。
自分のお小遣いで買ってましたヨ~。
お値段50%OFFで10ユーロ也。
誰ですか?
猫に小判、豚に真珠、なんて言っているのは(苦笑)。


CIMG5074.jpg

私が買ったのはこちら。
チェーンが4ユーロくらい?トップが6ユーロくらい?だったかな。

人気のお店は、銀は重さで値段が決まるので、
小さいものだったら、かなーり安く手に入ります♪
安いですけどメッキじゃないですよ。本当のシルバー。

私は手を出さなかったけど、アンティーク・シルバーも多数ありました。
目利きがあればねえ、いいんだけど。
さっぱり分からん、、、。


CIMG5058.jpg

全然シルバーじゃないけど、、、
これはなんと3Dプリントアクセサリー。
生まれて初めて、3Dプリンターを見ました(後方ブルーのヤツ)。
すげー、こんなんなんだ!!!!


CIMG5059.jpg

将来、誰もかれもが3Dプリンターを持つ時代になったら、
いったいどうなっちゃうんだろう?!
ドラえもんの世界が近づいてきた気分です。


CIMG5064.jpg

最後にシルバーミュージアムに行きました。
もう、、、お腹いっぱい銀を見過ぎた、つうか、一生分見た気分だったので
ミュージアムで銀を見ても、感動もなにもナシ、、、汗。


CIMG5069.jpg

終了時間の5時前でもかなりの人ごみ。
今年はすごい人ごみだ!って売り子さんも言ってたけど、
ほんと、すごい人だったわーーー。


CIMG5071.jpg

りすちゃんは、〆のアイス(?)。

そんなワケで、今年も本当にワクワクの楽しい一日でした。
りすちゃんも楽しかったみたいで、来年もイザ行こう!と
母子で誓い合った帰り途なのでした。



line_10.gif





そらのおらんだ通信HPでもたくさんの観光情報を載せています。
是非こちらもご参考ください♪

133.gif オランダ観光はこちらから → オランダ観光
133.gif ヨーロッパ各都市の観光情報 → とっておきのヨーロッパ
133.gif ヨーロッパ旅行記はこちらから → ヨーロッパ紀行

line_10.gif

関連記事

オランダで自転車 ~ クラシック・カーと移動遊園地

CIMG5039.jpg

先週末の3連休は近くの村のマーケットに行きました。
馬マーケットと名付けられた1年に一回のイヤー・マーケット。

この日はバツグンに良いお天気で、もう自転車を漕いでるだけでウキウキ。
どうやら今まで一度もこの村を訪れたことはなかったらしく(…汗)、
そこへ行く道も初めて通る道でした。

馬やヤギ、羊などがたくさんいる雄大な風景が広がる道でした。
うーん、改めて分かりましたよ。
我が家は超田舎だったんだねえ~(苦笑)。
年に何度か、超酪農臭い匂いがするのですが、、、
それも大いに納得かも…。

さて。
この日は、移動遊園地のあるマーケットに行くとあって
我が家のムスメも元気いっぱい…苦笑。
張り切って自転車を漕いでいました~~!!

子ヤギや仔馬などを横目で見ながらスイスイ。
天気がいいので、気分爽快!! 疲れ知らずで行きました。

その村に到着すると、突如人が溢れていました。
ローカルなお祭りなんで、近所の村や町からやってくる人ばかりだと
思うけどね。


CIMG5021.jpg

緑溢れるマルクト。
このマルクトを見て、この村には今まで来たことがない、と確信。


CIMG4976.jpg

何軒か可愛らしい家もありました。


CIMG5023.jpg

マルクトで、大きな移動キャンディ・ショップを発見!
こんなん今まで見たことなかったなあ。

CIMG5027.jpg

うーん、魅惑的。。。
吸い寄せられるように近づいて、、、そしてお買い上げ(苦笑)。

このイヤー・マーケットは4日間に渡って行われていて、
この日はメインの馬マーケットではありませんでした。。。


CIMG4977.jpg

馬はほとんどおらず、、、。


CIMG4981.jpg

馬の代わりにずらっと展示されていたのが、クラシック・カーでした。
馬アレルギーのだんなは喜んでましたけどね。
そりゃ、そーだろな。


CIMG4985.jpg

ポルシェの女、りすちゃん?!


CIMG4990.jpg

アルファロメオ。 かっちょいー。
こんな日は、こんなコンバーチブル・カーでドライブしたいぞ?


CIMG4994.jpg

めっちゃ萌えたのが、このフォルクスワーゲンの
クラシック・キャンピングカー。
形も色も、可愛すぎる、可愛すぎる、可愛すぎる~~。。。


CIMG5006.jpg

アルピーヌ・ルノー A110 (だと思います)。
70年代のラリー・カーやね。
私は別に車なんて全然興味ないんだけど、、、
でも、、、それでも、かっちょいーーーー!と思いました。


CIMG5009.jpg

この日一等賞に選ばれていたのは、イギリスのMG社のもの。
し、知りませんでした…こんな会社…MG?!
ぴっかぴかでカッコ良かったけど、、、。

ともかくたくさんの車がだだっ広い草っぱらにずらーっと止めてあって
草むらにポルシェ、、、てのもオランダらしいな、なんて思いました。
大きなアメ車や、単に古いだけ?みたいな車もありました(笑)。

MGもそうだけど、トライアンフとか、、、知らない会社もいっぱいあって
勉強になりました。


CIMG4997.jpg

すごくかっこいいな、と思ったブガッティ。


CIMG5031.jpg

最後はお待ちかね、移動遊園地。
りすちゃん大興奮!!だったけど、、、個人的には、、、。
うるさいし、混んでるし、うげー、って感じでした(苦笑)。
ま、たまには、こっちだって我慢しなくちゃね?!


CIMG5037.jpg

帰りはまたまた気持ち良い道を通って。
こんな感じで、、、充実した気持ちのよい日曜日でした。



line_10.gif





そらのおらんだ通信HPでもたくさんの観光情報を載せています。
是非こちらもご参考ください♪

133.gif オランダ観光はこちらから → オランダ観光
133.gif ヨーロッパ各都市の観光情報 → とっておきのヨーロッパ
133.gif ヨーロッパ旅行記はこちらから → ヨーロッパ紀行

line_10.gif

関連記事

オランダで自転車 ~ タイムスリップ気分?

CIMG4963.jpg

最近すっかり出来なくなってしまった自転車に乗ってシリーズ。
シリーズ化していたのかい?とい声が聞こえてきそうですが…(笑)
私の中ではシリーズ化してます、はい。

が、しかし、、、最近は子どもがねえ。。。
面倒くさい、とか、疲れる、とか。。。いろいろごちゃごちゃいうものですから。

先週は彼女が誕生日会に呼ばれ、私とだんなのフリー時間が5時間ほど
あったので、チャーンス!とばかりに久々に自転車に乗って
1年ぶりに隣の島に行ってきました!!


CIMG4938.jpg

船に乗って隣の島へ。

いつも書いてますが、我が町のある島から隣の島へは橋がかかっていません。
今も相変わらずかかっていません。
保守的な隣の島は、色んな人が出入りするのを拒むために
わざと橋をかけていないのです。

地元を守るために橋をかけない、という効力は絶大です。
だって船がない時間は人が入れませんからね。
(とはいえ、別の島からの橋はあるので、大周りすれば
簡単に入れますけど。)

そして。
入って来ないのは人だけではなく、たぶん近代化の波とかカルチャーとか、
そういう目に見えないものも入って来ないのかもしれません。
この島に来ると、いつも、どっか別の国か?はたまたタイムスリップ
したような?なんとも奇妙な気分にかられます。
川の対岸に渡っただけなのにね。

さらに、この保守的な島は、いわゆる元々いるオランダ人
=白人が中心で、移民とかはあんまりいないみたいです。
ここに住んでいる日本人の方をひとり知っていますが、
子どもの学校も白人ばかりだ、って言ってました。
つまり、、、昔ながらのオランダがここにはあるのです。

こういうところに(外国人の私が)住むのはどうなんだろ?とは
思いますが、たまに訪れるのは楽しいですよ。
…プチトリップなんですけど、我が街やロッテルダムなんかとは
全然違う気分を味わえますからね。
そんなワケで、今回も、ほんの数時間のプチトリップを
楽しんでまいりました!


CIMG4971.jpg

何もナイ道をひた走ります。
ところが、、、何もナイはずなのに…この先、いきなり赤信号が!!

なんと、車の出入りを制限するため、この田舎道に赤信号があって
道路が閉鎖されているのでした。
自転車の信号だけ、青信号になっており、私たちは通れましたが…(汗)。

で、電気の無駄なんじゃ、、、?と思ったけど、
車の出入りを制限するためにここまでやるんですね?!?!
1年前はなかったので、、、この1年で信号機をつけたのでしょう。
さすが、保守島、やることが違うぜ。。。ビックリ。


CIMG4962.jpg

さて。
今回やってきたのは、島の歴史を伝えるミュージアム。

写真(トップ写真と共に)は貴族であったアッセンデルフト夫人が夏の間に
過ごした館だそうで、静かな緑の中に佇む館でした。
薄暗い室内から明るい外を眺めていると、、、何故か私の心には
ジェーン・オースティンの世界が浮かび上がってきました。
あの、、、高慢と偏見に出てくる強烈なコリンズ牧師の家は
こんな感じかな~?それとも姉妹が暮らした家がこんな感じかな?
なんか…流れている空気が映画の世界と同じなんですよね。


CIMG4942.jpg

ミュージアム内の展示。
まあ、よくあるオランダの昔の家の風景。

ミュージアムは2箇所あって、もう一箇所は大きな農家風の家でした。
内部には、この島の人々の昔の生活模様が描かれていました。

CIMG4951.jpg

昔は何軒もあったらしき靴屋さんの紹介。
当たり前ながら…昔はこの辺りでもグリム童話に出てくるような
靴屋があって、靴を作っていたんだねえ。

あと、戦争終結70周年記念の特別展示が行われていました。


CIMG4954.jpg

右の黒い筒のような入れ物は、連合軍が空からばら撒いたもの。
中には銃などが入っていたそう。
オランダの地下組織に隠れていた人々にばら撒かれたのです。

一方、左の大きなミルク入れは、地下組織に隠れていた人々を
かくまう場所だったそうです。


CIMG4955.jpg

落ちてきたイギリス空軍を助けた罪でナチス・ドイツから
死刑宣告を受けたこの島の住民。
死刑宣告はドイツ語で書かれていました。

私がオランダに来て13年近く。
この国の第二次世界大戦の出来ごとについて、ずいぶん詳しくなりました。
別に詳しくなろう、と思っているワケではないんです。
でも、あちこちでよく展示されているし、学ぶところがたくさんあるんですね。

いいのかな~こんなんで、と思います。
今や私は日本で起こった太平洋戦争よりもこちらのほうが詳しいのでは?
と思ってしまうくらいでして、、、こちらに比べると、
日本の戦争はかなり風化してるなー、とつくづく思うんです。

日本の隣国がいまだに「謝罪、謝罪!」とか言うの、確かにイヤだな~
とも思うし、オランダはもう今はドイツに「謝罪、謝罪!」なんて
言ってないよ?とも思うけど。。。
でも、最近日本のネトウヨと呼ばれる人たち?の
「もう70年も前の過去の出来ごと」の一言で片付けようとする
心理も非常に恐ろしいんですよね。

過去を知らなきゃ、それがどんなに恐ろしいことかを知らなければ
同じ過ちを繰り返す可能性があると思うんです。

戦争をすると何故配給制になってモノが手に入らないの?とか、、、
何故監視社会になるのか?とか、、、
若者たちが、自分の子供が戦争に行っちゃうんだよ?とか、、、
常に死と向き合う生活、死がゴロゴロしている生活なんだよ?とか、、、
今の豊かな世界では想像しにくいことにもっときちんと
向き合わなくちゃいけないんじゃないかなー、と、、、
こういう展示を見るたびに思います。

あー、ちょっと話が重くなってしまいましたが。。。
でも、5時間の短いプチトリップで私もちょこっと向き合ってきました!

帰りの道は…かなり厳しかったです。
最近、自転車全然してなかったからかな。途中でバテバテ。
見晴らしのよいカフェで、一服したいところでしたが
時間が…(涙)。

家に帰ってから、通ってきた道で見かけた売り物件情報を
見てみました!!!これ、よくやるんだけどね…(笑)


CIMG4967.jpg

この売り物件は17世紀に建てられた歴史的建造物。
昔は罪人などを裁く裁判所だったのだとか、、、。
しかも、地下室があって、そこで拷問されていたとか、、、汗。

もしや、、、もしや、、、。

幽霊が出るから売りに出されているとかーーー?!


804_groot.jpg

現在の地下室は…なんとキッチンでした。
だだっ広いキッチン。
いやだなー、こんなところで一人、料理は作りたくないです…汗。
いかがです????

こんな感じの、、、自転車に乗って、でした。



line_10.gif





そらのおらんだ通信HPでもたくさんの観光情報を載せています。
是非こちらもご参考ください♪

133.gif オランダ観光はこちらから → オランダ観光
133.gif ヨーロッパ各都市の観光情報 → とっておきのヨーロッパ
133.gif ヨーロッパ旅行記はこちらから → ヨーロッパ紀行

line_10.gif

関連記事

マーケットの季節到来

CIMG2873.jpg

ようやく待ちに待った春らしい日が到来!
これからがオランダのお出かけ季節です。

それでなくとも寒くて出かける気分がしないのに…
今年は、すっかりインドア派でドラマにハマる日々になってしまい
正直、春が来てもいまだピンと来ていないのが現実なのですが…(汗)
でも、やっぱりいい天気になったからには、
どこかへの外出を楽しみたいなー、と思っています。

どっか行きたいけど、どこへ行こうか?

そう考えた時に、マーケットを軸に行き先を選定すると、
行き先がすんなり決まったりします。

どの街も人が集まるマーケットを中心にその町の集客計画を立てているので、
たいてい盛り上がっているし、どの街もそのカラーが出ていて、
どこかしら違うので、いつどこへ行っても楽しいものなのです。
まー、天気が悪いと最悪になったりしますが…天気には注意です☆

日本から来た人でたまに
「オランダ、何もなくて楽しくない。隣のXX国にはあんなものがあって羨ましい。」
と隣の芝生ばかり見ている方がいますが、
そういう人は、結局どこに行ってもたぶん、、、ガイドブックに載っている
ありきたりの観光地や口コミで聞いた特定の場所しか楽しめないんじゃないかな、
って思います。

逆に、どこへ行っても楽しめる人は、スペシャルな空間を見つけるのが
得意なんじゃないかなー。私の友達なんか、ほんとすごい…!!!って
なんか以前もそうつぶやいたことありますが…でもそういう人は、
同じ場所に何度出かけても、全然違うものを発見してきて
何度でも楽しめちゃったりするんですよね。

***********************************

オランダのマーケット情報はどうやって見つけるの?という方に。
オランダのマーケット情報はこちらで全情報が確認できます。
どこかへお出かけの際の参考にしてください。

オランダのマーケット情報


さて。
今回、ご紹介するのはロッテルダムのSwan Market。
1カ月に一度限りのライフスタイルのハンドメイド・マーケットです。
(ロッテルダムは入場1ユーロ、18歳未満は無料)

このマーケットは2010年にロッテルダムで始まった歴史の浅い
マーケットですが、かなり盛況らしく、徐々に他の都市にも飛び火。
今年はアントワープ、デンハーグ、ユトレヒト、ドルトレヒトなどでも
開催予定だそうです。

あんまり大きくありませんが、天気の良い日曜日にぷらっと出かけたい…
そんなマーケットです。

マーケットの内容は、ぜんぶ出店者の手作りものばかり。
こんなん作って売りにだすのか…!!
ここに出かけたのは昨年のことなんですが、
昨年はぷー太郎だったこともあり、店舗を見て創作意欲が沸きましたね~。
ハテ、あの創作意欲…どこいっちゃったんだろ。。。
頭の中に次から次へとアイデアが沸き上がってきたのに、
今はしゃぼん玉のように消えちゃいました…汗。
やっぱり仕事を持つってことは、いい面もあれば悪い面もアリ?

まー、それはさておき(苦笑)、このマーケットの雰囲気は最高でした。
売り子さんは、売っているものが自分の創作物だから、
お客さんに褒めてもらえばめっちゃうれしいみたいで、
皆、るんるんしているし。

お客さんも、手作り作品を見て、これがいいだのあれがいいだの、、、
やっぱり普通の既製品を見るのとは違いますよね。
お気に入りの一点物が見つかる可能性があるわけですからね。


CIMG2877.jpg

CIMG2880.jpg

天気も良かったので、、、おひとりさまでもサイコー気分でした(笑)。


CIMG2886.jpg

でも、友達や家族とぷらっと出かけたら、もっと楽しいかも?


CIMG2888.jpg

子どもたちも、、、ぷちリゾート気分で遊びに夢中?!


CIMG2889.jpg

Kalm now maar... geen zorgen (落ち着いて。心配いらないよ。)
Alles komt goed (きっと全てうまくいくから。)

帰りに見かけたボード。
翌日テレビ撮影を控えて「ホント、大丈夫かな~」
なんて不安に思っていた私の心にとても響く言葉で、
その上、とても可愛らしいボードだったので思わず記念に1枚。
マーケットの入り口付近、ボイマンス美術館のお隣に立ってます。

SWAN MARKETの情報はこちら: swan marketの日程


line_10.gif





そらのおらんだ通信HPでもたくさんの観光情報を載せています。
是非こちらもご参考ください♪

133.gif オランダ観光はこちらから → オランダ観光
133.gif ヨーロッパ各都市の観光情報 → とっておきのヨーロッパ
133.gif ヨーロッパ旅行記はこちらから → ヨーロッパ紀行

line_10.gif

関連記事

言葉が通じなくても伝わる真心

CIMG3296.jpg

日差しが春満開の日差しになってきました。
ついに来た春~~♪

いつもはこの時期になると、どっか行きたい~という気分で一杯に
なるのですが、今年は…

・ピアノを買った
・ドラマを見るのに忙しい
・春だ!夏だ!!ソーイングだってやりたいぞ(しかも今日布を大量購入…汗)
・そろそろお庭の手入れもねえ~

ということで、なんだか忙しくて旅行気分ではありません、、、。
私と言えば、今まで、ずーっと、何より旅行が楽しみぃ~だったのに。
執念でも出かけていたのに、、、。
どうした、私?!

まあ、そうは言っても、どっか行きます。
私の場合、直前に決めてGOということはあんまりないんで
(だいたい直前は面倒くさくなってしまうタイプ)
前もって決めなければいけません。

行き先はどこにしようか?…などと考えていたら、
昨年のフランスの夏旅行のことを思いだしました。
今年は残念ながらフランスには行かないのですが、、、。

フランス人って。
実は私、昔はあんまりいい印象は持っていなかったんです。
私は昔、アメリカ至上主義者みたいな人だったんですよね。
アメリカが一番~って。

だからなんとなくアメリカから見たフランス、てものにかなり影響されていて
「あいつら、英語、全然話さんぜ~~」
「英語で話しかけてもフランス語で返す」
「自国が一番と思っている人々」
といったようなちっぽけなエピソードに完全に操作されていました(汗)。

今思うと、バカだねえ~の一言。

というか、自国が一番、当たり前じゃん?
それだけ自分の国のことを誇りに思えるなんて素晴らしいじゃん?

それに、、、英語で話しかけてもフランス語で返す、、、
なんかそれって身近に思い当たるフシが。
オランダ語で話しかけれられても回答は英語で返す困った人。
それは何を隠そう、、、私でございます(涙)。

いやー、話したいのは山々なのよ。
でも、通じないこと多い。
英語のほうがてっとり早い。
だから、面倒になると切り替えちゃう。
いかん、いかん、、、と思いつつ、、、ずーっとコレ。
今はフランス人の気持ち、すっごくよく分かるよ~~!!!
ごめんね~~誤解してて!!!!

、、、しかし。
最近は、旅行行くのに会話が通じるかなんてどうでもいいんじゃ?
て思うことが多くなってきたような気がする。

ホラ。
日本にやってくる海外旅行者もよく言うじゃない?
言葉が通じなくても、日本人のおもてなしは素晴らしい、って。

だんなの元同僚(←オランダ人)とその奥様(←台湾人)なんて日本の大ファンなんだけど、
彼らに一度お会いした時、いかに日本人が素晴らしいか、ってことを
力説してくれました。

「あんなに親切な人々は世界中どこを探してもいないって」
「言葉なんて全然分からないけど、本当に素晴らしい国だよ」

いったい彼らは日本のどこで何をされたのか?…汗
逆になんだか私はびっくりしてしまったんですけれども、、、
言葉なんて分からなくても、身振り手振りでも、真心って世界共通で
通じるんだなーなんて。

そして、旅行の思い出って「XXをした」とか「XXを食べた」とか
「XXを買った」というよりも、むしろ人々のつながりとか真心とか、
そんなものが色濃く残るんじゃないかな~。
あれ?前もこんなこと書いたかナ???

実は、昨年フランスに出かけた時に泊まったB&Bでも、
言葉は通じなくても伝わる真心を体験しちゃいました。

今回はこれを書いて、旅行気分をアゲて行きましょう~~(苦笑)。

さて。
昨年泊まったジヴェルニー(モネの庭の近く)のB&B。
どうしてもそこに泊まりたくて、、、メールしたけど返信がナイ。
電話したら、フランス語でぺらぺら言い返され。。。
いったいどういうところなんだ、ここは?!
と思ったけど、それでもしつこく3度くらいメールして、
なんとか予約しました。
行くまではナンナンダ?と思ったけど、要するに英語、
本当にほとんど通じなかったの(苦笑)。

でもねえ。
駅に迎えに来てもらった瞬間から、あー、この人はすごいいい人だ、
てことがビビビと分かっちゃいました。全然言葉は通じないのに…
なんなんでしょうね。本当に。

B&Bで待っていらした元気な奥様も…これまた、だんなさまとは
タイプは違うんですけどすごくいい人で。
フリをしている、とか、押しつけ、とか、そういうんじゃないんだよな~。
なんなんでしょうね。本当に。


CIMG3267.jpg

子どもはやっぱり敏感。
ホストがとてもいい人、ということはすぐに分かったようで、
マリーのところにまた行きたい、と言います。


CIMG3271.jpg

マリーとギルバートの家。
イギリスのB&Bもいいけど、フランスのB&Bもいいですねえ。


CIMG3275.jpg

CIMG3317.jpg

チャイルドフレンドリーな環境でした。


CIMG3307.jpg

豪華な朝食と美しいブレックファストルームも特筆もの。


CIMG3309.jpg

言葉が通じなくても、、、なんだかすごいおもてなしでした。


CIMG3328.jpg

朝食の後はぷらぷら歩いてモネの庭へ。


CIMG3367.jpg

キラキラ輝くスイレン。
小さな村なのに、ものすごい入場者数デシタ、、、。

今でもここの滞在のことを考えると、ほほ笑んでしまいます。
ほんのりとやさしいフランスの思い出。
今年もこんな旅行が出来たらいいんだけどな。

ジヴェルニーのB&B: プチホテル・B&Bふぁいる - フランス



line_10.gif




line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング

ソーイングブログランキングはこちらから↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村
関連記事

娘とデート ~ アムスで美味スイーツ

CIMG4541.jpg

少し前ですが、りすちゃんと二人でアムステルダムに遊びに行きました。
その週末内に使わなければいけない電車のフリーチケットがあったので。。。
このフリーチケット。安いから、という理由でよく買っているんですが
結局、いっつも最後の最後に「どっかへ行かなきゃ。」という状況に陥ってます。
無理やり出かけるんじゃ、高いんだか安いんだか、ですよねえ~(苦笑)。

今回は、アムステルダムに美味しそうなケーキ屋を発見したので、
アムスに行くことに決定☆

内心ケーキのためにアムスまで行くか?という気がしないワケでも
ありませんでしたが、まあ、どっか行かなきゃ。の状態なんで。。。(汗)。

考えてみれば、りすちゃんと二人でアムスに行くのは初めて~。
彼女は、相当浮かれてました。ふ、ふ、ふ。。。


CIMG4540.jpg

ママとお出かけ、るんるん、とテンションの高かったりすちゃん。
年末年始も日本でずっと二人、べったりだったんだけどね。。。
お世話が大変で面倒くさいなあ、と思う私も最近は彼女との
お出かけが楽しみになってきました。
それだけ、彼女もコンパニオン(仲間)になってきた、ってことかなあ~。
うれしい成長ですね。

ま、でも、途中は文句もタラタラ~。
相変わらず大変であるのには変わりありませんケド。


CIMG4546.jpg

さて。
今回見つけたスイーツショップは、フランスからの高級チョコレートを使った
全品ホームメイド・オリジナルのチョコレートを中心としたお店です。
中には、小さなティーサロンも併設されていて、雰囲気は完璧おふらんす。
名前もカフェ・ポンパドゥールと、、、おふらんす~。


カフェ・サロン ポンパドゥール


もう、私は…前日からホームページを見て、どのケーキを選ぶか
必死になって考えておりましたわ。。。はははは。
全然選べなかったので、当日サロンのおじさまに
「お薦めはどれ?」と聞いてみたのですが、「全部」と答えられてしまいました。
そっかー。そうくるか~~~。

仕方ないので、えいや、という気持ちで(適当とも言う)選びました。


CIMG4543.jpg

りすちゃんは純粋なチョコレートケーキ。


CIMG4544.jpg

私は、カラメル&チョコ。

いやー。やばいっすね。ウマすぎ、、、です!
しかも、かなり大きい。
最後まで食べるのに苦労するくらいでした。
昼時に飛び込んだので、これが立派な昼食となってしまいました(汗)。

それにしても。
トルテ系ケーキはまったく美味しくない、、、とされたオランダでも
こんなケーキが登場するようになりましたか~。
私、感激でござる~~~。

まあ、私の心境はそんな感じデス(笑)。

お値段は、ひとつ5ユーロ強とオランダにしては高めでしたけど、
まあパリやウィーンで高級ケーキを食べるのだと思えば、、、。
それに値する価値は充分ありますよ!
もちろん、コーヒーも美味しかったです。

ひっきりなしに入ってくるお客さんは、どちらかというとオランダ人で
さすがアムスの人はこの手のケーキも受け入れるようになったのですねえ。
うちの街じゃ、、、ムリだと思うけど(汗)。


CIMG4545.jpg

チョコも美味しそう♪

ケーキを楽しんだ後は、二人でぷらぷらしつつ、
アムステルダム博物館へ向かいました。

最初は、子ども博物館部分に入ったのですが、そちらも面白かったし
(ただしオランダ語必須)、後に回ったDNAという展示も面白かったです。


CIMG4548.jpg

おバカな写真を撮ってみました~。
りすちゃん、兵士になる。


CIMG4550.jpg

おバカな写真その2も撮ってみました~。
りすちゃんが100人。


CIMG4547.jpg

アムステルダム。
昔は○年に1回くらいしか行かなかったのですが、
最近はよく行くようになりましたね。
そして、、、最近は行くたびに、、、好きになります。
ヤバい匂いは相変わらずして臭いけど、
前より「ヤバい街」という感じはしなくなったかなあ~。
それだけ、アムステルダムが変わったのか。
それとも、私が変わったのか。

それとも、、、。両方かな。



line_10.gif




line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング

ソーイングブログランキングはこちらから↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村
関連記事

新コンセプト オランダNo.1のカフェ

CIMG4265.jpg

またまた新聞でオランダのベストコーヒーコンテストが開かれました。

な、なんと…!!

ベスト10のうち、3軒がロッテルダム~~~!
しかも1位、2位独占!
すごい!!ロッテルダム!びっくりですよ。
一方、アムステルダムはトップ10に1軒も入りませんでした。
って、こういうことを書くと、オランダ人だったら
アムス対ロッテで喧嘩になっちゃいますね(苦笑)。

1位になったカフェには行ったことがなかった、というか
その存在を知らなかったので、さっそく行ってみることに。

1位になったカフェ: Urban Espressobar West

EastとWestの姉妹店があるのですが、一位になったのはWest
だったので、当然Westに向かいました。
ここは…テレビでもご紹介した、今、ロッテルダムで一番ホットな通り。
このカフェもここにあるってことは、、、やっぱりホットなのですね。

カフェはこの通りの外れも外れ、周りはまだ怪しげなお店もチラホラ
あるような場所にありました(苦笑)。
まあ、私は最近このミックス感が楽しいんですけどね。

中に入ろうとすると…やっぱり混んでましたね~。
知っている人は、当たり前ながら知っているワケです(笑)。
11月というのに、暖かいお天気で、外でカフェを楽しむ人も多数いました。


CIMG4258.jpg

このカフェの特徴は…なんといっても、ヘルシー志向。
メニューを見ると、一目瞭然です。
特に私が目を引かれたのは自家製ケーキメニュー。

イチジクのチーズケーキ
ダーツのケーキ


健康食品の定番であるイチジクやダーツを使っているので
とても気になりました。

今まで、オランダで、ケーキ=ヘルシー志向って、、、
そういう構図に出会わなかったような気が…。気のせい?
たいがい甘~い、いかにも体に悪そうなケーキですからね(苦笑)。

せっかく行くからには、このヘルシー志向を確かめてみたい、
というわけで、
飲み物は「soya(豆乳)カフェラテ」
ケーキは「イチジクのチーズケーキ」
を頼みました。

まずはカフェラテ。
これが…やっぱり美味しい!
豆乳ってどうよ?と思ったけど、全然分かりませんでしたね。
喉にすーっと入ってしまう軽さとコーヒーのうまさがミックス
されていて、ひたすら飲みやすい。こりゃ、ハマりそう…。


CIMG4259.jpg

写真はちょっとぴんぼけですが。

そして、イチジクのチーズケーキ。
こちらは、やはりヘルシー志向であんまり甘くない。
食べているだけで、ヘルシー!って感じ(笑)。
イチジクは乾物を使っており、それがボロッとしてしまう
のが少し残念ではありましたが(1日お茶にでもつけるのが
いいのでは???)、一気に食べて甘さ残らず、という点は
よかったです。

一方、りすちゃんの頼んだチーズケーキはオランダのチーズの
うまさが充分でていて、すごく美味しかったですねえ~。
少しつまんだだけですが、あー、また食べたい。
今度行った時は、これを頼みたいです。


CIMG4262.jpg

あと。だんなが頼んだ、ココナッツ・レモンケーキ。
お味見しなかったのですが、こちらも美味しそうでしたね。

生クリームがかかっていたので、甘いのかな?と思いきや…!!!
なんと生クリームは生クリームではなかった!(らしい)
生クリームが大好きな国民の国で生クリームが生クリーム
じゃないなんて詐欺だって怒る人がいるんじゃないか?と
思っちゃいますが…(←大げさ?)、これが全然甘くない
ヨーグルトのようなものだったそうです。
もしかして、豆乳で作ったクリームだったのだとか???
味見すればヨカッタなあ。

へーーー…。

これはなかなか…。
色々新しいコンセプトを出すカフェで面白い!!

こういうカフェが出てきて、それが受け入れられるっていう
土壌が整ってきた、ってことは、やっぱりオランダの
(ロッテルダムなどの)食文化が上がってきたということなのだなあ
と思います。

最近は、本当に次から次へと新しいお店が出来るので
、、、ついていけません!
ほんと…こりゃ、嬉しい悲鳴です。
確実にオランダ、変化していますよ!



line_10.gif



line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング

ソーイングブログランキングはこちらから↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

そらのくも

Author:そらのくも
オランダ生活も15年目に突入しました。

(ご案内)
オランダ情報は「そらのオランダ通信」でお届けしています。是非ご覧ください。

https://soraoranda.com/↓ ↓ ↓

photoeurope2.jpg

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
写真のこと
当サイトで使用している写真と文章の無断転載はお断りしています。


情報
line_10.gif
line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記のお好きな画像バナーどれかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです 。

heart3.gif クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
気になる本
オランダ生活に役立つ、今、自分が欲しい本を載せています(いわゆる備忘録)。



前回載せておいたフランス菓子は買おうと思ったら絶版になっていた。。。うそ~…!絶版になるのが早すぎる。今度こそ…。

ブログキーワード別カテゴリー

オランダ お出かけ 街並み 子ども ヨーロッパ 旅行 ハンドメイド ガーデニング カフェ ミュージアム 洋服 ショップ ソーイング本 自転車 子育て 教育 学校 オランダの話題 庭園 ロッテルダム カメラ ニュース レストラン オランダの食材 日本語教育 スーパー 国際結婚 おうちのできごと 

ブログ記事カテゴリー
最近のコメント
メールフォーム
ご訪問ありがとうございます♪♪
ブログ・HPの感想はこちらまで↓

mail-pen2.gif
ブログ内検索
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数: 現在の閲覧者数:
Flag Counter
月別アーカイブ