近頃流行るダサい服

DSC_016318.jpg

前回日本に帰るとき、飛行機の中でコンサートの映像を見ていました。今、若い人たちに人気ある有名グループを見ていてびっくりしたこと。それは、、、彼がジャージ姿だったことです。

え?まさか?!ロックコンサートでボーカリストがジャージ姿?!?!

この時、初めてスポーツイベント以外でジャージを着る外国人という存在を私の中で認識したのですが、それ以降、街中や電車の中を見回してみれば、、、けっこう、いる、いる、、、ジャージ男!ジャージ女!!…というわけで、今って、ジャージがトレンディなのですねえ。知りませんでした!!

日本人にとって、ジャージとは。これ、考えてみると、あんまりいい思い出がない人、多いんじゃないですか?ていうか、少なくともカッコいいイメージを持っていない人が多いのではないかと思います。

なんせ私は、地元中学で着させられるジャージが嫌で私立に行ったくらい(…苦笑)、ジャージ=ダサい、のイメージを持っていました。当時の地元中学といえば、ジャージ&ナップサック、そして三つ編み、もしくはおかっぱ頭(男児であれば坊主頭)。

なんでよりにもよって、これだけダサいオンパレードの服を着なければいけなかったのでしょう、、、。この年頃は、男も女も色気づく時期だから、なるたけそういう状況を排除したい、とかいうバカバカしい思惑だったと思いますが、前も言ったかもしれませんが、いかに管理したって、影で隠れることはいくらでもできませんから、無駄だと思うんですけどね~。

まー、今は、ちょっとずつ昔とは変わっていて、ダサいオンパレードの服も多少は改善されているのかもしれませんが、、、。

ともかく、そんなわけで、ジャージ=底辺!とジャージに対してよい印象を持っていなかった私ですが、なんですかね~。世の中、ジャージ支持の若者が増えているらしく、通学途中のティーンエイジャーにこんな服の人が多いです。

以下、いくつかのジャージ服、集めてみました。


ja-ji1.jpg

ja-ji2.jpeg

ん?ジャージ、結構カッコいい…かも???オランダは背が高い人が多いこともあるのかもしれませんが、背の高い人は、スーッとしたジャージ、けっこう似合っちゃいます(男性も女性も)。

TP721A0HI-E11@9.jpeg

こんな派手な色のジャージは、、、。日本人は間違っても手を出してはいけない…(笑)?日本でこんなカッコして犬の散歩していたら、なんて噂されるんでしょうかねーーーー。どうですか?

GLE22E006-K11@9.jpeg

これはブラック・褐色系の人は特にカッコよく似合うイメージですが、全体的に背の低い日本人はあんまり似合いそうにないですね(苦笑)。

ちなみに本日、我が家の背の高い娘さんが、こんな柄の超ショートパンツを買いました。これが、、、悔しいことに(?!)けっこう似合うんですよ。背が高い人がモデルになるっていう論理がなんか分かる気がする今日この頃、、、。

_AD122T00K-M11@9.jpg

うーーん。これは、このモデルさんでもちょっと微妙かも。これはまさに私のイメージするスクールジャージの色なんで…私の過去のイメージを払拭することができません。スポーツ時はいいですけど、街をこれで歩かれると目立つかもしれませんねえ?

_JL021A007-H11@11.jpg

なんだこれ(苦笑)?オートレース用???国王の日向け?!上下で着るとど派手ですねえ~。東京で歩いていたら、みんな見るかも。それを着ているのが私だったとしたら、もう頭のおかしいおばさん扱いかもしれませんねえ、ははは(汗)。

以上、いくつかのジャージをご紹介してみました。でも、やっぱり。あの頃の最低イメージがあるせいか、これが街角ファッションとなってしまうなんて…果たしてこれでいいのか?っていう気持ちになってしまいます。ジャージに対して、相当なるマイナスイメージを持っているらしき私。こんなイメージを私に植え付けた日本の中学校のダサダサ主義への拒否反応は一生続くに違いありません(笑)。
関連記事

イングリッシュ・ガーデン好きにはたまらないお店 - T.K.MAXX

DSC_110217.jpg


最近ガーデニングを頑張っているので、夜寝る前にイギリスの雑誌「Country Living」を見ながら眠りにつきました。わたしの好きなエッセンスがたくさん入った大好きな雑誌です。

はぁ~こんなものに囲まれて暮らしたら…!と思いながら、翌日、天気に誘われて仕事帰りにロッテルダム市内へ。言っちゃなんだけど、いかなるモノに対してもわたしの購買意欲はかなり低く、ロッテルダムで欲しいものに突如出会う、ということはないので、ぷらぷらしても何かを購入するということは最近は滅多にありません。

お気に入りのお店もないしね。北欧系のお店は最近増えてきたけど、北欧は可愛いけど、即購買しちゃう!というほど好きでもないのです。いつも言っていますが、この家にはモノがあふれていて、置く場所がないのです。だから、何かを買ってもそれを飾る場所もないし、たいていの場合、その場にほったらかしになってしまうことが多い。そしてそんな自分に嫌気がさしているので、物は滅多に買わないのです。

お金がなくてもわたしは「鉄壁」!なんてったって買う気にならないもんね~~!そう思いながら、何気なく入った場所が、、、、、、、、、オー・マイ・ガー!!!!な場所でありました(涙)。

そう。わたしにとって、ガーデニング、イングリッシュ、カントリー…この辺りは非常にやばい。でも、今まではそんなお店はイギリスに行かなきゃ出会わなかったし、イギリスではどうせなんでも高いから買えない、で全然油断していたのにぃぃぃぃ~。。。

いつの間にできていたんだ?こんなお店???わたしの好きなイギリスもの満載、ガーデニング、カントリー、、、やっばいグッズがごっそりなのです。しかも、、、お値段設定が~~~。微妙に買えてしまうお値段設定なのよ。これ、やっぱり喜ぶべき?(汗)。

トップの小さなピッチャー。こんな形のものを実は内心欲しいと思っていました。花を飾ろうと思ってね。でも10ユーロ以上ならば絶対に買わない。なのに、最終値引きで4ユーロ~~?!こりゃ、行くっきゃないでしょ~。


DSC_110317.jpg

こんなジョウロも探してました。これも、20ユーロだったら絶対買わない。なのに、、、なんで9ユーロ~~?


DSC_110117.jpg

可愛い木のプレート。これだって、別にいらないと思えばいらないのよ。だけど、2.7ユーロって。こりゃ、買ってもいいかなぁ~…って誘惑に負けちゃうお値段です。

本当は、もっといろいろ欲しいものありました。でも、なんとかこの3点だけに絞り込んで、これを使いこなせれば次のを買ってもよい、と決めました。そうしなきゃ、さらに家にゴロゴロ、家に埃をかぶって置いてあるだけのものが増えちゃいますからねえ。ほんと、ダメなんだなあ。

そーんなワケで、イングリッシュ・ガーデン、イングリッシュ・キッチン、リビングが好きな方はぜひ。この魔の空間にハマっちゃってくださいませ~~。うん、うん、一緒にハマれば怖くない!(?)。

お店のサイト:T.K. MAXX

関連記事

オランダのスーパーで買える美味スイーツ

DSC_2541.jpg

以前も言ったような気がしますが???
基本的にここでは食品のご紹介はするつもりはないんです。

皆さんが皆さんの視点で見つけてきてトライされればいいと思うし、
在オランダ10数年の私が、皆さんがすでに知っているものを得意げに
紹介するのも…ハズいだけだろ!!!と思いますんで~(汗)。
こういうのは、新たにオランダにやってこられた方が新鮮な目で
語られてこそなんぼ!だと思います…(汗)。

そんな私なんですが。
私は、このデザートの大ファンなので。
もしどなたかが、オランダに来て、オランダに住んで、
これを食べたことがないままオランダを去ってしまったら、、、

こーんな残念なことはない!(涙)

というわけで、肝入りで(?)ご紹介させていただきます。

ご紹介するのは、Almhof のKwark(クワーク)バニラです。
写真のとおりのもので、2ユーロくらいで、各スーパーで購入できます。
AlmhofのKwarkシリーズは色々ありますが、お薦めなのはバニラ。
もう、、、これが、、、うまし!なのです。

Kwarkって何?ていう方もいらっしゃるかもしれませんね。
以前、5年くらいオランダに住まれた方にVlaって何ですか?と聞かれました。
つい思ったことを口にしちゃう私は
「え?Vla(フラ)も知らずに5年もオランダにいるとは…!!!」
と、驚いてしまったのですが、、、まぁ、そういう人もいますよ、きっと(汗)。
すみません、すみません。

ちなみにKwarkもVlaも乳製品ですが、Kwarkはよりヨーグルトに近い感じ、
Vlaはどちらかというとクリーム系の乳製品です。

このAlmhofのKwarkバニラは…なんといったらいいんでしょうかね。
バニラアイスとヨーグルトと生クリームとプリンをごっちゃに混ぜたような味、
と言えばなんか想像がつきますか???
しかも香り風味高いバニラビーンズが山のように入っているんです。

でも、何よりいいのは舌触りなんですよ~~。
Vla(フラ)のようにドロッとしてなくて、もうちょっと固まっている感じで。
そうだな、舌触りがまさにアイスクリームみたいと言ったらいいかな。
溶けるアイスクリームみたいな濃厚でクリーミーな舌触りなのに、冷たくない!!!
しかもヨーグルトの酸味が効いていて、さっぱりしている!!!
このさっぱり感がうまい!!!

食べるたびに、うーん、美味いな、と感心してしまいますね。
別の会社も同じバニラKwarkを出していますが、そこのはイマイチ。
このAlmhofのが美味しくて、お薦めです。

というわけで、食べずに日本に帰国しちゃダメよ?
絶対トライしてくださいね~~!



line_10.gif




line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング
イングリッシュガーデン・ブログランキングはこちら→イングリッシュガーデンブログランキング
関連記事

錯覚

DSC_13071.jpg

ガーデニング・ショップに行くのが好きです。
ガーデニングが好きなんだから当たり前じゃん?
まあ~それはそうなんですけど、でも、ガーデニングショップは
フレッシュな草木花のいい匂いがするし、季節感を味わうことも
出来るので、何か買うものがなくてもフラフラと出かけて
楽しいところなんです。

ガーデニングショップに行くと、絶対に見かけるのが大量買いの人々。
他の国やオランダの他の地域はどうだか知りませんが、
この辺りの人々はそれほどガーデニングが好きな方はいません。
大抵の庭は、ほとんどの部分がコンクリートやタイル、レンガで
覆われていて、ほんの一部に花々を植えている、もしくは鉢植だけ、
という方々が多いのです。

そういう方が、天気がよくなったわ!ちょっくらガーデニング・ショップにでも
行ってみましょうか、と出向くと…。

まー、だまされちゃうんですわ。ものの見事に、コロッと。
美しい花々という錯覚に。…汗。

そういう方は、大抵、カラフルな色の大型ポット、小型ポットを山のように
取り揃えているので、まーそうなんだろうな、と想像できちゃいます。

あ。
こんな風に言うと、まるで上から目線~~。
ワタシはガーデニングのプロなのよ!!!
…と言っているみたいですが…。

そうじゃあないんです(汗)。
実は、私自身が何度も何度も錯覚に陥って。。。
ほんっと、懲りないなー。まだ騙されるか~~?
と、我ながらおかしくて笑っちゃうんです。

いや。さすがに。
カラフルな花の大型ポットは買いませんけどね。
これは、お値段が高いだけ。

大型ポットは大抵の場合、一番綺麗で輝いているのは買った日で、
下手すると、それ以降は…あれ?なんだかうまくいかないわ、、、?
思っているうちに、2、3週間くらいで、どよーーーんとなってしまう…
そういう危険性をいちばん含んでいるんですよ。
何度やらかしたことか、この失敗を。
まー、私の手が緑じゃないから、っていうこともあるかもしれませんけどね。

でも、歩いていると、家の前に植えられた花が見事にこのような経路を
辿っているのを何度も見かけているので、私だけ、ではないと思います。

この間も、大型ガーデニングショップに行って…コロッと…
美しい錯覚に騙されそうになりました。

えーっとね。今回は…
りんごの木やらベリー類の木々でした。

苗を見て、にへらぁぁぁぁ~…とするワタシ。
心の中はには、たわわになる林檎の木が浮かび上がっていました。

我が家に車があってそこに車で行っていたら、
もう絶対に一本手にとっていたに違いありません。
徒歩で行ったからこそ、、、冷静判断できるもう一人の私がいました。

重たいよ?本当にこんなものを買っても大丈夫なの?

さんざん迷った挙句、今日はやめておこう、ということになったのですが
帰り道、いろいろ考えて、少なくとも大きなりんごの木なんて、
いったいどこに植えるんや???という初歩的疑問が…(汗)。
よく考えたら、いえ、よく考えなくても、そもそも植える場所なんてないかも?
ということに気がついたのでした(笑)。

ただ、テラス用っていうのもあったので、、、
それはいつか(今年ではないけど)買ってもいいかなーと思いましたケド。

大型ガーデンショップには、庭で楽しむありとあらゆるものが売っていて、
最近は、凝った椅子やらハンモックが人気かなー。
ほんと、ステキなんですよ~~。

こんなヤツ↓

hangingchair.jpg

こういうのを見ると、また錯覚に陥っちゃう。
ずばり…「ザ・我が家がバカンスハウス」錯覚。

風に吹かれながら、のんびりと…本なんか読んじゃったりして~。。。

いや、いや、いや…。しかし。ちょっと待てよ?
別にこんな椅子がなくたって、普通のガーデンチェアに座って雑誌を
読んだっていいけど、私、そんなこと、、、いつもしているか~~?

そう考えると、、、。

・・・(てん、てけ、てん…)。

実は、庭に出て、雑誌を優雅に読んでいる、という時間はあんま、
ないんですよね。ついつい庭のパトロールに出てしまって。

それに、この国は年がら年中気持ち良い気候、というワケでないことは
ここに住んでいる方なら誰でもご存じのハズ。
季節が良い日は使うことが出来たとしても、そうじゃない日は、、、
冬の間は、これ、どーすんのさ?

そこまで考えて、初めて…実は自分の思い浮かべた風景は
ほんの一瞬の夢であって、365日のほとんどの期間は使えない…
イリュージョン、錯覚だったということに気がつくのです。


DSC_13091.jpg

AHのおまけが徐々に大きくなってきました。
でも、ちょっと待てよ。
これを収穫することができるほどのスペースは我が家にはないんだよ?
どうするの???

一応、そういう自覚はあります。
でも、ついつい植えかえてしまったりしています。
たぶん、最終的には手に負えない、という状況になるんでしょうが。
すいか、とか、ズッキーニ、とか。どう考えても、ムリでしょう(笑)。

実は、これまたガーデニングショップの菜園コーナーを見て。
そのステキな雰囲気にグググっとやられてしまったんですよね。
ハーブとかぁ、ミニ野菜とかぁ、、、植えたらこーんななるんだ!
なんてステキなの~~~♪♪♪
じゃ、私もAHのおまけ、もうちょっと頑張ってみよっかな!!!!

…とまあ、騙されても、騙されても。
錯覚を見続けるワタシなのであります。
ま、ガーデニングを含む趣味なんてものは錯覚するから
楽しいんでしょうけどね(笑)。



line_10.gif




line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング
イングリッシュガーデン・ブログランキングはこちら→イングリッシュガーデンブログランキング
関連記事

薔薇のアーチ

DSC_10951.jpg

薔薇のアーチを買いました。

以前に庭を少しずつ変えて行く、と言ってました。

春が本格化する前に…

ここの部分に小さなアーチを建てようと思ったのです。
えー、、、誠にありがちではありますが…笑。

スペースとしては決して広くはなく、大きくて高いアーチは
必要なかったので、ネットで探しだした一番小さいのを買いました。
ちなみにベルギーの会社で、ベルギーから輸入となっとります、、、。
(でもオランダへの送料はタダでした)

…で。
届いたものは、英語、、、。「Made in England」でした。
要するに英国製のものがベルギー経由で我が家に届いた、みたいな?
まー、色んなガーデングッズはやはり英国製なのかもしれませんね。

本日晴天だったので、張り切って組み立てて建ててみました。


DSC_10971.jpg

うわー。微妙に前後で平行じゃない気が???(汗)
頑張ったんだけどなあ~~~~(涙)。
でも、「とっても簡単」と書いてあったとおり、女ひとりでも簡単にできました。

アーチの向こう側には相変わらず石が転がっておりますが…
まー、気にしない、気にしない…。
いっぺんに全部はできないので、山はまたぼちぼち崩して行く予定です。
アーチ付近も石とビニールがかぶせてありますが、これは猫対策(汗)。
ぼちぼち草花は植えているので大きくなってきたら外せるハズ、、、。

オランダは、4月は本当に凍える寒さだったので、チューリップは
まだ綺麗に咲いてます。ここ何年かはずーっと4月の下旬には
散ってしまったので、例年になく寒かったということですね。
数日前まであられや雪も降ってましたから。
しかし、今週は20度くらいまで上がるとのこと。
人間も、草花も、、、くるくる天気に参っちゃいますな~~。。。


DSC_11011.jpg

というわけで、まだまだチューリップ、綺麗ですよ!


DSC_10981.jpg

赤いチューリップとその後ろはチャイブ。
たぶん昨年のスーパーAHのオマケだと思う、、、。
適当に空いていたスペースに植えておいたら大きくなった!
あれ、そういえば今年のおまけにはチャイブってなかったよね…?
それとも私が当たらなかっただけ、かな…???

この部分は、自称「コテージガーデン」なので、
何を植えたのか忘れちゃった、という適当さが私は気に入ってます。
って、単に忘れたことを肯定的に書きたいだけなんだけど(苦笑)。

イギリスのガーデン・サイトを見ていたら、
今年は雨が多い秋&暖かかった冬で、脅威的なナメクジの発生が
予想されている、とのこと、、、、、、、、、、、、、、
(←イギリスとオランダは非常に近いこともあり天候も似てます)

オエーーーーッ。

今、石を裏返すと確かに小さいのがゴロゴロ、、、います、います。
小さいうちだったら手際良く処理できるので、今のうちだ、と頑張ってます。
これが大きくなっちゃうと卒倒モノで、悪夢を見ちゃいますので(涙)。
適当にのんびりと、、、とは思いつつ、なんやかんややっぱり忙しいのだなあ。

あ、ちなみに、バラのアーチのオランダ語は「rozenboog」です。
これで検索すると、いろいろ出てきます。



line_10.gif




line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング
イングリッシュガーデン・ブログランキングはこちら→イングリッシュガーデンブログランキング
関連記事

ビギナー・カメラ女子の修行@マルクトホール

DSC_0962.jpg

前回は思わぬたくさんの方々にいいね!やら応援クリックやらして
いただきありがとうございました。だらだらと長いお堅いメッセージは
今後は辞めよう、と思っていたのですが、ちょっと思い留まりました。
それに自分の中でモヤモヤとした思いが溜まっていたので、
思い切って外に出してしまってスッキリしました。

先日、ひょんなことから在オランダ歴○○年の大御所とも呼べるべき方に
お会いしました。この年数、なんと私の年齢とほぼ同じ…???
私が生まれた頃、ここにやってきたのかーーー。
そりゃ、、、考えただけですごいっっっ!!
あの頃って「海外旅行」ていう単語はなかったんじゃないかと…?

それにしても、こちらに来てからの年月のほうがずっと長いのに、
きっちりとした日本人である、いや、日本人以上に日本人らしい、、、
というのには驚かされます。ご本人は「久しぶりに日本語を話した」
とおっしゃられてましたが、全然そんな感じがしないんですよ。

ちゃんと日本人であることが土台にあって、その上で海外の経験を積む、
それは私の理想です。最近は、インターナショナルだぁ、国際化だぁ、、、
いろいろ言われてますけど、やっぱり日本人というアイデンティティーは
大事にしていかないと、それがないと根なし草みたいなものなのでは
ないかと思います。

私の憧れの女性に兼高かおるさんが挙げられるんですが、
彼女は「世界の旅」で世界中を飛び回る際、自分は日本の見本市
だと思って海外に向かった、とおっしゃられてますね。
こういう素晴らしい女性(しかも超美人、、、ここも大事だっっ!)が
世界に戦後日本のことを広められたってことは、日本にとってもラッキー
だったかもしれませんねー。お堅いお役人より絶対インパクトありますって。

あ、なんか話しがどこへ…?って感じになってますが…。

こちらに長くいらっしゃる方は、経験が豊富で、お話が面白い方
が多いですね。ともかくちょっと想像できない経験をされているっていうか。
それを面白可笑しく話されるので、ついついずーっと話を聞きたく
なってしまいます。

この日はほんの少しだけのお話だったのですが、昔のオランダの食の
話になりました。昔は冬の間は新鮮な野菜はほとんどなく、
瓶詰め野菜が主流だったのだとか、、、ゲゲゲッ!!
あの不味ーーーい瓶詰め野菜っっ?!?!
「もうどうしようかと思いましたよ。帰りたいと思っても帰れませんし。」
明るく話されてますが、、、私じゃ、、、とても耐えられませんっっっ。

昔は悲惨だったオランダの食…私が来た頃もまだ散々な評価でしたが、
今はずいぶん評価が上がってますね。ここ数年だけでも確実に上がってますよ。
まず、手に入る野菜の種類が、、、全然違いますもん。
先日は、我が街のAHでも「KABOCHA(かぼちゃ)」を見つけてビックリしました。

さてさて。
なんだか前置きが超長くなりましたが、現在のオランダを代表するような
食の最先端…ロッテルダムのマルクトホールにカメラを持って出かけました。
ここは昨年の10月にオープンしたロッテルダムの新しい顔です。
出来た当初は、(冬は)寒い、だの、(夏は)暑い、だの色々問題がありましたが、
今は改善されたみたいで、温度は快適になってました。
しかも、、、いい匂いが充満~~こりゃ溜まらんっっ!

しかし、このマルクトホール。

プロの方が撮られた写真をたびたび拝見する機会があり、
頭の中には美しい構図が出来ているんですが、
現実は…有名な美しい天井画を綺麗に撮る、、、という以前に
天井が高くて幅も広くて、全然レンズ内に収まらないという問題が・・・(汗)。
とてもビギナー・カメラ女子の手には負えない代物です。
今回も、出かけて撮って…現実を思い知らされました(涙)。


DSC_0960.jpg

天井画が…ビギナーカメラ女子の力量じゃ台無しに(涙)。


DSC_0971.jpg

行ったことない方のために、、、本当はこんな天井画なのよ。
これが一面に!実際はかなり圧巻です。

OPENしたての頃は、カメラを持った方々がわんさと押しかけて、
押すな押すなの混みようでしたが、今は落ち着いていました。
でも、入り口でカメラを構える方はちらほらいましたが。


DSC_0958.jpg

こんな本格カメラマンも。
マイクもつけてるけど、何を撮ってるのかな。


DSC_0987.jpg

外からの風景。
私のカメラじゃまったく収まりきりませんでした。

それにしても…。
カメラを撮りに行って思ったこと。
美しい写真を撮るのに必要なこと、、、それは。

良いカメラ、そして混んでいても即座に撮れる良い腕前、
ということは言うまでもないのですが、
それ以上に必要なのは、「度胸」なのかなー、と思いました。

多くの人々がいるところでカメラを取り出す。
これってけっこう度胸がいるよね。
その上、人に向けて写真を撮る、となるとさらなる勇気が…。
海外にいるとなおさら恐れ多いと思ってしまう私は小心者です(笑)。
でも、きっとそんな風に感じる方は多いのではないかしら。


DSC_0964.jpg

どっきどきしながら撮りました、、、て悪いことしているみたいやんか。
こういう写真がもっと美しく撮れるようになりたいけど、必要なのは度胸?


DSC_0963.jpg

カラフルなミニトマト。贅沢な時代になりました、、、(涙)。


DSC_0965.jpg

トルコのパン屋さん。
前回はイスラム系住民はさっぱり分からん、と言いましたが、
トルコの味はアジアの味。日本に通じるものがあります。
この日もけっきょく空腹に耐えきれず、ここでパンを購入。
美味しかった~~。


DSC_0975.jpg

スパイスのお店。アラブのエキゾチック感が漂います~。
もう溜まらん、、、てくらいスパイスの匂いを漂わせていました。


DSC_0969.jpg

もちろん、、、フランス、イタリア、スペインといったヨーロッパ系のお店もあり、
お惣菜やらお肉やら、、、色々買えます。
すごいわー。数年前のロッテルダムでは考えられないっ!


DSC_0966.jpg

スイーツ系はもうあと一息…てところでしょうかね。
でも、カップケーキも4、5年前は存在しないようなものだったんです。
やっぱり少しずつ向上していると思うな。


DSC_0982.jpg

可愛いズワートピットくんもケーキに。


DSC_0992.jpg

マルクトホールの外では、ツアー客たちが自転車ツアーでやってきていました。


DSC_1002.jpg

なんと彼らは自転車を放置して(もちろん鍵はしているでしょうけど)、
マルクトホール内へ吸い込まれていきました。
皆、思い思いに食べ物を購入しているんでしょうか。。。
チャリはすぐ盗まれる、と聞いていたので、ビックリ。


DSC_0998.jpg

ああ、天井画が見えるようで見えないなー。
今度は天気の良い日に来てみよう。


DSC_1004.jpg

小さい木にくくりつけられた自転車3台。
「うわ、私には重荷なんですがー…」という声が聞こえてきそう(笑)。

こんな感じの、、、
ビギナー・カメラ女子によるマルクトホール・レポートでした。
また頑張るゾ。



line_10.gif





そらのおらんだ通信HPでもたくさんの観光情報を載せています。
是非こちらもご参考ください♪

133.gif オランダ観光はこちらから → オランダ観光
133.gif ヨーロッパ各都市の観光情報 → とっておきのヨーロッパ
133.gif ヨーロッパ旅行記はこちらから → ヨーロッパ紀行

line_10.gif

関連記事

ブランド力に頼らない確かな目

4月。新しい年度の始まりです。
今年もまた、何人かの方々がオランダを去り、
そしてきっと。。。また新しい方々がオランダにやってくるのでしょう。

オランダが気に入るかどうかはその人次第だと思いますが…
見方を変えれば、へぇ、そんな世界もあるんだ!と思えることもあるハズ。
今日はそんなことをちょっと。

オランダという国はブランド名にあんまりこだわらない国です。
そもそも、、、たぶん海外ブランドのオランダ進出もかなり規制されているんでは
ないかという気もしています。

だから日本では有名なフランスやイタリア、イギリスといった国々の
ブランドショップはあんまりないし、たとえばあのスタバでさえここに来るまで
相当なる年月がかかったというお話。。。

そんな国はイケてない国?

うーん、そういう見方もあるかもしれませんね。
私も、長い間、ださーーい国、もさーーい国、と思ってました(苦笑)。

でも、ねえ。

最近は、オランダ人を見ていれば、この人たちにブランド名は必要ないや、と
思うことが多いのです。

たとえば彼らの家。

以前、新聞にすっごくステキなリビングルームが載っていて、
私はすぐにこう思いました。

「うわー、こんなステキな家具ってば、いくらくらいかかるんだろう?」

しかし、読み進めるにつれて驚愕の事実が。。。(汗)!

「このソファはmarktplaats(オランダの使用品売買ネット)で100ユーロ。
私が長年ずーっと思い描いていたソファが買えてうれしいわ。」
「このカップボードは母がいらないっていったものを譲り受けたの。」
「この椅子は、ゴミに出されていたものを拾って来たのよ。いいでしょう?」

ゴミってか…(汗)。

要するに、ほとんどお金をかけていないのです。
ただ、彼女には自分が「欲しいもの」がどんなものかはっきりしたビジョン
があって、それを何年も何年も追求し続けた結果、
彼女好みの素晴らしい居心地のいい空間が出来た、ということ。

オランダではこういう話しはどこでもよく聞く話だし、ゴミから拾ってきたものを
むしろ自慢したがるような傾向にあるような、、、。
あ、オランダ、っていいましたけど、ヨーロッパの人々ってこんな感じかも。

こんな人たちには、ブランドというネームバリューは必要ないものなのです。

一方日本ではどうでしょうか。

その人にとって、その製品が本当の本当に好きなものかどうかは?だけど、
なんとなくブランド名で買ってしまった、、、なんとなくブランド名でいいような
気がしてしまった、、、そんなお買い物をする方がたくさんいらっしゃるような
気がします。

それは、、、むしろ、ブランド名でしかモノの善し悪し、自分の好きなものが
判断ができないのかもしれません。

私はもともとブランドにはあんまりこだわらないタイプですが、それでも
こちらに来たばかりの頃は、典型的な消費社会から来ました!とばかり…(汗)
ついばーんと何にも考えずに何かを買ってしまうことがありました。

「買おうかな」
という言葉にだんなが言うセリフは決まって
「本当にそれが気に入ったらそれを買えば?」

最初の頃は、深く考えなかったんですが、だんだんと「本当に気に入る」の
意味で悩むようになって…ついに最近はどこへ行ってもモノはほとんど
買わなくなっちゃいました。
「本当に気に入る」なんてそんなモノは実はそんなに存在しないのかも、、、。

あ、でも、この話は、家具とか置物なんかのお話で、
洋服なんかは、彼らは安いものをばーんと買って着つぶす傾向にあるようです。

さて。
こんなオランダにやってきたら。

ブランド名を忘れて、純真に目を肥やす、というのもひとつの滞在の楽しみかも。

広告を見たり、家具屋を回ったり、カフェやホテルなんかで最先端の
インテリア・アートを見るのもとてもいい勉強になります。

たとえばDIY (do it yourself) ショップの広告といえど、あなどるなかれ。


diy3.jpg

diy2.jpg

diy.jpg

上記写真はいずれもKarweiのもの。
最近、Karweiのインテリアはかなりオシャレ。
いっつもKarweiの広告は食い入るように眺めちゃいます。


下記は、最近、売りに出されていた家。
インテリア雑誌に載っていそうな空間だけど、
よくみると、全部自分でやったらしき(DIY)空間。
ランプはイケアの有名なヤツだし、お金をかけていないことは明白。
でも、自分の好きなモノだけを置けば、こんなにステキな空間に
なっちゃうんだー、というのを体現しているような家。
ちなみに、めっちゃ私好み♪


321_grotere.jpg

319_grotere.jpg

こうやって目を肥やせば、アンティークマーケットでも、
宝の山を見つけることができるし、本当に自分が欲しいものが
だんだん分かってくるし、いいですよ?

と、こんな風に書いている私も、まだまだ…彼らの「確かな目」には
程遠いあり様で、その集大成と言える我が家も…うーーーーん、
という感じではあるんですけれどもね~。。。(汗)



line_10.gif




line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング

ソーイングブログランキングはこちらから↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

そらのくも

Author:そらのくも
オランダ生活も15年目に突入しました。

(ご案内)
オランダ情報は「そらのオランダ通信」でお届けしています。是非ご覧ください。

https://soraoranda.com/↓ ↓ ↓

photoeurope2.jpg

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
写真のこと
当サイトで使用している写真と文章の無断転載はお断りしています。


情報
line_10.gif
line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記のお好きな画像バナーどれかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです 。

heart3.gif クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
気になる本
オランダ生活に役立つ、今、自分が欲しい本を載せています(いわゆる備忘録)。



前回載せておいたフランス菓子は買おうと思ったら絶版になっていた。。。うそ~…!絶版になるのが早すぎる。今度こそ…。

ブログキーワード別カテゴリー

オランダ お出かけ 街並み 子ども ヨーロッパ 旅行 カフェ ハンドメイド ミュージアム ガーデニング 洋服 ショップ ソーイング本 自転車 オランダの話題 庭園 学校 教育 ロッテルダム カメラ 子育て ニュース レストラン オランダの食材 日本語教育 スーパー 国際結婚 おうちのできごと 

ブログ記事カテゴリー
最近のコメント
メールフォーム
ご訪問ありがとうございます♪♪
ブログ・HPの感想はこちらまで↓

mail-pen2.gif
ブログ内検索
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数: 現在の閲覧者数:
Flag Counter