終わっても楽しいロッテルダム・マラソン

DSC_112617.jpg


先週末はロッテルダム・マラソンが開かれました。ものすごいよいお天気で、というか昨日は真夏のような暑さで、マラソンランナーにとっては少しキツイくらいだったかもしれません。私の知り合いの人も、総合するとかなり出場していたような…?

マラソンは42.195キロのマラソンだけではなく、子供マラソン、1/4マラソン、シティマラソンなど実にさまざまな種類のマラソンが用意されており、本当に多くの方々がこのマラソンに参加します。

今年は、ヨーロッパでテロが相次いでいることもあり、何か月も前からテロ対策を行ってきたそうです。きちんと対策は取りたいけど、楽しむ人々の心を萎えさせるような物々しい雰囲気にはしたくない、そこのところに一番気を使った、という市長のインタビューが出ていました。

確かに、昨年と比べても変わった点はほとんど見受けられず、ちゃんと対策しているのかな?という感じすらしました。でも、ちゃんとトラックや車が入ってこられないように要所・要所に工夫がこなされていたのですね。

さて。うちの子は、去年に引き続き、子供マラソンに参加しました。子供マラソンは土曜日に開かれます。補習校の帰り道、マラソンに出る子供たちが一斉に集ってスタートするのを見て、次の年は自分も出たいと言い出したのです。

まあね。ガンガンに音楽がかかって、DJがノリノリで、お祭りモード一色なんですよ。あれを見たら、わたしもやりたーいと言うに決まっています。それに、ロッテルダムの一番の目抜き通りを大声援を受けて走るなんてそんな経験めったにできません。子供にとっては、いえ、大人にとってもマラソンがハレの舞台になるのです。

わたしにとっては…自分の子供の姿を探すのも楽しみですが、ほかの子供たちが精一杯走ってくるのを見るのも楽しみ!今年も望遠レンズ片手に、良い場所を確保して写真を撮りました。

子供は年齢別に男女混合で走るのですが、まあどの年齢でも男の子がトップを走ってくるのが通常です。ところが!今年は、一番最初の7-8歳の部は女児がトップを走ってきたので、度肝を抜きましたね(最期のフィニッシュ写真では、男の子と同時ゴールだったようですが)。

しかも、彼女、貫禄の笑みすら浮かべているのです(↑写真トップ)。走る姿もとても美しくて、サングラスもかっこいいし(←走るのに関係はないけど)こりゃ、もう将来の有望株!!オランダ南部のアスリートクラブに入っているようで、すごいなあ、、、うちの子とは違う…ただただ脱帽です。

わたしは、といえば、レンズを覗きながら涙が…。最近は涙もろくて、小さい子供たちの必死の姿が見えただけで、もう涙がボボボ…。なんなんですかね、これは(汗)。


DSC_113917.jpg

↑うちの子が走った2.5キロクラスのトップ陣。一番の男の子は白人の男の子、二番目はインドネシア風の血筋、三番目はドレッドヘア…それぞれ三者三様の男の子たちが走り抜けてきたけど、どの子もすごくカッコよかった!

小学生の頃、スポーツができる子がクラスでモテた記憶があって、それは何故?と思ってたけど、こりゃ、当たり前だわ、、、と妙に納得してしまった瞬間でした(笑)。←おばさん、ここで一人昔を振り返って萌えてどうする、、、。


DSC_113818.jpg

暖かい週末。これが天気が悪かったら最悪だけど、今まで大雨、とかそういう日は不思議となかったような記憶が、、、。


さて。
ロッテルダム・マラソンはオランダの一大記念イベント・お祭りイベントに位置付けられており、さまざまな付加価値サービスが加えられているのをご存知でしょうか?実は参加者たちは走って終わり、ではありません。

ロッテルダムマラソンの公式サイトを検索すると、全参加者のレース結果が載っています。そこで参加者は自分の名前を検索すると、なんとあなたの情報が…ダダ漏れ・・・!!!

…というのは、半分冗談ですが(笑)、ともかく個人の結果を全部見ることが可能です。また、SNSで情報をシェアすることも可能ですし、ビデオを見ることもできます。また、ロッテルダムマラソンの完走記念に…!!と思えば、フィニッシュ写真を購入することも可能です。

…って、おいおい、写真はタダで分けてくれるのではなく売っているワケ?しかも、かなり高額なお値段~~!!さすがは…ダッチ。

ロッテルダム・マラソン公式サイト 2017結果

しかし、こんな…子供の名前と写真を全部ババンと載せてしまうなんて、今の日本じゃ考えられない!!アブなすぎるかもしれませんね。マラソンを見に来て、「うひひ、、、あの可愛い子は誰だろう?」と思えば、検索できてしまうワケですから。

オランダは、子供たちもユーチューブにじゃんじゃん自分の家やら学校をアップしているし、情報はダダ漏れですけど、それによる大きな問題はありませんね。その代わり、不審者が子供に声をかければその情報はただちに学校に伝えられ、学校は警察と保護者通知し、そこから近辺の学校にも全通達されるので、不審者も不審な行動を取りにくいということが言えます。

この間、日本でベトナム人の可愛い女の子が殺されてしまったけど、彼女は友達に不審者がいるから怖い、と言っていた、といいます。オランダだったら、この時点で、市内の全学校および保護者に不審者情報が通知されるので、どうして日本はそこがダメなんだ?と残念で仕方ありません。

警察は現行犯逮捕じゃないと捕まえられないから動かないことになっているの?それとも、子供のいうことは「半人前」で大人に信用されないのかなあ。「子供のいうことだからあんまりアテになりませんが。」よくそういうセリフ使われるよね。日本って。でも、子供の命を守るために、子供の話をもっと聞かなきゃいけない、私はそう思います。

あれ?話がなんだかマラソンからずいぶん逸れてしまいました。

そうそう。最後に、子供をマラソンに参加させる方へ。フィニッシュのところで、子供とうまく合流できず、子供が迷子になりかけた、という話を何度か聞いています。

ともかく人々でごった返しており、それでなくとも子供を見つけるのが大変…なので、前もって集合場所を決めておくのがいいと思います。「このビルのここの前」とか「この標識の下」とか具体的で子供がわかりやすいところがいいと思います。子供たちはフィニッシュ付近からちょっと先まで誘導されて、そこでジュースやら食べ物を受け取るので、ゴールの前ではなくもうちょっと先で待っていたほうがいいです。また、当日はフェンスでがっつり固められていて、反対側には行きにくいので、その点も要注意です。

なお、トイレに行きたい場合は、スタート地点目の前にあるデカトロン内に無料トイレがあります。
関連記事

イングリッシュ・ガーデン好きにはたまらないお店 - T.K.MAXX

DSC_110217.jpg


最近ガーデニングを頑張っているので、夜寝る前にイギリスの雑誌「Country Living」を見ながら眠りにつきました。わたしの好きなエッセンスがたくさん入った大好きな雑誌です。

はぁ~こんなものに囲まれて暮らしたら…!と思いながら、翌日、天気に誘われて仕事帰りにロッテルダム市内へ。言っちゃなんだけど、いかなるモノに対してもわたしの購買意欲はかなり低く、ロッテルダムで欲しいものに突如出会う、ということはないので、ぷらぷらしても何かを購入するということは最近は滅多にありません。

お気に入りのお店もないしね。北欧系のお店は最近増えてきたけど、北欧は可愛いけど、即購買しちゃう!というほど好きでもないのです。いつも言っていますが、この家にはモノがあふれていて、置く場所がないのです。だから、何かを買ってもそれを飾る場所もないし、たいていの場合、その場にほったらかしになってしまうことが多い。そしてそんな自分に嫌気がさしているので、物は滅多に買わないのです。

お金がなくてもわたしは「鉄壁」!なんてったって買う気にならないもんね~~!そう思いながら、何気なく入った場所が、、、、、、、、、オー・マイ・ガー!!!!な場所でありました(涙)。

そう。わたしにとって、ガーデニング、イングリッシュ、カントリー…この辺りは非常にやばい。でも、今まではそんなお店はイギリスに行かなきゃ出会わなかったし、イギリスではどうせなんでも高いから買えない、で全然油断していたのにぃぃぃぃ~。。。

いつの間にできていたんだ?こんなお店???わたしの好きなイギリスもの満載、ガーデニング、カントリー、、、やっばいグッズがごっそりなのです。しかも、、、お値段設定が~~~。微妙に買えてしまうお値段設定なのよ。これ、やっぱり喜ぶべき?(汗)。

トップの小さなピッチャー。こんな形のものを実は内心欲しいと思っていました。花を飾ろうと思ってね。でも10ユーロ以上ならば絶対に買わない。なのに、最終値引きで4ユーロ~~?!こりゃ、行くっきゃないでしょ~。


DSC_110317.jpg

こんなジョウロも探してました。これも、20ユーロだったら絶対買わない。なのに、、、なんで9ユーロ~~?


DSC_110117.jpg

可愛い木のプレート。これだって、別にいらないと思えばいらないのよ。だけど、2.7ユーロって。こりゃ、買ってもいいかなぁ~…って誘惑に負けちゃうお値段です。

本当は、もっといろいろ欲しいものありました。でも、なんとかこの3点だけに絞り込んで、これを使いこなせれば次のを買ってもよい、と決めました。そうしなきゃ、さらに家にゴロゴロ、家に埃をかぶって置いてあるだけのものが増えちゃいますからねえ。ほんと、ダメなんだなあ。

そーんなワケで、イングリッシュ・ガーデン、イングリッシュ・キッチン、リビングが好きな方はぜひ。この魔の空間にハマっちゃってくださいませ~~。うん、うん、一緒にハマれば怖くない!(?)。

お店のサイト:T.K. MAXX

関連記事

ビギナー・カメラ女子の修行@マルクトホール

DSC_0962.jpg

前回は思わぬたくさんの方々にいいね!やら応援クリックやらして
いただきありがとうございました。だらだらと長いお堅いメッセージは
今後は辞めよう、と思っていたのですが、ちょっと思い留まりました。
それに自分の中でモヤモヤとした思いが溜まっていたので、
思い切って外に出してしまってスッキリしました。

先日、ひょんなことから在オランダ歴○○年の大御所とも呼べるべき方に
お会いしました。この年数、なんと私の年齢とほぼ同じ…???
私が生まれた頃、ここにやってきたのかーーー。
そりゃ、、、考えただけですごいっっっ!!
あの頃って「海外旅行」ていう単語はなかったんじゃないかと…?

それにしても、こちらに来てからの年月のほうがずっと長いのに、
きっちりとした日本人である、いや、日本人以上に日本人らしい、、、
というのには驚かされます。ご本人は「久しぶりに日本語を話した」
とおっしゃられてましたが、全然そんな感じがしないんですよ。

ちゃんと日本人であることが土台にあって、その上で海外の経験を積む、
それは私の理想です。最近は、インターナショナルだぁ、国際化だぁ、、、
いろいろ言われてますけど、やっぱり日本人というアイデンティティーは
大事にしていかないと、それがないと根なし草みたいなものなのでは
ないかと思います。

私の憧れの女性に兼高かおるさんが挙げられるんですが、
彼女は「世界の旅」で世界中を飛び回る際、自分は日本の見本市
だと思って海外に向かった、とおっしゃられてますね。
こういう素晴らしい女性(しかも超美人、、、ここも大事だっっ!)が
世界に戦後日本のことを広められたってことは、日本にとってもラッキー
だったかもしれませんねー。お堅いお役人より絶対インパクトありますって。

あ、なんか話しがどこへ…?って感じになってますが…。

こちらに長くいらっしゃる方は、経験が豊富で、お話が面白い方
が多いですね。ともかくちょっと想像できない経験をされているっていうか。
それを面白可笑しく話されるので、ついついずーっと話を聞きたく
なってしまいます。

この日はほんの少しだけのお話だったのですが、昔のオランダの食の
話になりました。昔は冬の間は新鮮な野菜はほとんどなく、
瓶詰め野菜が主流だったのだとか、、、ゲゲゲッ!!
あの不味ーーーい瓶詰め野菜っっ?!?!
「もうどうしようかと思いましたよ。帰りたいと思っても帰れませんし。」
明るく話されてますが、、、私じゃ、、、とても耐えられませんっっっ。

昔は悲惨だったオランダの食…私が来た頃もまだ散々な評価でしたが、
今はずいぶん評価が上がってますね。ここ数年だけでも確実に上がってますよ。
まず、手に入る野菜の種類が、、、全然違いますもん。
先日は、我が街のAHでも「KABOCHA(かぼちゃ)」を見つけてビックリしました。

さてさて。
なんだか前置きが超長くなりましたが、現在のオランダを代表するような
食の最先端…ロッテルダムのマルクトホールにカメラを持って出かけました。
ここは昨年の10月にオープンしたロッテルダムの新しい顔です。
出来た当初は、(冬は)寒い、だの、(夏は)暑い、だの色々問題がありましたが、
今は改善されたみたいで、温度は快適になってました。
しかも、、、いい匂いが充満~~こりゃ溜まらんっっ!

しかし、このマルクトホール。

プロの方が撮られた写真をたびたび拝見する機会があり、
頭の中には美しい構図が出来ているんですが、
現実は…有名な美しい天井画を綺麗に撮る、、、という以前に
天井が高くて幅も広くて、全然レンズ内に収まらないという問題が・・・(汗)。
とてもビギナー・カメラ女子の手には負えない代物です。
今回も、出かけて撮って…現実を思い知らされました(涙)。


DSC_0960.jpg

天井画が…ビギナーカメラ女子の力量じゃ台無しに(涙)。


DSC_0971.jpg

行ったことない方のために、、、本当はこんな天井画なのよ。
これが一面に!実際はかなり圧巻です。

OPENしたての頃は、カメラを持った方々がわんさと押しかけて、
押すな押すなの混みようでしたが、今は落ち着いていました。
でも、入り口でカメラを構える方はちらほらいましたが。


DSC_0958.jpg

こんな本格カメラマンも。
マイクもつけてるけど、何を撮ってるのかな。


DSC_0987.jpg

外からの風景。
私のカメラじゃまったく収まりきりませんでした。

それにしても…。
カメラを撮りに行って思ったこと。
美しい写真を撮るのに必要なこと、、、それは。

良いカメラ、そして混んでいても即座に撮れる良い腕前、
ということは言うまでもないのですが、
それ以上に必要なのは、「度胸」なのかなー、と思いました。

多くの人々がいるところでカメラを取り出す。
これってけっこう度胸がいるよね。
その上、人に向けて写真を撮る、となるとさらなる勇気が…。
海外にいるとなおさら恐れ多いと思ってしまう私は小心者です(笑)。
でも、きっとそんな風に感じる方は多いのではないかしら。


DSC_0964.jpg

どっきどきしながら撮りました、、、て悪いことしているみたいやんか。
こういう写真がもっと美しく撮れるようになりたいけど、必要なのは度胸?


DSC_0963.jpg

カラフルなミニトマト。贅沢な時代になりました、、、(涙)。


DSC_0965.jpg

トルコのパン屋さん。
前回はイスラム系住民はさっぱり分からん、と言いましたが、
トルコの味はアジアの味。日本に通じるものがあります。
この日もけっきょく空腹に耐えきれず、ここでパンを購入。
美味しかった~~。


DSC_0975.jpg

スパイスのお店。アラブのエキゾチック感が漂います~。
もう溜まらん、、、てくらいスパイスの匂いを漂わせていました。


DSC_0969.jpg

もちろん、、、フランス、イタリア、スペインといったヨーロッパ系のお店もあり、
お惣菜やらお肉やら、、、色々買えます。
すごいわー。数年前のロッテルダムでは考えられないっ!


DSC_0966.jpg

スイーツ系はもうあと一息…てところでしょうかね。
でも、カップケーキも4、5年前は存在しないようなものだったんです。
やっぱり少しずつ向上していると思うな。


DSC_0982.jpg

可愛いズワートピットくんもケーキに。


DSC_0992.jpg

マルクトホールの外では、ツアー客たちが自転車ツアーでやってきていました。


DSC_1002.jpg

なんと彼らは自転車を放置して(もちろん鍵はしているでしょうけど)、
マルクトホール内へ吸い込まれていきました。
皆、思い思いに食べ物を購入しているんでしょうか。。。
チャリはすぐ盗まれる、と聞いていたので、ビックリ。


DSC_0998.jpg

ああ、天井画が見えるようで見えないなー。
今度は天気の良い日に来てみよう。


DSC_1004.jpg

小さい木にくくりつけられた自転車3台。
「うわ、私には重荷なんですがー…」という声が聞こえてきそう(笑)。

こんな感じの、、、
ビギナー・カメラ女子によるマルクトホール・レポートでした。
また頑張るゾ。



line_10.gif





そらのおらんだ通信HPでもたくさんの観光情報を載せています。
是非こちらもご参考ください♪

133.gif オランダ観光はこちらから → オランダ観光
133.gif ヨーロッパ各都市の観光情報 → とっておきのヨーロッパ
133.gif ヨーロッパ旅行記はこちらから → ヨーロッパ紀行

line_10.gif

関連記事

スタイリッシュ・ロッテルダム

DSC_0755.jpg

この一週間はよいお天気で数日間は雲ひとつないお天気でした。
うおー。珍しいぞ。

オランダは天気が良くなってしまったら、本当にスーパーすごい国に
なってしまうと思うんで(笑)、この数日間はこの素晴らしさを堪能。。。

実は、秋の球根植えのため、連日庭を耕していて、
かなりお疲れモードなんですが、天気が、、、天気が、、、良すぎる、、、
と、、、必死になってカメラを持ち歩きました。

で、今、肩が、手が、首が、、、大変なことになっております。
それでも、写真をアップせずにはいられない私(苦笑)。
まぁ、天気が悪くなったら、また冬眠モードに入ります、、、。

ロッテルダムは本当にカッコよいスタイリッシュなビルが多く、
最近その数がぐぐんと増えているんですが…
天気がいいとキラキラ輝いて、さらにカッコいいですね。

写真トップは朝のロッテルダム中央駅にて。
この文字が超カッコいいと思うんですよね~~。
外から見る風景も奇抜でいいけど(すんません、写真がない)、
私は中から外を眺めるのが好き。
いつも立ち止まって、ほぅぅ、と眺めてしまいます。


DSC_0650.jpg

今年は、ロッテルダムはヨーロッパ観光都市なんちゃらで一番に
選ばれたこともあり、観光客の数が本当に多いです。
2、3年前とは比べもんにならないくらい。。。

街を歩いていると、観光バスがわんさか通るし、観光マップ片手に
歩いている観光客も本当にたくさんいます。
何語をしゃべっているのか分からない人も多いですが、
主にヨーロッパ国からの観光客ですかね~。

この写真に映っている方々も、全然さっぱり分からない言語を
話していらっしゃいました、、、いったい何語なのよ?

10年前はまさかこんなことになるなんて思いもしませんでした。
いや、5年前ですら、想像できなかった、、、。
うれしいです。

外国人だけでなく、オランダ人の観光客も多いみたいですね~。
みな、カメラ片手に、バシバシ記念撮影されてますわ。


DSC_0656.jpg

ロッテルダム


DSC_0609.jpg

手前の小さな船は水上タクシーなんですが、これも以前と比べモノに
ならないくらい、びゅんびゅん走ってますねー。
すごいスピードなんですよ。見ていると。
実はまだ一回も乗ったことがないんで、乗ってみたいです。


DSC_0757.jpg

全面ガラスや鏡の建物が多く、青空だとくっきり反映します。
かっこいぃ。

さあ、まだまだ撮るゾ~!!!
…と思いきや、どうやら天気は下り坂のよう、、、。
そーですか、、、ちょっと残念、、、。
数日しか続かない好天。
やっぱりオランダはオランダなのであった。



line_10.gif




line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング
イングリッシュガーデン・ブログランキングはこちら→イングリッシュガーデンブログランキング
関連記事

秋を探しに - 植物園へ

DSC_0742.jpg

久々に天気のよい日々が続いているので、一眼レフを持って
仕事帰りにロッテルダムの植物園に行きました。

カメラの練習、練習~♪と思ってネ。

勤務時間が短いので、仕事帰りにものんびり植物園に行ける身分。
もちろん、貰えるお金だって少なくなっちゃうけど。。。(汗)
でも、、、金銭的にはちと苦しくても、精神的には超贅沢です。

産後、長年に渡り何も楽しめない苦しい日々が続いた私ですが、
その日々が過ぎ去って、自分が本当に欲しいものが何か分かった
自分は幸せ者なのかも。

FBで、大金持ちになったお友達がスーパー東京ライフみたいなもんを
次々アップしてくるけど、
ミシュランスターでご飯しようが、○○ヒルズの高層階に住もうが、
超リッチ家具やら絵画を揃えようが。。。
恐ろしいほどまったくうらやましいと思わなくなってしまった私。

あ。でも、もし彼が「僕が作った新作バラです」なんて広大な庭に咲く
バラをアップしたら、、、ギャッ!なんとうらやますぃぃぃぃ~~
となるだろうけどね・・・(笑)。

ともかく、こんな緑の中でのんびりするのが、今の私には一番です。

し~か~も~。
この植物園はミュージアムカード保持者はタダだから、
私はタダで楽しめるんだよね~。
タダでこの環境を気軽に楽しめるってすごくお得な気分!

平日に行ったのは初めてだったけど、ほとんど人がおらず、
まさにマイ・ガーデン状態…!!!
贅沢独り占め!!!

お陰で、好き放題カメラを向けることができたのでした。

…写真の出来栄えは…。
まだまだ、まだまだ、、、。
ただ、一眼レフの場合、被写体探しや最適アングルを探すのが
なかなか面白くってハマりますね。
撮っていると、面白いなー、と自分がハマっていく感覚が分かります。

以下は今回の成果です。


DSC_0709.jpg

今回は秋を探しに行ったのだけど、コニファー中心のこのガーデンは
あんまり秋らしくなかった。。。この辺りだけかな。


DSC_07041.jpg

小さい秋、見つけた。


DSC_069915.jpg

この写真はまだ夏っぽい感じ…?


DSC_0717.jpg

この植物園には橋がたくさんあり、橋が被写体になりますね。


DSC_0722.jpg

橋もベンチもどれもデザインが違って統一性がありません。


DSC_0729.jpg

今回の写真の中ではこれが一番のお気に入りかな。。。
ボケ具合がいい感じ。


DSC_0711.jpg

一番奥にあるティーハウス。
以前より営業日数もテーブル数も多くなってました。
本でも持ってきて、ここでのんびりするのもいい感じ。
週末は…混みそうだけどね。


DSC_0743.jpg

コニファーが主流のこのガーデン。
大きな木々に囲まれると、心が安らぎます。


DSC_0748.jpg

ベンチに座ってのんびり一休み。
ベンチもこの日は、どこも開店休業状態でした。。。

以上です。
のんびりした平日午後の様子、伝わりましたでしょうか。



line_10.gif




line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング
イングリッシュガーデン・ブログランキングはこちら→イングリッシュガーデンブログランキング
関連記事

マーケットの季節到来

CIMG2873.jpg

ようやく待ちに待った春らしい日が到来!
これからがオランダのお出かけ季節です。

それでなくとも寒くて出かける気分がしないのに…
今年は、すっかりインドア派でドラマにハマる日々になってしまい
正直、春が来てもいまだピンと来ていないのが現実なのですが…(汗)
でも、やっぱりいい天気になったからには、
どこかへの外出を楽しみたいなー、と思っています。

どっか行きたいけど、どこへ行こうか?

そう考えた時に、マーケットを軸に行き先を選定すると、
行き先がすんなり決まったりします。

どの街も人が集まるマーケットを中心にその町の集客計画を立てているので、
たいてい盛り上がっているし、どの街もそのカラーが出ていて、
どこかしら違うので、いつどこへ行っても楽しいものなのです。
まー、天気が悪いと最悪になったりしますが…天気には注意です☆

日本から来た人でたまに
「オランダ、何もなくて楽しくない。隣のXX国にはあんなものがあって羨ましい。」
と隣の芝生ばかり見ている方がいますが、
そういう人は、結局どこに行ってもたぶん、、、ガイドブックに載っている
ありきたりの観光地や口コミで聞いた特定の場所しか楽しめないんじゃないかな、
って思います。

逆に、どこへ行っても楽しめる人は、スペシャルな空間を見つけるのが
得意なんじゃないかなー。私の友達なんか、ほんとすごい…!!!って
なんか以前もそうつぶやいたことありますが…でもそういう人は、
同じ場所に何度出かけても、全然違うものを発見してきて
何度でも楽しめちゃったりするんですよね。

***********************************

オランダのマーケット情報はどうやって見つけるの?という方に。
オランダのマーケット情報はこちらで全情報が確認できます。
どこかへお出かけの際の参考にしてください。

オランダのマーケット情報


さて。
今回、ご紹介するのはロッテルダムのSwan Market。
1カ月に一度限りのライフスタイルのハンドメイド・マーケットです。
(ロッテルダムは入場1ユーロ、18歳未満は無料)

このマーケットは2010年にロッテルダムで始まった歴史の浅い
マーケットですが、かなり盛況らしく、徐々に他の都市にも飛び火。
今年はアントワープ、デンハーグ、ユトレヒト、ドルトレヒトなどでも
開催予定だそうです。

あんまり大きくありませんが、天気の良い日曜日にぷらっと出かけたい…
そんなマーケットです。

マーケットの内容は、ぜんぶ出店者の手作りものばかり。
こんなん作って売りにだすのか…!!
ここに出かけたのは昨年のことなんですが、
昨年はぷー太郎だったこともあり、店舗を見て創作意欲が沸きましたね~。
ハテ、あの創作意欲…どこいっちゃったんだろ。。。
頭の中に次から次へとアイデアが沸き上がってきたのに、
今はしゃぼん玉のように消えちゃいました…汗。
やっぱり仕事を持つってことは、いい面もあれば悪い面もアリ?

まー、それはさておき(苦笑)、このマーケットの雰囲気は最高でした。
売り子さんは、売っているものが自分の創作物だから、
お客さんに褒めてもらえばめっちゃうれしいみたいで、
皆、るんるんしているし。

お客さんも、手作り作品を見て、これがいいだのあれがいいだの、、、
やっぱり普通の既製品を見るのとは違いますよね。
お気に入りの一点物が見つかる可能性があるわけですからね。


CIMG2877.jpg

CIMG2880.jpg

天気も良かったので、、、おひとりさまでもサイコー気分でした(笑)。


CIMG2886.jpg

でも、友達や家族とぷらっと出かけたら、もっと楽しいかも?


CIMG2888.jpg

子どもたちも、、、ぷちリゾート気分で遊びに夢中?!


CIMG2889.jpg

Kalm now maar... geen zorgen (落ち着いて。心配いらないよ。)
Alles komt goed (きっと全てうまくいくから。)

帰りに見かけたボード。
翌日テレビ撮影を控えて「ホント、大丈夫かな~」
なんて不安に思っていた私の心にとても響く言葉で、
その上、とても可愛らしいボードだったので思わず記念に1枚。
マーケットの入り口付近、ボイマンス美術館のお隣に立ってます。

SWAN MARKETの情報はこちら: swan marketの日程


line_10.gif





そらのおらんだ通信HPでもたくさんの観光情報を載せています。
是非こちらもご参考ください♪

133.gif オランダ観光はこちらから → オランダ観光
133.gif ヨーロッパ各都市の観光情報 → とっておきのヨーロッパ
133.gif ヨーロッパ旅行記はこちらから → ヨーロッパ紀行

line_10.gif

関連記事

新コンセプト オランダNo.1のカフェ

CIMG4265.jpg

またまた新聞でオランダのベストコーヒーコンテストが開かれました。

な、なんと…!!

ベスト10のうち、3軒がロッテルダム~~~!
しかも1位、2位独占!
すごい!!ロッテルダム!びっくりですよ。
一方、アムステルダムはトップ10に1軒も入りませんでした。
って、こういうことを書くと、オランダ人だったら
アムス対ロッテで喧嘩になっちゃいますね(苦笑)。

1位になったカフェには行ったことがなかった、というか
その存在を知らなかったので、さっそく行ってみることに。

1位になったカフェ: Urban Espressobar West

EastとWestの姉妹店があるのですが、一位になったのはWest
だったので、当然Westに向かいました。
ここは…テレビでもご紹介した、今、ロッテルダムで一番ホットな通り。
このカフェもここにあるってことは、、、やっぱりホットなのですね。

カフェはこの通りの外れも外れ、周りはまだ怪しげなお店もチラホラ
あるような場所にありました(苦笑)。
まあ、私は最近このミックス感が楽しいんですけどね。

中に入ろうとすると…やっぱり混んでましたね~。
知っている人は、当たり前ながら知っているワケです(笑)。
11月というのに、暖かいお天気で、外でカフェを楽しむ人も多数いました。


CIMG4258.jpg

このカフェの特徴は…なんといっても、ヘルシー志向。
メニューを見ると、一目瞭然です。
特に私が目を引かれたのは自家製ケーキメニュー。

イチジクのチーズケーキ
ダーツのケーキ


健康食品の定番であるイチジクやダーツを使っているので
とても気になりました。

今まで、オランダで、ケーキ=ヘルシー志向って、、、
そういう構図に出会わなかったような気が…。気のせい?
たいがい甘~い、いかにも体に悪そうなケーキですからね(苦笑)。

せっかく行くからには、このヘルシー志向を確かめてみたい、
というわけで、
飲み物は「soya(豆乳)カフェラテ」
ケーキは「イチジクのチーズケーキ」
を頼みました。

まずはカフェラテ。
これが…やっぱり美味しい!
豆乳ってどうよ?と思ったけど、全然分かりませんでしたね。
喉にすーっと入ってしまう軽さとコーヒーのうまさがミックス
されていて、ひたすら飲みやすい。こりゃ、ハマりそう…。


CIMG4259.jpg

写真はちょっとぴんぼけですが。

そして、イチジクのチーズケーキ。
こちらは、やはりヘルシー志向であんまり甘くない。
食べているだけで、ヘルシー!って感じ(笑)。
イチジクは乾物を使っており、それがボロッとしてしまう
のが少し残念ではありましたが(1日お茶にでもつけるのが
いいのでは???)、一気に食べて甘さ残らず、という点は
よかったです。

一方、りすちゃんの頼んだチーズケーキはオランダのチーズの
うまさが充分でていて、すごく美味しかったですねえ~。
少しつまんだだけですが、あー、また食べたい。
今度行った時は、これを頼みたいです。


CIMG4262.jpg

あと。だんなが頼んだ、ココナッツ・レモンケーキ。
お味見しなかったのですが、こちらも美味しそうでしたね。

生クリームがかかっていたので、甘いのかな?と思いきや…!!!
なんと生クリームは生クリームではなかった!(らしい)
生クリームが大好きな国民の国で生クリームが生クリーム
じゃないなんて詐欺だって怒る人がいるんじゃないか?と
思っちゃいますが…(←大げさ?)、これが全然甘くない
ヨーグルトのようなものだったそうです。
もしかして、豆乳で作ったクリームだったのだとか???
味見すればヨカッタなあ。

へーーー…。

これはなかなか…。
色々新しいコンセプトを出すカフェで面白い!!

こういうカフェが出てきて、それが受け入れられるっていう
土壌が整ってきた、ってことは、やっぱりオランダの
(ロッテルダムなどの)食文化が上がってきたということなのだなあ
と思います。

最近は、本当に次から次へと新しいお店が出来るので
、、、ついていけません!
ほんと…こりゃ、嬉しい悲鳴です。
確実にオランダ、変化していますよ!



line_10.gif



line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング

ソーイングブログランキングはこちらから↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

そらのくも

Author:そらのくも
オランダ生活も15年目に突入しました。

(ご案内)
オランダ情報は「そらのオランダ通信」でお届けしています。是非ご覧ください。

http://soraoranda.com/↓ ↓ ↓

photoeurope2.jpg

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
写真のこと
当サイトで使用している写真と文章の無断転載はお断りしています。


情報
line_10.gif
line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記のお好きな画像バナーどれかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです 。

heart3.gif クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
気になる本
オランダ生活に役立つ、今、自分が欲しい本を載せています(いわゆる備忘録)。



前回載せておいたフランス菓子は買おうと思ったら絶版になっていた。。。うそ~…!絶版になるのが早すぎる。今度こそ…。

ブログキーワード別カテゴリー

オランダ お出かけ 街並み 子ども ヨーロッパ 旅行 カフェ ハンドメイド ミュージアム ガーデニング 洋服 ショップ ソーイング本 自転車 オランダの話題 庭園 学校 教育 ロッテルダム カメラ 子育て ニュース レストラン オランダの食材 日本語教育 スーパー 国際結婚 おうちのできごと 

ブログ記事カテゴリー
最近のコメント
メールフォーム
ご訪問ありがとうございます♪♪
ブログ・HPの感想はこちらまで↓

mail-pen2.gif
ブログ内検索
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数: 現在の閲覧者数:
Flag Counter