オランダは何故強いのか

次にアップするときはすでにオリンピックも終わっていて、
オリンピックのことを再び言及することはあるまい…
と自分では考えていたのですが、どっこい再びオリンピック記事です(苦笑)。

今回のソチ。
オランダのスピードスケートがやたら好調ですね。
現在のところ、全ての種目でメダルに絡み、金も4つ。
金銀銅のメダル独占が2つ、と…いったいどうしちゃったの?という強さです。
しかも…メダル独占のうち1つは、今まで苦手とされていた
短距離男子500mでの独占。
今までだったら考えられなかった快挙にオランダ中が歓喜に沸いています。

何故オランダは強くなったか。
色んな理由はあると思うけれども、私なりにいろいろ考えてみました。

もともとオランダはスピードスケートが大好きな国。
特にスピードスケートというかスケートマラソンは国民スポーツと
いってもよく、冬に運河が凍ると、そこら中でマラソン大会が開かれます。
距離もさまざまで30キロ~200キロまで(!)。
一番有名なのは、エルフステーデン・トホト(11都市周遊マラソン)。
これは一日で200キロ強を走り抜けるという大スケート・マラソンです。
最近はなかなか運河が凍らず、この大会もずっと開かれていませんが、
この大会が開かれるとなったら、たぶんオランダ中の人々が会社を休み、
その日は仕事にならないほどの熱狂ぶりなのです。
今年はとても暖かく、運河が凍る気配はまったくないので、
オランダの会社が開店休業になることはなさそうですが…。

このようにスピードスケートは国民に親しまれているスポーツなので
日本のようにオリンピックのときだけしか注目されない状況とは
少し違います。
オランダでは、オリンピックイヤーでなくても冬になれば
スピードスケートの記事がどんどん出ますし、いい選手が出てくれば
そのつど話題になる土壌があるのです。

しかし、それだけ国民に親しまれたスピードスケート競技といえど、
今までこれほど強かったことはありません。
特に長野五輪より前は、女子はメダルを取れる選手が1人いるか、
はたまた0かの薄い選手層で、男子も金メダルを確実に取れる選手は
いなかったのです。

それがいったいどうしてこれほど強くなったのか。

考えられる理由の一つとして、オランダの不況があるのではないでしょうか。
…オランダのスピードスケートは他国に比べて、スポンサーがつきやすい国
とは言えますが、近年の厳しい経済状況はスピードスケート選手にも
多大な影響を与えています。

オランダでは、1995年にリツマ選手がプロスケーター第一号となり、
スピードスケートが「商業スポーツ」化しました。
現在は50名以上の選手が5、6チームあるスポンサー企業に所属しています。
最近は毎年のように1~2チームのスポンサーが撤退するため、
そのたびにそのチームに所属している選手やコーチはは新たなスポンサーを
見つけなければいけません。
日本のように特定強化選手に予算が出るわけではないので、
スポンサーを見つけられなければチームが解体してしまうのです。

金メダル確実の(というかすでに二人ともひとつずつ取っている)
オランダの王者クラーマーと女王ヴストが所属しているTVMも
スポンサー契約はこのオリンピックまで。
それ以降は白紙状態です。

この厳しい状況は、選手やコーチに
「最低でもメダルを取っておかないとオリンピック以降は浪人生活」
という危機感を与え、それがいい意味でチームの奮起に
繋がっているのではないでしょうか。

考えられる理由の二つめとしては。
単純に、彼らの「強さを追及する姿勢」にあるのではないかと
私は思います。

強さとは…

金メダルを取れる強さ。
世界新記録を出せる強さ。


オランダ人は強い選手が好きです。
彼らの報道を見ていると、その選手が何人であろうと強ければ尊敬に
値する、という姿勢が常にあります。

たとえば、日本の清水。

彼はかつて金メダルを取り、世界新記録も保持した世界最速男でした。
びっくりしてしまいますが、オランダで「SHIMIZU」を知らない人は
いないのでは?というくらい有名人なのです。
まぁ…実際にはオリンピックもスピードスケートも興味ない、って
いう人はたくさんいるので、そういう方々はSHIMIZUを知らないかも
しれませんが。

今回も、双子のムルダー兄弟がメダルを取った翌日の新聞に
「なんとSHIMIZUとムルダー兄弟は誕生日が同じなのだ!」という
記事が載っていました。私なんぞ…だから何なんだ?と
ツッコミを入れてしまいましたけどね。
かつての英雄と今の英雄が同じ誕生日、ということはオランダ人
にとって特別で言及するに値することのようです。

どうやったらこの選手はこれだけ速く走ることができるのか?
彼らの報道は常にそのことに注目しています。
それは…単純に強さへの憧れがあるからこそ、なのですが
結果的に持ち得た豊富な情報がオランダ人選手の強化へ導かれて
いるのではないでしょうか。

例えば、五輪プログラムに関連して、スピードスケートの特集が
たくさん組まれていますが、オランダ人でもない選手にスポットを当て、
延々とその選手の特集をしているのにはびっくりします。

アメリカ人のシャーニー・デービスは以前オランダ企業が彼の
スポンサーだったこともあり、よく特集されています。
どういうトレーニングをしているのか、金メダルを取ることに
重要なことは何か…そういった内容を延々と追及する番組。
他国の選手なのに、よくまあここまで特集できるなあ、と
私なぞは、びっくりしてしまいます。

ドイツのアンニ・フリージンガーも隣国ドイツの選手なのに人気あります。
彼女はオランダ人の金メダリスト・スケート選手と結婚し、オランダに
住んでいることもあり、よくメディアに登場します。

最近は、韓国も大いに注目されています。
日本人に絶対エースがいなくなってしまい、オランダメディアの目が
韓国に向いてしまったことは悲しいことですが、今回も
ダントツの強さを見せた李相花選手は賞賛のまなざしです。
韓国メディアはスピードスケートについてどう報道しているかetc.
細かい点までよくもそこまで…と呆れるほどの徹底取材です。

もちろん、自国の選手への注目はそれ以上です。
オランダでとても人気ある(元)スケーターの1人、
マリアンヌ・ティメル選手。

彼女は、10代で出場した長野五輪では伏兵だったにもかかわらず
千メートル、千五百メートルで金。一躍ラッキーガールに祭り上げられました。
特に美人だったこともあって、日本でも話題になりましたね。

彼女はその後、どん底のスランプに陥り、次のソルトレークシティ
ではどの種目も惨敗。

しかし、その後、スランプから脱し、次のトリノでは再び金メダルを
手にします。彼女は涙を流して「最初の金メダルもうれしかったけど、
今回は特別うれしい。」とコメントしていました。

結局彼女はオリンピックで金メダル3つを取ったわけですが、
これは、たまたまではなく、やはり彼女の中に金を呼び込む強さが
あったから、と考えられています。いくら練習で速くても
本番でメダルを取れない選手はたくさんいます。
オリンピックで金メダルを取るということは、速いだけではダメで
別の強さも必要なのだ、そこがオランダメディアの追及する点です。
そして、そのことを身を持って知っているのは、実際に金メダルを
取った選手だけ。当たり前ですよね。

今は、ティメルを始め、長野五輪のメダリストたちが続々と引退し、
コーチ、アシスタントコーチ、メンタルコーチになっています。
この豊富なコーチ陣が自分たちが体験したことを現選手に伝授し、
オランダの各チームがよきライバルとしてしのぎを削っている…
それも今回の強さにつながっているような気がします。

そう考えると…。
何故、日本の金メダリスト清水は接骨院なんかやっているんでしょうか。
彼自身に問題があるのか、日本スケート連盟に問題があるのか…
その辺りのことはちょっと分かりませんが、彼の金メダリストとしての
実績を重視することが出来ない日本の現状は寂しい限りですね。
ちなみに清水ははプロスケーター化を提唱し、自ら第一号となった日本人。
それが疎外される原因となったのか分かりませんが…
商業スポーツ化20年でこれだけ強くなったオランダと現在の日本を
比べると…何とも皮肉としかいいようがありません。

あと…やはり前回からの続きのようなコメントになりますが、
残念な結果しか残せなかった日本人選手ばかりを特集しているようでは
やはりメダルは遠いような気がします。

何故ダメだったのか?という敗因を探すことも大切なことですが、
それよりも何故この選手はこれほど強かったのか?という勝因を追及しなければ、
世界に追い付くことはできないのではないでしょうか。

以前、NHKスペシャルで金メダルを4つも取っているジャンプの王者
シモン・アマン選手の特集があったようですが、こういう特集を
どんどん組んで、強さの秘密を追及していって欲しいです。

<追記>
本日1500mもメダル独占しました。
次の1万は最初からメダル独占が予想されているいるので、
まだまだ金メダルラッシュが続きます。いくらなんでも強すぎ…です。

これを書いた後に分かったことですが、今回、ライバル国である米国は
開発した新スーツが不調ということで、メダルにまったく届かない
惨敗続きなのだとのこと。一方、オランダももちろん新スーツを
使用していますが、こちらは絶好調です。

さらに、スプリント距離(500m~1500m)でより早く周回できるテクニックを
取得したため(どのようなテクニックなのかは定かではない)、
メダル独占につながったとの記事が載っていました。

元々スラップスケートを開発したオランダ。
1秒でも早く走るための取組みは選手の日々の努力だけでなく、
いわゆる「スピードスケート」オタクな研究者たちの日進月歩の
取り組みも大いに関係し、それが今回の強さにつながっているようです。



line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング

ソーイングブログランキングはこちらから↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村

世界は見ていますよ

昨日はだんなが家で仕事をしていたのでラジオがついていました。
12時になりお昼のニュースが流れたのですが、
ふと気がつくと…

「柔道のコーチXXX。15人が提訴XXXX。日本XXXX。」

あーっ!これは、日本の女子柔道の体罰問題ではないですか~…。

オランダのメディアはアメリカなんかとは比べ物にならないくらい
国際的なので、じゃんじゃん世界中のニュースを流しまくるのですが、
それにしてもこんなニュースが流れるとは、、、汗。

はっきりいって「恥ずかしいっ!!!!!」の一言です。

オランダでは、ほとんどのオフィスでラジオを流しているので、
ラジオを聞く人は多いし…まあ、そうはいっても、皆かじりついて
聞いているワケではなく、スルーしている人は多いですケド…。
でも、聞く・聞かない、の問題ではなくて、日本の柔道のトップで
暴力なんていうニュースが話題になることが問題です。。。

今は監督交代になったらしいけど、最初は続投を決めていた、って。
はぁ?ですよね。

柔道のことはなんやかんやと今までにも話題にしておりますが、
オランダではとても人気のあるスポーツなんです。
前にも書きましたが、未来のオランダの女王様であるアマリア王女も
柔道が大好き。ロンドン五輪では、皇太子ご一家(もうすぐキングですね)
で柔道の試合を観戦するくらいお好きでいらっしゃるんですよ。

りすちゃんのクラスにも何人か柔道を習っている子がいるし、
ギターレッスンで一緒の男の子は、すでに柔道の強化選手(?!)に
選ばれている、とかで、おばあちゃんが自慢げに話していました。
ともかく、ここに住んでいると、周りで「JUDO、JUDO」という声を
しょっちゅう聞くくらいとてもポピュラーなものなんです。

なんでこんなに海外で(欧州で)ポピュラーになったのか?

…それは。もちろん柔道という「武道」に魅力があっただけではなく、
優れた日本の指導者が海外に柔道を広めたからに違いありません。

オランダはあのアントン・ヘーシンクを生んだ国。
その彼を育てた「道上伯」さんという柔道家は、50年以上海外に
在住し(主にフランス)、多くの国で柔道を普及されたのだとか。
まだ戦後間もない時期で、どんなに反日感情も高かったことでしょう。
戦前は欧州がアジアを植民地支配したので、アジア蔑視の風潮も
強かったことでしょう。そんな中、信頼される・尊敬される
指導者として師弟関係を築きあげるために必要なこと - 。

それは、絶対に体罰や暴力を使った教え方ではないと断言
していいでしょう。

もし、園田監督のように「おまえは柔道やってなかったら
単なるブスだ」とか「死ね」とか、平手打ちとか…
そんなことをかつて欧州に渡った武道家がやっていたとしたら…
「やっぱり野蛮なジャップのスポーツ」と言われるくらいで、
誰もついてこず、柔道が世界に普及することは
決してなかったはずです。そんなことは明白です。

道上伯さんのインタビューを読むと
とにかく勝ちまくって強いところを見せるしかなかった、という
ことですが、結局、武士であろうと古代からの西洋の剣使いであろうと、
「強いこと」が何よりの魅力であって、叩かれたから奮起する
なんてことはあり得ないんですよね。

(道上伯さんのインタビュー → 道上伯物語

今回、これだけ問題になってようやく監督交代に至ることに
なったわけですが、もし全柔連のTOPが
「あー、これくらいのことでこんな問題にしやがって…」
程度に思って、事実を把握していたにもかかわらずこれまで問題に
対処してこなかったのだとしたら「武道家」としての精神が…
どっか別の方向に向かっているんじゃないかしらねぇー…
とそんな風にさえ感じます。

初心に帰って「礼を重んじる強い武道家」を世界に見せなければ、
柔道ニッポン復活どころか、JUDOが日本のものではなくなる日も
そのうちやってくるかもしれませんよ。

世界は意外と見ているんです!!!!



line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング

11都市スケート・レースあれこれ

世の中、ユーロ危機。
昨日は、NEDCar(三菱自動車)のオランダ撤退が決まり、
現在のところ、1500人の従業員は、解雇される見通しということです。
10年くらい前までは、三菱自動車関連の駐在員は、オランダ駐在員の
中でも、かなりの数を占めていたのだけれど…。
やはり時代は変わって行くのね、、、悲しいけれど。

う…世の中、暗い。
さぞや、オランダの経済環境は暗く、人々の生活も下降気味で、
人々は沈滞モードなんだろうなー、、、と、思いますでしょ?

とーんでもない!!オーホッホッホ!(←何故高笑い?)

人々は、雪にスケートに、と浮かれ状態。
昨日も書きましたが、11都市スケート・レースが開かれる可能性が
高まり、政治?経済?!どーでも良いわい、そんなコト~…
状態になっているのであります、、、(汗)。

ああ…、ときどき羨ましいと思う。オランダ人の呑気さ。

今日来た新聞を開けて、絶句。
なんと、1面から7面まで、スケート記事(汗)。
さらにスポーツ面で2面、スケート記事(汗X2)。
(NEDCarは10・11面で記事になっとりましたが、、、)

あぁ、分かりましたよ~、いかにこの人たちにとって
スケートが大事か、てコト。

あまりに呆れて、新聞を見る気分も失いかけましたが、
ちらほら見ると、紙面から溢れる「スケートに対する熱意」
みたいなものが、伝わってきて、、、
あぁ、本当に特別なことなんだなぁ~、これぞオランダなのだよ!
なんて、熱意の一部が私にも移っちゃいました。

…というわけで、今日は11都市スケートレースあれこれ。
(といっても、これを書いている火曜日現在、
開催されるかどうかは決まっていません!!)

このスケートレースは、凍ったオランダの運河をスケートで
走り抜けるいわゆる「スケートマラソン」。
オランダのフリースランドという北の州で行われます。
距離にして、なんと約200キロ。
世界で一番長距離のスピード・スケートレースだということです。
そりゃ、そうでしょう。

日本でいえば、「東京箱根間往復大学駅伝競走」が、
往復で220キロほどなので、「箱根マラソン」を一人で一日で
全部走っちゃう、、、て考えると、どれだけ大変なことか
お分かり頂けるのではないかと思います。

ちなみに、氷のコンディションによってかかる時間はずいぶん違う
ようですが、7時間から10時間くらい、ということです。

このレースは、毎年行われるのではなく、スケートができる
コンディションが整ったら開催、というのが面白いところなんです。
前回行われたのは1997年の15年前。
それから、行われる可能性に近づいた年はなく、
今年が一番可能性が高い、ということです。
それでも、南西部の一部がまだイマイチの氷の張り具合だそうで、、、
ここがどうなるか、にかかっているようです。

まだ決まってない、とはいえ、フィーバーはすでに始まってます。
すでにフリースランドの11都市周辺のホテルは満室状態。
スタート&ゴール地点となるレーワールデンのホテルは、
一室500ユーロにまで跳ね上がっているのだとか、、、(汗)。
これで開催されなかったらどーなるんだ?!

行われる可能性が高い日は、今週土曜日だそうで、
もし土曜日に行われた場合の観戦者は150万とも200万とも、、、。
200万って…オランダの総人口が1600万なんですけど~(汗)。
この日にフリースランド地方に行く方は、注意が必要です(苦笑)。

平日に開いても、多くの人が会社の休暇を取るか、ずる休みをするか、、、
なので、土曜日にやるのがいいのではないかと…(私は思う)。
ちなみに日曜日は、安息日なので、一部のクリスチャンから
受け入れられず、日曜日に開催される可能性は0に近いです。
さすが、こういうところは、ヨーロッパですね。

参加できるのは、16000人で(すごい数、、、)
11都市スケートレースのクラブメンバーになっている人、
に限られるそうです。実は、すでにオークションに
1000ユーロで権利譲ります、てな広告が出ていたらしいですが、
権利を譲ることはできないため、オークションから撤退
させられたとのこと(汗)。
メンバーになりたい人は、多数いるようで、申し込みをすると
「待ちリスト」に登録されるそうです。
オランダのスピードスケートのメダリストなんかももちろん
登録していますよ。

さて。
面白いのが、これだけ大きいスポーツ・イベントにも関わらず…
このイベントにはスポンサーが一切いない、ということです。
まさに昔ながらの本当の「アマチュア」の祭典なんです。
現在、各地で氷の整備が進んでいますが、整備に参加する何千人もの
人々は、すべてが「ボランティア」の人々!!
協会の人々も、もちろん無償奉仕。
ともかく、好きだからやる、好きだから協力する、それだけ。
脱帽です~…。

ちなみに優勝者も賞金などが貰えるワケではありません。
ただ「英雄」になるのみ。
毎年行われるワケではないし、次はいつ行われるのかも不明。
次回自分が参加できるかどうかも分からないから、皆必死。
そこで優勝するっていうことは、オランダ人にとっては、
4年に一度開かれる五輪の金メダルよりも大きな称号になるのです。

よくテレビで過去の優勝者のレースやインタビューなどが出ますが、
私が、知っている人、、、当たり前ながらいません~。
でも、オランダ人は皆、称賛の眼差しなのよね。この辺りが、やっぱり
私 → 外国人、てとこなのかなーなんて思っちゃったり、、、(笑)。

ともかく。
明日、開催されるか決定されるようです?
開催されることになったら、さらに大騒ぎでしょうね!!
今、オランダにいる方、ラッキーだわ!と思って、
オランダの呆れる文化を堪能してくださいね!
私自身は、箱根マラソンやスポーツが大好きなので、絶対楽しめると思うわ。


11都市スケートレースの公式HP → Elfstedentocht (オランダ語)



line_10.gif

オランダ情報ブログランキングに参加中です↓。
薔薇の画像をぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。

海外育児ランキングにも参加しています。
世界各地の楽しいブログが登録されています。
ランキング確認はこちらから → ブログ村 海外育児ランキング

スケート王国

マリアンヌ・ティメル選手がスピードスケートで金メダル!
これでオランダの女子選手が2種目を制し、スピードスケート
王国!の面目を保った、という感じ?!

ティメル選手は長野五輪でも2種目金メダルで、美人スケーター
と新聞やマスコミは大賑わいだった。しかも、当時の恋人は
カナダのスピードスケート選手だとかでそのロマンスまでも
ばっちり書かれていた。ちなみに今の恋人はAZのゴールキーパー、
ティメル選手(名前一緒)なのよ。まあ、ともかくそんなせいで
私にとって彼女は記憶に残るオランダ人であった。だんなと
初めて出会ったとき、オランダ人=ティメルだった私は、
彼女のことを話したこともしっかり覚えている。とにかく
私にとって、心に残るオランダ人である彼女が8年という年月
を経て、再び金メダルを取る、ということはなんだかよく
分からないがうれしいことである。

しっかし、今回のオリンピックが私にとって初めてのオランダでの
冬季オリンピックなのだが、オランダって、ほんと、冬季五輪=
スピードスケート、なのね。それ以外の競技ももちろんテレビ
でやっているけど、皆の関心はスピードスケートばっかし。
しかも、やたら詳しいんだよ。まさにスピードスケートをやたら
掘り下げているって感じ。自国の選手だけでなく、どの国の選手
も強ければ、注目して特集を組んでいるし、スケート靴のこと
から温度のことまで、なんだかスピードスケート・オタク、て
呼びたくなっちゃう。オランダで清水選手がとても有名、ていう
のもこれで納得だよ。

今回の五輪には、アレクサンダー王子とマクシマ王妃、2人の子供
たち(お姫様)も応援に駆けつけているのだけれど、マクシマ…。。。
一昨日の団体追い抜きのときは、王妃に向かってこう言っちゃ
非常に失礼なんだけれど、狂ったように旗を振り回していて、
ほんと、笑えた…。ほんと、王妃らしくない、といっちゃ、
それまでだけど、だからといって「まあ!王妃らしくない振る舞い
ね!」と眉をひそめるという感はなく、この庶民的な行動が
ほほえましく、彼女がオランダ国民の人気者、というのが
分かる気がするのである。

彼女と比べると、日本の皇室の女性は…。ほんと、正直なところ、
どうしても「かわいそうだなあ」と思ってしまう。。。
今はまたまた男の子?女の子?で、そればっかりが注目されて
いて、最近母親になった私からすると、ほんと、ストレスの
溜まる日々なんだろうなあ、と思う。あんまり皇室のことに
自分の意見を述べる気はしないけど、やっぱり少しずつ今の
閉ざされた皇室を変えていかないと、、、将来がばら色、
というわけにはいかないと思うなあ。。。
プロフィール

そらのくも

Author:そらのくも
オランダ生活も15年目に突入しました。

(ご案内)
オランダ情報は「そらのオランダ通信」でお届けしています。是非ご覧ください。

https://soraoranda.com/↓ ↓ ↓

photoeurope2.jpg

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
写真のこと
当サイトで使用している写真と文章の無断転載はお断りしています。


情報
line_10.gif
line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記のお好きな画像バナーどれかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです 。

heart3.gif クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
気になる本
オランダ生活に役立つ、今、自分が欲しい本を載せています(いわゆる備忘録)。



前回載せておいたフランス菓子は買おうと思ったら絶版になっていた。。。うそ~…!絶版になるのが早すぎる。今度こそ…。

ブログキーワード別カテゴリー

オランダ お出かけ 街並み 子ども ヨーロッパ 旅行 カフェ ハンドメイド ミュージアム ガーデニング 洋服 ショップ ソーイング本 自転車 オランダの話題 庭園 学校 教育 ロッテルダム カメラ 子育て ニュース レストラン オランダの食材 日本語教育 スーパー 国際結婚 おうちのできごと 

ブログ記事カテゴリー
最近のコメント
メールフォーム
ご訪問ありがとうございます♪♪
ブログ・HPの感想はこちらまで↓

mail-pen2.gif
ブログ内検索
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数: 現在の閲覧者数:
Flag Counter