見ごろの時期のキューケンホフ

DSC_327118.jpg

なんやかんやで前回キューケンホフに行ってから2週間が経過してしまいました。ここのところオランダは夏日で、早く行かないと見逃してしまう球根が、、、と思ったのですが、実は歯のインプラント手術(その1)&腫れて痛くて大変、、、という状況になって、のんきに観光どころではない日々だったのでした(涙)。

今回は前回から2週間しか経っていなかったにもかかわらず連日のよいお天気で…早くも全開モードになってました。あちゃー、、、。なんという激しい気候の変化よ、、、。見逃した球根はあんまりないと思うけど、通常の桜は終わってしまってました。ほんと…残念、、、。

全開になると、もう…キューケンホフ中が花だらけになって、よい写真を撮りたい~~…と思えど、もうパニックになってしまうのね。なんて言うか…すべての場所が写真ポイントになってしまうので、こうなるとかえって何を撮っていいのかが分からないという、、、。

きれいな場所で可愛いチューリップを撮る、というのはいくらでもできるのですけど、そんなんやってたら1000枚でも2000枚でも撮れちゃうけど、まさかそんなにチューリップばかり撮るわけにもいかないし。

そんなわけで、一応行く前に、こんな感じで?!と自分の中でイメージを膨らませていましたが、もう途中からワケ分からなくなっていました。自分でブツブツ、、、あー、もうワケわからん、、、とつぶやきながら、一応撮っておかないと…と撮り続けた結果、なんと200枚もの枚数になってました。ほかの人はどれくらい撮っているのかしら、、、ちょっと気になります(苦笑)。

今回訪れて学んだことは、水仙というのは本当に様々な種類があって、春一番に咲くものもあるけど、遅咲きのものもたくさんあるのだなあ、ということ。遅咲きの水仙は素敵なものがたくさんあって、こんなん欲しいわ~、、、とウキウキしました。私の水仙の認識度は非常に低かったってことですねえ。

DSC_323118.jpg


あと、ヒヤシンス。こちらも色はピンク系、紫系しかないのだけれど、それでも微妙な色合いのものがたくさんあって素敵でしたね~。なんといっても匂いが春を象徴しているな、と。大型ヒヤシンスはすぐ倒れてしまうイメージがあるのですが、たくさん大型の種が植えてあるせいかほんとゴージャスでした。

DSC_333418.jpg


キューケンホフのすごいところは、生きた花々を最もきれいに見せるために、最初の設計から球根植え、配置などを工夫するだけでなく、開園中も手入れを欠かさないようにしているというところです。ただ、手入ればかりしているとお客さんの邪魔になってしまうので、最低限目立たない範囲で手入れし、あとは早朝とか夜に手入れしているんでしょうかね、、、。ともかくすごいな、「キューケンホフの裏舞台」を見てみたいなあ、と思います。

DSC_329418.jpg

↑花の摘み取り。こんな風に枯れかかったものはすべて摘み取るのですが、観光客はその作業にほとんど気づくことはありません。


DSC_330218.jpg

あと、ここにきて気づくことは、けっこう障がい者の方や車いすなんかの老人の方もいらっしゃるということ。春を待ち望んだ人誰もが楽しめるやさしい公園なのも素晴らしいな、と思います。普段、なかなか外に出る機会のない方々が見る夢の世界。さぞやスペシャルな時間なのではないかと思います。ここは誰もがハッピーになれる公園。

あと、「芝生に入るな」とか、「進入禁止」とか、、、そういう無粋な看板もここにはないのです。ちょっとロープが引いてあるところはあるけど、でも、通常どこに座ってもオッケー。ピクニックをしてもオッケー。もちろん花は摘み取っちゃだめだけど、誰もそんなことしないね。…たぶんあまりにも美しすぎるからかしら。この調和のとれた最高の美を自ら壊してはいけない、て誰もがそんな風に思うんじゃないかしらねえ。


DSC_329918.jpg

普通の桜は終わってしまいましたが、八重桜がきれいに咲いていました。八重桜とのコントラストもすばらしい。


DSC_329218.jpg

また、大きな木々の新緑と美しい芝生の中にカラフルな花々を楽しめるところも魅力的です。前回はまだ新緑がない状態だったので、ほんと…この2週間でこんなに?!と驚く変化です。木々は生きているんだなあ~と実感する瞬間。

変化と言えば、2週間前と後の写真比べ:

DSC_320618.jpg

ムスカリ・リバー。2週間前はまだほとんど芽が出ていませんでした。

そして、2週間後:

DSC_324518.jpg

ジャジャジャジャーン。

他にも山のように写真がありますが、とりあえず今回はここまで。…と言っているうちにもう次のが来ているような気もしますが、、、。

さすがに2回連続出かけたら、見どころがどこか、どこに何があるかはだいたい分かってきました。インターネットに載っている写真を見ても、それがどの辺りかほぼ分かるくらいですからけっこうなものです(笑)。やっぱりシーズンパスがあるとスペシャリストになれますね。

4月初めのキューケンホフ - (1)

DSC_320718.jpg

前々回にお知らせしたとおり、キューケンホフのシーズンパスを手に入れたので、キューケンホフに行ってきました。本当は先週にでも?と思っていたのですが、あまりの寒さに…辞めました(苦笑)。今週になってついによいお天気になってきたので、ついに重い腰を上げて行ってきました。

キューケンホフに今回行くのは何年ぶり?という感じだったのですが、いろいろ変わっていてビックリ。なんと、私は入り口が巨大に大きくなっていたのさえ知らなかったのでした。。。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ。

今回外の見どころは水仙くらいか?と思っていたとおり、メインは水仙とクロッカスでしたが、地味球根であってもあれだけの量があるとさすがに艶やかで、私の淡い期待を充分に裏切ってくれたのでした。

そこにいる人たちも、チューリップなどメインがなくてもみな、超ハッピーそうで…ハッピーな人々の集まりというのは本当にその場を華やかにするんですねえ。どんどん世の中が悲惨なことになっていても、ここは平和で幸福の塊だわ、、、老若男女問わず、みな、お花でハッピー!!

それにしても驚いたのが、今やさすがインスタの時代。そこら中に映えポイントが設定されていて、みな、うれしそうに自撮りしているのが昔と違うわ、という感じでした。ホント、誰もがモデルか?って突っ込みたくなるくらい、なりきってる感じでしたよ(笑)。

私は今回初めてシーズンパスを買って何回かここを訪れることにしたのですが、それがどんなに贅沢なことか…今回の一回目でヒシヒシと実感しました。

この公園には本当に多数の球根が植えられているのですが、期間中にばらけて咲くようにかなり配慮されているので、期間中、これは咲いているけどこっちはまだ、これは終わっちゃったけどこれは今が旬、そんな感じに花を見ることができるわけです。つまり、言い方を変えると、どう頑張っても1回だけの訪問じゃ全部を見るっていうのは不可能なわけで。それが、何回も訪れる、という選択にすれば、全部見ることが可能になっちゃうのです。これは凄いでしょ!!

いや、考えると当たり前なんですが(笑)、実際に今日訪れて、まだ芽が出ていないような場所を見て一人ほくそ笑んでしまいました。ぐふふふふ、、、。

まぁ、でも、もし1回だけ訪れる予定、という方には例年通り4月25日くらいをお薦めします。その頃がやっぱりチューリップの開花数が多いのではないかと、、、。

さて。一応私は花好きガーデニング経験者なので、今回の球根を見て気になったものなどをご紹介しようかと思います。とはいえ、ものすごい詳しい方からすると、笑っちゃうくらい、、、球根の品種名とか覚えられない人なので、スミマセン、期待させるようでいて期待できない紹介になると思います。ご了承ください(汗)。

また、一回で全部紹介するのは大変なので、少しずつ分けて紹介していこうと思います。


DSC_310718.jpg

キューケンホフには別種類の球根を混ぜた寄せ植え鉢はあんまりないのですが、今回可愛いと思ったのがこちら。青い花はプリムラと思うのですが、こんなかわいいのがあるのですね。プリムラはあんまり好きじゃないんですが、これは、、、可愛い!!と心躍りました(笑)。


DSC_310118.jpg

まだチューリップはほとんど咲いていないのですが、華やかに咲いていたのがこちらのShowwinner。白いクロッカスとの組み合わせが紅白でかわいらしいです。通常、クロッカスとチューリップは開花時期がずれてしまうので合わせるのは難しいのですがこれなら可能なんですね~。


DSC_310418.jpg

水仙もいろんな種類があるみたいで、まだまだ開花時期が遠いものもあれば、奇麗に開花しているもの、すでに終わっているものもありました。ここはフリチラリアとの組み合わせ。


DSC_311518.jpg

この球根は、、、!!!水仙ですが、こんなヘンな水仙は初めてみました。黄色いクロッカスとの組み合わせ。


DSC_314518.jpg

現在は、クロッカス天国!クロッカスは、黄色、白、紫と決まった色しかないのが残念なのですが(ピンクとか赤とかあったらいいのに、、、難しいんでしょうね)、この青紫は輝いてました。


DSC_314018.jpg

この水仙もかわいらしいクリーム系。オランダらしい風車を背景に。


DSC_318918.jpg

現在は、外ではチューリップはほとんど咲いていないのですが、パビリオン内のチューリップがほぼ満開でした。どんなチューリップの球根を買いたいか考えるには、コンパクトに見て回れるので便利です。


DSC_318118.jpg

今回、気に入ったもののひとつがこちら。Pleasureというチューリップですが、、、ピンクとオレンジのミックス。かわいらしすぎ!!!!思わず日本語でひとり「かわいすぎでしょ、これ」とつぶやいてしまいました、、、いや、まじで。

それにしても、日本人の観光客は数人しか見なかったな~。この間のアムステルダムでもあんまり見かけませんでしたし、ちょっと寂しいですね。

次回に続きます(たぶん、いや、絶対、、、)。

満開のヒースの中を歩く

DSC_271417.jpg

先週末、念願の満開のヒースの中をハイキングに行ってきました。

ヒース(ヘザー)と言えば、イギリス北部、ドイツのリューネブルクなどが有名ですが、オランダも夏になると様々な場所でヒースが咲き乱れます。

いつか満開のヒースの中を歩いてみたいな、とは思っていたものの、なかなか実現せず…。やっぱり「行こう!」と強く思わないとダメなのね。なんやかんや年月がズルズルと過ぎて行ってしまいました。今年は、ヒースの満開時に有名なところに行くぞ!!と強く決心し、ついに念願かないました♪

「行こう!」と強く思わないと…とえらく大層なことを書いてますが、オランダのヒースは簡単に見られます。なんせ日帰りオッケー、電車を降りて駅から歩いて見に行ける(バスに乗る必要もなし)、とやたらくたら簡単なのです。なので、私たちも家から日帰り、バスに乗ることもなく歩いて回ってきました(苦笑)。

ただ、天気は…太陽が出る良い天気のほうがいいです。ヒースはラベンダーなどと比べても地味。日が当たると当たらないでは、色の輝きがずいぶん違います。曇り空だと、全体的に黒っぽく見えて、せっかくの風光明媚も台無しです。私たちは、雲がモクモクとしていて、曇ったり晴れたり…を繰り返していたのですが、結果的にはこれが一番美しいかも?という気がしました。晴れなかったら、ちょっとガッカリして帰ることになったかも(汗)。


DSC_265317.jpg

一面のヒース。日が当たる部分と影になっている部分で色が違い、このコントラストがとてもきれいでした。


DSC_268217.jpg

見渡す限り…美しいヒースが一面に広がっています。オランダにしてはめずらしく高低差があり、丘の上から眺めるヒースが美しかったです。


DSC_266017.jpg

田舎はどこへ行っても意外と空いているオランダですが、夏の週末日曜日、ヒース満開のベストデーだけあって、さすがにプチ混雑していました。ここもワンちゃん連れが多かった。どこへ行ってもワンちゃん天国だな!


DSC_2676-COLLAGE.jpg

写真: 左下が羊飼いのおじさんとおばさんと狩り犬たち


さて。この日は、羊の放牧がおこなわれていました。羊飼いのおじさんとおばさんが犬を連れてヒースの荒野の中に羊を放つのです。

オランダでは、羊の放牧は半分観光客向けのショーのようになっていて、何曜日の何時から放牧を行う…とたいてい予告されています。羊自身は、あちこちいて珍しくもなんともありませんが、狩り犬に追い立てられながら荒野を移動する羊というのはなかなか見られないので、人気があります。


DSC_2664-COLLAGE.jpg

写真: 右真ん中が羊飼いの犬
    左下 羊だけでなくヤギもいました

ヒースの季節は8月。白い羊と紫色のヒースと青空と。美しいコントラストの風景を眺めながらのハイキングは、十分贅沢な気分になれるプチトリップでした。





行き方・歩き方: アーネム郊外のRheden駅から国立公園Veluwezoomのビジターセンターに向かいます。ビジターセンターから始まる黒いコース(5.5キロ)が今回私たちが回ったコースです。有名な場所はPosbankと呼ばれる展望台。ビジターセンターでは自転車の貸し出しも行っていて、もっと広い範囲で見て回ることも可能です。


line_10.gif

そらのおらんだ通信HPでもたくさんの観光情報を載せています。
是非こちらもご参考ください♪

133.gif オランダ観光はこちらから → オランダ観光
133.gif ヨーロッパ各都市の観光情報 → とっておきのヨーロッパ
133.gif ヨーロッパ旅行記はこちらから → ヨーロッパ紀行

line_10.gif

スホーンホーヴェン - 銀のお祭り

CIMG5047.jpg

今年も行ってきました!!
スホーンホーヴェンで行われた「ナショナル銀の日」。
私は、2年連続で同じところへ行こう、と思うタイプではないんですが、
このイベントはまったくの別モノ。
下手な外国に行くより全然楽しいイベントなので、
今年も眼の色を変えて(笑)行ってまいりました!!!
たぶん、いや、絶対…私は銀が好きなんだわ。

昨年はおひとり様のぽっちお出かけでしたが、
今年はそろそろ女同志のお買い物も楽しい年頃りすちゃんを
誘って行きました。

お天気予報もよかったせいか…昨年とはケタ違いの人ごみ。
3連休の最終日の祝日にもかかわらず、ロッテルダム郊外のバス停からして
ごった返していてビックリでした。

スホーンホーヴェンに着いたら、、、もっと驚いた!!
数あるブースは、人、人、人…でなかなか近付けないほどの人気なのです。
なんじゃ、この人ごみは。

それー、行くぞ。りすちゃん!!
と、二人で突撃しつつ(?)、楽しい銀のマーケットを楽しみました。


CIMG5042.jpg

って、これ、銀じゃないやん…って突っ込まれそうですが(…汗)。
お値段がお手頃な銀のブースはとても混んでいて、とても写真なんか
撮ってられません。なので、比較的空いていた石屋さんでパチリ。
一個1ユーロから売っているので、りすちゃんのお小遣いでも買えます。


CIMG5043.jpg

だから~銀はどこ?という感じですが…(汗)。
この街は、シルバーの街として有名で、この銀の日のマーケットでは、
シルバーに関するものがなんでも手に入ります。

この街には銀職人の学校もあって、アクセサリーを作る人もいるので、
必然的に石も売られているわけなんです。

すごいですよ。銀の職人に関するグッズ類。
こういう風に銀アートやアクセサリー、シルバー食器などが出来上がるのかっ!!
と、もう一日で銀に関することが習得できちゃうって感じ。
普通、、、街歩いていても、銀をどういう風に扱うのか?なんて
分かりゃしないもんね…(笑)。
ほんっと、面白い!


CIMG5046.jpg

これは、正統銀アクセサリー。
どれも一品ものらしく、お値段も高め…。
でも、とっても可愛いアクセサリーばかりだったなあ~。


CIMG5055.jpg

王室御用達の銀のお店の2階。
きらびやかな銀食器類がまぶしく飾られています。
お値段もついてなかったかな、、、たぶんミュージアム・モノ。


CIMG5057.jpg

別の銀専門店。
二階は完全にミュージアム・コーナーとなっていて、
銀に関する歴史が学べます。

一階はごった返していて…いったい何事?ってくらいでした。
でも、これだけ人が入っていると、気軽に覗けますよね。
ともかく高級ショップなんで、普段は足を踏み入れられないと思う(汗)。


CIMG5054.jpg

この街は…銀だけでなく、それ以外のお店もステキなお店多し。
素敵な手芸屋さんがあって、萌えた~~。
アンティーク・ショップ、ブロカンテなんかも可愛いものがいくつもあって。


CIMG5053.jpg

小さいブロカンテ・ショップ。私好みのものばっかりだったわ。
中で写真を撮りたかったけど、混んでいて断念。


CIMG5049.jpg

歴史的塔がOPENしていて、中に入ったら…アトリエだった。
時が止まったみたいな、すっごく不思議な空間だった。


CIMG5050.jpg

歴史的塔をくぐるとレック川(Lek)。
川沿いには、パタット屋さん(フリッツ屋さん)があって、
とても人気でした。どうやら高得点パタット・ショップらしい。
私も食べたかったけど、りすちゃんが
「私は普通のレストランで食べたい~」と言うので…涙。
だんなもいないのに、二人で川沿いレストランに入り、
大皿を腹いっぱい食べましたとさ。

ご飯を食べた後は、後半戦!
イザ! 買うぞ~~!?

CIMG5081.jpg

りすちゃんが手に入れたのは、葉っぱのブレスレット。
自分のお小遣いで買ってましたヨ~。
お値段50%OFFで10ユーロ也。
誰ですか?
猫に小判、豚に真珠、なんて言っているのは(苦笑)。


CIMG5074.jpg

私が買ったのはこちら。
チェーンが4ユーロくらい?トップが6ユーロくらい?だったかな。

人気のお店は、銀は重さで値段が決まるので、
小さいものだったら、かなーり安く手に入ります♪
安いですけどメッキじゃないですよ。本当のシルバー。

私は手を出さなかったけど、アンティーク・シルバーも多数ありました。
目利きがあればねえ、いいんだけど。
さっぱり分からん、、、。


CIMG5058.jpg

全然シルバーじゃないけど、、、
これはなんと3Dプリントアクセサリー。
生まれて初めて、3Dプリンターを見ました(後方ブルーのヤツ)。
すげー、こんなんなんだ!!!!


CIMG5059.jpg

将来、誰もかれもが3Dプリンターを持つ時代になったら、
いったいどうなっちゃうんだろう?!
ドラえもんの世界が近づいてきた気分です。


CIMG5064.jpg

最後にシルバーミュージアムに行きました。
もう、、、お腹いっぱい銀を見過ぎた、つうか、一生分見た気分だったので
ミュージアムで銀を見ても、感動もなにもナシ、、、汗。


CIMG5069.jpg

終了時間の5時前でもかなりの人ごみ。
今年はすごい人ごみだ!って売り子さんも言ってたけど、
ほんと、すごい人だったわーーー。


CIMG5071.jpg

りすちゃんは、〆のアイス(?)。

そんなワケで、今年も本当にワクワクの楽しい一日でした。
りすちゃんも楽しかったみたいで、来年もイザ行こう!と
母子で誓い合った帰り途なのでした。



line_10.gif





そらのおらんだ通信HPでもたくさんの観光情報を載せています。
是非こちらもご参考ください♪

133.gif オランダ観光はこちらから → オランダ観光
133.gif ヨーロッパ各都市の観光情報 → とっておきのヨーロッパ
133.gif ヨーロッパ旅行記はこちらから → ヨーロッパ紀行

line_10.gif

マーケットの季節到来

CIMG2873.jpg

ようやく待ちに待った春らしい日が到来!
これからがオランダのお出かけ季節です。

それでなくとも寒くて出かける気分がしないのに…
今年は、すっかりインドア派でドラマにハマる日々になってしまい
正直、春が来てもいまだピンと来ていないのが現実なのですが…(汗)
でも、やっぱりいい天気になったからには、
どこかへの外出を楽しみたいなー、と思っています。

どっか行きたいけど、どこへ行こうか?

そう考えた時に、マーケットを軸に行き先を選定すると、
行き先がすんなり決まったりします。

どの街も人が集まるマーケットを中心にその町の集客計画を立てているので、
たいてい盛り上がっているし、どの街もそのカラーが出ていて、
どこかしら違うので、いつどこへ行っても楽しいものなのです。
まー、天気が悪いと最悪になったりしますが…天気には注意です☆

日本から来た人でたまに
「オランダ、何もなくて楽しくない。隣のXX国にはあんなものがあって羨ましい。」
と隣の芝生ばかり見ている方がいますが、
そういう人は、結局どこに行ってもたぶん、、、ガイドブックに載っている
ありきたりの観光地や口コミで聞いた特定の場所しか楽しめないんじゃないかな、
って思います。

逆に、どこへ行っても楽しめる人は、スペシャルな空間を見つけるのが
得意なんじゃないかなー。私の友達なんか、ほんとすごい…!!!って
なんか以前もそうつぶやいたことありますが…でもそういう人は、
同じ場所に何度出かけても、全然違うものを発見してきて
何度でも楽しめちゃったりするんですよね。

***********************************

オランダのマーケット情報はどうやって見つけるの?という方に。
オランダのマーケット情報はこちらで全情報が確認できます。
どこかへお出かけの際の参考にしてください。

オランダのマーケット情報


さて。
今回、ご紹介するのはロッテルダムのSwan Market。
1カ月に一度限りのライフスタイルのハンドメイド・マーケットです。
(ロッテルダムは入場1ユーロ、18歳未満は無料)

このマーケットは2010年にロッテルダムで始まった歴史の浅い
マーケットですが、かなり盛況らしく、徐々に他の都市にも飛び火。
今年はアントワープ、デンハーグ、ユトレヒト、ドルトレヒトなどでも
開催予定だそうです。

あんまり大きくありませんが、天気の良い日曜日にぷらっと出かけたい…
そんなマーケットです。

マーケットの内容は、ぜんぶ出店者の手作りものばかり。
こんなん作って売りにだすのか…!!
ここに出かけたのは昨年のことなんですが、
昨年はぷー太郎だったこともあり、店舗を見て創作意欲が沸きましたね~。
ハテ、あの創作意欲…どこいっちゃったんだろ。。。
頭の中に次から次へとアイデアが沸き上がってきたのに、
今はしゃぼん玉のように消えちゃいました…汗。
やっぱり仕事を持つってことは、いい面もあれば悪い面もアリ?

まー、それはさておき(苦笑)、このマーケットの雰囲気は最高でした。
売り子さんは、売っているものが自分の創作物だから、
お客さんに褒めてもらえばめっちゃうれしいみたいで、
皆、るんるんしているし。

お客さんも、手作り作品を見て、これがいいだのあれがいいだの、、、
やっぱり普通の既製品を見るのとは違いますよね。
お気に入りの一点物が見つかる可能性があるわけですからね。


CIMG2877.jpg

CIMG2880.jpg

天気も良かったので、、、おひとりさまでもサイコー気分でした(笑)。


CIMG2886.jpg

でも、友達や家族とぷらっと出かけたら、もっと楽しいかも?


CIMG2888.jpg

子どもたちも、、、ぷちリゾート気分で遊びに夢中?!


CIMG2889.jpg

Kalm now maar... geen zorgen (落ち着いて。心配いらないよ。)
Alles komt goed (きっと全てうまくいくから。)

帰りに見かけたボード。
翌日テレビ撮影を控えて「ホント、大丈夫かな~」
なんて不安に思っていた私の心にとても響く言葉で、
その上、とても可愛らしいボードだったので思わず記念に1枚。
マーケットの入り口付近、ボイマンス美術館のお隣に立ってます。

SWAN MARKETの情報はこちら: swan marketの日程


line_10.gif





そらのおらんだ通信HPでもたくさんの観光情報を載せています。
是非こちらもご参考ください♪

133.gif オランダ観光はこちらから → オランダ観光
133.gif ヨーロッパ各都市の観光情報 → とっておきのヨーロッパ
133.gif ヨーロッパ旅行記はこちらから → ヨーロッパ紀行

line_10.gif

野生アザラシを見に

CIMG3995.jpg

ここ数日すっかり涼しくなってしまって、ついに夏の終わりか…
という感じが漂っているオランダです。

さてさて。
たまにはオランダのことも書きませんと、、、。

先日、お友達が車に乗せてくれる、というのでゼーランド州に
野生アザラシを見に行ってきました。

「アザラシサファリ」なるクルーズを発見しまして、、、
楽しそう~~~!!と飛びついちゃいました。

ゼーランド州は我が家から意外と近いのですが、車がないと
行きづらい場所なので、我が家にとっては遠いご近所さん、
という感じです。

今回は、車でスーイスーイ。

車窓から眺めるゼーランドの風景は、お天気が良かったこともあって、
なんか、、、めっちゃいいところじゃん?!?!
すごく風光明美で、車でスイスイと通るのもいいけど、
自転車でのんびり行きたいかも…。
実際、サイクリングをしている人がものすごく多く、
気持ち良さそうでした。

実はこの辺り、ドイツからの観光客がめちゃくちゃ多いとは
聞いていましたが、実際行ってみたら、ほんと、ドイツ人だらけで(…驚)、
我が家のご近所は実はめっちゃリゾート地だったのだ~~!
…と今更ながらの、、、新たな発見がありました(汗)。

さてさて。
クルーズの発着地は、ジーリクゼーという街。
可愛らしい街でした。

この街、実は、我がだんなのオランダルーツの街。
その昔(かなり昔?)フランスから宗教弾圧の関係で、
船でオランダに逃げてきただんなの御先祖様が
この地に降り立ったそうです。

だんなは行きたい、行きたい、、、と何年も言っているのですが、
すみません、彼を置いて一足先に来ちゃいましたよ。。。


CIMG4007.jpg

可愛い港街


CIMG4011.jpg

塔のてっぺんに黄金の天使?


CIMG4016.jpg

賑わいを見せるマルクト


CIMG4025.jpg

はね橋も青空の下でとても綺麗!


CIMG4022.jpg

のどかな雰囲気もいい


さてさて。
クルーズですが、干潮時に出発するので、
その日によって出港時間が違います。
この日は1時出発でした!

意外とたくさんの人が乗り込み、、、
まわりはドイツ人率が非常に高く、、、
その中に怪しげな我らが東洋人女性4人(笑)!

ガイドが説明してくれるのですが、オランダ語&ドイツ語でした。


CIMG3969.jpg

双眼鏡を肩からぶさらげてやる気満々ギャルズ


CIMG4005.jpg

船は大きな船


CIMG3976.jpg

いよいよジーリクゼーを出港


CIMG3987.jpg

お天気にも恵まれ気持ち良いクルーズ!

そして、そして、そして…!!!


CIMG3988.jpg

いた、いた、いた、、、!!!
アザラシの大群(?!)。60頭くらいはいましたよ。

興奮して、わーい、とか言いたいのですが、
ガイドから「静かにするように」と言われたので、
皆、静かに、静かに、、、双眼鏡を傾けました。

アザラシはほとんど動かず、ひなたぼっこ状態…???
ぼて、ぼて、、、としてますね。


CIMG3999.jpg

船を旋回させて、両サイド近づいてくれるので、どのお客さんも満足。

ひと通り、アザラシを観察した後…ぐるっと湾内を回りながら
2時間のクルーズ終了。

思ったよりあっという間に終わってしまいました。

近くで見るなら、動物園なんかで見たほうがいいけど、
やっぱり「野生」というと、感動しますね。

この辺りは国立公園並みに管理されているらしく、
もちろん餌なんかあげてはいけません。
野生ですからね。

このアザラシも、別にここに呼び寄せているわけではないのです。
たまたま何年かここに来るらしく、それでツアーがある、というだけ。
もしここに来なくなったらツアーはおしまいだと思います。

野生動物が人間なんかとはまったく別の次元で生きていて、
それを私たちは少しだけ垣間見ることができる。。。
私はそんなネイチャーツアーが大好きなので、
このシンプルなツアーは良かったです。

アザラシツアーの情報はこちらから: Frisia Rondvaarten



line_10.gif




そらのおらんだ通信HPでもたくさんの観光情報を載せています。
是非こちらもご参考ください♪

133.gif オランダ観光はこちらから → オランダ観光
133.gif ヨーロッパ各都市の観光情報 → とっておきのヨーロッパ
133.gif ヨーロッパ旅行記はこちらから → ヨーロッパ紀行

line_10.gif

オランダ・アイセル湖一周の旅

CIMG3067.jpg

先週はりすちゃんの学校が1週間お休みでした。
天気もめちゃくちゃいいし…せっかくだからどっか行こうか、ということで
急遽フリースランドに初上陸してきました!!

だんなの職がない、てのはちょっと問題だけど、
平日ぷらっとお出かけ出来るのは素晴らしいですね~。
いやー、いい面もあるもんだ!!
(と、こういう風に考えないとね、、、汗)

フリースランドに行くにあたり、、、思い浮かんだのは、
夏の定期船を使って、アイセル湖を横断する、というプラン!
これは、ずっと、ずーっと、やりたかったことでした。

定期船は夏の間、北ホランド州のエンクハウゼンからフリースランド州の
スタフォーレン、もしくはウルクの二都市に出ています。
私が利用したかったのは、エンクハウゼン - スタフォーレンの船
なのですが、これが困ったことに、朝・昼・夕方の3便しかないため、
一日で往復するのはけっこう難しく、エンクハウゼンに行くたび、
次回こそ行くぞ!と心に誓っていたのでした。

今回は1泊2日で、フリースランドに宿泊することにし、
昼のエンクハウゼン - スタフォーレンの船に乗ることにしました。

当日、電車はスムーズに…とはいかず、途中までごたごたしていましたが
30分遅れでなんとかエンクハウゼンに到着。

以前エンクハウゼンに来た時は、いつもお天気の良い週末・3連休など
だったので、ヨットに乗ってやってくる人々で賑わっていましたが、
今回は3連休明けの平日、ということもあるのか
がらーーんとしていました。


CIMG3063.jpg

船がほとんど入っていないエンクハウゼンのハーバー

この辺りは隣国からヨットで来る人が多く、ドイツ語などを話す人が
多いのが特徴。すごいのは、オランダ人もドイツ語で対応してる、
ってことね。ドイツ人はこんなことしませんから!!(苦笑)


CIMG3066.jpg

駅前にある観光局で乗船チケットを購入して、目の前のカフェテリアで
ぱぱっと昼食を済ませて、イザ!乗船

平日だし、私たち以外誰もいないかな、と思いきや、
そんなことはありませんでした。。。


CIMG3069.jpg

今回の旅行は楽しみにしていたらしく、道中大興奮のりすちゃん。
アイセル湖のいいところは、なんやかんや「湖」だ、ということ。
外海ではないので、波がなく、酔うことがありません。
外海だったら、りすちゃん、ダメだろうなあ~。


CIMG3074.jpg

1時間半の湖横断の旅。
湖とはいえ、大きい!
見渡す限りの水平線、とはさすがに行きませんが、
それでも、それに近い感覚は得られます。


CIMG3075.jpg

真っ青な空。そして海…(じゃなくて湖なんだけど)。
それほど遠くまできたワケではないけれど、バカンス気分を
充分味わえます。


CIMG3079.jpg

そろそろ、フリースランドが近づいてきました。


CIMG3083.jpg

スタフォーレンに無事上陸!
ここもなんだか可愛らしい雰囲気を醸し出していましたが、
1時間に一本しかない列車がすぐに発車するので、
ささっと写真を撮っておしまい。


CIMG3085.jpg

オランダの共通カード(ovカード)を使って旅行しているのですが、
なんだか気分は外国に来たような。。。
だんなもそう言ってました。

15分ほどで本日宿泊の町、ウォルカムに到着。
駅前は何もなく、寂れた印象。
りすちゃんは「うちの町と大して変わらないね」なんて言うし。
そんな~。ここまで来て、うちの町と同じじゃ困るんだよ、、、汗。


CIMG3090.jpg

しかし、しかし、しかーし。
街の中心街はさすがに可愛らしかった。

オランダ人のだんなもこの辺りに着たことがなかったらしく、
こんなところにこんなすてきな街が…!と驚いていました。

本日の宿は、合宿所のような山小屋のような、、、ペンション。
ひとりに対して部屋代が換算されるので、3人連れの私たちは
それほど安い、というわけではありませんが。。。
おひとりさまは普通のホテルに比べるとかなり安くなるらしく、
この日に泊まっていた私たち以外の人は、ライダーさん2名でした。


CIMG3095.jpg

部屋のドアを開けると目の前が運河!!


CIMG3098.jpg

時おり、ヨットが通り過ぎます。
今日は、一応、平日なんだけどなー。
天気もいいし、早く仕事を切り上げて、楽しんでいるのかな。

彼らに向かって、手を振る私たち。
のんびりとした平和な空間です。


CIMG3100.jpg

ここではカヌーを借りられる、ということなので、借りてみました。
親切なおじさん、なんと、無料にしてくれたよ。


CIMG3101.jpg

この街は、運河にぐるっと取り囲まれているので、カヌーでぐるぐる
町散策ができるらしい。たまに大きなヨットに注意しながら。


CIMG3110.jpg

長々とりすちゃん&だんな組がカヌーを楽しんだ後、私も乗ってみました。
水面から見る街は、水面にも家々が映るせいか美しさ倍増!!!


CIMG3115.jpg

どの家も、庭側が運河に面していて、ヨットが停泊してあります。
贅沢なんだなあ。かっこいいなあ。

その後、、、りすちゃんと私という組み合わせでもカヌーをしましたが、
これは…大失敗!二人ともカヌーは苦手なせいか、
ぐるぐる回ってしまい…ほとんど進むことができませんでした。
あーあ。


CIMG3141.jpg

夕食後、ウォルカムの街をのんびり散策。

夕食は…久々にやっちまった、というかつてのオランダらしい
不味い料理で(…汗)、ガッカリでした。

ロッテルダムはかなり味が向上しているので、
最近ハズレがなかったこともあって、あーーーー、やっちまった、
という感じ…。この辺りはまだ改善の余地あり、てことかも。

街はよかったんだけどね~。
ほんと、これだけが残念だったわ。


CIMG3206.jpg

翌日の午後、親切な宿のおじさんが駅まで送迎してくれました。
車で送迎かと思いきや、なんと、、、船!!
まさかのサプライズ船送迎に、りすちゃんも大興奮でした。

帰りは、ぐるーっと電車を使ってロッテルダムまで帰りました。
船のほうがやっぱり楽しいルートかな。
ただ、時間があんまり都合よくいかなかったのよね。

ロッテルダムで夕食を食べて家に帰ったら、
ちょうどサッカーW杯のブラジル戦初戦がはじまったところでした。
それ以降、我が家は…いつものごとくサッカー最優先の日々です…笑。


line_10.gif

お知らせ
そらのおらんだ通信HPは、ここ数カ月でかなり情報が更新されました!!!
オランダの各町情報もかなり更新されていますので、
お出かけの際、ご利用ください。

オランダ街歩きご案内 リスト

line_10.gif




そらのおらんだ通信HPでもたくさんの観光情報を載せています。
是非こちらもご参考ください♪

133.gif オランダ観光はこちらから → オランダ観光
133.gif ヨーロッパ各都市の観光情報 → とっておきのヨーロッパ
133.gif ヨーロッパ旅行記はこちらから → ヨーロッパ紀行

line_10.gif

プロフィール

そらのくも

Author:そらのくも
オランダ生活も15年目に突入しました。

(ご案内)
オランダ情報は「そらのオランダ通信」でお届けしています。是非ご覧ください。

http://soraoranda.com/↓ ↓ ↓

photoeurope2.jpg

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
写真のこと
当サイトで使用している写真と文章の無断転載はお断りしています。


情報
line_10.gif
line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記のお好きな画像バナーどれかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです 。

heart3.gif クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
気になる本
オランダ生活に役立つ、今、自分が欲しい本を載せています(いわゆる備忘録)。



前回載せておいたフランス菓子は買おうと思ったら絶版になっていた。。。うそ~…!絶版になるのが早すぎる。今度こそ…。

ブログキーワード別カテゴリー

オランダ お出かけ 街並み 子ども ヨーロッパ 旅行 ガーデニング カフェ ハンドメイド ミュージアム 洋服 ショップ ソーイング本 オランダの話題 自転車 カメラ ロッテルダム 庭園 教育 学校 レストラン 子育て ニュース オランダの食材 スーパー 日本語教育 オランダサッカー 国際結婚 英語学習 おうちのできごと 

ブログ記事カテゴリー
最近のコメント
メールフォーム
ご訪問ありがとうございます♪♪
ブログ・HPの感想はこちらまで↓

mail-pen2.gif
ブログ内検索
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数: 現在の閲覧者数:
Flag Counter