動物園

完全に放置状態だったHP&ブログ…皆様、お久しぶりです。
風邪はずいぶんとよくなってきました…。こちらは本当に寒いので
あっという間に風邪を引いてしまいます。うちの場合は、たいてい
りすちゃんが風邪をもらってきて、それで私に移り…という連鎖反応
です。しらみは大丈夫だったんで、良かったけど、風邪菌は防げなかった
というワケなんです…(汗)。

サーバーにアップできない…という問題は、コンピュータとサーバー
の相性の問題らしい…ということが分かりました。HPをやっている人しか
分からないとは思うのですが、新しいページ、写真などを作ったら、
サーバーにアップしなければなりません。普段はFTTTPというソフトを
使ってアップするのですが、この相性が悪くなってしまったようです。
(原因は、さっぱしと分かりません。)そこで、ためしに、ブログと同じように
HPを貸してくださっているサーバーの自分の管理ページを開いて、そこから
アップしてみると、さっさーとアップできたので、今後はその方法で
アップしていくことにしました。FTTTPでは本当に簡単に一括アップが
できるので、今迄のとおりできないのが残念なんですが。

というわけで、このひとりごとは、写真などがない場合は今迄と
同じくこちらでアップ。写真がたくさんあるときは直接ブログにアップ
していくという方法になります(?!)。たぶん…。なんか、一貫性
のないやり方で、すみません。。。

先週は動物園に行ってきました。日本人の方で、動物園のボランティアを
されている方が、誘ってくれて、動物園ツアーに参加することができた
のです。動物園ツアーは普段は訪れることができないところやモノを
拝見することができる貴重なツアーです。実は日本にいたころ、ひそかに
NHKのいきもの地球紀行が大好きだった私…。このツアーでは、貴重な
お話を聞き、面白い動物関連のモノを拝見することができて、とても
楽しかったです!

りすちゃんくらいの子供5人と大人7人の大所帯でしたが、(小さい子が
いっぱいいるわりに)大した混乱もなく、あっという間に時間が過ぎて
しまいました。それにしても動物園ってうまく出来ているなあ、と
つくづくと感心。普段自分たちで動物園に行っても、実際には見えない、
気づきもしないところが実は山のようにあるのだ、と。動物園では、
影で動物たちを見守る人々、お世話をする人たちが山のようにいるはず
なのだけれど、ここの動物園は本当にどこでやっているのか?別の目で
探さないと見つからないくらい絶妙な配置で入り口があったりするのです。
ツアーでは象の部屋やらくだのお部屋を見たのだけれど、へぇー、こんな
ところにねえ…とオドロクような入り口でした。実際に案内してくれた
ツアーのオジサマも迷ってしまったし…ふふふ。

ちなみに今、毎月購入している「旅」という雑誌の中に、吉本由美の
動物園・水族館という連載記事が載っているのだけれど、これがまた…!!
読んでいると、本を閉じてすぐに出かけたくなってしまうような面白さ
なのです。いやいや、あるときは、沖縄の美ら海水族館だったり、
あるときは南紀白浜のアドベンチャーワールドだったり…と、日本に
住んでたとしても本をぱたんと閉じてすぐに出かけるのは難しいと思うの
だけれどね(苦笑)。今は日本国内の話ばかりだけれど、将来、
世界の動物園・水族館の話なんぞに話が展開していったら、もう、
そりゃ楽しいぞーの記事なんだろなぁ、と勝手にワクワクしている私です。

そういえば、最近、「パンダ!(たまにパンナ)」と「コアラ!」を
いえるようになったりすちゃん。残念ながら、ロッテルダム動物園には
「パンダ」も「コアラ」もいないのだけれど、この辺だとどこにいるん
だろう?!…とふと考えてみると、私もパンダ見たことないかも?!
今度日本に帰ったときは、絶対にうえの動物園にでもいかなくっちゃ!

関連記事

ここ数日の出来事

ここ数日、書きたいことが山のようにあったのに、パソコンを開ける時間が
ありませんでした。いや、時間はあったけど、開ける気力がなかった、というべき?!

今朝、だんなが「ばいばーい」とオフィスに出かけたあと、りすちゃんが
「パパ、行っちゃったねぇ」とすごくはっきり聞き取れる口調で、言ったので、
すごくびっくり!!…驚愕しました。今迄、彼女の発する言葉は、単なる単語で
二語文ではなかったの。昨日、「ママ、OP!」って一応言ってるなあ、、、と、
確認したところだったので、いきなりの「パパ、行っちゃったねぇ」は、
なんだかハードルの1も2も乗り越えて飛んじゃった、って感じだもの。
まぐれだったのかなあ。。。まあ、まぐれでも、一応ここに記載して、記憶に
留めておくことにしよう(笑)。

月曜日は、休み明け始めての託児所でした。夏休み明けは「毛しらみ」が流行る
って、以前に読んだことがあったので、大丈夫かなぁ、と思っていたのだけれど。
家に帰るとだんながりすちゃんをお風呂に入れていて、どうしたの、、、
と思いきや、なんと(やっぱり)「毛しらみ」の看板があったそうな。なるべく
着ていた服はすぐに洗い、髪の毛も洗うように書いてあった、というのです。
がーーーん。かなり動揺した私は、慌てて彼女の洋服、替えの洋服、バッグなどを
すべて洗濯機につっこみ、60度で洗濯。これで一安心だわ、と、取り出してみると~
色物も白いものも全て一緒に60度で洗ってしまったので、日本で買った
お気に入りの白のシャツがぁ~…ピンクに染まっていました。しかも、バッグ
に入れてあったオムツ(使ってないやつです、念のため、言いますと…)も
出すのを忘れて、オムツが~…!ジェリー状に膨らんですごいことになってました。
オムツってすごいモノで出来ているのね…って感心している場合ではなぁい!
お陰でバッグはジェリーまみれ、、、なんだか別の意味での二次災害が
ここで起きている…って感じになってしまいました。

火曜日は、だんなはミラノ出張だったので、私が託児所へ。全てのものをビニール
に入れて、今日は用意万全…。「ママァ~…」と泣き叫ぶりすちゃんを(心で泣く泣く)
置いて仕事に行き、帰ってくると、またまたお風呂に直行。りすちゃんはとにかく
大泣きで、ご飯を食べておなかいっぱいになるまで、ものすごく怒っていました。
託児所では、しらみのことは皆知っていても、けっこうノーマルで、「これって
よくあることなの?」と私はちょっとびっくり。新米ママの私にはよく分からない
初体験であります。それ程ナーバスになるものではないのか?気をつけていれば
大丈夫なのか?はたまた移ってもすぐに対応すれば大丈夫ってなものなのか…
よく分からないけど、移ってほしくないぞ!!っと、やっぱりおっかな
びっくりの私なのでした(今のところ、大丈夫みたいです)。

同僚からテレビでやっている「Lost in Tokyo」を見てみたら?と、勧められたので、
先程見てみました。これまた「驚愕」。なんなんだ、この番組は~…。
オランダ人の人々が東京に行って、色んなことを体験する中で、脱落していき、
最後のチャンピオンが残るって番組なんだけど…。この「色んなこと」…が
しょえーーー。たしかに日本なんだけど、そうなんだけど、、、映して欲しく
ないかも~?!っていうモノ。先週は萌え~の世界のコスチューム(だったらしい)
が登場。今週は、日本的パフォーマンス、なんだとかで、、、「フォー」で
有名なレイザーラモンHGと「東京ショックボーイズ」(←聞いたことない)、
の芸を学ぶ、、、。見ていて、日本人の私がショックだったような…。たしかに
脱落者を出さなければいけないので、普通の(簡単な)コトは選べないんだろうケド。

来週は、たぶん「踊り」の刺身や「ふぐ」を食べる、ていうことなのかな?!
つい私がだんなに「あー、動いている魚ね。新鮮で美味しいのよ~。ぴくぴく
して。。。」といったら、すっごくイヤそうな顔をされてしまいました。あ、やっぱり?!
なんか自分で言ってて、これは絶対に理解しあえないモノだわ、と直感シマシタ。
でも、アジの踊り、美味しいわよねぇ。ふぐだって美味しいしねえ(苦笑)。

庭では、大きな蜘蛛と格闘し…、数週間放置しただけなのにすごいことになっている
庭を見て、絶句し…。なんか、色々書いてること、かなり「アヤシイ」ことばかり?
…こんなすごい世界を生きている私なのでした(爆)。
関連記事

オランダと日本のハザマで働く大変さ

会社に復帰し、すっかりクリームティー&ローラアシュレイのふわふわ気分が
消え去ってしまった私です。

私は日系企業で働いている、、、とは何度か書いておりますが、オランダ人を
含めるこちらの現地人と駐在員を中心とする日本人とは、やはり色んな面で
差があって、大変だなぁ、、、と、もう勤めて5年近くになるのに、それでも
毎日のように感じてしまいます。

日本国内で日本人たちだけに囲まれていれば、「皆が同じようにモーレツに働く」
のは当たり前と思っていても、それが世界のどこでも通用するかといえば、
とんでもない話。むしろ日本人のように夜10時まで残業、、、などと働くのがオカシイのであって、
他の多くの国では、「働くのはお金をもらうため。家族と一緒に過ごす時間が一番大切。
自分の時間を大切にする。」と、残業せずに定時帰宅するのが当たり前なのです。
それを十分に理解して、その中でなんとかやりくりするしか選択肢はないのです。

そうは言っても、それがどんなに難しいことか。日系企業であれば、お客さんは
日本のお客さんが多いので、彼らは日本と同じようなサービスを受けて当たり前、と
思っています。しかし、実際には現地人に日本人のように働いてもらうのは
ムリ。そのハザマにいるのが、まさに異国の地に送られた「駐在員」であったり、
現地で雇われた日本人であったりするのです。まあ、私の場合は、現地人向けの庶務なので、
まったく問題はないのですが…。

最近、新しい駐在員の方がうちの部にもやってきて、彼がものすごく苦戦している
のを会社に行く日は毎日眺めています。「えらいなあ、大変だなあ。私だったら
日本に逃げ帰っちゃうなあ。。。」そんな風に思いながら、観察しています。
英語もそれ程得意そうでもないのに、いきなり何も知らない外国に送られて。
駐在員っていいなあ、なんて漠然と思うこともありましたが、今はこの「ハザマ」の
仕事を引き受けなければいけないのならば、絶対にいやだわ、、、とすら思ってしまいます。

これからオランダにいらっしゃる方に。下記は私が学んだちょっとしたkコトです。
これを知れば仕事がスムーズに行くというわけではないと思いますが…。
見ていると、新しく入ってきた現地のオランダ人たちもやっていて、これが
オランダ流なのかなぁ、と。

+ Read More

関連記事

イギリス・デボンシャーへの旅

皆さん、こんばんは!
昨日、英国より無事帰国しましたー。一週間という短い間でしたが、おかげさまで
天気もよく(!!)、楽しい時間を過ごすことができました。

旅行記はいつものとおり、そらのおらんだ通信HPのヨーロッパ紀行で進めていきたいと思います。
これまたいつもどおり、ゆっくりした旅行記作成になるかと思いますので、
ご興味ある方は、ヒマなときにでも、更新されているかどうか?覗いてみてくださいね。

今回の旅行は、イギリス・南西部のデボン州だったのですが、今回ほど予定を
立てるのに時間がかかったことはない!と断言できるほど、旅程を立てるの
は難しかったです。

何より:
・南西部という比較的マイナーな地域で、「絶対これを見なければ」という
 メインなものがないため、旅の柱を決めるのが大変。
・車がないとかなり不便(しかし、うちは車がない!)
・都会以外、大きなホテルが少なく、田舎では赤ちゃんを受け入れてくれる
 ステキな(←これ重要!)宿がなかなかない!

そんな訳で、旅程は50通り以上は考えたではないでしょうか?
宿は200箇所以上は情報を見たのではないでしょうか?

特に宿は、あぁ~、もう宿が見つからん!どこに泊まればいいのか?!と投げやりに
なりたくなるくらい大変でした。そんなとき、ある宿に偶然ぶち当たったのです。
知らない小さな村にあるその宿。写真で見る限り、とってもとってもステキ!
小さい村だけれど、どうやらバスは1時間に一本くらいは通っているらしく、
しかもその宿はバス停からは100Mほどだということ。そして、何より赤ちゃんも
喜んで受け入れてくれる!というのを読んで、それまでうじうじとどうしようか、
と悩んでいた私が、即座に宿にメールをしていたのでした。

そこは、どうやらとっても人気の宿らしく、5月の最初に連絡したにも関わらず、
3泊できる日はすでに6月の末のとある3日か8月の末のとある3日か、9月の下旬以降
しか空いていない、とのこと。それならば…と8月の末のとある3日の予約を
即座にしたのでした。

とにかく、この宿。泊まるまでのEメールのやり取りも、わざわざ郵送してくれた
予約完了レター(バスの時刻表やパンフレット入り)も、今迄体験したことない
素晴らしさで、本当に楽しみにしていたのでした。

そして…。私の想像したとおり。この宿、すんばらしかったです。部屋が綺麗、
とか、タオルが交換してある、とか、そんなことはもう当たり前で、痒いところに
手が届くサービスどころか、ぐるぐる手が回っちゃうくらいの(?)サービス!
ホスピタリティーも、美しいリネンやカーテン(トイレットペーパーでさえ、
高級!)などのファシリティーも本当に素晴らしくって、全然予約が取れない、
というのも十分納得、した私なのでした。

とにかく、この宿に感化されまくり、昨日旅行から帰ってきて、普通なら
旅行から帰ってきたら、のんびりしたり、インターネットで日本のニュースを見るのが
普通なのに、帰ってきて…まず掃除をしてしまった!というお初の体験まで
してしまったくらいなのです(苦笑)。

色々素晴らしかったけれど、この旅行で私にとって、一番の経験はこの宿に泊まった
ことでしょうか。2004年にオープンして以来、日本人はまだ来ていない、と
いうことだったので、記念すべき第一号になれたのでさえ、誇りって感じに
なっちゃってます(私が誇ることでもないんだけれど…)。

というわけで、この宿のことを含め、デボンの様子をちょっとずつアップしていきますので
お楽しみに!!

devon0427.jpg

関連記事
プロフィール

そらのくも

Author:そらのくも
オランダ生活も15年目に突入しました。

(ご案内)
オランダ情報は「そらのオランダ通信」でお届けしています。是非ご覧ください。

https://soraoranda.com/↓ ↓ ↓

photoeurope2.jpg

カレンダー
08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
写真のこと
当サイトで使用している写真と文章の無断転載はお断りしています。


情報
line_10.gif
line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記のお好きな画像バナーどれかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです 。

heart3.gif クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
気になる本
オランダ生活に役立つ、今、自分が欲しい本を載せています(いわゆる備忘録)。



前回載せておいたフランス菓子は買おうと思ったら絶版になっていた。。。うそ~…!絶版になるのが早すぎる。今度こそ…。

ブログキーワード別カテゴリー

オランダ お出かけ 街並み 子ども ヨーロッパ 旅行 ハンドメイド ガーデニング カフェ ミュージアム 洋服 ショップ ソーイング本 自転車 教育 子育て 学校 オランダの話題 庭園 ロッテルダム カメラ ニュース レストラン オランダの食材 日本語教育 スーパー 国際結婚 おうちのできごと 

ブログ記事カテゴリー
最近のコメント
メールフォーム
ご訪問ありがとうございます♪♪
ブログ・HPの感想はこちらまで↓

mail-pen2.gif
ブログ内検索
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数: 現在の閲覧者数:
Flag Counter
月別アーカイブ