ドレンテ - Dwingeloo村 - その2

村には一軒のサイクリングショップがあります。
これが…さすが自転車王国(?)。かなり立派な自転車屋です。
日曜日は閉まっているのですが、土曜日の4時までに予約を
すれば日曜日にもレンタサイクルができる、ということで、
日曜日はサイクリングをすることにしました。

土曜日の午後、お店の中に入ると、かなりの貸し自転車が…。
ギアなし、3段ギアつき、7段ギアつき、の中から選ぶことが
でき、私たちはオーソドックスな私たちは3段ギアにしました。
(この辺りは平坦なので3段でもOK。リンブルグあたりは、7段が
無難です…。)

最初、私用に、と渡してくれた自転車が、、、サドルが…こりゃ、
高すぎ…って高さ。両足が全然地面につきません。
がちょーーーん。こういう時、自分って小さいんだな、と再確認
しますよね(苦笑)。

「ちょっとちょっと高すぎです」
と言うと、それじゃあ、と別の自転車を渡してくれました。
…が、これも…。両足がやっぱり着かないくらいで高い!!

「あのぉぉぉ、、、これも。ちょっと。。。」
と言うと、それじゃあ、もう一つ小さいのがあるよ、とまた別な
自転車を渡してくれました。これが、なんとか両足のつま先が
つく、という高さで、OK。はぁぁぁ、、、良かった。
まさか、これ。子供用じゃないでしょうね?!(そうかも。)

だんなの自転車にりすちゃんの補助椅子をつけてもらい、
今から(土曜日)借りてもOK、というので、そのまま自転車を
借りて、自転車屋を後にしました。

ちょっとリハーサルに(?)乗ってみようか?と、少しだけ
サイクリングすることにしたのですが、、、これが。
激寒。終わった後、りすちゃんなんか、本当にぶるぶる
がたがた体が震えているし、、、大丈夫なんでしょーか。
私たち。

------------------------------------------------

日付が変わって日曜日。

さて。サイクリング、本番デー(?)です。

昨日も寒かったけれど、今日もまた寒い!!
夜は完全に零下に下がっている寒さです。

前日にvvv(観光局)で、サイクリングルートを選び出し、
地図を購入していたので、その地図に沿って
進むことに…。

風を切って走ると、確かに寒い!!
しかし、かなり着込んでいる私は平気だった…。
北海道のような大きな風景に「おぉぉぉ~」と感激したり。
典型的なドレンテの農家を覗き込んだり。。。
明らかに興奮していた、といえよう。

dwin2-1.jpg


かわいい馬たちもいっぱい。

dwin2-2.jpg


先をいくだんなとりすちゃん。

dwin2-3.jpg


典型的なドレンテの農家。


…が。しかし。ここで事件が起こった。

dwin2-4.jpg


りすちゃん、である。

彼女はいっぱい着込んでいる、とはいえ、帽子は被って
ないし、手袋もしていない。おまけに彼女は自転車を漕いでいる
わけではないので、風をもろに受けて、、、激寒の
真っ只中にいたのだ。

最初は、無表情。そして、号泣。
そして、最後はパニック号泣。

持っていたフリースの上掛けを巻いてやろうにも、もうパニックで
受付やしないし、歩いたら温かくなるから歩こうか、と言っても、
立とうともしないし…。

しばらくはなだめつつ、ルートを勧めようとしたのだが、、、
号泣収まらず。続行不可能。。。!

とりあえず一時中断して、Dwingelooに戻ることにしました。
幸い、まだ村から遠く離れてもおらず、すぐに戻ってこれました。
自転車を置いてホテルに戻ると、彼女の号泣はすぐに収まり、
笑顔になりました。でも、部屋で彼女の手や足を触ると、
信じれらないくらい冷たい。しかもすぐには温まらないし。
ほんと、限界だったんだなーーーー…。と改めて思う私。

ごめんよ。りすちゃん。温まったら、もう一枚カーディガンを
羽織って、もう一回行こうか。と、謝る母なのであった。
(←おいおい、まだやるつもりか?)

ホテルでしばし、ぬくぬくと温まった後、村で昼食を取る
ことに。ここら辺りのレストランはどこも「子供にやさしい」
レストランらしく、おもちゃがいっぱいそろえてあって、、、
魔の2歳児を持つ家族としてはうれしい限り。

古いストーブを持つそのカフェで、ずいぶんゆっくりと
した後、再度…自転車、乗ってみる?と挑戦することに
した私たち。もし、りすちゃんが泣き出したら、帰れば
いいんだからね。。。と。少なくとも午後は午前中より
ずいぶんと温かくなっていたし、彼女もさらに上着を着せられて
いたので、まあ大丈夫かなぁぁぁ、、、と。

補助椅子に乗るの、いやがるかなぁ、と思いきや、意外と
すぐに乗る、と応じ、さて、出発。もう購入した地図ルート
どおりに進む時間は残されていなかったので、とりあえず
メインの国立公園dwingelderveldをめざすことに。

ここは、オランダに住む日本人にもおなじみ(?)のVeluweと
同じような湿地帯や荒野、森が続く国立公園なのです。

たとえば、こんな。

dwin2-5.jpg


Davids沼。

どこへいっても同じよう、といえば、その通りですけど、やっぱり
自然が好きな私にとっては、こういう風景は和みます。
季節によって全然違う風景なんでしょうね。。。

dwin2-6.jpg


りすちゃんも、やはり今回は大丈夫なのか?見るものを指して
楽しんでいたよう。。。

dwin2-7.jpg


ほら。こんな笑顔も。

さて。しばらく走ると、ビジターセンターに到着しました。
車が山のように止まっていて、、、なんだか田舎の田舎の国立公園、
にしては、大混雑って感じ。

dwin2-8.jpg


緑の苔の屋根が目印(?)

ビジターセンターを訪れた後、外に出ると、センター前の道路が、
すごい人ごみで、いったいナニ?って感じ。最初は、天気がいいから
か?たくさんの人がワンダレンを楽しんでいるのかな?と思ったけど
改めてその数を見ると、やっぱり異常って感じ…。

なんなんだろ。

だんなに「ここ、やたら混んでいるねえ…」と言うと、だんなが
「うーん、どうやら、4時に羊が来るらしい」というお返事。
時計を見ると、すでに4時。
羊が4時にやってくる?!

そう聞いて、どんなことを想像しますか?
羊が4時にやってくるために、コンサート帰り、とも思えるような
人ごみが発生するもんだろうかーーー。羊が大物歌手って
いうわけでもあるまいに?!私の想像力は完全に
乏しく、、、何が起こるのか全然想像できませんでした。

なんだかよく分からないけれど、羊がやってくる、という場所に
向かうことにしました。すでに帰ってくる人々のほうが多かったので
もう羊はやってきちゃったんでしょうけど、まだ何かあるかもしれない?
と思ったのです。

その先には…。

dwing2-10.jpg


一軒の建物があり。もうすでにそれ程混んでいませんでした。
少し待って、中を覗くと…。

dwin2-9.jpg


羊たちがむしゃむしゃとご飯を食べています。

ここでだんなが説明してくれました。
この荒野に放たれていた羊たちが、4時にここに帰ってくる
んだよ。。。荒野の中を、犬に追い立てられながら帰ってくる姿は
圧巻なんだろうね。だから、それを皆、見に来たんだね。
私たちはちょっと遅かったねえ、と。

そうか。羊が4時にやってくる、とはそういうことだったのか。
見ると、大役を果たしたワンくんたちは、干草のスペシャルベッドに
横たわって、スヤスヤとお休み中です。か、かわゆい。

dwin2-11.jpg


この荒野の中を、羊と犬が駆けて集まってくる…そりゃぁ、
昔テレビで見た、ハイジとペーターの世界みたいじゃないか。。。
ああ、、、私も見てみたい。見たかった。ちょっと、、、いや、
かなり残念な気分になる。呑気にビジターセンターなんて
見ているんじゃなかった…。

こんな風景を見てみたい、と思われる方はこちら↓をチェック。
オランダ語ですけど…。毎週日曜日に見られるようです。
こちらです→(schaapskudde)。
私も、またこの辺にいく機会があったら、、、次回は絶対行きますよ!

------------------------------------------------

さて。そうこうしているうちに4時もすっかり回ってしまったので…。
またまた寒くなっては大変!と、荒野を横切って村に帰ることに。
荒野は何もない茶色でしたが、春・夏は花がとても綺麗に咲く
そうです。それも見てみたい…。

dwin2-12.jpg


村に5時に到着。最後はかなり寒かったけど、りすちゃんも元気
になんとか無事帰ることができました。ちょっとムリしたけど、
やっぱり国立公園を見ることができてよかったなー。。。

ホテルに帰ってぬくぬく。さすがに2月の日曜日の晩は
空いていて、ホテルのレストランもすかすか、私たちの
天国でした(笑)。



line_10.gif

そらのおらんだ通信HPでもたくさんの観光情報を載せています。
是非こちらもご参考ください♪

133.gif オランダ観光はこちらから → オランダ観光
133.gif ヨーロッパ各都市の観光情報 → とっておきのヨーロッパ
133.gif ヨーロッパ旅行記はこちらから → ヨーロッパ紀行

line_10.gif
関連記事

ドレンテ - Dwingeloo村 - その1

週末は、寒い中(良いお天気でしたけど)、お出かけしてきました。
行き先は…ドレンテ。

dwingeloo1.jpg


ドレンテってどこ?!…て思う方が多いに違いありません。
フリースランドは知っていても、ドレンテは知らない。
フローニンゲンは知っていても、、、ドレンテは知らない。
日本のガイドブックにはほとんど載っていないと思うし、
分厚い英語のガイドブックでも、、、ドレンテの部分はほんと
少ない。つまり、、、観光、となるようなメインな場所が
あんまりないんだと思います。。。

とにかく外国人には無名なドレンテですが、オランダ人には
けっこう人気のあるバケーション地のようです。
ここは、まさにオランダの農村地帯、、、。見渡す限りの
牧草地帯が続く地域で、この辺りを歩いたり(ワンダレン)、
自転車に乗って散策するっていうのが、、、オランダ人流
なワケですな。

ちなみに、ドレンテってどこ?の質問にお答えしますと、
ドイツとの国境のすぐそば、フローニンゲンの下に位置します。

もちろん、私にとっては初めてのドレンテ。
なんでここにしたのか?というと、どっか田舎に行きたい、と
思ってまして…。いや、我が家も十分田舎なんですけどね(苦笑)。
でも、この閑散期、田舎はどこも閑散…その中で、今回
訪れたDwingelooだけは、「冬も楽しい!」と、やる気満々の
村(町?)だったのです。よっしゃ、それなら行ってみるか?と
寒ーい真冬の2月、ドレンテのDwingelooに出かけたのです。

大きな農場地帯に囲まれた村、Dwingeloo。
この辺りじゃ、メジャーな観光地らしく(?)、ホテルが
何軒か、レストランも10軒くらい、そしてアンティークショップ
などのお店などがある村です。

dwingeloo3.jpg


Dwingelooの目印、とんがり帽子の教会。
私たちの泊まったホテルの窓からの風景がこれでした。
毎時間「ボーン」と鐘がなるので、りすちゃんは
この教会を「ビンボン」と名づけていました…(汗)。

dwingeloo5.jpg


村の真ん中にはBrinkと呼ばれる(この地方独特の名前の?)
広場があって、のどかな雰囲気でした。

dwingeloo2.jpg


すでに、クロッカスは満開で…今年も例年より早いような???

dwingeloo4.jpg


私たちが泊まったホテル。こじんまりしていい雰囲気でした。

dwingeloo6.jpg


この地方の、、、屋根は、、、やたらデカイ!!!!
家の半分、いや、2/3は屋根のような気がする。

dwingeloo7.jpg


これは図書館。屋根が…かやぶき屋根が、ゆがんでる~。

dwingeloo8.jpg


村にあったアンティークっぽいものを売るブロカンテショップ。
私好みのものがたくさん置いてあって、、、興奮しました…。

dwingeloo9.jpg


こちらはベイビーコーナー。飾り付けがステキ…。

dwingeloo10.jpg


陶芸ショップもあって、、、こちらもステキな器がありました。

今回はいかなかったけれど、村のちょっと外れには、大きな
アンティーク(ドア、タイルなどの家関連)ショップもあるようで、
ちょっと気になる、気になる、気になります。
(お店のWEBSITEはこちら → Jackar

2月の閑散期だというのに「冬も楽しい!」の宣伝につられて
たくさんの人がやってくるのか?!土曜日はかなりの人手
で、レストランなどもいっぱいでした。今の時期、いっぱいってことは、、、
夏はどーなるんだろう?!

いるのはオランダ人ばっかり。しかも白人。
白人以外は、私と半分アジア人のりすちゃん、くらい
だったかな(笑)。いつもはロッテルダムエリアで、
外国人&移民に囲まれて生活している私なので、、、
久々に、「あ、、、なんか違う…」と思いましたよ。

次回は、ドレンテの田舎の様子をお届けします。
関連記事
プロフィール

そらのくも

Author:そらのくも
オランダ生活も15年目に突入しました。

(ご案内)
オランダ情報は「そらのオランダ通信」でお届けしています。是非ご覧ください。

https://soraoranda.com/↓ ↓ ↓

photoeurope2.jpg

カレンダー
01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
写真のこと
当サイトで使用している写真と文章の無断転載はお断りしています。


情報
line_10.gif
line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記のお好きな画像バナーどれかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです 。

heart3.gif クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
気になる本
オランダ生活に役立つ、今、自分が欲しい本を載せています(いわゆる備忘録)。



前回載せておいたフランス菓子は買おうと思ったら絶版になっていた。。。うそ~…!絶版になるのが早すぎる。今度こそ…。

ブログキーワード別カテゴリー

オランダ お出かけ 街並み 子ども ヨーロッパ 旅行 ハンドメイド ガーデニング カフェ ミュージアム 洋服 ショップ ソーイング本 自転車 子育て 教育 学校 オランダの話題 庭園 ロッテルダム カメラ ニュース レストラン オランダの食材 日本語教育 スーパー 国際結婚 おうちのできごと 

ブログ記事カテゴリー
最近のコメント
メールフォーム
ご訪問ありがとうございます♪♪
ブログ・HPの感想はこちらまで↓

mail-pen2.gif
ブログ内検索
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数: 現在の閲覧者数:
Flag Counter
月別アーカイブ