オランダの家(大改装)

この一週間は本当に大変な一週間でした。
その前の10日間は、親が日本から来ていた、ということもあり、
これまた大変な日々だったのですが、この一週間も、、、
さらに、さらに。予想外の大変さでした。

何がどうこう大変か?というと…実は、ついに家を改装することになったのです。
うちはオランダではよくある「長屋」なんですが、この辺りは80年代に
出来た家ばかりで、まあ家が建って20年以上経過していることもあり、
あれこれを改装していかないと、どんどん荒れてきてしまう時期に
さしかかっているんです。近所の家を見ても、ある家は窓枠やドアを
綺麗に改装してあり、ある家は、もう荒れるまま、ぼーぼー状態…。
それらが隣り合わせに並んでいるので、ちぐはぐな町並み…?!

うちの周りも、なんだか皆「綺麗にする」を競争するように、改装をして
いて、「周りの芝生がやたら気になる」私も(笑)、こりゃ、なんとかせにゃ
なーーーー、と来た当初から思っていたのです。

そこに来て、まずりすちゃんの部屋の窓が数年前に開かなくなり
(私の力では開けられない)、そして昨年…庭に出るドアが立て付けが悪く
なって開かなくなり、やっぱ、こりゃ、なんとかせにゃーーー!と
本腰を入れることに。

ここから先がまた大変です。色んな会社の情報を調べて、きてもらって
(出かけていって)見積もりを貰って…。あーじゃこーじゃ、といっている
うちに半年以上があっという間にたち、ようやく頼む会社を決めて、
今度はお金を借りるために(お金は自分の貯金を持っていても、借りる
のが通常なのがオランダ、、、これまたあれ不思議ーなんですが)、
あれこれ書類を集めて、、、あんだ~こりゃ~…とながーいながーい
道のりがあってようやく…工事に至ったのです。あ、ちなみにお金は
まだ借りられてません。あとはサインだけなんですが…。

工事の予定は:
*オランダの家によくありがちな、斜め屋根の部分に「ダッカペル」と
  呼ばれる窓を入れる作業で1日(これは両親が来る前にすでに行われた)。
*それ以外の窓枠やドアを替えるのに3日。
*最後に今は窓&ドアとなっている庭側を大きな4枚ドアに変更する
  作業に1日。

色々いいかげんな、オランダ。果たして終わるんでしょーか。。。

両親が来る前にすでに1日だけ工事日があり、この日にダッカペルの
工事がありました。

dak.jpg

以前のりすちゃんの部屋。

dak2.jpg

工事後。屋根部分が取り除かれ、広くなったし窓も広がった。
が、、、よく見ると…。

dak3.jpg

取り付け部分は私たちで(壁紙を張るなど)なんとか
しなければならない。うひょーーーー!!大丈夫か。

ダッカペル以外の工事は今週月曜日ー木曜日までの予定でした。
だんなはこの一週間、休みを取り、工事に備えました。
実は私もだんなも工事が始まる前、窓枠や窓を替えることなんて、そう大した
ことじゃない、と思っていたので、だんなは「みんなが工事をしている
間は、音を避けるため庭掃除でもしているよ…」なんて呑気なことをいって
いたのですが、実際工事が始まるとそれどころーじゃない!!

当たり前ながら、窓枠はすごい機械でぶるぶるぶると壊され、新しい
枠をはめられます。ぶるぶるぶると壊されれば、粉塵がぶっとぶわけで、
最初のバスルーム&キッチンはろくろくモノを移動していなかったため、
後で全部のものを綺麗に掃除しなければいけないハメになりました。
最初の一日でバスルームの窓は終了したので、掃除をしたあと、すぐに
お風呂やトイレに入れるようになりましたが、キッチンは窓枠をはめた
だけで、塗装が完了しなかったため、キッチンを使うことはできず、
まずは出前その1、ピザで夜を済ますことになりました。

二日目の火曜日。この日は、キッチンの残りと、私たちの寝室の窓枠。
そして、その間の木枠の部分(外側)の変更がなされました。
家に帰るとキッチンは綺麗になっており、あとは掃除さえすれば、
ステキなキッチンの出来上がり~状態でした。寝室の窓枠も綺麗に
仕上がっており、掃除さえすれば寝られる状態…。だんなは必死に
なって掃除しまくったようです。。。私は、、、会社に行っており、色々
あって、お疲れ状態…で、掃除をお手伝いすることもできず(汗)。
で、やっぱりご飯は作れないねー、ということで、この日も出前、
その2。チャイニーズです。

bedroom.jpg

ちょっと見えにくいですが…窓枠が替わりました。ここはもともと
問題もなかったので、それほど変化もなし?!

三日目の水曜日。この日は、りすちゃんを預けることはできず、
りすちゃんと私は近くに住むお友達の家に避難…。楽しい時間を
過ごすことができました。。。だんなは、、、またまた、工事の中、
掃除です(哀れ…)。今日は、玄関のドア(隣りの倉庫のドアと2枚)と
ドア枠、その周りの木枠の変更がなされました。でも、一日では
とても終わらなかったのか、帰るとまだドアを貼りつけただけ、、、って
状態。枠の下は穴も開いていて、すーすー風が通り過ぎていきます…。
おいおーーい。なんだ、こりゃ。ドア枠の上に乗ると枠が折れるので、
上に乗らないように、というお達しさえありました(汗)。まあ、
ドア(ドアノブはないが…)がついてるだけいいか、、、とは思うものの、
なんだかかなり心細い状態でした。この日は風も強く、ひゅーひゅーと
音がなって、ほんと、、、さみしい音なのよ。この日、工事の方が、
予定通りに終わらないので、金曜日も引き続き作業がある、と
だんなに報告されました。たぶん、こういうことはよくあるのね、、、
だから金曜日はフリーデーにしているんじゃないか、と思う。
この日は、昨日のチャイニーズの残りをチンして食べる。

四日目の木曜日。さて。この日は、大作業日です。なんといっても、
ドアと窓がある庭側の壁をすべてぶっ壊して取り除き、大きな窓ドア
4枚に変更するのです。はっきりいって、耐震性ゼロの家を耐震性
マイナス200くらいにする作業…。地震がない国、と確信している
とはいえ、地震がある国から来た私は、壁をぶっ壊している最中、
「ああ、南無阿弥陀仏…」状態になりましたよーーー(涙)。
自分で決めたこととはいえね…(苦笑)。

しかも、この日はりすちゃんを預ける先がない。午前中、だんなは
用事があり、りすちゃんを連れて出かけました。その間、私は
1人家でお留守番。壁をぶっ壊す音を聞き、ううううーーーーんと
悪夢にうなされていたのでした。その後、りすちゃんたちが帰ってきて、
しばらく家にいたのですが、りすちゃんは完全におびえてしまって
大変なことに。この音でこれなんだから、四川地震の子供たちの
ストレスってどんなんなんだろーーー、と考えながら、しっかり
りすちゃんを抱きしめていました。2時頃、りすちゃんとお買い物へ。
これだけストレスを溜めているんだから、おもちゃでも、、、と
思い、おもちゃを買ってあげたのですが、りすちゃん、いつもより
大人しい。どーなってるんだろ?と思いつつ、こりゃ、あのすざましい
音のストレスだ、と思って家に帰ったところ…。
ちょうど作業が終わったところでした。窓枠がはめられただけ
でしたが、すっごく大きい!でかい窓!!庭がとてもよく
見えるようになって、なんだか大きな変化を感じました。

gardendoor.jpg

写真はすべて終了した後に撮ったものですが…。大きい窓でしょ。

夜。りすちゃんは熱が出ました。風邪?ストレス?ところが、
私もものすごい頭痛に襲われ…バファリンさえ効かない!!
助けてーーーー。あまりに痛く、眠ることさえできず、どーなる
ことか、と思いました。母親が以前、頭痛にはパブロンもよく
効くよ、と言っていたことを思い出し、藁もすがる思いで飲んでみると
すーーーっと痛みが引きました。はぁぁぁーーー。しかし、私は
この日は自分のことで精一杯で、それ以外のことなんてとても
できない。この日は、マイクロウェーブ・ミール。
でも、結局、買ってきた料理を温めたものの、私もりすちゃんも
ほとんど食べず、二人して早々とベッドにもぐりこんだのでした。

翌日。会社にいけるかどーかおそるおそる起きました。
とりあえず、大丈夫そうだったので、会社に向かいましたが、
ぼけまくって、バスを下りる場所は間違えるわ、、、散々。
でも、一日がなんとか終わって帰ってきました。
家に到着すると…。

housedoor.jpg


ドアノブも付いて、ああ~!!すっごく綺麗になった!!
と、、、このとき初めて、わくわく、うきうきしました。
これまではやっぱり不安だったのね。工事がようやく
終わってうれしい、ということもあったのかもしれません。

実際には一部の工事がまだ終了せず、数週間後に小さな作業が
あるようですが、どこも綺麗になって、、、ようやく終わった~!!
今まで移動したものを戻したり、この日、初めて夕飯作りを再開
したり、、、とようやく元通りに戻った、と思ったのですが…。

りすちゃんは元通りに戻らなかった。

ご飯はまったく受け付けず、歩こうとも、おもちゃで遊ぼうともしない。

どーしたのだろう。。。まだ音のストレスが治っていない?!
と、彼女を触ってびっくり。ものすごい熱なのです。私もだんなも
今までそれどころじゃなく、全然彼女の様子を気に留めなかった
のですが(というか、これは音によるおびえ、だと思っていた)、
これは、それだけじゃーない。ようやくそう気づきました。

夜、彼女は寝ることはできましたが、寝付くまでかなりパニックして
泣きじゃくっていました。こんなことは初めて。私までアワアワしました。
相当辛いんだろうなあーーーー、とは思うものの、ここはオランダ。
お医者に緊急に見せる、とか、薬を飲ませる、とかそういうことはなく…。
とりあえず、食べないけれど、ジュースは飲んでいたので、
もう少し様子を見なければ、と思ったのです。

今日。りすちゃんは相変わらず元気がない状態だったけれど、
それでも、昨日に比べればちょっとは元気になっているようで、
今晩熱が高くならなければ風邪かな、大丈夫かな、、、と思ってます。。。
(これを書いている今のところ、大丈夫)

早くりすちゃんも興奮して「お庭に出ようよー」と窓にくっつく日が来て欲しいな。
庭の下のスペースがよく見えるようになったので、お花の鉢もたくさん
おきたいしなーーー。そうだ、まだカーテンもつけなくっちゃ、、、なのよ!!

そんなわけで、忙しい大変だった一週間の報告のような長いひとりごとに
なりましたが…。そろそろ終わりに。。。

そうだ。工事の感想としましては、、、どの会社もそうかどうかは分からない
けど、意外としっかりやってくれるな、ていうのが、私の感想。プロなんだから
当たり前だけど、ほら、オランダだからさ。でも、木曜日なんて、壁を壊す
専門の人が着たけど、着いて家を見るなり、「こりゃ、見積もりで聞いてた
話と違う!これもあるしあれもあるから、ちゃんとした○○(←なんかの機械)
がなければ!!誰かを届けによこさねば。」などと迅速に対応してくれて、
うーーーん、うちの会社とは違うでねーか?…とは言わないけど(爆)、
びっくりなのでした。
関連記事

子連れ旅行 - パリ

paris0285.jpg


パリにいってきました。

両親が日本から遊びに来たので、3泊4日でいきました。パリ行き列車、タリスはどーも苦手・・・で、過去に2度とも風邪を引いて
しまったのですが、会社の方が、「1等席はいいよ」とお奨めしてくれたので、思い切って1等席を予約(支払いは両親だ…しめしめ。。。ん?)。見た目はあまり違いがないのですが、やっぱりシートに余裕があるのか、快適なパリへの旅になりました。りすちゃんなんて、シートなしだけど、余裕で3人で座れちゃったし…。次から次へとお食事やらボンボンやらジュースなどが運ばれてくるので、退屈しないし…お奨めですよ♪


paris0250.jpg


やはりオランダより少し南にあるせいか?温かい!!暑い!バラがすでに満開でした。綺麗~。


paris0249.jpg


町を走り抜ける(?)りすちゃん!


paris0258.jpg


セーヌ川を背景に…パリジェンヌのような(?!)りすちゃん。実際にあちこちで「マドモアゼル」と呼ばれ、上機嫌でした。


paris0261.jpg


ルーブルを前にして(後ろの方は、通りがかりの方です。パパでも保父さんでも、りすちゃんのパリの彼でもありません。念のため(笑)。)


paris0280.jpg


ああ。。。モナリザが、、、見えない!!そう、この混雑の後ろは、モナリザ。りすちゃん、熟睡中でした…。


paris0306.jpg


おしゃれの街、パリ。というわけで、カチューシャなんぞ買ってもらいました。本人はほれ、この笑顔。歓喜の顔ですな。


paris0302.jpg


カチューシャを買ったのは、このお店。もうオンナの子の母親なら泣いて喜びそうな、かわいいワンピが一杯!!もちろん、私も壊れました~。すっごくかわいい手縫い刺繍なのに、60ユーロとは、、、パリにしては安いのでは…?というわけで、2着も3着も購入しているパリジェンヌ多し!!私は…とりあえず1着だけ、、、カチューシャとおそろいのヤツを購入いたしやした。

鏡の前で、店員さんにドレスとカチューシャを合わせてもらい、神妙な顔つきで鏡を見つめるりすちゃん。ああ、、、やっぱり2歳といえどオナゴどすなあ~、、、と、母はびっくりするのでした。購入した袋も、もちろん自分で持って歩きましたよ。

お店は: Bois de Rose


paris0311.jpg


パリといえば…やっぱりエッフェル塔!ここは相変わらずの行列でした。ルーブルはもう行列はできない仕組みになっているようで、、、今やここだけが行列なんでしょうか?


paris0318.jpg


楽しかったパリ旅行ももうおしまい。またね。


line_10.gif

そらのおらんだ通信HPでもたくさんの観光情報を載せています。
是非こちらもご参考ください♪

133.gif オランダ観光はこちらから → オランダ観光
133.gif ヨーロッパ各都市の観光情報 → とっておきのヨーロッパ
133.gif ヨーロッパ旅行記はこちらから → ヨーロッパ紀行
関連記事

若者へ - 海外旅行のススメ (自転車旅行なんてどうよ?)

先日インターネットのニュースで「若者の海外旅行離れが深刻」
だという記事がでていた。なんでも、「お金がない」「休みが取れない」
ことも原因し、彼らは海外旅行にいかないのだ、そうだ。
また「以前と違って、海外旅行の特別感が減っているというのは
あると思います。いつでもいける、 今じゃなくてもいいんじゃないか、
ということで身近なところでレジャーを楽しむ人、国内旅行に行く人が
増えているのかもしれません」という旅行会社のコメントも載っていた。

そうなのか。このニュースを読んだとき、ちょっとショックだった。

が。しかし。

こうなってしまう原因が思い当たることもある。私が思うのは・・・。

旅行会社の企画する「旅行日程」が、なんともお粗末、
面白くないものばっかり、だ、ということ。 ばっさり切ってしまいますが。

海外旅行が特別だ、とされた時代(20年前?30年前?)と
まったく代わり映えしないような ツアーでは、そりゃ、若者は
面白くないだろ、、、と私は思うのだ。

20年前、30年前は確かに、海外旅行は特別なものだった。
ちなみにあの頃の旅券は「数次旅券」と「一回旅券(名称不確か)」
に分かれていて、「もう二度と海外にいかないかもしれない」と
思う人は、少し手数料の安い一回旅券を申請して取ったものだった。
こう書くと、私がすっごく年寄りのような感じがするが(苦笑)、
いや、なぁに・・・。80年代後半までこんな時代だったのである。
この頃に企画される海外旅行は「とにかく人生に一回限りの
旅行なのだから」・・・と、1週間や10日間でヨーロッパを何カ国も
廻るツアーが主流だった。めまぐるしく廻るツアーは疲れるだけ、、、
と思うが、一生に一度、と思えば、そんな一週間をすごすのも
悪くあるまい。。。しかし、今は特別でもなんでもないんだから
そう忙しいツアーを組んで、あっちも見た、こっちも見た、なんて
コトしなくってもいいんじゃぁ?と思う。

しかも。旅行会社の企画するツアーは一部を除き、どれも
「グルメ・ショッピング・観光」がメイン。グルメもショッピングも
いまや日本を越えて楽しめる国はないんだから、別に海外に
行かなくたっていいんじゃん?!と思って当たり前。

が。しかし、考えてもらいたい。

海外に行くことってグルメとショッピングだけ?!

そうじゃぁないだろーーーー!!それだったら、私だって
海外になんか行かないよー!!・・・と、心から…思うのだ。

ちなみに、私が今までいった海外旅行はわんさか山のように
あるが、ツアーででかけた旅行は数回。 そのどれもが、思い出に
残った旅行、感動した旅行、人生に影響を与えた旅行という点で
順位を つけてみると、最下位に位置するものばかりである。。。汗。
グルメやショッピングって、何年も経つと印象薄れるのよ・・・。

というわけで、若者よ、旅行会社の企画なんかアテにしないで、
自力で海外においで!!若いときに経験する海外旅行は、
きっと一生の財産になるさ!!というのが、今回の私のひとりごとの
趣旨である。

============================

先週、オランダの新聞ADの旅行特集は「自転車」特集であった。
自転車・・・?!スポーツ?!イマイチぱっとひらめきが来ないかも
しれないが、、、ヨーロッパは想像した以上に「自転車」王国である。
ツール・ド・フランスのような大きな自転車競技が開かれるヨーロッパ
では、老いも若きも自転車を多いに楽しむ傾向にあり、それは、
何も平ったい土地「オランダ」に限ったことではない。山のある
ドイツだってイギリスだってフランスだって、、、自転車が盛んなのである。

パワー溢れる若者は、夏になると自転車であちこちを旅するのも
まったく普通のことで、これは、ちょっと日本からは考えられない
レベルかもしれない。だいたい私もこちらに来るまで、人々が自転車
で旅をする、なんて想像だにしなかったもの。毎日自転車で国を
渡り歩き、夜はキャンプ。そしてまた別の国へ・・・と、自転車一つで
色んな国へいけるのも、国続きのヨーロッパのいいところである。

さて。自転車旅行の王道ルート、といえば、、、フランスはロアール
地方なのだそうである。ここはすでに300キロ以上自転車専用道路が
出来上がっており、すべてを踏破せずとも、一部を自転車で楽しむ
若者、家族、カップル、グループ多数!実際に4泊5日の自転車の
旅などというツアーも存在するし、ほぼ全ての街では自転車を貸し出し
ており、日数は1日から1週間まで。3日間20ユーロなど、、、格安で
貸し出ししている。

実は、、、私はもう若者でもなんでもないが、、、ロアール地方にいったら
自転車やりたい、ともう何年も思っている。シャンボール宮殿を見るとき
は絶対に自転車で。姿を現したシャンボール宮殿が、ペダルを漕いで
いくにつれて、これでもか、これでもか、、、と大きくなっていくなんて
想像しただけでもゾクゾクする。。。(いや、ワクワク、か。)
それに比べて、車でいっちゃったら、なんて味気ないんだろう、、、?
と思うのだ。どうせなら2泊3日で、くるーっと城巡り、と思っているが、
なんせ自律神経失調症の身…(あちこちで響くこの病・・・)。
来年こそは?!と思ってるけど、どうかなぁ~?!

この情報をインターネット(日本語)で調べようとしたら、ほとんど
ヒットがなかった。たぶん、自転車で城巡り、なんて考えもつかないんだ
ろうか?日本では、まだまだこういった情報は少ないのが現状である。

さて。自転車特集のこの新聞には驚くべきルートがいくつか記載されていた。

見た瞬間・・・なんでまた?どうしてまた?え、うそーーー?
色んな思いとともに、、、苦笑してしまった。

まずはoranjerouteと称する全長2400キロのコース。

アムステルダムからフリースランドへ北上し、そのまま国境を
超えてドイツへ・・・。延々と東へ向かいベルリンへ到着。その後、
南下してまたぐるーーーーっとオランダのアムステルダムに帰ってくる
というルートである。まあ、、、険しい山はないので、それ程大変では
ないかな?でも、天気、風によっては相当大変だろうね。まさに
若者向け!!!(?)

いやいや。2400キロなんてまだまだカワイイもんですわい。
そう思うツワモノもいるかもしれない。そんな人にお奨めするのが、
このコース、Hanzefietsrouteである。全長3300キロ。
ブレーメン、リューベックなどを含むいわゆるハンザ同盟として
栄えたオランダ・北ドイツ地方を周るルートである。これは上の
ルートをさらに輪をかけて大きくしたって感じなので、地形は
似通っているハズ…?

いやいや。そんなん、私にいわせりゃ、あっという間に制覇
できちゃうわ!というさらなるツワモノの人に…。
あっと驚くルートをご紹介しよう♪ふふふ。それは。
全長6000キロのNorth Sea Cycle Route。日本語に訳せば
北海一周旅行、である。北海一周旅行、じゃないよ…。

ルートはこれまたアムステルダムを出発。そのまま海岸沿いに
ずーっとドイツ、デンマークを北上し、海を渡ってノルウェーへ。
そこから山を越えて(または海岸沿い)ベルヘンまで行き、
フェリーでスコットランドへ。体力に余裕のある方は、シェトランド
諸島なんぞも回ってしまい、その後、スコットランドからイングランド
へ下りてくる、、、というまさに北海一周の旅である。
す、す、す、す、すごい。このルート!!天気によっては、
自転車漕ぎながら「雨にも負けず、風にも負けず・・・」などと
ぶつぶつつぶやきそうだなあ~・・・苦笑。

まあ。こんな↑ルートは究極、だとしても、ヨーロッパはどこも
自転車が盛ん。たとえば日本人にもおなじみのドイツロマンチック
街道もメジャーなサイクリングルートになっています。
ヨーロッパなんてお金がかかってつまらない、、、なんて思って
いる方、是非に。自分の精神・限界に向き合いながら自転車を漕ぎ、
夜はキャンプサイトで国際交流、なんていう旅はいかがですか?
バーチャルな世界じゃ絶対経験できない、若い世代だからこそ
できる思い出深い旅になると思いますよ。

私も大学生の頃に、こんな自転車旅行が可能だ、ってことを知って
いたらなあ~。。。そんなことを思いながら、北海ルートを詳しく眺める
私なのであった。。。(いや、でも。若いときでも、ムリだったかも。。。)



関連記事
プロフィール

そらのくも

Author:そらのくも
オランダ生活も15年目に突入しました。

(ご案内)
オランダ情報は「そらのオランダ通信」でお届けしています。是非ご覧ください。

https://soraoranda.com/↓ ↓ ↓

photoeurope2.jpg

カレンダー
04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
写真のこと
当サイトで使用している写真と文章の無断転載はお断りしています。


情報
line_10.gif
line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記のお好きな画像バナーどれかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです 。

heart3.gif クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
気になる本
オランダ生活に役立つ、今、自分が欲しい本を載せています(いわゆる備忘録)。



前回載せておいたフランス菓子は買おうと思ったら絶版になっていた。。。うそ~…!絶版になるのが早すぎる。今度こそ…。

ブログキーワード別カテゴリー

オランダ お出かけ 街並み 子ども ヨーロッパ 旅行 ハンドメイド ガーデニング カフェ ミュージアム 洋服 ショップ ソーイング本 自転車 子育て 教育 学校 オランダの話題 庭園 ロッテルダム カメラ ニュース レストラン オランダの食材 日本語教育 スーパー 国際結婚 おうちのできごと 

ブログ記事カテゴリー
最近のコメント
メールフォーム
ご訪問ありがとうございます♪♪
ブログ・HPの感想はこちらまで↓

mail-pen2.gif
ブログ内検索
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数: 現在の閲覧者数:
Flag Counter
月別アーカイブ