日本から、こんにちは

少し前から日本に帰ってきています。
なんというか、、、私、その場にすぐに慣れるタイプなのか?
オランダにいたことなんぞ、すっかり忘れて以前の日本の生活に
戻っています(苦笑)。

先日やっていた「あいのり」の最終回は、なーーーんとオランダが
ラストだったのですが、その画面見て、「うわー、オランダ、
きれいなトコやなぁ~~♪」・・・なーんて。。。
とてもオランダからやってきたとは思えない感想を持ってしまい
ましたもの(笑)。

今回はりすちゃんをつれてかえっているので、まありすちゃんの
存在だけが「私がオランダに住んでいた証(?)」みたいなことに
なっています(?)。

そのりすちゃん。
一時期はオランダ語98%、日本語2%くらいまでオランダ語に
なってしまいましたが、こちらに来てから、ほんと、驚くくらいに
日本語でしゃべっています。今は、日本語85%、オランダ語15%
くらいかなー。子供ってすごいね。

一時期は、ほんと、この子なんなのー、というくらい、毎日泣きわめいて
大変になっていましたが、2月の中旬くらいから私が主に世話をするように
なって、だんだんとうわーん、あじゃー、のひどい癇癪・わがままが
なくなってきて、今はなんだかとってもいい子です。
「○○しようね」というと「はい!」とかわいらしいお返事が返ってきます。

今日なんか、パンツトレーニングも、
「りすちゃんは、もうできるんだよ。もう漏らさないよ。」
などと頼もしい~発言が返ってきたので、びっくり!
(←3歳も大幅に過ぎているんだから、できなくちゃ困るんですが・・・汗)

日本にくるまで、日本に慣れなかったらどうしよう・・・と思っていましたが、
まったくの杞憂でした。(今までのところは!)

両親の家に居候していますが、びっくりしたのは・・・。

隣が図書館と児童館。裏の大きな団地には育児支援センターと
3か所の公園。歩いて10分のところには大型おもちゃ店。。。
と、信じられないくらい、育児には恵まれた環境だった、つーことです。
ずーっとここに住んでいたけど、知らなかったな~。。。汗

こーんな調子でのんりびと、日本での生活をしばらく送っていくことになります。
関連記事

もうすぐ春 (球根も少しずつ…)

最近のオランダは、寒い日と暖かい日が交互にやってくる…
そんな日々が続いています。

2009_0313oranda0244.jpg

庭のクロッカスも、そこだけぽっかりと絵の具が落ちたかのように
カラフルに咲いています。

球根は、植えっぱなしでも、毎年咲く花と、次の年にはもう咲かなく
なってしまう花があります。このクロッカスはもうずいぶん前に
植えたような気がするのに、今だ綺麗な大振りで咲いてくれます。

2009_0313oranda0245.jpg

球根の代表といえば、水仙。
大抵が黄色か白&黄色で、あまり色の変化がないので、
少しだけ咲いていても、地味で面白くないのですが、
こちらではよく群植されていて、これは圧巻!!
一面黄色、ていうのは、やはり何よりも「春」を感じさせるもの
なのだなー、と思います。
考えてみれば、「黄色」ってイースターの代表色ですものね。
うちの水仙は、残念ながら…少しだけ咲くのみ。
場所がないしねぇ~(苦笑)。

オランダ、といえば、チューリップですが、チューリップは
大抵翌年には咲かなくなってしまうか、何年か咲いても
だんだんと小さくなっていくことが多いようです。
そんなわけで、我が家では、大抵毎年新しい球根を植えます。
今年も、、、体は壊れていたけれど、、、頑張って
チューリップだけは植えましたさ(苦笑)。

…。でも。考えてみたら。
今春は、チューリップの時期は日本にいるので、
どーんな花が咲くのか…見られないなぁ。
毎日大きく成長しているチューリップの葉をみて、
すこーし残念に思う私。

2009_0303oranda0177.jpg

日本のサクラもいいけど、やっぱりオランダのチューリップもいいぞ!
なーんてね(笑)。

まだもうしばらくオランダにおりますが、
オランダからの更新は本日のこれでおしまい。

次回は…日本にいってから、日本一時帰国の報告?
なーんぞできれば…と思っております。

それでは。

みなさま、良い「春」をお過ごしください。
関連記事

すてきな贈り物、そしてGood-Bye

今日はりすちゃんの託児所、最終日でした。
そうです、私が会社を辞めたため、彼女を託児所に預ける
必要がなくなったのです。

生まれて3ヶ月から預けてはや3年。
今日がお別れの日です。。。

って。こう書いていて。めっちゃ早い「お別れ」だなあ、
とつくづく思いました。

だってさ。
日本だったらさ。
普通、3歳の3月、といえば、これから幼稚園だぁ、保育園だぁ、
という時期でしょ?それが、3歳にして、すでに3年も経験して、
もうお別れ、だ、なんてね。。。こーんな人、日本じゃ、いないね(笑)。

そんなわけで、今日は、またまたたくさんのクッキーを焼き、
最後のお別れ会に持たせてあげました。
本人は、「え?誕生日?2歳?3歳?誕生日?!」
と、ぜーんぜん分かってない様子でしたが…(苦笑)。

昼間は、家で一人、りすちゃん、どうしてるかな~、
なーんて考えていました。
まあ、3歳だから、お別れ会、なんていっても、何がなんだか
よく分からないと思うんですけどね。

お別れ、といえば、実は秋、私は体調が悪かったときに
1週間だけ一人で日本に帰ったのですが、空港でお別れした後、
パパと二人で一週間過ごしても、全然泣くこともなく、ママ~、と
寂しがることもなかったそうで。。。汗(←母失格?)。
ただ、たまに飛行機の音がすると、「ママが乗っているね」と
だんなに言っていたそうです。な、泣ける~話じゃありませんか!!
(←って、私だけかい?!)

…つまり私。飛行機に一週間も乗り続けていたわけです。

で。話を戻して。
夕方6時前、うれしそうにりすちゃんが帰ってきました。
「最後の日、最後の日でみんなにクッキーをあげたよ!(←オランダ語)」
と、興奮げ。もらった帽子を得意げに見せてくれました。
やっぱり、3歳児の「最後」は、こーんなもんなんですね。

だんなが毎日(週2日)送り迎えをしたので、今日が彼女を
迎えにいくのが最後、と思うと、なんだか寂しくなった、と
しみじみ話しながら、託児所から貰ってきたスケッチブックを
見せてくれました。

2009_0310oranda0230.jpg

2009_0310oranda0231.jpg

スケッチブックの中には、りすちゃんの粉ミルクや替え洋服を
入れるバスケットに貼ってあった「名前シート」や壁に貼ってあった
りすちゃんの「名前と誕生日シート」や、写真、手形、そして
りすちゃんが作った「工作」など、いろいろなものが貼ってありました。

3歳、とはいえ、3年間。本当にいろんなことをあそこで体験したんだなー、
と、なんだか目頭が熱くなる母…年を取ったせいでしょうか。。。(苦笑)。

これらのものが貰える、とは知らなかったので、
スケッチブックに貼ってこんなすてきなプレゼントしてくれた
託児所の計らいに、感謝、感謝。
とってもうれしく、これを書いて、またうるうるしている私です。

うるうる、といえば、最近、りすちゃんが書いた絵。
りすちゃんが、一生懸命書いた絵に、うるうるしてしまいました。
って。こんな絵を見て、うるうるするのは、私くらいなので、
皆にお見せしていーもんなんだか…ナゾ。

2009_0310oranda0227.jpg

大好きなAちゃんと一緒の絵。
ちなみに、じゃがいものような、おばけなような、
人間じゃないような大きなほう(左)がりすちゃん。
右側の比較的人間らしい形をした小さなほうがAちゃん。
二人ぴったり寄り添ってるのが、かわいらしい。

すごいのはね。この写真を見せると、何度でも、
ちゃんとこっちがAちゃん、こっちがりすちゃん、って
ちゃーんと覚えていることなんですよ。
関連記事

ひとりライデン - Naturalis

昨日はリハビリも兼ねて(?)はりきって一人でお出かけしてきました。
一人でどっかに行くなんて、りすちゃんが生まれてからやったことが
ないので(買い物とか歯医者とか除く)、少なくとも3年以上ぶり。。。!

出産後は忙しくて優雅に一人でお出かけなんてできなかった、という
理由はもちろんありますが、私の場合、それに加えて産後体調を崩し、
レストランでご飯を食べることが問題、となってしまったこともあって
一人で遠出しようなんて気分にはなれなかったのでした。

ところが。どーしたことでしょう。ここ数回のお出かけでは、ランチを
外で食べてもいつもの問題がほとんどないではありませんか。。。(!)。
もしや、、、もしや、ついに日頃の運動+食事+その他もろもろの効果が
現れて来たのでは~~と、なんとなくそんな風に思い始めた私。
こりゃ、ちょっと自分を試してみるしかありません。
そーんなわけで、出かけてみることにしたのです。

さて。ミュージアムカードも無事に手元に届いたので、
それじゃあ、行ってみようか~、と出かけてみたのが、
ライデンの ナチュラリス(国立自然史博物館)

選んだ理由は、ライデン自体がうちから程よい距離だし、
ミュージアムもたくさんあるし。時間と体調を見ながら、
何軒かハシゴしてもいいわ、的な簡単な理由です。

し、しかーし。
ナチュラリスについて、中に入るなり…。
う、ここは?!もしや、一人で来てはいけなかった?
りすちゃんを連れてくるべきだったのではーーー!
ちょっぴり後悔した私。

naturalis.jpg

ながーい廊下では「サイ」がお出迎え。

naturalis2.jpg

博物館に入ると、いきなりたくさんの動物たちがお出迎え!!

naturalis3.jpg

ロッテの育児グループおなじみの「オカピ」もいるよ。

naturalis4.jpg

とにかく全空間が、動物だらけ!!興奮~。

入るなり、動物好きな人なら、誰でも興奮する空間が
どわーーんと広がっていたのでした。
りすちゃん、3歳児らしく動物好きだもんな~~。。。
うーーー連れてくればよかった?!

今日は、学校の日のはずなのに、なぜか子供連れのおばあちゃん
とか、親とかがいて、学校はどうしたのかなぁ~?と疑問な私。
でも、まあ、学校が休みの先週来ていたら大変なことになって
いたに違いない。。。(今週にして良かった~ほっ)。

「自然史博物館」の名の如く、展示してあるのは動物ばかり
ではありません。かなりの数の「石」も展示してありました。

きらきら。きらきら~。宝石好きでなくても、これら石の輝きには
目を見張るばかりです。

naturalis5.jpg

こんなものが自然の力でできるなんて、、、すごい!(写真はアメジスト)。

naturalis6.jpg

今は特別展で、「ダーウィン進化論150周年」と、
「野生動物(アフリカのセレンゲティ国立公園など)」をやっていました。

今まで、色んな国にいったけれど、私にとってアフリカはまだ未知の世界。
きっと、、、行ったら、ががーーーんとすごい衝撃なんだろうなあ。
動物園にいる動物たちが、目の前の草原にいる。
ちょっと想像できません。
最近、いろんなことに感動しなくなった「大人の自分」がいる、と
そんなことを痛感しますが、まだまだ世界は広い。
特別展を回りながら、一人そんなことを考えたのでした。

naturalis7.jpg

naturalis8.jpg

今は絶滅してしまった恐竜・化石もたくさんありました。
展示を見始めた最初は、ふうううん、という感じだったのですが、
どんどん進んでいくと、だんだん引き込まれていく自分がいます。

そういえば。。。
5年前?6年前?に恐竜といえば、ここ、というべき、世界でも
有名なカナダのアルバータ州にある
ロイヤル・ティレル古生物学博物館に行ったっけ。
もう思い出すこともなくなったちょっと昔に出かけた博物館のこと
も思い出しました。

ここはすごいですよ。本当に何もないミッドランド州立公園内に
こつぜんと現れる「超ど田舎の」博物館なのに、ここを訪れる
人の数たるや、、、ものすごい数!!駐車場にずらーーーーーーと
並んでいる車をみるだけでも、世の中には恐竜ファンが山のように
いるんだなあ、ということを実感できるくらいですから。
かくいう私たちだって、オランダからわざわざ出かけたんですからね(笑)。
(でも、出かける価値もありましたよ!!すばらしかった。)

この地は、世界でも有数の(中国と並んで?)完全な骨格の
恐竜の化石が見つかる地、として有名で、博物館を訪れた後、
付近を眺めているだけで、わくわくしてきたのでした。

でも。。。そんなことも、もう長い間、忘れていたなあ。
あれほど、感動したのになあ。。。
自分の中で、すっかりすぽっと抜けてしまった記憶が、
別のミュージアムを訪れることによって、またよみがえる。
子供と来るのもいいけれど、一人でのんびりやってきて、
自分と対話しながら展示品を自分のペースでみるのも、
やっぱりいいかも。

りすちゃんには申し訳なかったけど、まあ、また次回一緒に
くればいい、ということにして。今回は一人で来て良かった、
とそんな風に思いながら、博物館をあとにしました。

==========================

さすがに、博物館を歩き回って疲れましたが…。
(夏以来)いつも起こる手足と頭のしびれも感じましたが…。

でも。なんか、食べられそう!!
ここが今までとは違います。。。今までは、こういうことをすると
もうフラフラになってしまって、ご飯どころではなかったのです。

それじゃあ、頑張ってお店に入ってみましょうか。
と、えいやーーー!とお店に入ってみました。

一応、ちゃんと調べてきたランチのお店:De Catwalk

まぁ、ちゃんと調べてきた、とはいえ、メインがコーヒーのお店(苦笑)。

naturalis10.jpg

ラテ・マシアートとベーグルを頼みましたが、、、。
ベーグルはいたって普通、だったかなあ。
コーヒーは美味しかったけどねえ。

でも、いいのだ。
オーダーするときも、待っている間も「普通」だったし、
ほぼ「普通」に食べられた!!ということが、私にとっては
一番重要なのだから~(うれしいいぃいぃぃ~涙)。

すっかりうれしい気分で、外に出て、ライデン散策開始。
ライデンもかなり久しぶりの気がするけど、
あんま変わってなかった。

naturalis9.jpg

いつも出迎えてくれる風車は、今日もくるくる回っていた。

naturalis12.jpg

ゴールデンエイジの面影を残す「高級感溢れる」地区。

naturalis11.jpg

大好きな一角。すてきなレストランが並んでいる。
ここにくるといつも写真を撮ってしまう。
いつも”同じ”なのにね(苦笑)。

naturalis13.jpg

すてきなレストランのひとつ。
いつもいいなーと思いつつ、入ったことがない。
もうすぐ入れる日が来るかも?!
そうだといいなあ。

naturalis14.jpg

いつもはこの辺りまで来なかったが、
今日は頑張ってきたぞ。
さすがにローシーズンの平日、ということもあり、
経済危機、ということもあり(?)で、人も少ない。

naturalis15.jpg

すてきなカフェ発見!!
次回はここに入ってみよう、とココロに決める。
カフェ:Dende
(忘れないように書いておこう)

ほんとうはもう一軒くらいはミュージアムを訪れよう、と
思っていたのだけれども、すでに3時半を過ぎてしまい
時間的にも体力的にも今日はこれくらいにしておく?

というわけで。。。ひとりライデンも無事終了。
なかなか有意義なリハビリでした。

関連記事

日本の年金、オランダの年金(日蘭社会保障協定発効)

早いものでもう3月。
オランダもクロッカスやスノードロップが咲き始め、
だんだんと春らしくなってきました。

日本は、、、もうすぐ雛祭りですねえ。
うちにも小さなお雛様が飾ってあります。
ほーんと、豆粒サイズです(笑)。
でも、ちっちゃくたって、いーの。
そこだけが、春満開ですもの。

oranda0174.jpg

さて。本日、3月1日はオランダ、日本関係者には大きな日です。
オランダ、日本を架け橋にして住む人々のための
「日蘭社会保障協定」が本日発効されたのです。

この話題、、、実は私もあんまり詳しく知らないし(汗)、
ここで話題にするのもどーかいな、、、と思ったのですが、
オランダ在住者数人と年金の話をしてみて、私以上に
(恐ろしく何も)知らない人もいる!!と、痛感したので、
皆に興味を持っていただくために、書いてみることにしました。

というか。私自身が恐ろしい勘違いをしていたんですよね。。。汗
この勘違い、きっと他の人もしているハズ、と思われるので、
これを読んだ人が得をする(?)情報を書いておきます。
(わー、そらのおらんだ通信ひとりごと始まって以来のとく情報かも??)

さて。
日蘭社会保障協定とは、、、。
日本→オランダ(→日本)、と国をまたいで居住する人の
年金がきちんともらえるようにするシステムです。

以前は。。。例えば。
日本で10年働いて。
オランダで10年働いて。
その後また日本に戻って定年まで働いた人の場合。

オランダで10年働いて年金を掛けていたとしても、日本に戻って
しまったら最後、このオランダでの10年分の年金は満額で
貰うことができなかったんだそうです。

しかし。この協定締結後は、満額もらえる、しかも日本で手続きが
可能、というのが大きな変更点。

=============================

ここまで話を聞いても、私、全然ぴんと来なかったんですよね。
今のところ、日本に帰る予定もないし。

どーせ日本の年金は貰えないだろ?

と、信じきっていたのです。

ご存知、日本には受給資格を得るためには、年金支払い期間25年
というのが存在します。

25年!!!

長いよ、長すぎる。

こちらで多く存在する、日本人妻(日本人夫)の場合。
大抵は40歳くらいまでにこちらに来て、オランダ人と結婚、または
パートナーとなるのが、通常です。
日本で40歳まで働いていたとしても、、、こりゃ、20年にしか
ならないではないか。。。ましては30代で来てしまった私には…。

。。。しかし。現実は。…実は。

海外在住者は年金を払い込んでいなくても、在住期間は単純に
支払い期間に通算されるんだそうです。

つまり。
日本で10年働き。
オランダに来て15年専業主婦をした場合。

日本の10年とオランダの在住期間15年で合計25年。
これで日本で働いた10年分の年金は請求可能となるんだそうです。

知らなかったー!!

いやー。ほんと。今まで何人かの人と年金の話はしたことありますが
この話を知っている人は一人もいませんでした。
大抵の人は、いやー、全然ダメだわ(貰えない)、と言うか、または
頑張って25年分支払い終わってきた、と言うか、どっちか。
ちなみに私は日本で給与担当者だったのにーーー。
こーんな話、聞いたこともなかったわ。やっぱり駐在員の給与を
本格的な仕事にしてないと、知らないのかしら。。。?!

というわけで。
これを読んでいる貴女も、年金受給資格があるかもしれませんよ?!

ちなみのちなみに。
給与担当を担当せず、給与明細をきちんと見たこともない人は、
支払った年金の金額なんて大したことない、と思っていませんか?
(私が話した一人はそんな感じでした。。。大きな間違いよ!)

国民年金は残念ながら大したことありませんが、会社勤めをしていた
場合の厚生年金は、けっこう大きな金額ですよ。

たとえば、自分の給与から2万円毎月天引きされていた場合。
会社の上乗せも同額の2万円で、会社から同額の負担を
してもらっているのです。
(これは給与明細を見ても、どこにも何も載っていません)

つまり。単純に、毎月2万円を10年間支払っていた場合。
本人負担2万円+会社の負担2万円=
月4万円=年48万円

10年間で480万円の厚生年金の払い込みが発生しています。

480万円!!

これが、貰える、貰えない、、、とは大きな差ですよね。
ああ、私ももう少しで、今まで払った大金&会社に貰った負担金
をドブに捨てるところだったわ~~汗汗。

=============================

さて。最後に。
この日蘭社会保障協定のもう一つの変更は。
同一期間に2重払い込みをしていても、どちらか一方の払い込みしか
貰えない、ということだそうです。

たとえば。
日本で20年働いて。
オランダで現在働いている(年金を支払っている)。
。。。が、日本での受給資格を得るために、任意国民年金も
支払っている。

この場合。任意国民年金と現在のオランダでの年金はダブル支払い
となってしまいます。この場合、どちらかの年金しか貰えない可能性
がでてきてしまう、ということです。払い込んでももらえないんじゃ、
意味がないので、どうなるのかきちんと調べたほうがいいと
思います。


=============================

どーでしたか。
少しは役に立つ情報もあったでしょうか?
(そうだとうれしいです!)

とにかく貰えるかもらえないか、分からない、、、という人も、
日本に行かれる際は、オレンジの「年金手帳」を持って
年金担当者を訪れると、、、色々な情報が得られることかと思います。
私みたいに、「どーせ貰えない、、、」と信じているとソンですよ。

こーんな世の中。
あるべき(貰えるべき)お金の管理こそきちんとして、
スマートに生きていかれたら、、、いいですよね。
海外に住んでいると、情報も少なくて、不便なことばかりですが、
みんなで情報をシェアしあって、生きていきましょう♪

というわけで、有用な特ダネ情報も、お待ちしてまーす。。。笑
関連記事
プロフィール

そらのくも

Author:そらのくも
オランダ生活も15年目に突入しました。

(ご案内)
オランダ情報は「そらのオランダ通信」でお届けしています。是非ご覧ください。

https://soraoranda.com/↓ ↓ ↓

photoeurope2.jpg

カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
写真のこと
当サイトで使用している写真と文章の無断転載はお断りしています。


情報
line_10.gif
line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記のお好きな画像バナーどれかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです 。

heart3.gif クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
気になる本
オランダ生活に役立つ、今、自分が欲しい本を載せています(いわゆる備忘録)。



前回載せておいたフランス菓子は買おうと思ったら絶版になっていた。。。うそ~…!絶版になるのが早すぎる。今度こそ…。

ブログキーワード別カテゴリー

オランダ お出かけ 街並み 子ども ヨーロッパ 旅行 ハンドメイド ガーデニング カフェ ミュージアム 洋服 ショップ ソーイング本 自転車 教育 子育て 学校 オランダの話題 庭園 ロッテルダム カメラ ニュース レストラン オランダの食材 日本語教育 スーパー 国際結婚 おうちのできごと 

ブログ記事カテゴリー
最近のコメント
メールフォーム
ご訪問ありがとうございます♪♪
ブログ・HPの感想はこちらまで↓

mail-pen2.gif
ブログ内検索
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数: 現在の閲覧者数:
Flag Counter
月別アーカイブ