ガーデン・ワーク

5月の中旬、日本からオランダの家に帰ってきて、、、
想像はしていたけれど…。

庭を見て、「やっぱり(がっくり)」。

やっぱりだんなは、庭の手入れは何もしていませんでした。

重度の花粉症のだんなにとって、花は大敵。
やっていたら、びっくり、だったんだけど、、、ね。

ま、期待はしていなかったので、雑草地帯と化した庭を見ても
動じることは、なく…。

が、しかし。
カラになった、鉢植えの山を見て、私は激怒したよ…。

ワナワナと震えながら、、、(←やや大げさ)
「なんで、なんで~?これらの花は高かったのに~~・・・」
と、力なく言うのがやっと。

日本語にどっぷり漬かっていた私は、全然言葉が出てこず、
「(値段が)高い」なんて、言ってしまったけど、、、
本当は、値段の問題じゃ、ないっす。。。
もう~、大事にしていたペットを棄てられた気分。

なんでも、留守中、大がかりな煙突の工事が行われ、
ゴミが降ってきたから、、、というのが理由だそうだが、
そんなの~~!!!!!理由にならないよ。
(未だに、この話をすると、腹が立つ!!)

枯れていたから、、、ていうけど、さあ。
春になると、新しい葉っぱがでてくるんだよぉぉ。
たいていのものは!!


oranda0209.jpg

oranda0220.jpg


というわけで、これらの花は(↑)、、、夢と化した。
未練がましく、写真を載せてしまおう。。。


というわけで。

帰ってきてから、また一から、雑草地帯からの庭づくり
アーンド、鉢植えコーディネートです。

去年は、7月以降、病気でダウンして、結局ろくろく
ガーデンワークができなかったので、
憎き雑草がさらに勢力を伸ばおくしていて、
ほんと、大変な状態に。。。なっています。

そんなわけで、連日よいお天気のオランダの庭で、
時間があるときは、がしがしとガーデンワークをやっております。。。

今年の目標は:

1.雑草(葦)を取り除き、ブランコを復活させる(ペンキ塗り)
2.ずっと使われていない小川のせせらぎを作る(ポンプを買ってきて)
3.ローズ・アーチを立てる

なんですが、どれもこれもできてません(汗)。
いつできそうか、、、も、見当もつかず(汗x2)。

ブランコができたら、お友達も招待することになっているし、
りすちゃんも、ブランコ、いつできるのぉ~?というし、で、
なんとしても、1.は、やらねば、と思っているのですが。


そういえば。
日本から帰ってきて、ショックだったことがもう一つありました。

それは…。

昨年植えたバラの新芽が、これまた憎っき、
かたつむり&ナメクジに、思いっきり食べられていたということです。

もう。こっちの、ナメクジ&かたつむりの数たるや、想像を絶する多さ!
ほんと気を抜くと、あっという間に食べられちゃうんですよ。
大きい奴は、ほんと、大きいし、、、しょえーーー!です。

いつもは、ぱらぱらと薬を定期的に撒くんですが、
、、、。ま、だんながやっているワケ、ないっか~…。

りすちゃんと、暢気に「でーんでんむーしむしかたつむり~」
なんて歌っているけど、わたしゃ、こいつが嫌いだ!!
(←りすちゃんにも、ママは本当は嫌いだ、と言っている)

ま、でも、オランダで嫌な虫は、これくらいなので、
日本に比べればいいよね。

日本だと、ちょっと掘ると、根切虫みたいな恐ろしい形の
虫がでてきたり、蛇なんかがとぐろを巻いていたりして、
ほんと、しょえーーーー!!!だもんね。

わたしゃ、日本(の田舎)じゃ、ガーデニング、できませんわ。。。


DSCF4473.jpg


一応、我が家には、かたつむり&ナメクジ入るべからず、の
看板が貼ってあるのだが…。
効果はやはりないらしい。。。(←当たり前だ)


さて。
今年、ガーデンショップで目にとまった花。


DSCF4519.jpg


そう。
これは「フクシア」です。

この花は、バラと同様、私に「イギリス」を思い起こさせる花。
(なんでか、理由は分からないけれど)
暑い東京などでは、育てられない花なんですよね。

この色合いといい、形といい、とってもステキ!

…なんだけど。
これ、やったら手がかかるぅぅぅぅ~…花でした…(汗)。

そういえば、何年か前に買ってきたときは、
すぐに枯らせちゃったのよね。

今回も、買ってきて、すぐに枝が飛んだ…。
数日後に、雷の嵐がやってきて、さらに数本枝が飛んだ…。

こりゃ、すぐに、、、枯れちゃうわ~~~。。。涙
と、慌てて、花資料を見たところ、
とにかく水を欠かさず、栄養を欠かさず。。。でした。
全然、水が足りないってコトだ。

そんなわけで、今は、これにかかりっきり。
暇さえあれば、のぞきこんで、水をやってます(苦笑)。
今は、新しい芽もでてきて、成長してるって感じ。
こんなに手がかかるから、美しいんだね…。


DSCF4616.jpg


今はバラのシーズン。
我が家では、新芽を食べられちゃった新しいバラは咲かないけれど、
それ以外は、綺麗に咲いています。

バラも手がかかるってイメージだけど、
実際は、ほとんど手がかからず、
ちゃんと剪定さえすれば、綺麗に咲くってことが、
最近分かってきました。

私は、白や淡いピンクが清楚で、好きかな。
バラのアーチを立てたら、何色のバラを植えよう、、、
そんなことを考えつつ。。。

現実(雑草)と格闘している、、、最近の私です(苦笑)。
関連記事

百聞は一見に如かず (りすちゃん成長記録2)

前回りすちゃんの成長について、いろいろ書きましたが、、、
百聞は一見に如かず、というわけで、動画も初公開!!


ちなみに。
今日の今日まで、カメラでビデオというものを撮ったことがなかった私です。
やり方も分からない、再生も分からない…(汗)。

しかし、一度撮ると、りすちゃん、、、病みつきになり、
10回以上似たような動画を撮らされるハメになりました(汗)。


dance at garden

[広告] VPS
関連記事

りすちゃん成長記録

まずは私のことを少し。

ここ数日、本当に体調が良くなってきたような…。
私の場合、プチ更年期障害のような感じで、
女性ホルモンの影響を大いにうけているのか?
1カ月でも低調期と比較的好調期があって、
今は好調期、ということもあるかもしれませんが、、、
それにしても、いい感じ~。
ここ数日は、漢方も飲んでいないのに!!

今までは、どんなに良い日でも、朝の2時間くらいは
必ずふつふつと辛かったんですが、今日・昨日は
なんだか本当に普通♪
うれしいですね。こういう日がくると。

とにかく変わった、と感じたのは、音楽を聴くとき。
昔から音楽は大好きなんですよ。
好きな音楽を聴いていれば、どこでもいつでも幸せ、
だったのに、ここ数年は、なんだかどよーんと陰りが…。
年をとったせいで、もう音楽が楽しめないのかなあ、と
思っていたんですが、なんだかちょっと前から、
昔のように感動してばかりなんです。
「ああ、やっぱりこの曲は最高だぁ~」なんてね。

自律神経失調のせいで、大好きな音楽さえも
楽しめない体になっていたとは。。。私の頭は
ほーんとにぱっぱらぱーに壊れていたんだなあ~、、、。
そんなことが、分かったのも、数日前のことです。

さて。
先日、お友達の2歳の男の子のバースデーパーティに
招かれて、、、心のこもった&ものすごいおもてなしに、
オドロキ、感動しながら、家に帰った私。

りすちゃんの2歳の誕生日の頃って、、、どんなんだっけか。

こう考えて、うーーーん。真っ青。
なんか、あんまり記憶がないんです。
いや、彼女が「ふぅふぅ」とケーキのろうそくを消したこと、
とか、断片的に覚えているんですよ。
でも、この頃、どんなこと、しゃべってかな、何を食べてたかなetc.
そういうことが、、、あんまり思い浮かばないんです。

やばーーーい。。。汗

人の記憶は薄れるもの、とは、良く聞くけれど、やっぱり
ちゃんとどっかに書いておかねば、、、すっかり忘れちゃうわね。

というわけで。
今日は、先日3歳半になったりすちゃんの成長記録。


==========================


まず、すごかったのは、日本でのこと。
今まで、りすちゃん、といえば、指しゃぶりだったんですが、
ある日、うちの母と二人で、
「指をちゃぷちゃぷしていると、今に歯がこーんなになって、
歯医者さんにぐりぐり痛い痛いされちゃうよ」
と言ったんです。

二人で凄んだのが(?)、効果あったのか、
その場で辞めた!!!
それまで寝るときには指しゃぶりがなければ、絶対に
眠れなかったのに、その夜も必死に我慢。
その日の夜中はちゃぷちゃぷやっていたような気がするけど、
次の日からは、一切なくなりました。

この子は、意外と意思が強くて頑張り屋さんだな、と
母と二人、びっくりしたものです。
いつまでこの指しゃぶりが続くのかなぁ、とかなり
憂慮していたので、本当にうれしかったです。

言葉は…。
6月から、ピュータ(週二回、数時間の幼稚園)に通うように
なって、少しずつまたオランダ語が出てくるようになりました。
今は、右を向いてはオランダ語、左を向いては日本語、と
けっこう綺麗に使い分けています。
今までは、どっちかに偏っていたので、今のこの状態は
かなりうれしいですね。。。

日本語はかなり流暢で、聞いていて面白いです。
ちょっと前までは、しまじろうの影響か、自分のこと、
僕(ぼく)、って言っていたんですが、ほんのここ数日で、
「わたし」が連発して出てくるようになりました。

「わたしね、そんなんじゃ困っちゃう、わ…」
いっちょまえに「XXだわ」なんて女らしく話すのがおかしい。


過去のことはすべて、昨日。
今後のことはすべて、あした。
今日のことはすべて、いま。

小さい子はみんなこうだ、って聞いたけど、りすちゃんもそう。
りすちゃんは、過去のことを話すのが好きだけれど、
どれもこれも、昨日、っていうので、たまに母は何のことか
分からず、りすちゃんを困らせてしまいます。。。
つーか、母(わたくし)が困っています。。。苦笑

先日のこと。
りす「あの、昨日、りすちゃんのおうちのおじいさんが来て、
長いヤツ、持ってきたでしょー。」

わたし:「???(←昨日は誰も来ていないと思うが…)」

りす:「だから、長いヤツ。こうやって(口に手を当てて)
がしがしがし、って食べるの~。」

わたし:「???(←長いヤツって食べちゃうのか?!)」

りす:「だから、あれ、あれよ、あれー。長いヤツ~!!!」

私は、どーしても分からず、ついにりすちゃんは大号泣。

あとで、だんなに何の事をいいたかったんだと思う?!と
話していると、ふと、ああ、あれのことか~!!!と、
ぴーんと来ました。

つまり、、、「あの、昨日 一週間前、りすちゃんのおうちに
おじいさん (デリバリーサービスの)おにいさんが来て、
長いヤツ 中華の長いスナック菓子、持ってきたしょー。」
だったんです。。。

ちなみに今日は、
「昨日、ふとんでぴょんぴょんはねてて、足痛くして、
おじいちゃんと三人で病院いったしょー」

と言ってました。そりゃ、いつの話だ?(←日本での話だ!!)

ともかくも。彼女の話は面白いですよ。


ピュータは喜んで通っています。
実は、通う前は、学校行きたい、学校行きたい、と毎日毎日
わーわーうるさかったので、通えるようになってラッキーでした。
なんてったって、学校の前を通ると、「ちょっと見てくるよ」と
ぴゅーっと走って学校の前まで飛んで行ってしまうので、
引き留めるのが本当に大変だったのです。

りすちゃんは、まだトイレがちゃんとできないからダメ。
りすちゃんは、4歳じゃないからまだダメ。

いろいろ理由はつけるんですが、毎日毎日何回も
聞かれるとねぇ。。。とほほ。
今は、幼稚園学校に明日いけるよ!などといってなんとか
なだめていますが…。

ともかくも。
いつも聞くのが、
「今日は、なにすんの?」
「明日は、どこいくの?」
「明日は、学校あるの?」
かなり計画好きのようです。

なんか予定があれば、今日はXX行くんだよ~。。。と、
うれしくお話することができますが、なーんも予定がないと、
「そうねえ、、、ママと、ひとやすみ?!」

この返事は好きじゃないのか、何度でも
「なにするの?」攻撃。
しまいには、「りすちゃん、どっか行きたいよぉぉぉ~」と
、、、子供の王道、とも思えるこのセリフ?!
今からこれでは、先が思いやられるなあ。。。
ま、今のところは、お買い物、でも大喜びなのが
かわいいトコなんですが。。。ふふふ。


トイレは…。
おしっこは行けるようになりました。。。が、
うんちはまだ(汗)。

りすちゃんは、かなりの便秘なんですよ。
だから、これ以上便秘になってはいかん、と
プッシュはせず、気長に待つつもりなんですけどね~。
いつできるようになってくれるのかな~…ため息。


おもちゃは。
本とか、シール張りのようなモノのほうが、
いわゆる「おもちゃ」よりも好きみたい、、、。
一時はパズルばっかりやっていたけど、
今は全然手が伸びず。
ほんと、子供ってマイブームの変化が早い、早い。
ま、でも、昔も今も、静かにしているなぁ、と思えば、
本をめくっていることが多いです。

一人遊びは、30分くらいはやってくれるでしょうか。
日本語で話しているときと、オランダ語で話しているときと、
半々くらい。

夕飯の準備のときは、一人で遊んでくれます。
ダメだと、テレビ、だけど…。


歌は好き、って、以前のブログにも良く書いているような
気がしますが、、、こりゃ、本格的に好き、ですね。
機嫌がよければ、たいていいつでも歌っています。

なんだっけ、その歌?!
私が覚えていない曲もよく覚えてます、、、。
日本の歌やら、オランダの歌やら、
どうやらマイ作曲歌、やら…(?!)。
いくらでも、レパートリィがあり。
すごいのは、きちんと歌には歌詞がある、ってことを
知っている、ってことですよ。

私も小さいころ、よく自分で作曲して歌を歌っていましたが、
あるとき、はたと…歌には歌詞がある、って気がつきまして…汗。
それに気がついたのって、ずいぶん大きくなってからだったんで
彼女はすごいなぁ、と思うわけですよ。

彼女の場合、勝手に作った文章を知っているメロディに
あてはめたりしているので、本格的。
へえ、今日は、友達と遊んでいる歌、なのかぁ、とかね。


困ることは…。
今は、すっかり私に依存している、ってこと。
赤ちゃんの頃は、完全なるパパっ子だったハズなのになあ…。

今やトイレもお風呂も手洗いも、、、全部ママ。
ママがいい、の一点張りです。

そりゃ…。うれしいけどさぁ…。
でも、これじゃ、私もどこへもいけないじゃないかぁ。
なんだか忙しい父親を持つ、父親不在の家のムスメ、のように
なってしまい、どーなってるんかいなぁ、、、ぽりぽり、って感じ。


あとは、極度の怖がり、かな。

雷が怖い、おばけが怖い、と同じ部屋にいても、
いっつも、べったり隣にひっついてくるので、、、
これも、、、どーなっているんかいなぁ、、、ぼりぼり。
もう一人寝、なんて、とてもじゃないけど、できないし。
今はそういう時期なのかなあ、とは思ってますけどねぇ。


怒るときは、
「あ!!そんな悪い子は、怖いおばあさんにお電話しますよ!」
「そんな悪い子には、雷さんがくるかもなあ!!」
とか、言っていたんですが、、、なんせ超怖がりなんで、
効果はテキメン!なんですが、、、これだけ怖がらせるとなると
まずいかも。と、最近は、ちょっと控え目。

でも、
「ママはすごい怒っているんだよ!!」なんて言うと、
「りすちゃんだって、すごーい怒っているんだからね!」だし。
「一緒におねんねしてあげないからね!!」なんて言うと、
「りすちゃんだって、おねんねしてあげないからね!」だし。

なんか、敵は一枚上手…?!
あんま、効果ないんだよなあ。

ま、あとは、私が泣いちゃう、かな。
これは、あ、ママ、泣いちゃった、と思うらしく…。
しばらくすると、
「ママ。泣いちゃだめだよ。りすちゃんがいるからね。」
なーんて、慰めてくれます。
慰めるくらいなら、それ(悪いこと)をすんな!!って
感じだけど、かわいいから許しちゃう?!


あとは。ご飯かな。
これが、困った、困った、で、毎日怒ってばっかり。

野菜、きらい。
肉、きらい。
魚も、イマイチ。
果物、ほとんどダメ。

で、いったい何を食べるんかいな。って感じでしょ。

最近は、オランダのパンもほとんど手をつけないので、
朝から食べるもの、ないじゃん!!
で、朝から怒ってばっかり。

食べるものは、

ドライフルーツ(←なので、果物代わり)
パスタ、スパゲッティ(←なので、アンチョビ&トマトが主流)
ごはん(←のりをつけて)
スコーン(←仕方なく、よく焼く、、、)
パンケーキ
ピザ(←あんま、ださないけど)

あとは、いろんな野菜をまぜまぜしたスープをほぼ毎日
作って、強引に食べさせる、くらい。
それだって、これを全部食べたら、おやつ!!と、
おやつで釣らなきゃ、ダメなんですよ。

とにかく、すぐにおなかすいた、といっちゃ、おやつばっかり
食べているので、こんなんでいいんだろうか、、、と。
食べ物のことがなければ、怒ることもかなり減るかも
しれないなぁ。


これくらい、ですかね。
けっこう書いたぞ。
これで3歳半の頃の記憶は、ばっちり、となればいいんですが~。
関連記事

オランダで自転車 ~ デ・ハール城とさくらんぼ

先日の週末も自転車日和の良いお天気。
…で。またまた張り切って出かけてきました。


DSCF4532.jpg

(最近のりすちゃんのポーズはいつもこれ。)


こちらに駐在している方は、オランダの祝日の少なさに
嘆いていらっしゃることと思いますが、、、
なんといっても我が家は毎週が週休3日!
お出かけするのに不都合なことはありません。
ま、毎週出かけると、お金ピーピーになるくらい、でしょうか(涙)。

実は、私のオランダ熱は少し前まで、かなり冷え切っていて、
どこにいっても別に感動することもなくなっていたのです。
どこにいっても同じ店ばっかじゃん。
どこにいっても同じような煉瓦の建物ばっかじゃん。
そらのおらんだ通信なる「通信」HPを持っているハズなのに、
こんな心意気じゃ、みなさんにご紹介したい場所も
あるはずがありません。正直、困ったなー、と思っていたのです。
どっか行くなら海外(オランダ外)、そんな風にね、思ってしまっていて。

しかし、自転車を始めてから、自転車ルート紹介の本を
たくさん読むようになって、目線が変わってきました。
電車や車、バスで「目的地」に行くのではなく、目的地に
行くまでの道のりを楽しむ、ていうのかな。
実際「目的地」よりも「過程」のほうが、感動することが
多かったりして…。結局、旅行やお出かけって、そんな
ものなのかもしれません。

だから。。。
今、私の中では、オランダで行きたい所がたくさん!
次回はどこにしようかな~、とワクワクしている自分がいます。

==========================

だらだら前置きが、長くなりましたが。
今回出かけたのは、「デ・ハール城」

ここは、2002年、私がまだオランダに来たばっかりの頃、
一度、行きました。
でも、この頃は、まだ現在のように観光地化されていなくって、
私が出かけた日も、なんとお休み!!!
ただ、アンティーク鑑定のテレビ番組を収録中、とかで、
遠くからわざわざ来たのだから、と、建物内に入れてもらえた
という、とってもスペシャルな思い出があります。
ただ、そんな経緯から、このお城の歴史、とかには全然
触れていなかったのね。

さてさて。

今回は、自転車を電車まで持ち込んで出かけました。
NS電車まで自転車を持ち込んだのは、今回初めてだったのですが、
まず、ロッテルダムでの乗り換えなど、けっこう大変。。。
自転車って意外と重たいんですもの。
こっちの人って、自転車をひょい、と持ち上げるように運んでます
けど、やっぱり基礎体力の差?!(涙)
私の場合は、ふらふら、と自転車に引きずられるよう!!!
あー、なんか様にならないよな。。。涙

電車を乗り換えて、ユトレヒトの手前にあるVleutenという、
聞いたこともない駅(←住んでいる人が読んでいたら、すみません)で
降りて、ここからデ・ハール城は、約3キロの道のり。
自電車だと、けっこう近いです。

さすが、お城があるような地域は、豊か(リッチ)なのか、
通り過ぎる家々もお庭も、うっとぉぉぉりするくらい素敵。
あー、素敵、素敵、素敵!!!

興奮しつつ、自転車をこぐと、あっという間にデ・ハール城。
やっぱり自転車だと、近い!!

DSCF4546.jpg

今はバラの季節…。


ここは、公園内はOPEN時間内はいつでも入れますが、
屋敷内を見学しようと思ったら、ツアーに参加しなければなりません。
ツアーは約50分、1時間に一回の割合でスタートします。
小さい子連れで、50分って、結構つらいんじゃ…と
思ったけれど、とりあえず申し込んでみました。

ツアー込の入館料は、一人8ユーロ(子供5ユーロ)。
私たち二人はミュージアムカード保有者で、タダ。
…で、りすちゃんの5ユーロだけ払って中に入ったのでした。
なんか、、、変な感じ?!

ちなみに、2002年とかなり変わっていました。
入り口受付に建物が追加され、ミュージアムショップがあるし、
今は結婚式も大々的に受け入れているらしく、
彼らのレセプション場所みたいなのも作られている!!
なーんか、ビジネス化してるなぁ~。


DSCF4540.jpg


ちなみに、このデ・ハール城。
2005年から10年まで、大改修工事中です。
現在も、、、表玄関が、、、こんな感じ。
あちゃ!!!


DSCF4543.jpg


本来ならば、ここからのシーンはうっとりするほど
素敵になるはずだけれど…改修中の跡が。。。ムムム。


DSCF4547.jpg


お庭は英国スタイル。
とても広い敷地で、どこもステキぃぃぃ…。
ふふふ。

さて。
時間になったので、建物内に入ります。
ツアーはオランダ語での説明。
オランダ語が分からない人は、英語の説明紙を借りることができます。
もちろん、私は、、、!!!
…英語。とほほ~。

この英語の説明文もかなり長く、英語が得意な人じゃないと、
この限られた時間で、読破は難しいと思います。。。

というわけで。
↓に、私が興味をひかれた部分の簡単な説明を。



「デ・ハール城について」

私が、一番驚いたのは、ここのお城は今も当主を持つ個人のお城、
だということです。これだけ大々的に、ミュージアムとして、
結婚式場として、お城がビジネス化されていますが、
それが可能なのは、このご当主が、ここに住んでいないから!!
普段は、ロンドンに住んでいて、9月の1カ月だけ、ここに住むのだそう。
うわー、つまり、ここは、お金持ちの別荘だった、というわけですね。
世の中には、金持ちがいるってもんだけど、、、。
にゃーんか、こんな金持ちだと、けた外れっていいますか~…。
今も個人(デ・ハールさん)のお城のため、内部での写真撮影は
一切禁止になっています。

そのため、基本的には9月は一般公開はされていないようです。
ただし、2010年までは改修工事のため、ご当主さんもこちらには
滞在されないのだそう。

そういえば、、、私が2002年に出かけたのは、9月!!
あのとき、中に入れたのは何故?…と考えてみるのですが。
どうやら、9月でも、何かイベントがある際は、城をOPENするようです。
そのとき、ご当主さんたち家族は、お隣のシャレーに泊まって
いるんだとか。

こう考えてみると、私たちが9月に入れたのは、奇跡のよう?

さて。
このデ・ハール城は、15世紀からずっと、現在の当主のご先祖、
van de Haar van Zuylen(ファン・デ・ハール・ファン・ズイリン)によって
所有される城でしたが、何世代かのち、家族は南オランダ(現在の
ベルギーだったか?)に居住を移したため、当主が住まない城と
なってしまいました。

それでも、17世紀までは、家族は1年のうち何度か(9月)お城に
滞在していたのですが、17世紀以降は、誰も訪れることなく、
結局その後、19世紀まで、200年間という長い間廃墟となっていました。

19世紀の終わり。
そのとき、当主となったエティエンヌが、当時莫大な資産を保有していた
ロスチャイルド家の娘と結婚したことから、長い間忘れられていた
このデ・ハール城が再建されることになります。
彼らは、祖先がずっと保有してきたこの城を、かつてと同じような
テイストで再建し、かつての祖先と同じように1年に1回(9月)、
ここに滞在する伝統を再び始めたのです。
この9月に滞在するという伝統が今も受け継がれているのです。

建物内は、かつてと同じようなテイスト、
つまり中世の雰囲気で纏められています。
中世の雰囲気…つまり、薄暗い雰囲気、ですね。
一体450キロもする豪華なシャンデリアとか、タペストリーとか、
とても豪華ですが、ヘット・ローその他のお城と比べると、、、
やっぱり全体的に暗い…!!!
ちょっと怖い感じで、中世の城のムード満点です。

かつて007で有名なロジャームーアも滞在したという「男性の部屋」
なんか、、、暗いし、中世のムード満点の装甲した騎士や長い剣が
飾られているし、、、豪華な部屋だけれど、ここに滞在してもいい、
って言われても、なんだか滞在したくないぞ(怖いぞ)…。

と、思っていると、部屋の天井には、つららのような飾りが…。
何かと思えば、UFOキャッチャーならぬ、ゴーストキャッチャー
なのだ、とか。うわー、ますます滞在したくない…汗。

りすちゃんは、ツアーの間、比較的静かにしていたのですが、
どうやらガイドのオランダ語が分かるようで、ガイドがゴースト
キャッチャーの話をしたところで、
「もうここはいやだ。おばけ怖い~。外に行こうよ~~。。。」
と、ばたばたと暴れていました(汗)。
最後に見たピンクでまとめられた明るい部屋「女性の部屋」
以外は、暗くって怖かったみたいです。。。
そりゃ、そうよね~。

以上が、私の中に残ったこのデ・ハール城の歴史です。


外に出ると、隣の教会では結婚式が行われていました。
どうやらリッチな結婚式らしく、カップルはスーパーカーまで
借り受けしていたなあ。このデハール城とスーパーカー。
どっちかというと4頭だての馬車とかが似合うような
気もしましたが…。

お城の庭を探索し、その後、城下町の小さな町、
ハールツィイレンス(オランダ語だと、どちらかというと
ハールズイリンス?)に向かいました。
van de Haarとvan Zuylenの二つの名前がまじりあって、
この複雑な名前になったようです。。。


DSCF4529.jpg

DSCF4526.jpg


どの家も、デ・ハール城のトレードマークの白と赤で
飾られていて、かわいらしい雰囲気。
半分観光地の村って、感じ。。。

今回、私たちはここの村の中にあるカフェ 't Wapen van Haarzuylen
で、遅い昼食をとりました。

食べ物&味は、、、至って…普通。
建物は中もなかなか趣があっていい感じでした。
写真は、、、まったく撮るの忘れてました。

先ほどのウェディングのレセプションがここで行われていて、
私たちが出る頃には、大賑わいとなっていました。
かわいいドレスを着た女の子たちがいて、りすちゃんは
どうやら目が奪われたよう。。。
今までスカート大嫌い、ドレスなんてもってのほか、だった
りすちゃんが次の日、かわいいふりふりのスカートを
見つけて勝手に着て「プリンセス!」と、喜んでいました。
すっごい変化!!(←母、うれしい♪)

カフェタイムを終え、再び、自転車に乗って、GO!

このあたりは、さくらんぼをはじめとするフルーツの産地。
特にさくらんぼ農家はたくさんあるようです。
Vleuten方面から、ハールズイリンス村に入る前にも
さくらんぼ果樹園があって、さくらんぼが買えるようですが、
私たちはルートを間違えて、そこには行きませんでした(汗)。

でも、デ・ハール城から隣の街(村?)、Harmelenに向かう
途中にやけに賑わっている農家SHOPを見つけ、
おぉ~、と、興奮しつつ、お店へ。(←大げさな)


DSCF4552.jpg


ここは、さくらんぼやいちごなどのフルーツや野菜の他、
ジャムやはちみつ、果汁シロップなど、いろんなものが
たくさん置いてありました。自転車、という限られたスペース
でなければ、かなりのモノを買ってしまいそう…。


DSCF4551.jpg

りんごも多数置いてあったけど、今の季節、収穫できるのかなあ?


DSCF4550.jpg


手作りアイス(←たぶん)もありました。
家族みんなで、もちろん食べましたよ~。
りすちゃんなんて、アイシェ、アイシェ、と大興奮!!
いちごが特に美味でした。

椅子に座って食べていると、りすちゃんと同じ年くらいの男の子が、
なぜか私たちのテーブルにやってきて、一緒に食べていました。
男の子は、りすちゃんに構ってもらいたかったようですが
りすちゃんの神経はすべてアイスに注がれており、
男の子は完全に無視。

…子供にはいつもついてっちゃうのに…珍しい。
完全に「花より団子」なりすちゃん。

結局、さくらんぼ500グラムだけ購入して、農家SHOPを後にしました。
500グラムで4ユーロだったので、けっこうなお値段、かも。
だって、今の季節ならば、スーパーで2ユーロで売ってるもんね。
…でも。収穫場所が分かっている、取れたて新鮮、だと思えば…(?)。
なんてったって、このSHOPの隣が、さくらんぼ果樹園!(写真下)
ちなみに、このお店は、ここだけでなく、すぐ近くの別の場所にも、
大きなさくらんぼ果樹園を持っているようです。


DSCF4553.jpg


その後、そのままHarmelenの街へ向かいました。
ここは何があるってわけでもないようですが、
多くの家が、きれいな芝付きの前庭を持っていて、
コンクリートで固められた家だらけの我が町とは大違い!!
英国にでも来ちゃったか、と思いました。
気持いい~、と思いつつ、自転車を飛ばしました。


DSCF4555.jpg


最後は、道を間違えながら、、、元の駅へ。
今日の自転車はこれでおしまい。
寄り道ばかりで、走行距離は、あんまり、、、なかったんじゃないかな。

帰りの電車では、りすちゃんは、
りすちゃんよりちょっと小さな女の子を連れた12歳くらいの
女の子&男の子たち3人連れと一緒に、電車の中でジャンプしたり、
(日本だったら、考えられないな。。。マナー云々で…汗)
りすちゃんと同じ名前を持つ30歳のおねえさんとおしゃべりしたり、
オランダならでは、の電車での出会いを楽しんでいました。

誰か来るとすぐに、「Hello!私の名前はりすちゃんよ」と
声をかけてしまうので、母は、ちょっとどきどき。
ま、ちょっと前までは、日本語で「あのね、あのね」と
声を掛けていたので、うわー、勘弁してくれ~汗、だったんですが、
今はオランダ語なんで、、、どきどき、くらい、かな(笑)。
幼稚園では、固まってるくせに、、、ワケの分からんりすちゃんです。


うわー、、、本当に長いブログ(3日間かかってる)。
ここまでたどり着いた貴方はえらい!!…って感じね。
長い文章を読んでくださって、ありがとう。


line_10.gif

そらのおらんだ通信HPでもたくさんの観光情報を載せています。
是非こちらもご参考ください♪

133.gif オランダ観光はこちらから → オランダ観光
133.gif ヨーロッパ各都市の観光情報 → とっておきのヨーロッパ
133.gif ヨーロッパ旅行記はこちらから → ヨーロッパ紀行

line_10.gif
関連記事

オランダで自転車 ~ ロッテルダム近郊の街と村

早いものでりすちゃんももうあと数日で3歳半!
…というわけで、というわけでもないのですが(?)、
本日「初!歯医者」に行ってきました。

実は、だんなが歯を磨くといつも同じ奥歯のところで
「いたい、、、いたい。」…というんです。
強く磨きすぎなんじゃないのー?と
私は怪しく思っているんですが、心配になっただんなが
急遽予約を取り付けた、ってワケ。

行く前に、やっぱり行くか?やっぱりやめとくか?と
悩みオロオロするだんなの背中を押しだして、
りすちゃんについていってもらいました。
(←ちょっと無責任な母・ワタクシ。。。汗)

結果は…。
綺麗な歯、ですって。
よかった~!!

自転車に乗って帰ってきたりすちゃんは
風船と小さな歯磨き粉を握りしめていました。。。
やっぱり歯医者でもお土産がつくんだね~。
まあ、歯医者だから、さすがに、オランダおなじみの
キャンディじゃないけど…苦笑。

DSCF4525.jpg

歯医者を終えて、にっこり・得意げのりすちゃん。
(下着が丸見え、、、だなあ。。。汗)


さて。
先日は、、、念願の自転車に乗ってきました。

行き先は…。先日のスキーダム・デルフトの西何キロか、ってな場所。
要するに、またまた家からご近所のロッテルダム郊外です。

地下鉄で自転車を運び、フラーディンゲンの駅から郊外に
向かいました。フラーディンゲンは、昔漁業で栄えた(?)とかで、
大きなお屋敷が並んでいて、近くなのに…うちの街とは
全然違う感じ。。。

今回は、私の自転車の後ろにりすちゃんの椅子をくっつけ、
私がりすちゃんを乗せているので、、、平坦な道では
スムーズに進む、とはいえ、やはり、余計な力が要ります。
フラーディンゲン郊外が自転車ルートの出発点だったのですが、
そこに到着する前に、、、早くも、なんだか、、、疲れた?
今日のコース(全体で22キロくらい)を制覇できるのかしら~?
ってな感じに…涙。

まずは、ゴルフ場の脇をすり抜け、小さなボートに乗ります。


DSCF4487.jpg


ちょうどボートが出発した後に、船着き場に到着したのですが、
おーい、君たちも乗るのか~い?…と、戻ってきてくれました。
良かった、良かった。

一回40セントの短い船旅ですが、小さなボートだし、
乗っている人も皆、自転車ORワンダレン(歩き)のレジャーを
楽しむ人ばかりなので、なんだかちょっとしたホリデー気分。


DSCF4479.jpg

ヨットも気持ちよさそうだなあ~。


DSCF4481.jpg

子供たちが操るヨット。練習かな?


ボートで少しのんびりできたのか、ボートを降りると
少し元気に。これなら、もう少しルートを進められそう…苦笑。
、、、と、先にいってみることにしました。


DSCF4488.jpg


運河に沿って、細い道を進みます。
ときどき、自動車が来るので、ちょっと要注意。
このあたりの運河は、水位が周辺の土地よりも高い
オランダらしい場所。。。(?)。
でも。不思議と、洪水ってないよね。
オランダで洪水っていうと、南部のほうばかりだもの。
やはりこの危うそうに見える運河が、実は、
洪水から家々を守っているんでしょうかね…?

しばらくいくと、ルートマップにも載っていた農家ショップが。
(←かなり直訳ですが…汗。いいネーミングがぁ~)。
ここでは、自家製チーズを始めとする乳製品と、
ご近所で作成されたジャムやマスタードetc.が販売されてます。


DSCF4491.jpg

お店の入り口

DSCF4492.jpg

牛さんもお出迎え

DSCF4490.jpg

建物の中にも牛さんがいっぱい


けっこうひっきりなしに車が入ってきて、かなり繁盛
しているよう。お店の番の方も二人もいたもんね。

半分くらいのお客さんが、トルコ人らしき?イスラム系っぽい人たち。
皆、えーーーと、大きなバケツ(ペンキが入っている蓋つきの
白いプラスティックのバケツ、とでもいえば、分かりますかね?)
を抱えてお店に吸い込まれていきます。。。汗。
いったいここでは何が…?!と思いきや、
これに牛乳を入れてもらっているんですねえ~!!
オドロキ!

これを買っているお家では、あのー、、、ミルク貰えますか?
っていったら、あのバケツがどどーんと出てくるんでしょうか?
そうだとすると、かなり衝撃!!!
でも、どうやって、バケツからミルクをコップや鍋に移すのかしら?
つーか。これ、冷蔵庫に入らないって。。。!!
…考えはじめると、、、夜も眠れない。。。ってことはないけど…笑

さて。私たちは。
これらのミルクはさすがに購入できなかったものの…爆
オランダの乳製品のデザートの一つ、Kwarkを買ってみました。

家に帰ってから、このKwarkを食べてみると。
スーパーで買うKwarkとは、すなわち、、、ヨーグルトとプリンを
混ぜたようなもの(?)という感じでいつも食べているのですが、
これが、全然違う代物であった!!!

この農家自家製Kwarkは、どちらかというと、もっと固形っぽく
舌触りもドロッ&滑らか、というよりも、ごわごわって感じ。
そうだな、味もチーズの味が、、、こう、じわっと出てくるような、
レアチーズケーキのレアの部分で、もっとごわごわしてる?ってか。
ヨーグルト、というよりも、チーズって感じ。

あまりの違いに、食べた瞬間は驚いてしまったのですが、
すぐにあまり甘くなくチーズがほろろんと効いているこの味に
ぐぐーーーーっと引き込まれ、、、美味しくいただいてしまった
のでした。。。♪もっと欲しい~!!

りすちゃんは、ここでトランポリンを見つけ、大はしゃぎ。
最後は帰りたくない~!!と、へっぴり腰になってしまい、
自転車にくくりつけるのが(苦笑)、大変だったのでした。

その後は、Schipluidenというデルフト郊外にある村(街?)へ。


DSCF4497.jpg


どこでも街に一台(以上)あるような…?
自転車だと、風車が見えてくると、あ、村についた、ついた、と
目印になります。


DSCF4502.jpg


運河沿いの家々と、橋が、とってもかわいらしい。


DSCF4504.jpg


窓の飾り付けが、とっても絵になるロマンチックなパン屋。
りすちゃんが外で、「わー、キャンディ(Snoep)だ!!」と、
のぞきこんでいると、お店のお姉さんがSnoepをひとつ
持ってきてくれました。よかったね。
(というわけで、見えにくいけど、Snoepを得意げに見せています)


さあ。急いで、帰路につかなければ。
(別の)運河沿いに沿って、自転車を走らせ、
再びフラーディンゲンに戻ります。

フラーディンゲンの入り口前に、一軒カフェがあるので、
そこで一休み。りすちゃんは、「TOSTIがいい。」と、
着くなりオーダーを決めてしまっていましたが、
すでに4時半くらいで、これは、、、夕食か?昼食か?微妙…。
私たちはアップルパイを頼みました。


DSCF4511.jpg

カフェ Vlietzicht

私たちは、水辺に浮かぶ船に座ったのですが。。。


DSCF4507.jpg


見ての通り、かなり大自然の中に位置するこのカフェ。
そのせいか、、、私たちのコーヒーや、アップルパイ、
TOSTIがやってくるやいなや、、、小さな鳥たちが、
わーーー、と集まってきて、おこぼれを待っています。


DSCF4508.jpg


最初は、ちょっと離れておこぼれを待っていたのですが、
そのうちに、ケーキめがけて、直撃!!
うわ~。びっくりするがな。。。
かなりワイルドな鳥です。
小さいから良かったけど、大きかったら怖いがな~汗。

りすちゃんは、これら鳥(全部で7、8羽くらいかな)に
向かって、一生懸命
「鳥さん!!!ダァメ!!!STOP!!!」
と、一生懸命、手をかざして我らケーキを防衛。
大活躍なのでした。。。笑

一服の後、再び自転車に乗って、駅までGO。
帰りは、、、りすちゃんがトイレだ、トイレだ、ということも
あって、なんだかはらはらドキドキでしたが、なんとか
無事に我が町に到着し、程なく家につきました。

すでに夕方6時。。。
足は痛く、とても夕食なんぞ作ってられなーーい、と
その日は久々の中華オーダー。
やっぱりもうちょっと早く出ないと(出たのは昼過ぎ)、ダメだわ。

今日のルートは、いろいろ変化に富んでいて、
楽しかったです。
関連記事

英国的なモノを探して・Bergen Op Zoom

DSCF4449.jpg


今年も大好きなイギリスに行く予定がありません。
ポンドが下がったとはいえ、、、やはり今まで行った旅行を考えて
みると、イギリスはなんでも高い!…です。
今年は、昨年に引き続きドイツ(ベルリン)の予定なのですが、
たぶんドイツの予算はイギリスの半分、で、済みそうな…?!
いや、、、下手すると3分の1かな。。。?!
ともかく、仕事もやめてしまった私にとっては、
イギリスはすでに高根の花。。。ため息

しかし。
そんなに嘆くようなことでもないか、と最近気がつきました。
オランダはやはりイギリスに近く…。
探すと、英国的なモノ・風景って、オランダにはたっくさん存在するんですよね。
最近は、自転車の行き先ルートを探しまくっているせいか、、、

お、ここもイギリスちっく。
ここも。あっちも。。。
あ、ここ。。。すんごく、行ってみたいぞー?!

と。まあ、新たな発見がたくさんあって楽しいのです。

しかも、どうやら、最近のオランダは、イギリスブーム?
…というか。ハイティーブーム。
どこでも、かしこでも、ハイティーを扱うカフェが増えて、
トルコ風ハイティー?!南欧風ハイティー?!など…。
なーんか、ちょっと違うんでないの?というハイティーまで
怪しく存在します(苦笑)。
前から扱っていたのかどうかわからないけれど、
HEMAで、スコーンも売ってるしね。

さて。
そんな英国好きの私が、先週末出かけたのが
オランダの南西にあるBergen Op Zoom。
もうベルギーの国境まで、すぐそこ、という町です。

本当は…。
自転車をやりにいったのです。
天気もいいし。自転車日和じゃないかあ、ってね。
このあたりは、美しい森が広がっているので、
自転車を飛ばしたら、さぞや…ぐふふ。
と、期待を胸にいったのです、よ。

ところが。
借りようと思っていたBergen Op Zoomの駅の貸自転車屋が…。

つぶれていた~!!!

なんか、あまりのハプニングに、ちょっとうろたえました。
なんのために、わたしゃ、ここに来たんだ~・・・って。
もう、夫婦二人で、誓いましたよ。
次からは、自分たちの自転車を持ってこようって…(涙)。

せっかく来たんだから、お昼ごはんを予定していた、
イギリスチックなところだけは、行こう、、、ということになり。
バスでその場所近くまで行って、その後は歩き…(涙)。
歩きも、いいですが、車がびゅんびゅん通る通りをひたすら
まっすぐ歩くだけなので、面白くもなんともない!!
周りは、森林が広がっているのですが、正確な地図が
ないため、適当に森に入るわけにもいかず…。
えーーーーん(涙)。

さて。
それでも、なんとか目的地に着きましたよ。

その名も、Mattemburgh と、かなり英国風なお名前。

ここは、どなたかの邸宅(Mattemburghさん?)なのですが、
庭を公開していて、庭にオランジェリー(庭園レストラン)があるんです。


DSCF4431.jpg


どなたかの邸宅は、白亜の美しいお宅です。
…中も公開してほしい。。。

敷地内に入ると、3連休の週末だというのに、
座っているお客が1組だけ…。
なーんてぜいたくなんだ!というか、逆に、、、
やばいところに来ちゃったかも~(涙)、と思いましたね(苦笑)。
でも、よくみると、テーブルに予約席カードが置いてあり、
ああ、、、みんなは、お昼を楽しむ、というよりも。
ハイティーに来るんだわ、と思いました、です。

ランチ・カードはかなり大量のメニューで、
お値段は、やはりちょっと高め…。

たかだかパンケーキ1枚に、4ユーロも取っちゃダメでしょ!
日本なんて~、いまやお昼のお弁当が300円で買える
時代なんだぜぃぃぃ!!!

・・・と。最初は鼻息荒く、↑のように感じましたが。。。

でも。
考えてみると。

日本で、、、↓こーんな景色を見ながら、優雅にお茶が
飲める場所って、貴重かも。。。つーか、高いお金を払って入る
美術館くらいにしか存在しないかも?!と、考え改める私。
しかも、こんな気候のよい日。日本ならば、ババ混みですよ。きっと。


DSCF4433.jpg


まあ、座って涼しくお茶を飲んでいたら、
なーんだか妙にぜいたくな気分になったワケですよ。


DSCF4437.jpg


さすがはベルギー国境近し、で、ワッフルがメニューにあった。
うれしそうな、りすちゃん。

私は、オランダ風な、ポフェチェを食べました。

オランジェリーの裏側には、イギリス庭園が広がっています。
普段はお金を取る?のか、よくわかりませんが、、、
私たちはタダでした。
お金を払う価値があるかどうかは、、、ちょっと微妙。。。?
いや。素敵な庭園なんですけどね。
(TOPの写真参照)


DSCF4443.jpg


お庭には黒い白鳥のペアもいて、二羽でハートを
作っていました。キュート♪

その後、Bergen Op Zoomの街に戻って、市内散策。
ここ、だんなも初めて、だそう。
ここに用事がない限りはいかない、、、ちょっと辺鄙な場所にあるもんね。


DSCF4457.jpg


街は、ベルギーの国境近く、だからなのか?
ちょっと他のオランダの街とは、色合いが違いました。
「白」が基調で。
マルクトも、お天気のせいか、とっても活気があっていい感じ。
まあ、お店は、、、どこにでもあるお店が、ほとんどだったけど。


DSCF4467.jpg


一軒、ちょっとしゃれたチョコレート屋さんがあったので
入ってみました。
こんなんロッテルダムにはないなあ~。
…と。帰って調べると、南オランダにはいくつかのお店を
持つ、オランダのショコラティエのようです。

Chocolatier Confiseur Boulanger

南も北もすぐ近くやん!と思うけれど、やっぱりちょっとずつ
違うのだな~。

ここで箱を一箱購入しました。
味は、、、私の好きなアルコールの入ったチョコは購入
しなかったのですが、クリーミーでなかなかおいしかったですよ。

本来の目的、自転車はできなかったけれど、
まあ、終わってみれば、天気の良い週末。
なかなかエンジョイした一日だったのでした。
関連記事
プロフィール

そらのくも

Author:そらのくも
オランダ生活も15年目に突入しました。

(ご案内)
オランダ情報は「そらのオランダ通信」でお届けしています。是非ご覧ください。

https://soraoranda.com/↓ ↓ ↓

photoeurope2.jpg

カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
写真のこと
当サイトで使用している写真と文章の無断転載はお断りしています。


情報
line_10.gif
line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記のお好きな画像バナーどれかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです 。

heart3.gif クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
気になる本
オランダ生活に役立つ、今、自分が欲しい本を載せています(いわゆる備忘録)。



前回載せておいたフランス菓子は買おうと思ったら絶版になっていた。。。うそ~…!絶版になるのが早すぎる。今度こそ…。

ブログキーワード別カテゴリー

オランダ お出かけ 街並み 子ども ヨーロッパ 旅行 ハンドメイド ガーデニング カフェ ミュージアム 洋服 ショップ ソーイング本 自転車 教育 子育て 学校 オランダの話題 庭園 ロッテルダム カメラ ニュース レストラン オランダの食材 日本語教育 スーパー 国際結婚 おうちのできごと 

ブログ記事カテゴリー
最近のコメント
メールフォーム
ご訪問ありがとうございます♪♪
ブログ・HPの感想はこちらまで↓

mail-pen2.gif
ブログ内検索
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数: 現在の閲覧者数:
Flag Counter
月別アーカイブ