2009年も終わり…

もう今年も残りあと1日となりました。
早いですねえ~。

不況だから、今年は花火は下火に違いない…と思っていたのに、
そんなことは全然ないらしく、今も外でぽんぽん花火の音が鳴っています。

そうか、、、。
オランダの花火は、日本のお正月の餅やおせちと同じようなもので、
不況云々とは関係ないのかもしれぬ…、
となんか妙な比較をしてしまってます。
全体的な量は、それでも、減るんだろうけど…。


話は全然変わりますが、先日のクリスマスにアムステルダム発の
アメリカ行きの便で、テロ未遂事件がありました。
それ以来、オランダのニュースは、このテロの事件一色なのですが、
今日決まったことによると…。

近々スキポール空港では、(アメリカ行きの便に限り…?)
「ボディースキャン」なるものが開始されることが
決定されたらしい、です。

ボディースキャンって?!

…うーん。想像できるような、できないような…。
なんか、、、丸見え、ってヤツなんでしょうか。
、、、こ、怖すぎる~~!!

これって、もうどこかの国では、取り入れられているのかな?
よく分からないけれど、こういうものが導入されると、
どっか行きたい!という気分も萎えてきますなぁ~…。
そんなこと、、、ない?!


どっか行く、といえば、来年は、ひとりであちこち行ってみよう
かなあ、、、などと考えています。
飛行機には、、、乗らないけど。

今年は、どこに行くのも、りすちゃんと一緒、で、
それはそれで楽しかったけれど、来年は彼女も学校。
平日、一緒にふらふら出歩くことも難しく…
私もお出迎えで忙しいなぁ~、なんて思っていたのですが、
よく考えたら、金曜日はだんなも家にいるではないか!!

…ということは。
金曜日は、だんなにりすちゃんの送迎を頼めば、
私は一日フリー?!?!
というワンダフルなアイデアが浮かび、
1カ月くらい前から、どこに行こうかプランを立てて
「ふふふ」となっています。

「ふふふ」とはいえ、実際にひとりで(または友人と)
どこかに行くのは、けっこう勇気のいることでもあります。
特に病気になって以来、その傾向が強くなってしまったので、
むしろ、これは「リハビリ」かな、、、と思っています。

そして、その機会に、積極的に「オランダ語」を
しゃべることができれば…とさえ、思っていますが、
そこまでできるか、、、どーかなぁ~~(汗)。


オランダ語、といえば、現在は週2日学校に通っているのですが、
来年からは、週3に増やそうかな、と思っています。
先生が「何日来てもいいわよ~」と言うので…。

私はオランダ語を読むのは今の時点でも、求められている
レベルを超えていて、そのせいかどうか分からないけれど、
上のクラスでも、あまり困ることもなく、、、さらぁ~と
こなしてしまっているんです。

でも、自分で、オランダ語ができるか?!と考えると、
まったくダメだろ、て感じで、、、このまま学校とテストを
終了するわけには、いかない、、、と思うのであります。

学校としては、テストさえ受かってくれれば、
後は何もいいません、って感じなんだけど、
そういうのもどうなのかねえ、と思いまして。
私としては、せっかく通っているんだから、自分で
納得できる程度には習得したいぞ、と思うのであります。


そんなわけで、来年はしばらくは、

オランダ語学校
りすちゃんの学校のこと
ひとりふらふら観光

を続けることになりそうかなぁ、、、。


今までのオランダ生活は、毎年同じで変化がなかったのですが、
来年は、新しいこと発見!のなかなか面白い日々になりそう。


こちらの「ひとりごと」ブログでも、面白いオランダでの発見を
お伝えできれば、と思います。

今年一年、どうもありがとうございました!!
のんびりペースにも関わらず、たくさんの方に見に来ていただいて
感謝しています。

そして、来年もまたまたよろしくお願いします!!!
関連記事

アーヘンのクリスマスマーケット

DSCF5537.jpg


アーヘンのクリスマスマーケットに行ってきました。ってもう3週間以上前の話ですが…(汗)。アーヘンに行くのは初めて。国境ポイントから、そちら方面を眺めたことはあったのですけれども(笑)。初めて行くアーヘンは、こじんまりとしていながらも、あって欲しいドイツのお店は一通り揃う、、、という一日訪問者にはうれしい町でした。

前回書いたとおり、りすちゃんが…あれこれ不満を行ったり、愚図ったりする以外は(苦笑)、楽しく過ごせたと思います。でも、、、この日は、相当な時間、愚図っていたかな(涙)。途中で、他の観光客からブーイングが出たくらい…(汗)。もう手に負えなくて、だんなと私で押し付けあいになっちゃうような場面もあって、この日をきっかけに、、、しばらくは観光はひとりでするかな、、、と決意したくらいだったのです。


DSCF5508.jpg

りすちゃんが幸せだったのは、このメリーゴーランドに乗っているとき。


DSCF5522.jpg

と、大きなおもちゃ屋さんを訪れているとき、くらいかな。


DSCF5520.jpg

3階建のドイツらしい大きなおもちゃ屋で、、、りすちゃんならずとも、興奮しました~♪

ベルリンでは、こういうお店を探していたのに、見つからなくって…「大都会」での買い物は難しい…と思っただけに、小さな町は、欲しいお店が、歩く範囲で見つかるので、うれしいですね。


DSCF5511.jpg

アーヘンのクリスマスマーケットはけっこう規模が大きく、たくさんのブースがあって、魅力的なものもたくさんありました。クリスマスマーケットが初めて、だとしたら、相当購入していたかもしれないなぁ~…。

それにしても、土曜日とはいえ、朝から、すごいヒトです。国境地点に位置しているせいか、聞こえてくる言語も、ドイツ語、英語、フランス語、オランダ語、、、と、いろんな言語が入り混じっていて、さすが他のドイツとは違う、、、という雰囲気でした(ドイツは、普通ドイツ語一色なんで…)。


DSCF5517.jpg

趣のある旧市街の一角


DSCF5516.jpg

とても華麗な市庁舎


DSCF5530.jpg


アーヘンといえば、アーヘン大聖堂。ドイツで世界遺産第一号に選ばれた歴史ある大聖堂です。

しかし、勉強不足か…何がどう歴史的なのか、、、分からなかった、、、。だんながいろいろ言っていた気もするんだが…。(3週間後の今や、記憶すべて消滅…とほほ。

りすちゃんには「アイスの国に行くんだよ」と言っていたせいもあって、アイスが食べられる~~と相当楽しみにしていたみたい…。この寒いのにぃぃ?ようやくアイスカフェを見つけて、中に入ったのはいいものの、、、私は「絶対に!!」アイスなんて食べる気もせず、フルーツティーとワッフルを食べました。りすちゃんは、子供アイスを頼んだけど、ぐるぐるかき混ぜただけでほとんど食べなかったな…。…やっぱ、寒いんじゃねーか、、、。

私が子供を見ていつも「ふうん」と思うのは、「せっかくオーダーしたから、全部食べよう」とか、オトナみたいな観点がまったくないこと。当たり前、といっちゃ、当たり前、なんだろうけど、どーんなに好きなアイスだろうと、お菓子だろうと、食べたくなければ残す。これが、もう少し大きくなると、無理して食べて、お腹壊したりするのかもしれないね。まだ本能の言うことを聞いて、食べているってことなのかな。

クリスマスマーケットじゃなくて、町のお店を見ているうちにすっかり辺りは、真っ暗闇に…。再びクリスマスマーケット会場に戻ると、人ごみはさらにすごくなっていました。


DSCF5538.jpg

狭い路地も、ヒト、ヒト、ヒト。


DSCF5539.jpg

遠く白く光る人形は「ブリンテン」…怪しい。


DSCF5543.jpg

後ろはアーヘン大聖堂。マーケットは、グリューワインetc.を飲む人で完全に詰まってしまい、移動は、かき分け、かき分け、、、の日本のお祭りも真っ青…な状態に。


DSCF5549.jpg

上から見るマーケットもなかなか幻想的。


DSCF5546.jpg

クリスマスマーケットって、飾り付けを見ているだけでも楽しい。


DSCF5547.jpg

いつも買い集めている、Kuckertz & Rennertz のお店。

でも、、、今年は、一点の購入もなし。だんなに買わなくていいの?と聞くと、、、うーーーん、買ってもすぐ割って壊しちゃうからね。
置くところもないし。との寂しいお答え。でも、そうなのよ~。お掃除をするたびに、ぽとっと落として壊しちゃったり…。確かに、、、増えているようで、減っている我が家のコレクション!!


今年はほとんど何も買わなかったけれども、一点、興奮して購入しちゃったのが、こちら!!(↓)


DSCF5557.jpg

アロマ・セットです。


このアロマポット、一台6ユーロで、可愛いうえに、や、安い!!

ものすごい人が、このお店には群がっていて、一番前に到達するのも大変だったけど、一番前に到達すると、離れられず…(苦笑)、私自身もさらに混雑を募っていたのでした。

「これ、一台、6ユーロよ。」「まあ、素敵じゃない~。安いし。」

と、、、群がるオランダ人のおばさまたち。なぜか、この瞬間は、オランダ語ばかりが耳につきました。アロマ好きなオランダ人!!ってワケでもないんだろうけど(汗)。このアロマセット、昼間に見て、後でもう一度買いにこよう!!と思ったんですが、夜再び来てみると、ほとんど売り切れていて、残っていたのは、この一種類のみ。一点でも…残っていて、、、良かった~。じゃなかったら、大後悔だったよ…(汗)。

このポット、ほんっと、かわいくって、見るたびに「ふふふ」の笑みを浮かべてしまう私です。し、幸せ~~♪


アロマは、3本10ユーロで、購入したのは、「アドベント」「ラベンダー」「クリスマス」の3点。

アドヴェントもクリスマスもちょっと似ている(つーか同じ?)匂いだったけど、あまーい香りで、これがクリスマスの香りなのかぁ~~…と。そんなワケで、今年の待降節&クリスマスはこの匂いを楽しみました。

あーーーようやく、クリスマス・マーケットの日記もUPできて…(←って、クリスマス、完全に終わってるじゃねーか…)よかった、よかった。みなさんの、クリスマスはいかがでしたか?
関連記事

ファルケンブルグのクリスマス洞窟マーケット

クリスマスマーケットの記事をクリスマスまでにアップする、と
自分で決めておきながら…気がついてみれば、
今日はクリスマス・イブではありませんか~(汗)。

クリスマス・イブ、といえば。
他のヨーロッパと同じく、オランダも明日からは
ゴースト・タウン化するので(かつての日本のお正月のように)、
今日中に3日間の食料を確保しておかなければ…というわけで、
今日は朝7時半にスーパーに出かけてきました。

朝7時半にスーパー!!
今の時期、こっちはまだまだ真っ暗です。
ライトの点いた自転車に乗って(転倒恐れず…苦笑)、
朝一スーパーって、、、今までの経験でないことだなあ。
日本じゃ、、、7時半になんて、OPENしてないもんねえ。

さすがに7時半のスーパーはヒトもまばらで落ち着いて
買い物することができました。これが8時過ぎたら、
ヒトがじゃんじゃんと入ってきて…あーーー早起きして
良かった!!と思いましたヮ。

帰ってきたら、だんなとりすちゃんは、まだ寝ていました。
おいおい…。

今年は、クリスマス・ディナーのやる気が全然なくて…(汗)
適当に食料品を買っただけ。。。
お肉だけは、その時期に売り出されるものを買いましたが。
テーブルの飾り付けもまったくやっておらず、
ぜーんぜんやる気なしって感じです。


=================================


さて。
クリスマスマーケットの話です。

今回旅行に行って思ったのは…。

「このくらいの歳の子供と旅行するのは一番難しい!!」


ええ。
前回のアーネムもちょっと大変だなあ、と思ったし、
その前のベルリンも相当大変でした。

しかし、今回は、それにも増して大変になった、、、てことです。


出かけてすぐに、出てくる、出てくる、愚痴の山。

「面白くないから帰ろうよ~」
「もう行こうよー。」
「もう歩かない。」
「これ買ってーーー。欲しい~。」
「新しい家(←ホテルのこと)に帰りたいーーーー。」
「気持ち悪い~(←病気のふり)。」

そしてちょっと気に入らないと、
すぐに「もういやだ~~!!」と愚図ったり。
早く行きましょう、と手を引っ張ると、
「お母さんが、腕を引っ張ったから、痛くなっちゃった。
もう痛くて歩けないーーーーー。」とか。


もう絶えずこんな状態なので、、、なだめながらマーケット
巡りしても、

「なんだか、、、見た感じがしない…」
「なんだか、、、こっちも疲れてきた…」

そーんな感じで、100%楽しめたかどうか、大いに疑問が…汗。


確かに赤ちゃんのときも、ミルクの心配とか、体調の心配とか、、、
いろいろ問題はあったけど、こういう感じではなかったな、と。


この旅行を終えた後、
私は、もうしばらく、りすちゃんと一緒に観光したくないなぁ~と
思ってしまったくらい…(苦笑)。
(←でも、行くかもしれないけど。私のことだから。)



=================================


そんな悪条件(?)の中。
今回出かけたのが、、、オランダ・ファルケンブルグの洞窟マーケットと
ドイツ・アーヘンのクリスマスマーケットです。


今回は、ファルケンブルグの洞窟マーケットについて。


ファルケンブルグはオランダの南、ドイツとベルギーの
国境近くにある小さい山間の街です。

山間…とはいえ、山のないオランダですから、坂間…といったほうが
正しいのかもしれません。

このあたりの南リンブルグ州は、なだらかな丘が広がっていて
高低差がほとんどない他の地とはちょっと違う風景が広がっています。

温泉があったり、美しい自然環境だったり…で、年間を通じて
オランダ人に人気のあるリゾート地です。


DSCF5469.jpg


南リンブルグ州の名物、といえば。。。
フラーイ (Vlaai)という焼き菓子。
あまり甘くなく、素朴な焼き菓子です。


DSCF5491.jpg


ファルケンブルグの中心地。
微妙に坂になっているの、、、分かる?


ドイツとベルギーの国境近く、、、というせいか、
このあたりのヒトがしゃべるオランダ語はちょっと訛りが
ありますね。。。

私のようなオランダ初心者が聞いていると、
「ん?何語をしゃべっているんだ?」
と理解できないくらい。

ホテルのおばさんは、私たちにしゃべる言葉(標準語)と、お友達と
しゃべる言葉(訛り語)と使い分けていたようでした。

そして、、、ドイツ語、フランス語を簡単にしゃべっちゃう人も
多いですね~。特にドイツ語は、皆、当たり前のように
しゃべります。


ロッテルダムのこのあたりでは、英語はしゃべれても、ドイツ語は…
ていう人がほとんどなので、小さいオランダでも、
こうも違うか?というくらい、、、言語力が違ったりします。

それは、やっぱり「国境線」があっても、自由に行き来できる
地続きならでは、、、ということなんでしょうね。
日本じゃ、ちょっと考えられませんね。


DSCF5495.jpg


レストランが並ぶ通り。
ちょっと異国情緒…。

ここに私が前回来たのは…すでに、、、7年前のこと?!

だんなと二人で、お互い歳とったね…と、慰めあいました(苦笑)。


さて。

メイン・イベントの洞窟マーケット。

洞窟は FluweelengrotGemeentegrot の2か所の洞窟マーケットがあります。


到着したときは、両方行こう!!と思っていたのですが、
洞窟に入って早々りすちゃんが、もう帰ろう~と言い出したので
2か所は不可能…と思って、あきらめました。

ま、りすちゃんのせいにしなくても、1つで十分って感じもするけどね(苦笑)。


で、出かけたのは、Fluweelengrotのほうです。


毎年テーマがあって、今年はチャールズ・ディキンスのクリスマスキャロル
がテーマとなっていました。


DSCF5489.jpg

洞窟の入り口


週末はすごく混んでいる、という噂を聞きましたが、
金曜日だったせいか、空いていました。

いや。金曜日だったから、は、違うな。
オランダのメイン・イベント、シンタクラースの前日だったから、かも。
この日は、子供が全然いなかった。
ほんと、数える程度!!

さすが、オランダでは、シンタクラースのお祝いのほうが
クリスマスマーケットよりも大事なのね…。


洞窟内の写真はこんな感じ…。


DSCF5480.jpg

洞窟内は寒くないのがいいわね…(苦笑)。


DSCF5481.jpg

壁画もたまに現れます。


DSCF5482.jpg

たまに現れるテーマ・ディキンスの話。


DSCF5484.jpg

きらきらに目を奪われるりすちゃん。


DSCF5485.jpg

ディキンスの最後の場面。


さて。
洞窟内で買ったものといえば…。


これ!!!


DSCF5609.jpg


crocsのブーツです。


なーんで、こんなトコで?!って感じがしないワケでも
ありませんが…汗。


りすちゃんは、足の幅が広く、オランダで売られている靴は
どうやら窮屈らしい…ということはずいぶん前にも書きましたが、
そんなワケで、彼女が文句を言わない靴を見つけるのが非常に難しいのです。

買おうと思っても、「キツイからいやだ」と文句を言って
試そうともしないので、冬になっても履いていたのは夏に買ったcrocs。
サンダルだし、穴が開いているので、寒いんじゃないかしら…と
かねがね思っていた私。
しかも、雨・雪なんぞ降ってしまえば、すぐに靴下びっしょり。

やっぱ、やばいよねぇ。。。

この日も、雨が降っていて、
「靴下濡れちゃった」と靴下を変えなければならず、
でも変えてもすぐに濡れちゃうし…。

や、やばいじゃーーーーん。。。明日、靴屋で何かを見つけなきゃ、
と思いつつ、洞窟マーケットに向かったのです。


すると。

なーーーんということでしょう!!


洞窟マーケットの中に、crocsのお店が!!

crocsって、サンダルだけじゃなくて、ブーツもあるのね。
置いてある種類は少なかったのですが、
りすちゃんが好きなピンクの靴があって、
履いた途端に、大のお気に入りに。

値段は、35ユーロだったかな…。

ちょっと高いと思ったものの、この先、彼女が履けるブーツに
出会えるかどうかも分からないし…何より、
「大のお気に入り」だしねぇ。
即決ですよ。即決(笑)。


あとは。

以前は、がさー、ごそーっとクリスマスグッズを購入していましたが、
さすがに今やクリスマスにちなんだものは家にゴロゴロしており、
今は、本当に気に入ったものを、ちょこっと買うようにしているので
それ以外に買ったものは、数点のみ(しかも、1個は1週間で割ってしまった…汗)。

ここはお値段も(隣ドイツに比べると)安いモノが多く、
手ごろに手に入れたい、、、という人にはいいですね。

ここではなく、町の中に、クリスマス・ショップがOPENしていて、
ここで売られていたモノを買おうかどうか、相当悩んだのですが…。
結局辞めてしまいました。買えば良かったかなー、と今更ちょっと後悔。

買い物って難しいねぇ。


DSCF5498.jpg


DSCF5505.jpg


夜は、町でクリスマス・パレードが行われていました。
このパレード、ほんと、町の人が作りました、って感じの
素朴なアットホームなパレード。

りすちゃんぐらいの、、、学校のGroep 1 (1年生)の生徒かな。
先生がくるくる回るのを一生懸命見よう見まねで、皆、頑張って
踊っていました。可愛かったなあ~。

パレードの最終地点では、保護者が写真を持って出迎えに
来ていて…誇らしげに子供たちを迎え入れていました。
そんなところも、、、ほんと、素朴かも。


そーんな感じの、ファルケンブルグのクリスマスマーケットでした。


前回ファルケンブルグに来た時も思ったけど、
オランダ人に人気があるだけあって、ここは本当に気持ちのいい
リゾート地です(人も親切な人が多いし…)。

今度は、夏に来たいな…と思いつつ。
ふと、でも、文句を言う人がいるからなぁ~と苦笑する私なのでした。


line_10.gif





そらのおらんだ通信HPでもたくさんの観光情報を載せています。
是非こちらもご参考ください♪

133.gif オランダ観光はこちらから → オランダ観光
133.gif ヨーロッパ各都市の観光情報 → とっておきのヨーロッパ
133.gif ヨーロッパ旅行記はこちらから → ヨーロッパ紀行

line_10.gif

関連記事

雪と断水

<我が家からの眺め>

DSCF5607.jpg


オランダは、すごい雪です。
少なくとも、私が来て以来、このような雪は初めて!
だんなが小さい頃は、こんなんもあり、、、だったようですが。

先週木曜日にけっこうな雪が降り、積っていたのですが、
インフルエンザ接種2回目があるため、自転車で出かけたら(汗)、
2度ほど転倒…。りすちゃん、足がアザになってしまった。。。
ごめんよ~~。

すぐ帰ればいいのに、、、図書館行ったり、町に行ったり、
だんなの妹の家にいったりして、、、すっかり帰宅も遅くなって
しまったその夜。

りすちゃんの体調が、ぐだーーーーー、となってしまいました。
これは…インフルエンザの副作用か???
もともと、学校が始まって疲れていたし、ちょっと風邪声っぽい
ところに強力な異物が入って、体が反応したんでしょうね。。。
熱がまだらにでたり、吐いたり…2、3日調子悪かったです。

とにかくりすちゃんが調子悪いので、外にも行けず、
じっとしていた日曜日は…大雪!!!

静岡育ちの私にとっては、雪は「新鮮」そのもの!!なので、
雪だるまの一つや二つを作りたいところでしたが…
りすちゃんが、ぐだーーーとしているので、ねぇ。。。
母だけ一人嬉々としてもねぇ。。。

そーーんな最中、、、。
午後二時ころ一台のワゴンがのろのろ~とやってきて
「アテンション!アテンション!これから、水がストップします~」

と断水のお知らせ!!

どーやら、排水管が壊れたらしい。

急いで、鍋やらポットに水をくんだけれども、、、
用意しているうちにあっという間に水が止まってしまった…。

2-3時間くらいで断水は終わるだろう~と思っていた私の
予想をはるかに超えて、断水が終わったのは、夜10時ころ!!!

鍋の水を、ソロソロ使ってカレーを作ることは出来たけれども
トイレにいけないので、お茶を飲む気にもなれず…涙。
この寒い日に、、、ばっかやろぉぉぉ~て感じ。


ほーんと、とんだ災難な日でした。


しかーし。
私は、考えてたのよね。

日曜日。そして大雪。
オランダのことだから、断水になろうが、、、お構いなしで
すぐに直せなければ、翌日に廻すんじゃないか、、、て。

だから、夜8時ころはかなりあきらめモードだったんだけど…。
10時ころ直ったと聞いて、ちょっとびっくりしたっていうか。
さすが、、、オランダでも、水とかガスとか電気とか電話とか…
そういう場合は、必死に直すんですね~~。


こういう風に思う私って、もう「オランダ慣れ」してるってこと(苦笑)?
逆に日本で日曜日にすぐに対応したりすると、相当驚いちゃう
くらいだもんね…。ははは。。。へーんなコトに慣れたってもんだわ(汗)。
関連記事

学校お入学

今回はクリスマスマーケットの記事の予定でしたが…。
やっぱり、学校お入学の記事を最初にして、クリスマスマーケットは
まあ、クリスマスまでにアップすることにします(笑)。

4歳の誕生日は忙しいもので、次の日から学校!!

りすちゃんの場合は、冬休み直前のお入学…ということで、
そんならいっそ年明けでも良いんじゃない?!という気もしましたが、
学校の先生は、それはダメ…とおっしゃるので、
15日からお入学となりました。
冬休み前の登校は3日間だけ、、、です。

ちなみにオランダでは4歳から学校、ですが、
義務教育は5歳からになります。
それなら、通わなくってもいいじゃん?と思うのですが、
基本的には通わなければいけないようで、このあたりが良く分からない…。


DSCF5574.jpg


記念すべき入学日。

桜並木もなければ、春うららな暖かい日差しもなく…
氷の張るような寒い一日でありました。。。

つーか。
登校時間、まだ薄暗いんですけど(汗)。

たった一人の新入生です。


お昼は、おウチに戻ってご飯なので、朝送迎した後、
お昼にピックアップ。そして1時にまた送っていって。
3時にまたピックアップなので、、、相当忙しいぞ。


特に、お昼に帰ってきた際、
りすちゃんは、もう学校には行かない、というわ、
遊びたい、というわ、、、ご飯は食べない、というわ、、、で
1時の送迎に間に合うか、ハラハラドキドキ。

これが毎日だと思うと、、、こりゃ、大変だわ。


3時に迎えに行くと、お友達と一緒で、相当興奮していましたが、
家に帰る途中に、「私、疲れちゃった~。」と、
急にトーンダウンしていました(汗)。


家に帰っても、ママにべったり~~で、
学校も楽しいけど、ママと一緒じゃないのは寂しいんだって。
ぐふふ。かわいいところもあるじゃーーーん!
と、ママ(私)は、ちょっとじーん。
最近は、私も週二日、夜学校にも行っているので、
今までのように、いつでもどこでもいっしょ!!じゃなくて、
ちょっと不満もあるんだなー、と思いつつ、
18.5キロの体重を必死に支える私なのでした(苦笑)。


さて。

まだ、入学したてなのですが。
学校2日か目の本日は、早くもビックイベントで、
りすちゃんは学校で「クリスマス・ディナー」でした。

これは、親も参加するのかと思いきや、なんと子供だけの参加イベント。

夕飯に彼女だけがいないなんて…今までなかったゾ。
りすちゃん、生れてはじめての「夜の外出」です。

さーて、りすちゃんがいないんなら、、、
彼女がいるとできないご飯にしようかなーーーー
と思いつつ、、、(ムール貝を想定)
やーっぱ、めんどくさーーい、と、結局、肉を焼く、イモを煮る、の、、、
めっちゃ手抜き料理になってしまった(苦笑)。

夜6時半に全校生徒全員でクリスマスソングを歌う、というので、
その頃、のそのそ学校へ。

時間になると、寒い&真っ暗い中、子供たちがぞろぞろ出てきて、
皆でクリスマスソングを歌ってくれました。


DSCF5577.jpg


DSCF5582.jpg

母は必死にオランダ人をかき分け、一番前を陣取って、
りすちゃんを発見!!

全校生徒の中で一番小さいりすちゃんも、ぴょんぴょん跳ねながら
一生懸命歌を歌っていました。

楽しそう~♪
なーんだか、急にお姉さんになっちゃったみたいだな…。

りすちゃんの様子を見て、じーーーーん、と何故か目頭が熱くなる
私でした。


DSCF5585.jpg

クラスにて、ディナーの後。


こうやって、子供は成長していくんだね。
(←毎日同じ感想。。。)
関連記事

Hoera~♪ 4歳のお誕生日

更新が遅れていて…本当は、今回は「クリスマスマーケット」のハズ
だったけど…りすちゃんの誕生日が来ちゃう(来ちゃった)ので、
クリスマスマーケットは次回にして、、、先にお誕生日の記事から。

早いもので、日本時間の今日、オランダ時間でももうすぐりすちゃんの
4歳のお誕生日です!!!

はぁ~、4年前の今頃は、ついに出産!!てな感じでありましてぇ~…
と思いだそうと思っても…もうすでに思い出せないわね(汗)。
月日が経つのは、遅いようでずいぶん早いものです…。


今年は、ずいぶんと体調も回復したことだし…と。
思い切って、普段遊んでいただいていて、そして辺鄙な我が家にも比較的
来やすい日本人のお友達を招いて、「お誕生日会」なるもの?も開いてみました。

体調が本当に悪かったときは、午前中に何かをする、てことがとても苦痛
だったので、その名残で、今回も「大丈夫かいな?」などと思っていた
のですが、当日は全然元気いっぱい!!
のりのりぃ~とウルフルズの音楽なんぞ聞きながら、お昼ごはん+ケーキ
なんかも用意しちゃったりして…。

でも。

ケーキ、、、失敗しました…。あちゃ。


なんとなく、失敗したかも…と思いつつ、オーブンにケーキを入れてみたら、
やっぱり、全然膨らまず…。


が、がーーーーん。

その瞬間は、ぐあーーーんと落ち込みましたね。

ま、すぐ回復したけど(苦笑)。


しかも、切り込みにも失敗して、最後は張り子のようにくっつけて(??)
でも、全体にクリームを塗ってごまかしました。。。あははは…(汗)。


DSCF5562.jpg

皆でおそろいの帽子をかぶって。


皆が揃ったあと。
りすちゃんは、幼稚園で学んだことを忠実に実行していました。

幼稚園では、「kindje van de dag(本日の子供)」といって、
その日の子供を決めて、その子がお菓子を配ったり、質問に
答えたりするのです。

そんなわけで、ホストとして、お菓子を配ったり、お皿を配ったり…
ちょっとした気配り(?!)ができていました。
うれしい成長だなあ。


DSCF5564.jpg

はりぽてケーキの登場。


その日は女の子5人、母親5人だったのですが、
ちょうど良い人数だったようで、5人でとても仲良く遊んでいて、
母親たちも楽しくおしゃべりができて、、、
なかなか楽しい会となりました。


今日は、変わって、だんなの家族が祝福にやってきました。
去年、同じメンバーが来たのですが、そのときは、りすちゃんのいとこは
とっても静かで…緊張している感じだったのですが、
今年は、すっかり打ち解けていて、最初から2階にいって、
どたばたどたばたすごい騒ぎとなっていました。

いとこちゃんは、5歳半の男の子、りすちゃんより半年下の女の子
なのですが、りすちゃんは断然年上の男の子トーマスくんと仲良くて、
二人でべったりでした。

やっぱり、りすちゃんは引き連れる、じゃなくて、ついて行って遊ぶ、
てのが好きみたいだなあ。


どーも私の観察するところ、オランダでは
(少なくともうちのまわりでは)、日本のように、小さいうちから
子供同士で遊ばせる、ということはあまりないらしく
(←よって、ママ友、なるものもあまり存在しない気がする、
学校にいってからは、別だが…)誕生日会を開いた、といったら、
義妹は「え?何をするの?!」と驚いていました。
いやいや、親同士も日本人でお友達だから親子一緒に招いて、、、
というと、なるほどね、、、と納得していましたが。

なーんで、小さい頃から遊ばせないのかな、とちょっと疑問ですが、
私の想像では、オランダの子供は日本の子供と比べモノにならないくらい
力が強い!!!ので、小さいうちから遊ばせると、ほんと、おもちゃの
取り合いなどで流血沙汰になってしまう可能性もあるのかな、、、と
いう気がします。

流血沙汰といえば、りすちゃんがまだ保育所に行っている頃
(2歳くらいのころ)、保育所で先生がちょっと目を話したスキに
子供同士で取っ組み合いになり、巻き込まれたりすちゃんの顔にも
たくさんのキズができて、帰ってきたことがありました。
2歳児でこれですから、、、3歳児なんか大変なことでありましょう。


いとこのトーマス君も、元気な男の子なのですが、
彼が2、3歳の頃は義母のうちに集まっても、あ、来たなあ~、、、
あ、(ちょっと慣れて)ぴょんぴょん元気になってきたな~、と思いきや、
すぐに「じゃ、もううるさくなってきたから帰ります。」と、
父親が家に連れて帰ってしまっていました。
その滞在時間、わずか20分!!!

見ていた私は、へぇ~、オランダのしつけは厳しいんだなあ、、、と
ちょっとびっくりしてしまったくらいです。。。

日本じゃ、家族皆が揃ったときなんて、子供が興奮しても、
「元気だなあ~」てな感じで、、、ちょっと騒がしくしても、
ニコニコ見逃してたりするでしょ?


なーんか、、、話が誕生日からかなり全然違う話に飛んでる?!


そーんなわけで。

今週は、りすちゃんの誕生日ウィークって感じでした。

でも、明日が、本当の誕生日。

私からの誕生日プレゼント、
そしてだんなからの誕生日プレゼントがまだあるんだよ~。

幸せだねぇ~!!!りすちゃんは。



やる気があったら、もう一度、ケーキを焼いてみようと思います。

また失敗したら…。

あちゃちゃ~~だな。。。

関連記事

シンタクラースさんにご対面

ほんと、、、更新が遅れています(苦笑)。


世の中じゃ、、、もうシンタクラースはスペインに帰ってしまいました。


ので、今更…てな感じなタイトルですが(苦笑x2)、、、
せっかく良い機会があったので。。。
ひとりごとで、ささっとつぶやいておきます。

いつも参加しているロッテルダムの育児の会の幹事さんが
シンタクラースさんに連絡を取ってくれて、
今年もシンタクラースが、お家にやってくることになりました。


今年の参加者は子供10名、大人10名の総勢20人。
上は4歳から下は1歳ちょっとまで…かなりバラエティに富んだ
楽しいシンタクラースの会になりました。


りすちゃんは上から2番目に大きく、
しかも子供10名のうち、2名しかオランダ語が分からない…という状況で、
少しは「私が頑張らねば!!」という気分になったようです…(?!)。

去年は、シンタさんを見るなり、泣きそうになって怖がっていた
りすちゃんですが、今年はシンタさんが登場すると、
少し頑張って近づいていました。
成長したなぁ~♪

でも。
さすがに名前を呼ばれて前にでると、声が出ないらしく、
かなり消極的になっていました。
日本語が上達したということを聞いたシンタさんが、
日本語の歌を歌ってくれ、とリクエストしてきたのですが、
まったく声が出ず…(苦笑)、
私と一緒に「あたま・かた・ひざ・ポン」を歌いました。


DSCF5463.jpg

シンタさんにご対面~♪


なんとか無事終了~…でプレゼントをもらうことができました。

良かったね、りすちゃん!!


ひじょーーーに面白かったのは…。
年齢順に、ひとりずつ、シンタさんに1対1でご対面したのですが、
3歳以上は全員泣かず、3歳以下は全員泣いた、というところです。
うわ~ん、うわ~ん、と大声で泣かれると、さすがにシンタさんは
困ってしまうらしく、アヤヤオヨヨとすぐにプレゼントを
渡していました(笑)。

なかなか、興味の沸く現象でした…(?!)。


プレゼントを渡し終わると、シンタクロースはまだまだ行くところが
ある、、、と、あわただしく帰って行きました。
みんなでプレゼントを開けて…大喜びの楽しい時間。


こういうイベントは、ほんと、楽しいですね。
だんなの話じゃ、大きくなってからも、詩を作ったり(?)
面白い包み方で(?)学校でクラスメートとプレゼント交換したり、
いつまでも楽しめる行事なんだそうです。

わたしゃ、経験したことないので、話を聞いてもイマイチピンと
来ないのでありますが…。

ま、りすちゃんと一緒に成長していく、だな。


シンタさん、ありがとう~。
そして、シンタさんを呼んでくれたokapichanさん、
どうもありがとうございました!!!
関連記事
プロフィール

そらのくも

Author:そらのくも
オランダ生活も15年目に突入しました。

(ご案内)
オランダ情報は「そらのオランダ通信」でお届けしています。是非ご覧ください。

https://soraoranda.com/↓ ↓ ↓

photoeurope2.jpg

カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
写真のこと
当サイトで使用している写真と文章の無断転載はお断りしています。


情報
line_10.gif
line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記のお好きな画像バナーどれかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです 。

heart3.gif クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
気になる本
オランダ生活に役立つ、今、自分が欲しい本を載せています(いわゆる備忘録)。



前回載せておいたフランス菓子は買おうと思ったら絶版になっていた。。。うそ~…!絶版になるのが早すぎる。今度こそ…。

ブログキーワード別カテゴリー

オランダ お出かけ 街並み 子ども ヨーロッパ 旅行 ハンドメイド ガーデニング カフェ ミュージアム 洋服 ショップ ソーイング本 自転車 子育て 教育 学校 オランダの話題 庭園 ロッテルダム カメラ ニュース レストラン オランダの食材 日本語教育 スーパー 国際結婚 おうちのできごと 

ブログ記事カテゴリー
最近のコメント
メールフォーム
ご訪問ありがとうございます♪♪
ブログ・HPの感想はこちらまで↓

mail-pen2.gif
ブログ内検索
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数: 現在の閲覧者数:
Flag Counter
月別アーカイブ