厳冬・デルフト

先週の金曜日、念願のひとりぶらぶら、でデルフトに出かけてきました。

DSCF5629.jpg


天気予報は…
「ひたすら寒い!!!」
北からの風で、体感温度がマイナス10度にもなる、との予報。

本当に行くの?という疑いの目のだんなをしり目に、、、
せっかくNS(電車)のvoordeelurenkaart (切符の料金が、時間帯によって
40%オフになるカード)を購入したんだから~~!と
勇んで出かけたのですが…。


やっぱり…涙ちょちょぎれる寒さでした~(汗)。


DSCF5617.jpg

相変わらず少し傾いている旧教会


当日はミュージアムを訪れる予定でした。

ま、ちょっとくらい寒くったって~ミュージアムに行くんだから…!と、
足取り軽く、歩いて行くと…。

な、なんと!!お休み!!

ショックです。まさか休み、とは思いませんでした。
そりゃ、困った、、、と他のミュージアムに行くと…
そこも、、、休み!!!
どーなってるんだ?!デルフト~~。

まるでこの寒空に放りだされたような気分になり…
急に北風が身にしみました…。


DSCF5635.jpg

夏は込み合うマルクトも閑散…。
お店も、OPENしているのですが、中はだーれもいないし…
何も買うつもりもないのに、入るのもなぁ~…って感じ。。。
ドアが閉まっているので、余計に敷居が高いってもんです。

本当は、この日は、フェルメールの面影を追いかけて、
デルフトの路地裏でもチェックしてみようぜ…と思っていたのに、
寒くって歩きまわるどころではありません。。。


仕方ないので、OPENしていた新教会に入りました。


DSCF5619.jpg

この内部を以前訪れたのは…2001年?!
もう9年も前のこと?!
ずいぶん昔のことです。
もちろん、、、記憶はほとんどありません。

この教会は、オランダの王族関係の方々のお墓があることで有名です。
最近では、2004年に、元ユリアナ女王、そして現ベアトリックス女王の
ご主人のクラウス氏が亡くなったた際に、大きなお葬式がありました。
いつもは閉まっている、王族の墓への入り口が開き、そこにお棺が
運び込まれるのを見て、ふぅぅん、こうなっているんだーーーという
記憶は鮮明に残っています。


DSCF5620.jpg

王族への墓への入り口


私は2001年に、この教会に来るまで、まったく知識がなかったのですが、、、。
教会の床そのものが一種のお墓になっていて、昔は、その町の君主や市長、
功績を残した芸術家、などは教会内の床に埋葬され、それに準ずる人々は
教会の外、普通の人々は町の外(塀の外)に埋葬されました。

フェルメールは、今回、(これまた閉まっていて)訪れることができなかった
もうひとつの教会、旧教会の床に埋葬されており、彼が功績を残した芸術家、と
みなされていたことがここから分かります。

ここは、誰のお墓だろう…?
昔に思いを馳せながら、教会の床をチェックしてみるのも、
なかなか面白い体験??かも…。


DSCF5623.jpg

これは誰のお墓?熱心に見入るオランダ人


教会には暖房が入っていないので、しんしんと冷えてきて…。
足の感覚がなくなってきました。

もう、限界だ…。

カフェに行こう、カフェに。

というわけで、前回 出かけたLunch Cafe Vrijへ。

入ったときは、けっこう空いていたのですが、次から次へと
ヒトが入ってきて…私が出る頃は満席になってしまった。
場所が場所だけに、地元の人ばっかりだけれども、人気カフェなんだなあ。
だって、もう一軒の人気店 Kleyweg's stads-Koffyhuis はともかく、
他のカフェは閑古鳥状態だったよ。。。

温かいスープを飲んで、ホットチョコレートを飲んで…
それでも、なんだかまだ足の感覚がおかしい感じ。
こりゃ、もうダメだ…。

もう一回りして家に帰るべ…。

そう思いつつ、再び外に出て、町を歩いていると。
数少ない歩いている人々が、続々と入っていくお店を発見!!

そこは、、、なんと「靴下屋」でした。

「寒い日々ですねぇ。保温靴下、あります!!」
という看板を見て、オランダ人は続々とそこに入っていくようです。

なんか、分かるわぁ~~。
私の足、もうカチンコチン、だもの…苦笑。
というわけで、私も続いて中に入ると…。
なんと、レッグウォーマーも発見!!

おお、欲しいよ、欲しい!!

と飛びついてしまいました(笑)。


それ以外にも、かわいい子供輸入靴下が100種類以上あって…。
見だしたら、止まらない、止まらない…。
結局、選ぶのに、相当な時間がかかって、選んでいるうちに
足の感覚もしっかり戻ってきて…。
大満足なのでした。


DSCF5636.jpg


うちに帰って、りすちゃんに買ってきた靴下を見せると、
彼女も大喜び!!
ヨカッタ、ヨカッタ、気に入ってくれたようだ。
(買って帰っても、気に入らないものもあって難しいお年頃…)

ま、当初の予定通りにはいかなかったけど…
それはそれなりのぶらぶら歩きでした。
でも、やっぱ体感温度マイナス10度は、ぶらぶら歩きには、
寒すぎ、かも。


ちなみに、デルフトにはほとんど雪がありませんでした。
ロッテルダム地域は、雪が少ないのよ…。
週末もほとんど降らず、で、他の地域とはちょっと違うのかな…?
小さい、小さい、と思うオランダなのに、場所によって
全然違うので、面白いな~、と思います。
関連記事

学校生活始まる

りすちゃんは、冬休みが終わり、今週からまた学校に通っています。
2週間の冬休みが終わり…学校に通い始めると…。

あーーーー。やっぱりラク~~♪

一日中、彼女の相手をしているのと、学校に通ってもらうのでは、
こちらの負担はずいぶん違います。

一日何回も学校を行き来するのは、この雪道、大変だけれども、
でも、やっぱり、全然楽ちんだわ、、、ということが分かりました。

とにかく、私の自律神経はかなり曖昧な神経だし(苦笑)、低血圧、
ということもあって、朝は相当弱い。
そのうえ、胃も弱く、何かを食べるとすぐに疲れる、というありさまなので、
朝、ご飯を食べた後、がっくりと疲れ、眠くなってしまうのであります。

こうなったとき、はりきってお掃除したり、エクササイズしたり…
体を動かしてリフレッシュできればいいんだけど、
彼女のお相手をするとなるとそうはいかない…。

そんなワケで、彼女に本を読んであげる間に、意識がなくなる
(←眠っちゃう)なんて、恥ずかしながら、しょっちゅうだし、
朝はそういう状態で相手するのはとにかく辛いのです…。
つくづく、育児には向いてない体なのかも…私って。。。汗。

今週は、朝からエクササイズしたり、掃除したり、自分の
好きな音楽を聞いたりして、すっかりリフレッシュ♪
やっぱり、楽ちんーーー、と思った「へたれ母」な私…。


りすちゃんは、元気に学校に通っています。
が、長時間元気に学校の皆に合わせて…って相当大変なことなんだろうな~。

迎えに行って、私の姿を見つけて、、、学校の敷地外に出た途端。

「はぁ~。。。つかれた。」

なーんなの?この落差は?!ってなくらい、不機嫌に(汗)。
それから、不満タラタラ~~、半泣き状態・ぐずぐず~が続き、
しばらくしてようやく良くなってきた、と思ったら、
また学校に戻る時間がやってきて~…。

それから、また迎えに行くと、またぐずぐずが始まり…
夕方は疲れがピークってな、、、状態デス。

ま、慣れるまでは、こんな状態なんでしょうな。

彼女にとっては、ぐずぐず~の文句を言える相手は、
基本的には私だけ(だんなはイマイチ信頼度がなかったりする…)なので、
まあ、しかと受け止めてあげませう。

とはいえ、最近の彼女の口癖は、
「ママがやったー。ママがやったから、ここ痛くなっちゃった。」
「あ!いたーーーい!!!ママのせいーーー!!」

…。いらぬ濡れ衣を着せられる、可哀想な母親であります…涙。


それにしても、学校では別な顔を見せて、張り切るりすちゃん。
少し前までは、赤ちゃんだったはずなのに、もうこんなソーシャライズ
なことができるなんて、すごいんだなーー。


学校には、相当お気に入りな女の子がいるらしく、
毎日毎日その子のことばかり。

学校では何するの?と聞くと、

「絵をかくの。エシュリと一緒に。」とのお返事。

でも、ずーっと絵ばっかり書いているワケではないんでしょう?
と聞くと、

「うん。お人形で遊ぶの。りすちゃんの家もあっておうちに
来てもらうの。」

???…学校にりすちゃんの家(おもちゃの家?)があるのか?
と聞くと、

「ううん。違うよ。りすちゃんの家に、エシュリに来てもらうんだよ。
もーっと明日、来てね、っていったんだもん。」

りすちゃんの家、ってここのこと?と聞くと、

「そうよ。お人形で昨日、一緒に遊んだでしょう?」


?!?!。話の展開がイマイチ読めない私。
でも、何度聞いても、学校で何している?の話が、家で遊ぶ、
になっちゃう(笑)。
しかも、過去形+未来形すべてがごっちゃになっているので、
前の話をしているのか、これからやりたいのか、、、
さっぱり分からず…。
娘と会話のコミュニケーションに苦しむ私…汗。

未来形、過去形、といえば、私のオランダ語も、ごっちゃごっちゃで
さっぱり、、、なので、もしや、私のオランダ語のレベルも
こんなモンなのか?(←お、おそろしやーーー汗。)
こりゃ、理解不能なハズだわ…涙。


ともかく、学校生活もはじまったばかり。
これから、どんなことがあるのか…?楽しみ、楽しみです。
関連記事

文化の違い…?お金のこと

雪道をそろそろり~と自転車に乗ってオランダ語学校に行ってきた。
感覚は、スキーをする、みたいな感じで、慣れると面白い。
、、、でも。あんまり全力で走れないので、寒いのなんのって。
帰りは、がくがくぶるぶる~、寒い、寒い、寒すぎる~…
でも、こんな寒いのに、なんで雪じゃなくて雨が降っているのーーー?
状態でした…。

学校では、花火の話。
「(うちの近所の)あの家では、3000ユーロの花火を購入して、
  打ち上げたらしい…」
「たしかに、あそこ、盛大に上げてた!上げてた!」
「花火って毎年値段が上がって高いよねぇ。」


そこに、私のお隣に座っているタイから来たクラスメートも
「うーん、うちも1000ユーロ以上使ってるよ。
 今年はバケーションでいなかったから、やらなかったけど。」
と一言。


えーーーー?三千ユーロ~~~?(日本円で40万円)
100ユーロでも信じられないのに、3000ユーロ。
こいつら(←オランダ人)、ほんと、アホじゃなかろーか。
日本でいえば、ボーナス全部、花火に使っちゃいました、みたいな
ことでしょ?!

隣のタイ人クラスメートも、朝4時に起きて、トマト狩りの
パートをやって頑張っている、、、つーに、、、
1000ユーロ以上も花火に使っちゃうのかよ?!
私は、まったくもって尊敬の眼差しで(?)、彼女を眺めてしまった。

到底理解できない…文化の差ってヤツ(?!)。

今年はうちのご近所さんもけっこう豪勢に花火を上げていて…
考えてみれば、あれも軽く1000ユーロは超えているのかも…。
、、、唖然…。


お金話のついでに…。

年の終わりも差し迫ったある日。
ついに、破たんしたDSB銀行からのお金が我が家に戻ってきた。

あーーーー。良かった。

このお金とともに、我が家にも平穏が戻ってきた、、、というか(苦笑)。


DSB銀行には、私もだんなも口座を持っており、かなりの大金を
預金していた。ここ、利子が高くって、お得銀行だったのだ。

夏くらいから、DSB銀行にまつわる「良くない噂」がいくつか流れ、
だんなが心配して、「お金、下ろしたほうがいいんじゃ?」と
何回も聞いてきたのだが、私は「大丈夫、大丈夫」と
そのたびにだんなをなだめてきた。

10月上旬、ある有名消費者カウンセラーがTVで
「こんなずさんな銀行はつぶしてしまったほうがいい。皆、
お金を引き出すのだ。」てな発言をしたことから、
皆、一斉にお金を引き出し始める。

この話を聞いて、だんなは、ますます
「お金をおろしたほうが、いいんじゃなかろーか。」と
オロオロ、何度も何度も私に聞いてきたのだが。

私は、逆にその消費者カウンセラーの話に
「なに?その人。それって、風評被害に当たるんじゃない?
何さまなのよ。そのヒト!!!」…と激怒。

なんといっても、私は某大学経済学部卒。
しかも専攻は金融なのよ!!!とばかりに、

銀行は、皆がお金を下ろしたらどんな優良銀行だって潰れる。
信用で成り立っている商売なのだから、風評被害に当たる
噂は流してはならない。昭和の大恐慌は、この「取りつけ騒ぎ」で
本当の大恐慌になったのだ!!!!

と、いろいろうんちくをだんなに述べたてて、
「こうやって皆が、お金をおろしたら、本当に潰れちゃうじゃないか。
そのカウンセラーはきっと訴えられるよ。。。」と
だんなを説得したのだが。。。


なんと、1週間後、本当に銀行がつぶれてしまった…。
直接の原因は、皆がお金を引き出したから、だ。


・・・。


なーんで~~~?
私が学校で習ったことって、日本でしか通用しないのぉぉぉ?
かなりショック。つーか。本当にショックだった。
こんなんで、有名な一銀行が潰れてしまってよいものだろうか?
日本じゃ、、、ありえなーーーい…気が…ス…。

そんなこんなで。
だんなの私に対する信用も、銀行と同様、まったく不安定なものに
なってしまうしぃぃぃ~(涙)。


それから、何かニュースがあるたびに、だんなが
恨みったらしく、あれこれ述べてきて、我が家には重苦しい
雰囲気が漂っていたのだった…。

オランダでは10万ユーロまでは、預金保護されていて
我が家の大金は戻ってくるのは確実なハズなのに、
だんながあれこれ言うので、「ちゃんと私のお金、
登録されてるかな」とか、、、いらぬ不安に駆り立てられ…。
お金が戻ってくるまでは、なんだか不安な毎日だったのでした。


でも。


ようやく、、、戻ってきたーーー!


しかも、ちゃんと潰れる日までの、利子もついてるし~♪



それにしても。
この騒動。
オランダでは、正義が勝つ、というか、正しいものが勝つ、
というか…。

どんなに有名な会社でもちょっとあくどい・ずさんなことをしたら、
消費者が起ちあがり、会社をつぶしてしまうってことなんだね…。
オランダじゃ、日本の消費者金融のようなモノって…
絶対に存在しえないってことなんだろうなぁ~~と。


なんか、いろいろ学んだ出来事だったのでした。


そして。
このお金が、多くのオランダ人の家庭に年末に帰り…
もしかして、うほほーーーいい、と花火を買ってしまった家庭も
多かったんじゃないか…そんな風に思うそらなのでした。
ははは…。
関連記事

2010年はスポーツ・イヤー

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

年末・年始、どこにも行かず、家にいるヒマな我が家です。
昨日の花火は、、、前回のひとりごとを覆す内容で…
過去最高の売上高を記録したそうです。。。
この不況下、、、オランダって一体…。

やっぱり、私の考える比較は正しく、日本でお正月に
お節料理が欠かせないように、オランダでは花火が欠かせない、
てことなんだろうか。

つまり、この不況下、花火ごときに50ユーロも100ユーロも
使うオランダ人が(私には)理解できないように、オランダ人も
正月料理なんぞに1万円も2万円も費やす日本人が理解できないであろう…
そんな感じ?!

2010年は、我が家にとっては、スポーツ・イヤーになりそうです。


なんといっても今年は、
オリンピックとワールド・カップが開かれる年!!
ワールド・カップは、なんといっても、日本対オランダ、ですからねぇ。。。


それに付け加え、ヨーロッパ最大の自転車レース、

ツール・ド・フランスが我が町を通過する!!!

というビック・イベントがあります!
うーーー、どーなるんだろ、、、一瞬に通過しちゃうのかなあ~(苦笑)。


それにさらに付け加え、ヨーロッパ自転車三大レースの一つ、

ジロ・デ・イタリアもわが家からすぐの道路を横切る!!

というおまけもあります。家から見えます。この道路!!


そして、そして、そして。


オランダの気象台によると、今年の冬は寒く、
1996年以来開かれていない私にとっては幻の…
「11 steden tocht(11都市を回るスケートレース)」も
開かれる可能性が例年より高いそうな。。。

わーーー楽しみ。。。でも、寒いの、、、イヤ(苦笑)。


こんなにスポーツ・イベントが盛りだくさんの1年は、
今後もあり得ないだろう、、、ていう規模。

楽しみです。
関連記事
プロフィール

そらのくも

Author:そらのくも
オランダ生活も15年目に突入しました。

(ご案内)
オランダ情報は「そらのオランダ通信」でお届けしています。是非ご覧ください。

https://soraoranda.com/↓ ↓ ↓

photoeurope2.jpg

カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
写真のこと
当サイトで使用している写真と文章の無断転載はお断りしています。


情報
line_10.gif
line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記のお好きな画像バナーどれかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです 。

heart3.gif クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
気になる本
オランダ生活に役立つ、今、自分が欲しい本を載せています(いわゆる備忘録)。



前回載せておいたフランス菓子は買おうと思ったら絶版になっていた。。。うそ~…!絶版になるのが早すぎる。今度こそ…。

ブログキーワード別カテゴリー

オランダ お出かけ 街並み 子ども ヨーロッパ 旅行 ハンドメイド ガーデニング カフェ ミュージアム 洋服 ショップ ソーイング本 自転車 子育て 教育 学校 オランダの話題 庭園 ロッテルダム カメラ ニュース レストラン オランダの食材 日本語教育 スーパー 国際結婚 おうちのできごと 

ブログ記事カテゴリー
最近のコメント
メールフォーム
ご訪問ありがとうございます♪♪
ブログ・HPの感想はこちらまで↓

mail-pen2.gif
ブログ内検索
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数: 現在の閲覧者数:
Flag Counter
月別アーカイブ