習慣とDNA

あっという間にりすちゃんの1週間の秋休みが終わってしまった。


週末は天気が悪くどこにも出かけられなかったけれど、
りすちゃんは従兄弟のお家にご招待されて、パンケーキを食べにいってきた。

パンケーキ…と聞くと、普通の日本人であれば、お昼御飯を食べに
行ってきたのかなー?と思われると思うが、そうではない。夕食である。
実は、このパンケーキ夕食は、私がオランダに来て、一番最初に驚いた
カルチャーショック事件であった。

パンケーキを夕食に食べる、ってこと自体もちょっとオドロキだけど、
その夕食がパンケーキのみしかない…っていうのがショックだった。
大の大人6人が、お皿に何十枚も盛られたパンケーキを一枚一枚取って
食べる、、、。しかも、最初の一枚のみハムとチーズ入りで後は
何も入っていないシンプルなパンケーキ…。


これって…なーんの栄養もはいってないじゃーーーん…。
朝もパン、昼もパン、夜もパンケーキじゃ、
コイツラ…どこで栄養取るんだよ~~~!!
(←私の心の叫び(苦笑))。


だんなの母親はたびたびこのメニューを取り上げていたので、
きっとムスメであるだんなの妹もよくこのメニューを出すんだろう、、、。
それでりすちゃんもお呼ばれされた、ってなワケ。

しかし、この妹一家がいったい何を食べているのか、、、私には
よく分からない。いやー、よく理解できないっていうのが正しい言い方。
たしか土曜日は毎週パタット(フレンチポテト)だ、って
いってたけど、これってパタットだけ、てことなんだろうか。
だんなに念のために確認したけれど、そのようだ、と言っていた。
りすちゃんが、週末お泊りに行ったこともあるので、彼女にも
何を食べたか聞いてみたが、ポテトだけだった、って言っていた。


え…本当にポテトだけ?!…汗


そんなハズはないだろう、他に何かあるハズだ…。
お肉とか、野菜の付け合わせとか。実際に見てみるまでは、
信じまい、、、。そんな風に思うけれど、実際にお呼ばれされて、
フライド・ポテトしか出てこなかった際には、
カルチャーショック第二波がやってきそうである。


ちなみに、我が家の夕食は。
日本人スタンダードか若干それに近い夕食。
毎日野菜たっぷりのスープがあって、メインとご飯(またはポテト)、
たまにプラス野菜の付け合わせのような副食がつくって感じ。
まあ、スープとパスタっていう日も多いけどネ。

お昼も朝も手抜きなので、夕食くらいきちんと食べないと、
完全なる栄養不足・野菜不足だろう?!って思ってしまう私は
やっぱり日本人だと思う、、、。

よく、ヨーロッパにやってくる日本人観光客の方のコメントで、
朝食に野菜がないので野菜不足になってしまう、、、てなコメントを
本当にあちこちで見かけるけれど、こういうコメントを
見るといつもつぶやいてしまう。。。


いやー、朝、野菜がないのは、当たり前なんですぅ~…汗。
オランダ人は日本人みたいにたくさんの種類を一日に食べないんですぅ~!


ちなみに、別の日、妹家族に本日の夕飯を聞いたところ、
帰ってきた答えは「ブロッコリー」であった…。
まさか本当にブロッコリーだけ、ってことはないと思うけれど、
(そうだとしたら、ショックで泡吹いて倒れちゃう、、、苦笑)
きっと、ポテトとブロッコリー、そしてもしかしたら、
小さなミートボールのような付け合わせが付いているのかもしれない。
ブロッコリーはきっと、湯がいただけ、のイギリス式であって、
オイスター炒め、とか、そんな洒落たもんではないのであろう。
しかし、日本でも、ブロッコリーはメジャーな食材であるけれど、
今晩の夕飯なに?と言われて、メインに「ブロッコリー」が
挙げられることって、滅多にないんじゃないだろうか?!


--------------------------------------------------------------


りすちゃんは、パスタは好きだけれど、純粋なポテトはあまり
好きではないらしく、ポテトの日が続くと…
「ゴハンはないの~~?!」とご飯を催促してくる。

これってよく食べる習慣のせいかな、と思っていたけれど、
昔同僚だった日本人の方が、
「やっぱり日本人の血が流れてる、DNAの力だね~」
と言っていた。

DNAとは大げさな、、、と思っていたけど、最近はやっぱりDNA
なのかも?!と思うコトが多い。日本食の味は、初めての
ものでも、比較的すーーっと口に入っていく。
日本人の血が入ったりすちゃんのお友達も、皆、そんな感じ
なので、皆、やっぱり日本人のDNAが流れているんだな、と思う。


また、我が家ではパンケーキの夕食っていうことはありえず、
パンケーキを食べるとしたらお昼御飯である。
なので、りすちゃんは、パンケーキを食べにおいで、
と言われて、お昼に行くのだと勘違いしていた。
「いついくの~?!パンケーキ?!まだ?」と何度も聞き、
3時にようやくお迎えが来て、喜んで出かけて行った。


…が、やっぱり、パンケーキを夕飯だ、とは思わなかったようで
家に帰ってきてから、私たちが夕飯を食べているのを見て、
「うわー、スープとご飯かーー、もうお腹いっぱいで入らないよぉ~」
と、興奮していた。

…いや、あんた、もう夕ご飯食べてきたんだから、食べなくても
いいんだよ、、、(汗)、というと、あ、そうか、なんて
言ってたけど、あんまり分かっていないようであった。


これは「習慣」ってヤツ。


こうやってりすちゃんはDNAと習慣でしっかりと日本の食文化を
受け継いでいるんですな!!!


、、、と、かっこよく言いたいところだけど、
ワタクシ、お寿司の太巻きさえうまく巻けないし、
てんぷらを揚げたこともない。
いや、揚げ物をやったことがない、が正解かも、、、(汗)。
つまり、とんかつとか、コロッケとか、唐揚げとか、、、ね。
お魚も下ろせないしさ~。言いだすと「恥」の山!!!


やっぱ、これじゃぁ、ダメだ。
日本の味をちゃんと伝承しなくちゃ。
(私も美味しい日本食を自宅で食べたい…)
そんな風に思って、現在、丁寧な基本が載っている
和食レシピ本を物色中。


この本、お薦めよ~、という本をご存じの方いらっしゃいましたら、
是非教えてください!!!
関連記事

デンハーグ・通信ミュージアム

fotoanderland.jpg

ワタシよ、ワタシ、私はどこにいるか、分かる~?!



週末は天気が良かったのだけれども、寒い!!
なんと最低気温はマイナス1度の予想になっていて…
げっ?!もうマイナス気温なの?!…びっくりです。

今週はりすちゃんが秋休み。
せっかくの休みだし、子供にとって何か楽しいコトを
やらなくちゃ、、、というわけで、
週末はまたまたちょこっとお出かけ。


せっかく出かけるのであれば、、、
手持ちのミュージアムカードを使える場所にでかけたいもの。
あ、ミュージアムカードとは…オランダの多くの
ミュージアムに無料で入ることができるカードです。
40ユーロ程を払えば、一年間このカードが有効で、
たくさんのミュージアムに入り放題!!!
とっても便利なカードなんです。

もちろん、観光客に人気のあるゴッホ・ミュージアムや
マウリッツハウスにも入ることができます。
この10月からは、あの「アンネ・フランク・ハウス」も
入場可能となりました!!


ともかく、、、便利。


、、、だけど、何年もオランダに住んでいるモノにとっては…
気がつくと「あれ?もう1年経っちゃうじゃん!!
だけど、ミュージアムカード、まだ全然使ってない~~
モトが取れないよ、このままじゃぁぁぁ~~」
なんてコトになりかねません。
実は、私も一時、全然モトが取れないため、カード作成を
中断していたコトがありました(汗)。


…今年もアブナイ(笑)。
私は、ちょこちょこ出かけて、ちょこちょこ使っているので
このままいけば、40ユーロ分突破できそうですが、
問題は、だんな。こちらは、このまま行くと、
「あれ~?!全然モトが取れなかった、、、」
になりかねない勢いです、、、(汗)。


そんなワケで、子供が楽しめるミュージアムをテーマに
いろいろ調べてみたところ、、、
デンハーグにある「通信ミュージアム」が子供向けらしい、
ということで、デンハーグに行ってきました。


デンハーグ・通信ミュージアム:museum voor communicatie


DSCF7063.jpg


デンハーグはすでに晩秋の趣き…。


大使館関連の建物が続くちょっと高級なストリートに
その通信ミュージアムはありました。


DSCF7065.jpg


入場手続きをして中に入ると、ちょっと暗い空間に
映像が流れていたりして、、、げっ、これはりすちゃんの
怖がる空間だ!!!と、ちょっぴり心配に。
案の定、りすちゃんも、ちょっと尻込みしていて、
このままいくと、「怖いから帰る~~」と言いかねない状況。
ミュージアムって、、、怖いのかネ~~?!


しかし、今回は、大丈夫でした。
子供の見学者がけっこう多く、好き勝手に見ていたし、
ちょうどりすちゃん好みのお店屋さんごっこができそうな
レトロな郵便屋さんを再現したコーナーがあって、
そこで遊んでいるうちに打ち解けてきたようです。。。


DSCF7066.jpg

いらっしゃいませ~、切手はいかがですか~?!


通信ミュージアムなので、昔や今の通信手段を展示しています。
たとえば、電話とか、郵便とか、コンピュータとかね。
あちこちにレトロな電話が置いてあって、実際に電話をかけると
他の電話につながるようになっていて、子供たちが、
「もしもし~、もしもし~!!」と楽しんでいました。
りすちゃんも電話が相当好きなので、、、楽しかったようですヨ。


3階、4階は完全子供コーナー。
これ、大人は入っちゃいけないって感じのコーナーです。


DSCF7067.jpg


DSCF7068.jpg

内装もカワイイです。


ここに来ると、りすちゃんは、ここは私の遊び場だ、と
思ったらしく、突如やる気満々に。


まずは、置いてある大きなカードを取って、そのカードに
名前やメールアドレスを登録します。
メールアドレス宛てに、後で、中で撮影した上記のような
写真が数枚届きます。でも、全部オランダ語なので、
オランダ語が少しでもできないと、、、ツライかなぁ?!


fotodroomland.jpg

りすちゃんはまだ小さいので、枠ギリギリ。


DSCF7069.jpg


馬車とか、ロケットとか、電話とか、マイクとか、家のドアとか、、
子供が楽しい!!と思えるものがたくさん展示されていて、
りすちゃんもぐるぐるぐるぐる空間を駆け回っていました。
まだ「今」と「昔」の違い…など重要要素が理解できてないので、
そうね、もうちょっと年上…6-8歳くらいだったら、もっと楽しいかも。
お友達同士で来れば、さらに盛り上がることでありましょう、、、!!


DSCF7070.jpg

ロケット内にて。


ミュージアムを堪能した後は、デンハーグ中心街へ。


前日、りすちゃんに私の古いデジカメをあげたので、
りすちゃんは張り切って写真を撮っています。
これぞ本当の「カメラ小僧」だ!!!(笑)


DSCF7076.jpg

けっこう本格的に被写体を選んでいて、
あっちへいったりこっちへいったり、、、。
ちゃんと歩く人・自転車に注意してもらわないと、
こっちが怖いよ~~(汗)。


ただし、写真を撮るときに手がブレまくってるので
フレーム内に撮りたい画像が綺麗に入らない問題点が…。
しかも、ずーっとカメラの電源を入れっぱなしの上に、
古いカメラときているものだから、、、
あっという間にバッテリーがなくなってしまいました(汗)。


もうこれ、充電しないと使えないよ~~と言うとガッカリ。
撮りたい被写体を見つけると、ママのカメラであれ撮って~、
走って~、走って~!!!と、走らされるハメになりました。


DSCF7078.jpg

走って撮らされた写真。
この自転車、前後に計4人の子供を乗せられる…
けっこう珍しい究極の自転車かも(笑)。
この自転車は前に子供二人乗せていましたネ。。。


DSCF7079.jpg

もう一台珍しい自転車が通ったので、
「ママ~、あれも撮って~~!!!」と、
またまた走らされたのですが…こちらは間に合わず、、、
母…途中で諦める。。。


ずっと歩いて行くと、何度も来たことがある繁華街へ。
ここで…衝撃的なシーン(←かなり大げさ)を拝見!!!


DSCF7081.jpg

来るといつも寄っていた高級大型キッチンショップが…
閉店セールをしておりました、、、汗。


ええぇぇぇ?!?!マジですかぃ?!


ここは、高級ブランドのお皿とか、キッチン用具とか
ちょっとした高級ギフト用の品々を売る店なんですが…。
何年か前に似たようなモノを取り扱うロッテルダムのお店
Jungerhausが潰れてしまって、その後に安物ショップ、
ゼノスとブロッカーがOPENしたとき、、、かなりショックで、
そこを通るたびに、はぁぁぁ、とため息をついていた
ものですが…女王のおひざ元、大使館が立ち並ぶ
高級な町デンハーグでも、、、潰れてしまうのですかぃぃぃ?!


これは、ショックです。本当にショックです。
オランダってば、、、キッチン用具にお金をかけない
国ってことの証なんでしょうかね~~(苦笑)。
でも、こういうお店、ちょっとしたお祝いとかに、
絶対に必要だと思うんですが!!!


DSCF7080.jpg

ゴージャスな内部も見収めかも、、、(涙)。


しばらく、何か欲しいモノはあるかな、、、と思いつつ
ぶらぶら歩いていたのですが、そこに「圧力鍋」を発見!!
あっ!!私の合格祝いに買ってもらえる予定の鍋だ~!
まだまだ買う予定はなかったので、実際にどれにする、
てなことを具体的に考えていなかったのですが、
閉店セールです、、、売り切れ御免です、、、。


突如、だんなと私は、どうする、どうするべーーー!と
悩みだし、結局、衝動買いのように買ってしまいました(苦笑)!
少し前のブログで、置くところないから、まだまだ
買わない~~とか言ってたのに、、、衝動買い!!
ははははは…。


このお店で、閉店時間までのほとんどの時間を過ごして
しまったので、後は急ぎ足。りすちゃんが、アイス
食べる~~、というので、アイスを買って…
ちらほらウィンドーショッピングをしてオシマイ。
それにしても、、、この寒いのに、よくアイスなんか
食べる気分になるわね(汗)。
しかも、この子、雨カッパしか着てないし、、、。
寒くないんかい?!?!


DSCF7082.jpg

パッサージュ内にて
アイスを持ってご機嫌のりすちゃん。


こんな調子に、なかなか充実した一日でした。
私の体調も、かなり良かったし、、、。
この調子ならば、またまたどっか行けるゾ!!!
次はどこに行こうかな~~。
関連記事

時間の止まったお屋敷へ

来週、この地方は秋休みで、りすちゃんの学校がお休みです。
本来ならば、この時期は日本に行っていたハズ…なのに、
体調不良で行けなくなってしまったため、せめて国内週末旅行でも
しよっか!と、予約をしました。


と・こ・ろ・が。


予約した突如、精神的にちょっと不安定になってしまい、即キャンセル。


あーーー、、、。二日間ほど、どんより落ち込みましたっっ。
わたしゃ、日本に行けないだけでなく、週末旅行も行けないのか、、、って。


焦る必要ないよ、って思うけど、ひたひたと忍び寄る冬の足音を前にすると
今のうちに、どっか行っておかなければ、、、って何故か焦っちゃうんですよね。
オランダでは、10月が終わると、多くの屋外施設や一部のミュージアムが
閉まってしまうため、その前に、どこかへ!!!!てな感じにサ。


ま、1ヶ月前は、どっこも行く気がしなかったので、そう考えると、
行きたいと思う分、ずいぶん前進してはいるんですが、、、。
(でも、まだ、薬、、、足りない気がする…。)


まあ、そんな感じに二日間、落ち込みましたが、
三日目には立ち直りました。
「泊まりはダメでも、日帰りがあるサ!!!」
なんか、自分自身、執念感じるわぁ。。。(笑)


そんな中、お天気も久方ぶりに、快晴な秋晴れになったので
週末ちょこっとお出かけしてきました。


行き先はゴーダの郊外。
普通、皆さん、ゴーダの旧市街に行かれるんで、こんなとこ
行かれないと思います、、、ハイ(笑)。
本当は、自転車で行くことを計画していたんですが、
今は自転車に乗ると、ものすごく疲れてしまうので、
ちょっとルートを変更して、ワンダレン(歩き)にしました。


DSCF7035.jpg

Goudse Houtと呼ばれるエリア。
まあ、オランダでは、よくある緑のエリア。


DSCF7038.jpg


お目当ては、跳ね橋の前のレストラン・カフェ。


DSCF7039.jpg


とってもステキな雰囲気のカフェ。


…だったけど、お食事はイマイチ。
値段が高いし(こんなモノにこの値段ーーー?って感じ…汗)、
お皿が小さくてすぐこぼれるし、
だんなの頼んだスープは、私が作るスープのほうが
よっぽど美味しいって言うし…(苦笑)。
ここでは、食べるより、ゆっくりお茶するくらいがいいのかも(汗)。


レストラン・カフェ: Het Vaantje


DSCF7040.jpg


りすちゃんは大喜びだったけどネ。


このカフェの先は、Reeuwijkse Plassenという大きな湖(沼?)
があって、絶好のサイクリング・ワンダレン場所になってます。
天気の良いこの日は、さすがに、ものすごく混んでました。
夏は海水浴(って海じゃないか、、、)もできるようです。
ヨットもたくさん出てました。


DSCF7043.jpg

帆を張って、湖にでる準備をする船たち。


ヨットスクールもあって、たくさんの自転車が止まっていました。
皆、すでに湖に繰り出しているんだな、、、きっと。


DSCF7045.jpg


ヨットスクールの前のカラフルな船たち。


歩いていると、本当に気持ち良くって、見る風景も美しくって、
ああ、オランダっていいところだな(天気さえよければ…!!!!)
って、何度も思いましたね。いっつも思うけどね。


その後、ゴーダ郊外にあるハーストレヒト(Haastrecht)という村へ。


DSCF7047.jpg


跳ね橋のある小さな村。


ここでのお目当ては、古いお屋敷を公開しているミュージアムです。
ここ、オープン期間が4月15日から10月15日までで、
そんなワケで、わたしゃ、焦っていたワケです…(笑)。


お屋敷ミュージアム: Museum Bisdom van Vliet


写真、外観を撮ろうと思いましたが、全壁面工事中だったので、辞めました。
、、、というか、着いた瞬間、げっ?!やってない?!と思ったくらい
すごい状態でした。。。が、OPENしてました。


ベルを鳴らすと、鍵ががちゃがちゃ開いて、お屋敷の中へ招かれました。


中に入った瞬間、懐かしい匂いがしました。
昔のおばあちゃん家の匂い、古いお家の匂い。
ああ、この匂いって…世界共通なのか、、、。


りすちゃんは、すぐに恐れをなして、いやだ、行きたくない、
といいました。暗くて大きなお屋敷、、、古いモノが陳列する
家具…。そして古い匂い。子供はこういうの、怖いんですよねー。
私も記憶がありマス。


ここは、20世紀の初めまで住んでいらしたリッチな家族のお屋敷。
このお屋敷の女主・ポウリナ・ビスドム・ファン・フリット
には子供がおらず、遺産相続者がいなかったため、
「私が死んだら、この状態のまま、ミュージアムとして公開
して欲しい」と、村に寄贈したため、現在ミュージアムとして
公開されています。彼女の遺言「この状態のまま」…が、
キチンと受け継がれ、中に入った途端に、どよおんとした
空気が…まるで、寄贈された1923年(日本でいうと関東大震災の年)
にタイムスリップしたような気分になります。


リッチなお屋敷…とは、本当で、大量の中国の陶磁器やら、
ガラス細工、マイセン焼…が、がっさごっそとありました。
日本の伊万里も積み上げられてました、、、(!!)。
オランダでは2台しかないというスイスの置時計は、
今も素敵な音楽を奏でました。チクタクとあちこちから
聞こえる時計の針の音…こういうのも、昔のおばあちゃん家を
思い起こさせるなあ~…。


りすちゃんが、トイレー、というので、トイレにも行きましたが、
トイレも超レトロでした。りすちゃん、、、怖い!!と言って
お尻を抑えながらも、なかなか入れなかったくらい、、、苦笑。


このお屋敷の見学者は、さすがにいかにも観光客、という
人たちではなく、いったい何の団体か?というような
着飾った服を着た団体さんとか、、、ミュージアムカードの
つわものって感じの人とか…が、ちらほら程度でした。
私たちが一番アヤシイ田舎モノ、、、(笑)。
たぶん、セキュリティーなんかも他のミュージアムに比べると
しっかりしていないでしょうから、あまり有名になっても
困るのかも。


とにかく、ひっそりと。そして、古い空気が漂うまったり感。
なんか、別の世界を旅した気分になりました。
行って良かったです。


帰りは、ゴーダの旧市街はスルーして、そのまま駅へ。
その日は、特別に蒸気機関車を走らせる日だったらしく、
たくさんの人が蒸気機関車に乗って、どこかへ行って
帰ってきました。


DSCF7050.jpg

車内から撮ったので、窓が少し反射していますが。


1923年のまま止まったお屋敷に、蒸気機関車。
なんだかレトロな一日だったなあ。


オランダは小さいし、見どころなんてあんまりない、
と思いつつ、出かけてみると、やっぱり面白い発見がある!
…そんな風に思った一日でした。
関連記事

オランダ語 ディプロマ・ゲット!

先日、ロッテルダムにオランダ語のディプロマを取りに行ってきました~。

ついにゲット!
おめでとう…ワタシ!!!


5月にコンピュータテストに合格し、8月に口頭テストに合格。
全部順調に行って、ちゃんと1年の定められた期間内に終わりました。
結局、学校に通ったのは、5か月くらい?!かなぁ~…。


わざわざディプロマをロッテルダムまで取りに来い、という案内を貰い、
げげ、面倒くさいなぁぁぁ、と思いつつ、りすちゃんを連れて
ロッテルダムまで行ってきました。

りすちゃんは「ママがディプロマを貰いにいく」と聞くと、大喜び(…?)。
子供ってなんだかディプロマが好きなんですよねー。
(あ、こっちのディプロマは「表彰状」「資格獲得」「(学校)卒業」
などの意味で使われます…。)

その日は学校で、他の子供に「僕の家に遊びに来る~?」と言われたのですが、
「あ、ごめんねー。今日はね、ママがね、ディプロマ(強調)を貰うから
ロッテルダムまで行かなきゃいけないの!!!」と大げさに話してました。


…母は、なんだか恥ずかしい…。


りすちゃんの中では、ディプロマを貰う=もやもやの想像(たぶん、
小学校で全校生徒の前で校長先生から表彰状を貰うっていうイメージ?)
があって、楽しみにしていったんでしょうねーー。


しかし、実際は…。
そんなもんはあるわけなく、試験を受けた会場に貰いにいくだけ。
その時間は試験も終わっていて、がらーーーんと暗い試験場…。
りすちゃんの想像とはかなり違っていたようで、
「ここは誰もいないね。暗いし。もう夜なの?!…家に帰りたいよ」
と、急に暗ーい感じになってしまいました、、、(汗)。
おめでたい気分もぶっとぶトーンダウンだよ、、、(涙)。


=================================


頑張ったご褒美にだんながプレゼントを買ってくれる、という。
最近欲しい、といっていたものは、圧力鍋で、候補は圧力鍋
なんだけど、最近、私は「捨てなきゃ病」になっていて、
そんな大きいモノを家に入れるのであれば、、、まずは何かを
捨てなければ…(少なくとも整理整頓してからでなければ…)
と、家をガサガサ、ゴソゴソ。

いや、、、捨てなきゃ病で、がーーんがん捨てられれば、
今頃家は、「綺麗さっぱり!!!素敵なお家」になってるんでしょうが、
まったくもって、優柔不断で、捨てる決心がつかないので、
一日膨大な時間を費やしても、見た目なんら変わらないという…涙。


こちらに来てから8年、夫婦で何も考えず、買いまくったからなー。
スペースが足りなくなると、新しい家具を買って、そこに
入れる、、、という繰り返し。家がお城みたいに大きければ、
いくらでもスペースもあるんでしょうが、今やどこも飽和状態!!
しょえーーーー。


そんなワケで、実際に圧力なべを買ってもらうのは、クリスマス
くらいになるんじゃないでしょうか…(苦笑)。



=================================


オランダの緊縮財政問題は、先日もブログでつぶやきましたが…
今はまだ緊縮になっていないらしく、なーーーんと、ディプロマ獲得で
お金まで貰ってしまった!!!その金額、3万円ほど♪♪

いや、、、私の最初の見解では、最初にお金を払い、合格したらそのお金を
返してもらえる、ということだったんですが、お金、、、結局
一度も払わなかったんですよね。なのに貰えるという連絡だけ来た…!!


いいのかねぇ。税金で、外国人にこんなお金ばらまいて…。
だから極右派が急進するんじゃねーか、、、と、内心ヒヤヒヤですが、
自分がお金を貰えるとなると、話は別(笑)。


フフフ~、何に使おうかなーーー3万円!!!
このお金は、私へのご褒美のお金だしなあ。
圧力なべは買ってもらえることになりそうだし、
なんか別なモノ…?!


、、、あ。いやいや。
私は「捨てなきゃ病」なのだった…。


なんか。
この調子じゃ、永遠に「綺麗さっぱり!!!素敵なお家」は
やってこない気がする(苦笑)。
関連記事

のどかな日曜日の午後

毎日天気が目まぐるしく変わる今日この頃。
お陰で(?)、りすちゃんは、この2週間で2度も
風邪をひいてしまった、、、。
本人は、「暑いよー」と言ったり「おー寒い」と言ったり…
その反応は目まぐるしく変化するのだけれども、
実際、本人がどう感じているのかが分からない。。。
よって、、、寒くても暑くても、着る服はいつも同じ(汗)。
その結果、風邪?につながっているのかも、、、。


DSCF7014.jpg


先日、ステップを買った。


ステップは3歳のとき、自転車は4歳の誕生日で、と私の中では
思っていたので相当遅れている計算になる。
ちなみに自転車もまだ購入していない、、、(汗)。


ステップは小さい子でもやっているので、
購入前、今さらステップ?!っていう気もしたけど、
売っている商品の対象年齢を見れば、4-10歳となっている。
たしかに近所でも、りすちゃんよりもずっと大きい女の子たちが
ステップに乗っているので、まあ、まだまだ遊べるかもしれない、
と言うワケで、先週、(ようやく)買ってみた。


本人は大はしゃぎ。
学校にステップで行くんだ~、とパパと学校へ行くことになった。
ステップだったら、歩くより早いから、余裕で学校に間に合うね、
と言うと、本人も、そうだ、そうだね、だからまだ遊んでいても
大丈夫、と余裕綽々。


そんなわけで、いつも遅いスタートがさらに遅くなってしまった。
あちゃ、余計なひと言だったかしらん?


どんな様子だろう、と、二階の窓から覗いていると、
やれ、ここは車が来るからアブナイ、あっちの歩道でやろう、
やれ、はじめる前に、どっちの足を乗せるか試してみよう、
やれ、ここはでこぼこしているから、手で持って移動しなければ、
やれ、、、後ろを振り返れば、ママが窓から見てるから
ばいばいをしよう、、、

と、そんな調子で、結局、私の視界から消えるまで、
5分くらいを要した。
家を出たのが、学校が始まる7分前くらい。
、、、てことは、、、完全に遅刻じゃないかぁ~~!!!


結局、その日は、朝も昼も遅刻であった、、、(汗)。


週末の日曜日は、少し天気が回復したので、一緒に散歩へ。
私のほうも、ずいぶん体調が向上して、辛い、、、と思う
時間がほとんどなくなってきた…けれども、自転車のように息が上がる
スポーツはやはりまだまだ、ぐてっとしてしまうようで、
軽いストレッチと散歩くらいがちょうど良いのだ。


家の周りの歩道や道路は、どうもでこぼこ道でステップもガタガタ
うるさいが、少し行った先にある農道は、アスファルトの道だし、
車もほとんど通らないからステップを練習するにはちょうど良い。


DSCF7010.jpg


だんだん速く進めるようになってきたゾ。


…だけど、なんでも慎重なりすちゃん。
遠くにワンちゃんを見つければ、「あ、犬が来た」と完全に硬直。
犬が無事通過するまで、ステップでスイスイ進むどころではナイ。
前方に水たまりを見つけると、「あ、水たま(り)だ。
どっちから行こうか、どうしようか。」とママが先に行くまで、
ストップしたまま。
ちょっと道が汚れていたりすると、「あ、汚い。ステップを
持っていかなくっちゃ」と、ステップを一生懸命持ち上げて歩く。


なんだか、本当に慎重だナ。


DSCF7012.jpg


私のほうも、のんびり外を歩くのは久しぶり、、、で
やっぱり外を歩くといい気分転換になるなぁ、と
気持ちよく散歩を楽しむ。

犬と遊ぶティーンの女の子や自転車に乗る熟年夫婦、
牧草をむさぼり食う牛やその脇でがーがー泣く
ガチョウやアヒル、、、。
見るものすべてが、のんびりしている。
あー、のどかな日曜日の午後、って感じだなあ~♪


結局、散歩は一時間くらい。
りすちゃんもずいぶん長く歩けるようになったモンだ。
ステップも最初よりもずいぶん上達して、
今週も相変わらず、学校へステップで出かけてますが、
歩いていた頃よりも早くなった気がするぞ?!
ま、、、全体的な時間を考えると、気のせいって
ヤツかもしれませんが…(苦笑)。
関連記事
プロフィール

そらのくも

Author:そらのくも
オランダ生活も15年目に突入しました。

(ご案内)
オランダ情報は「そらのオランダ通信」でお届けしています。是非ご覧ください。

https://soraoranda.com/↓ ↓ ↓

photoeurope2.jpg

カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
写真のこと
当サイトで使用している写真と文章の無断転載はお断りしています。


情報
line_10.gif
line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記のお好きな画像バナーどれかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです 。

heart3.gif クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
気になる本
オランダ生活に役立つ、今、自分が欲しい本を載せています(いわゆる備忘録)。



前回載せておいたフランス菓子は買おうと思ったら絶版になっていた。。。うそ~…!絶版になるのが早すぎる。今度こそ…。

ブログキーワード別カテゴリー

オランダ お出かけ 街並み 子ども ヨーロッパ 旅行 ハンドメイド ガーデニング カフェ ミュージアム 洋服 ショップ ソーイング本 自転車 子育て 教育 学校 オランダの話題 庭園 ロッテルダム カメラ ニュース レストラン オランダの食材 日本語教育 スーパー 国際結婚 おうちのできごと 

ブログ記事カテゴリー
最近のコメント
メールフォーム
ご訪問ありがとうございます♪♪
ブログ・HPの感想はこちらまで↓

mail-pen2.gif
ブログ内検索
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数: 現在の閲覧者数:
Flag Counter
月別アーカイブ