「cultheld」で人気の宮市亮選手

最近ひそかに「ニーハオに負けない!こんにちは普及の会」を
発足したワタシ(爆)。
あ、会員はワタシ一人ですけどネ(笑)。

オランダに住んでいると、「ニーハオ」と声をかけられることが
よくある。本当によくあるので、たぶんここに住んでいる日本人
ならば、一度や二度、もしくは住んでいる場所によっては
しょっちゅうそんな経験があることであろう、、、。

東アジア人を見ただけで、=中国人って、、、短絡思考すぎるんじゃ
ない?!と思うし、日本人なのに!!間違えられるのはイヤだわ~
思うこともよくある。実際、「あー、イヤでたまらんわ」と
おっしゃってる方もいるので、心の中でイヤだな、、、と思われている方も
いらっしゃることであろう。まあ、オランダにはたくさんの
中国人が住んでいるので、仕方がない、と思う方もいらっしゃるのかも
しれませんが。

そんなんで。

「ニーハオ!」と声をかけられたら、「こんにちは!」と言い返す、
てのが、普及の会の趣旨。ニーハオだけじゃないよ、日本人も
ここにありき、と日本人の存在を知らしめるのだ(笑)!!!

先日、ついに若い男性2人組に「ニーハオ!」と声をかけられたので、
思い切って、にっこり笑って振り返り、「こんにちは~!!」と
声をかけてみた。

…すると!!!なーーーんと。

「こんにちは…」「こんにちは?!?!」…と二人はつぶやいた後…

「アリガトーーーー!」

と言い返してきたではないか!!!すごい。びっくり!

なーんだ、日本語も知ってるんじゃーん、と嬉しくなって(?)、
「Good Job!」と親指を突き上げて二人を後にするワタシなのであった。
コンニチハの合言葉はアリガトウ。。。
ああ、良い感じじゃないのぉ~~(←浸っている)。


さて。
そんな普及の会にとって、、、頼もしい人がオランダにやってきた。
先日も書いた「宮市亮」サッカー選手である。
このヒトの記事、ほんと、連日、大きい!!大きい!!!

DSCF7572.jpg


日本で「海外でも話題になっている」と取り上げられる記事の中には
地元の新聞では、ほーーーんと小さく取り扱われている記事を
誇大表示?リップサービス?ちょっとやらせアリ?みたいな感じに
ででーーんと大きくしてしまう記事が多々ある。

たとえば、、、先日の「宮市選手のお陰でチケットの売上が伸びた」
といった記事。確かに「チケットの売り上げが伸びた」とも
「宮市選手が初めてスタジアムにお目見え」とも書いてあるけど、
「彼のお陰で」とは一言も書いてないのである。
実はその日のチケットはオール19ユーロと格安に設定されており、
観客の多くは、安いからスタジアムにやってきた、てのが
正直なところであろう。まあ、観客一人ひとりが理由を述べるワケでは
ないので、本当のところは分からないのであるが…。
いくらかの人は彼を見たくてやってきたのかもしれないし。
でも、、、ねぇ。どうだろう。

こういう記事を見ると、私は、けっこうゲンナリしてしまう。
ウソっぽいなあ~、、、ここまで誇大にして良いの???って。
それを読むと、日本国内の人は皆、喜ぶんだろうけど、、、
でも、それで良いのか?!ってね。

まあ、そんな感じにちょっとリップサービス気味に日本に
伝えられているんだけれども、でも、記事が大きいのは本当である。
そしてどれもべた褒めなのも本当である。
私なんぞは、ちょっとびっくり。
確かに来たばっかりでゴールも決めたケド、、、。
でも、なんでだろう???

新聞の記者によると、彼は「cultheld」でオランダのファン
の間で人気が沸騰中なのだという。
「cultheld」ってナニ???

だんなに聞いてみたが…だんなも「ううううーーーーん?」のお答え。
な、なんやねん。どうもすっきりする言葉ではなく、
英語ですぱっと他の単語が出てくるワケではないらしい。
それでも、文章を読むと、、、

「新鮮」「他とは違う」ってコトかなあ、との事。

- 「とにかく今、この場所にいられるのが幸せ」
- 「まだ僕は高校生で未成年だから勝利の祝いのシャンパンは
飲めませんよ」
(礼儀正しくファンにお礼して)
- 「こうやってファンに声援を受けるのは、マンガや
テレビでしか見たことがない。とてもうれしい。」
- 「まだまだ私のサッカーは未熟です」

etc.のコメントが、他の選手にはない「新鮮」な存在らしいのだ。
まあ、あのハンカチ王子さん(斎藤佑樹さん)が、誠実・
礼儀正しいと人気を得たようなのと、一種同じってことなのかな。
他とは違う「光る何か」を持っているってコト。

まあ、あとは…フェイエノールトファンの大嫌いなアヤックスを
蹴って、アーセナルに行ったってのも、、、彼らの満足感を
大いに与えるものらしいけどーーー(汗)。
本当に仲が悪いからね。彼らは。

ともかく「金の卵」を我々が守らねば!みたいな、意見があって
なんだか面白い。そして、それが日本人ってのが、、、
やっぱりうれしいじゃないですか!!!
礼儀正しい日本人がオランダ人に広く知られる、てのが
これまたうれしい。。。

今日のコラムはやっぱり彼のコトについて、で。
「彼が英語もオランダ語も知らないのは幸いだ。おかげで、今、
フェイエノールト内がどんなにゴタゴタしているか、彼は知らない
のだから。この騒動とチームの凋落によって、各選手自身が
ファンの批判にさらされ、自信を失った選手たちは自分の能力を
発揮することもできないし、良いチームを作り上げていくことも
できない。そんな中、言葉の分からない「卵からかえったばかりの
ひよこ(←宮市選手)」は今、少年のようにキラキラした目を輝かせて、
「サッカーが楽しい!」とプレイしている。
今、フェイエノールトに必要なのは、まさにこのような選手である。」


ともかくも、低迷中でフロントもゴタゴタし続けているフェイエ。
今後も、先日のようにうまくいけばよいが、もしそうでなかった場合、
彼の「cultheld」な人気も、すぐに吹っ飛んでしまう…
まだまだそんな危うさがあるであろう。そして、それは、
彼自身がアーセナルに行って活躍できる日が遠のくという
ことでもある。

ともかく、一戦一戦、頑張って欲しいな。本当に。
心から応援するよ!!
…と、気がつけば、私も、すっかり彼のファンになっている。
チームは、フェイエより、アヤックス、だけどね(笑)。
関連記事

ハッピー・バレンタインデーを前に…

DSC_0074.jpg


今年もりすちゃんの学校では、バレンタイン・ディスコが
行われました。

昨年は、大好きな女の子をひたすら追いかけていたりすちゃん
ですが、今年は…みんなで踊って楽しんだようです。
、、、ガールズ中心だったようですが(笑)。

まだ小さいのに…みんな、綺麗に着飾って…
なんか、すでに将来がどんな感じかにじみ出てますね。
みんな、大人だなぁ~…ため息。
りすちゃんは、かなり「女っ気」がない部類な気がしますが(笑)。
(←母親に似たのか?!)


さて。
バレンタインを前に、パパ兼だんなにチョコレートを贈ることに
した私たち(ワタシ&りすちゃん)。

パパにはナイショね!と言ったのに。
「パパ、あのね、パパには内緒だから、関係ないんだけどネ。
もしかしたら…パパ、バレンタインデーに何か貰えるかも
しれないよ。もしかしたら…ハートのチョコレートかも
しれないよ。」

…って。
あんた、全部、しゃべってんじゃ~ん。。。汗
子供に内緒話はムリってヤツですな~~(苦笑)。

そして、実際に買いに行きました。
Jaminっていう、いわゆるお菓子類がいっぱいのお店です。
目の前にモチが山積みとなっているお店で…
冷静に「パパへの贈物はぁ…」なんて考えられる年齢な
ワケがありません。

「ねえ、パパのじゃなくてぇ、私のお菓子が欲しい!!」

…。
最初の約束がぁぁぁ…。

「今日は、パパへのプレゼントを買いに来たんでしょ。」
「それじゃ、パパのとりすちゃんのと両方買おうよ。」

…。
ダメだ、こりゃぁ~。。。

仕方ないので、
「ママはりすちゃんの分は買わないよ。でも、パパにプレゼント
あげるから、パパもりすちゃんに頂戴、って言ってみたら?」
と、言ってみました。だんなに丸投げの発言だけど…(苦笑)。
でも、りすちゃんもそれで納得した様子。

結局、それは自分が貰うんでしょ、てな、大きなハートのペロペロ・
キャンディがついたギフトセットを選びました。

家に帰って、さっそくパパに報告するりすちゃん。
「パパにプレゼント買ったよ。だからパパも私にプレゼントしてね。」

それを聞いたパパは、
「僕が好きだから、プレゼントあげるってワケじゃないんだね。。。」
と、少々がっかりしていました。
せっかくのバレンタインデーギフトだというのに、、、なんか…
逆効果だったかも(苦笑)?!

バレンタインデー本番(?)は、今年は月曜日。
うーーーん、何かやるには、微妙な曜日だけれども。。。
皆さんは何か予定がありますか?

楽しいハッピーバレンタインデーになりますように!!!
関連記事

デルフト焼きを求めて…

DSCF7551.jpg

デルフトのデルフト焼きの職人さん


ロッテ育児会でお世話になっているお友達オカッピちゃんに
赤ちゃんが生まれる、ということで、デルフト焼のベイビープレートを
贈ることになり、ここ最近は、「ベイビープレート探し」に
必死になっておりました。。。

最初は、ベイビープレート、といえば…記憶アリ!!と、、、
今はパリに行ってしまったお友達のmakisukeさんにまで
連絡取ったりしたんですが、、、(その節はありがとう~)。

結局オカッピちゃんが、デルフト焼ベイビータイルが良い、と
デルフトのお店も指定してきたのでそのお店に頼もうか、
ということになったのだけれど、このお店が…(汗)。
電話をしても出ない、別のお友達がデルフトまで見に行っても
OPENしていない、、、ということで、先週私もデルフトに
行って、やっているのか?確認してみることになりました~~。

その日は、なんと運よくOPEN!!

…って。デルフトのマルクトのど真ん中にあるんだから、
毎日OPENしてよ!って感じなんですけど~…(汗)。
今の時期は、閑散期なので毎日OPENしてないんだそうです。
呑気ね~、オランダのお店って…。

そのお店は単なるデルフト焼きのお店、ではなく、「アトリエ兼お店」
なので置いてある商品が全部オリジナルでした~。ステキ!!!

DSCF7548.jpg

撮らせてもらった写真…こちらは75ユーロのプレート
他に95ユーロで丸型の大きいプレートもあるそうです。


DSCF7549.jpg

こちらは英語バージョンのベイビータイル55ユーロ


結局、この日は写真だけ撮らせてもらって退散…。
あ、そうそう。下調べに行っただけ、のつもりが、
「Sale」の文字に惹かれて…ついつい私まで
デルフトタイルを購入してしまいました~~汗。
なにやってんだか、、、。


DSCF7555.jpg

冬のシーン。
ひょうひょうと歩いているお兄さんたちに惹かれた…。

このあと、別のお店も覗いたりしましたが、
やっぱり手書きのお店を見た後に、普通のお店を見ると…
工場大量生産…って感じが否めず、どーにも…安っぽく見える!


その日はお友達Qさんとお出かけ、だったので、
デルフトといえば!の、デルフト名物カフェに行って、
やれ日本の年金制度がどーした、年金運用が間違っておる!etc.
延々とおしゃべりを続けました~(笑)。


DSCF7554.jpg

デルフトと言えば…Kleyweg's Stads Koffyhuis!!
私は久しぶりにココに出かけました。
入るなり「あなたたち、ここはステキなカフェなのよ~」と
ニコニコした品のよさげなおばさんに声をかけられました。
いっつもすごい混んでます。

でも、この日、私たちがオーダーしたランチはどちらも、
うーーーん、イマイチ?って感じだったんですけど~~。
期待が高すぎた?!

その後、デルフト市内でショッピング。
私は、デルフトの靴下屋さんで、健康靴下(?)を購入!
カラフルでちょっと可愛い。

DSCF7557.jpg


さて。
デルフト焼きの話題に戻りますが…
コンピュータでいろいろ調べてみると、出てくる、出てくる、
ザックザク!!、、、というほどじゃないんですけど…(苦笑)。


これから記念にオーダーしてみたい、という方のために、
こんなんありましたよ~、とご紹介しておきます。


アムステルダムのアトリエ:'t Spinnewiel
Pdfファイルでお店のパンフレットも見られます→ コチラ

電話で予約を取り付ければ、訪問も可能だとのこと。
かなり気になったこのお店。アムステルダムじゃなきゃねぇ~…。
ちなみにお値段は、タイルが35ユーロ、お皿が65ユーロ。
結婚記念プレートもステキですネ。


こちらはオランダの東、トウェンテ(GOOR)にあるベイビータイル
専門のお店:Geboortetegel
ベイビー・タイルのページ:ベイビータイル

こちらも電話予約で訪問可能だとのこと。
ともかくも種類がたくさんあって、、、値段がお安いのが魅力的。
タイルが22.5ユーロ、お皿が35ユーロ也。


そして、調べていけばいくほど…。
びっくりな事実が!!!

なんと、我が家の駐車場を挟んだ向こう側の道路沿いでも
デルフト焼きをやっているアーティストさんがいました、、、汗。
世の中…意外と身近にいろんなものがある?

あと、我が町の隣の村には、どうやらデルフト焼の工場もあるらしく、
その関係でアーティストさんがやっぱりいました。
こちらが、またまたかなり気になる可愛い絵柄のタイルを
提供しているらしく、、、今度、見に行ってみたいな、と
思いました。。。って、見に行ってどうするんだ、って
感じなんですけど~~(苦笑)。
こちらはお値段がタイル20ユーロで、、、どんどん安くなってきた(笑)。


面白いのが相談していた3人が3人とも「(自分にも)欲しいね~」
っていう話しになってしまったコト(笑)。
やっぱり人を惹きつける魅力があるようです。。。
我が家のりすちゃんも、すでに5歳だけど、、、
今さらながら作ってみるかな?どーする?!どーする?!
関連記事

節分

DSCF7538.jpg

私が鬼でござる!!!


珍しく(?)りすちゃんが熱を出してしまった、、、(涙)。
明日は学校には行けないと思う。
学校は、外遊びがあるからね~、風邪っぴきには辛いと思うんだ。
本人は涙流して、悲しんでるけど…。

外遊び、といえば、最近、近所の子供たち(かなり大きい子)が
りすちゃんを誘いに来るの。困っちゃうなぁ~。。。
大きい子たちだから自転車乗りまわしているし、りすちゃんも
一緒にステップでついて行っちゃうし…。
そろそろ外遊びもいいかな、て思うけど、姿が見えなくなっちゃう
のは正直怖い!!断ると、「なんで?」と言われるし、
後でまたね、ていうと、本当にきちっと30分後にまた来ちゃうし(汗)。
そんな大きな子とりすちゃんじゃ、遊んでも面白くないんじゃない?
って思うんだけど、、、何してるのかな~~?!
とりあえず、明日は、「風邪引いたから遊べない!」と
正々堂々と断れるよ(笑)。
…って、私、子供相手に何ビクついてるんだか(苦笑)。


ビクつく、といえば、Facebookも怖いね~~。
入ってすぐに、え?このシステムは…????
友達を勝手に拾い上げていくそのシステムに感心しつつ、
ちょっとその情報源に慄いてしまったワタシ。
ちょっと怖いかな~…と、ほとんどログインしたことがないんだけど…。
今日、アメリカ人のキンバリーって女性からメッセージが届き、
何事かと思いきや、「あなた、1988年にワタシにペンフレンド
になって欲しいって手紙を送らなかった?」だって(汗)。
しょえーーーーーっ!!!
(←名前の記憶はないが、送ったと思う、、、恥ずかしい…)

なんでも母親がある場所を掃除していたら、私の手紙が
出てきたんだとか。古い手紙を持っているのも驚きだけど、
それを検索しようと思っちゃうのも、、、オドロキだね~~!!
いやー、すごい時代になったものです。
昔、ドキドキしながら、海外に手紙を送った時代が…
わたしゃ、懐かしいよ…。


さて。
時代が変わっても、変わらないモノもありますね。

2月3日の節分。

今年、初めて我が家で節分の行事を行いました。
きちんと、鬼のマスクも作って。
豆はオランダの豆(だから食べられない?)だったけど。
恵方巻きも作って。。。って、我が家にこの風習はなかったけどネ。


DSCF7541.jpg

…巻き寿司からはみ出ているのは…?!


DSCF7542.jpg

ソーセージ也!!!
かなり邪道な巻き寿司…(苦笑)。
りすちゃん用なので、丸かぶりではありません。


DSCF7545.jpg

パパに鬼になってもらいました。。。
後で、「自分が鬼になりたかった~~」と泣いてたけど(苦笑)。

それにしても、「鬼は外」「福は内」が言えないりすちゃん。
何故か「外は内」になっちゃう、、、。
それじゃ、なんか意味ないじゃ~~ん。。。?

まあ、ともかくも、鬼は外へ逃げていき、、、(苦笑)
安心、安心、一安心♪

終わったら、床に散らばった豆を一生懸命拾ってくれました。
明日もやりたいなあ~だって。
まあ、明日はムリだけど、、、来年もやりましょ。
関連記事

オランダの大使館でパスポートゲット

DSCF7560.jpg

オランダの全国共通ストリップンカート


先日、りすちゃんのパスポートを取りに再びデンハーグを訪れました。
この日は、デン・ハーグにおけるストリップンカート
(=トラムやバスのゾーン制チケット)使用最終日!!!
すでにロッテルダムでは廃止になっているので、余ったカードを持って
出かけましたとも!!!

最初はちんぷんかんだったストリップンカートのゾーン制システム。
でも慣れちゃうと、、、これってとっても便利。
どこでも使えて、どこでも買えて…まさにオランダのシステムって
感じに馴染んでいたんですけど…。
新しいチップカード(日本のSuicaみたいなヤツ)は、同じ場所を
訪れるんでも、遠回りのバスだと値段がべらぼうに高くなってしまったりして、
なーんかね、、、って感じ。実質値上げってヤツだよ(ぷんぷん)!
ま、確かに不正使用の数は減るんでしょうけどねーーーー。

←と書いていますが、不正使用できる機械が今、大ブームとなっていて
皆、この機械を30ユーロ程だして購入しているんだそうな。
なんでも、この機械を使うと、お金を払うことなくカードを通す
ことができ、検察の検査も通り抜けすることができ、しかも、
お金を払わずにチャージ(入金)することもできちゃうんだとか!!!
うっそー、、、私も欲し~~い…かも(笑)?!


デンハーグのトラム・バス運営会社の前には、ものすご~~~い長い
行列ができていて(汗)、あんたら、、、明日から変わるってのに、
まだカードの申請をしてなかったのかよ~、とオドロキ…。
前も思ったけど、、、オランダ人ってけっこう呑気かも。


さて。
まずはトラムで大使館に向い、りすちゃんのパスポートをゲット。

帰りにおトイレを借りて…、出てくると、なんだかよく分からないけど
大使館の職員さんたちが、皆、外に出ていた。

なんだろーーー?と思ったのだが、後からよくよく考えてみると、
なんとなく聞こえた会話が、「なんで鳴ったんだろう」「ヘルプ~」という
会話で、そこから察するに、「非常ベル」がなったので、皆、外に避難していた
のではないか?と思われる。
(大使館のトイレは、換気扇の音がとてもうるさく、トイレの中にいた
私は何も聞こえなかったのだが…。)

中に職員・大使館員さんが何人か残っていたのかどうかははっきりとは
不明だけれども、たぶん、最後に残っていたのは、私とりすちゃんだけ
だったのでは?という気がしてならない、、、汗。

これって、非常にヤバいんじゃないでしょうかーっ…。

一般企業ならいざしらず、国を代表する機関である大使館の中で、
非常ベルがなったので、職員は皆、外へ避難。
何も分からない一般人だけが、何の誘導もなく中に取り残された、、、って。
何もなかったから良かったようなものの、これが「人質事件」とか
「爆破事件」だったら、どーするんでしょうかっ!!

「大使館員・職員は全員無事に避難したが、避難誘導されなかった
一般人の女児および母親のみ犠牲となった」


なーーんて、、、記事まで思い浮かんじゃいましたよ~~(汗)。

そんなワケで。
普段からきちんと避難訓練して欲しいと思いました。
そして、たとえ訓練だとしても、その場にいる一般人にも
「訓練ですが、非常ベルが鳴りましたので、外に出てください」
ときちんと誘導して、日ごろから非常事態に備えて欲しいと思いました!!
ここのところ、政府への国民の風当たりも強いのですから、
しっかりしてくださいよ!頼みます!!!


って、そんなことを考えながら、、、再びトラムに乗ってショッピング街へ。

今日は、りすちゃんとカフェに行って、ケーキを食べよう(ムフフ)、
と、カフェまで考えていたのに、トラム沿いに見えたアイスの像を見て、
りすちゃんが「あそこでアイスが食べたい、アイス、アイス~」
と、アイスを食べることを提案しだした。

この寒いのにアイス~~?!と思ったけど、仕方あるまい、、、。
一番近い停留所で下り、りすちゃんはすごい勢いでアイス屋に
向って走って行ってしまった(汗)。

遠くから見ると、ちょっとヤバそうな古ぼけた雰囲気のするお店
だったが(汗)、近くまで来ると、中にけっこう人がいることが判明。
ここなら入ってもいいかな、と入ってみると…。

不思議な空間~~!!

そう、まるで、イタリアやスペインのバールのような、、、
基本立ち飲みの、時代が止まったようなオールド・ファッションな
カフェ・アイス屋だったのだ。

そして、そこにいる人たちは、まさにここに何年も何十年も通ってます、
てな、おじいさんや、労働の合間にやってきました、てな、労働者達。
オランダで、こういう雰囲気のカフェって、、、珍しいかも~。
、、、ていうか、私が入ったことなかっただけ?!?!


DSCF7534.jpg


それにしても、アイスのマークはあるのに、アイスがないじゃん、
と思いきや、カウンターの内側にアイスが並んでいた。
お客さんから見えないってのも、、、珍しい、、、?!
りすちゃんは、いちごアイスを選択。
ついでに私もアイス、なワケはなく(笑)、コーヒーを頼んだ。

雰囲気の良いおばさんが
「1.75ユーロになります」といった。

え?聞き間違い?!

…ではなかった。本当に1.75ユーロ。これって、通常のカフェじゃ、
コーヒー代にしかならないよ、、、や、安い~~!!!
(どうやらコーヒーは1ユーロらしい?!)
しかも、、、美味しいの。ビックリ!!

帰ってきてから、すぐに調べちゃいました。
なんと1932年からある老舗のアイスカフェだとのこと。
まさに労働階級に愛されて80年、てなカフェ。

デンハーグの老舗アイスクリーム屋: Florencia Ijs


DSCF7532.jpg

りすちゃんも大満足~。


その後、二人で買い物へ。
5歳になったけど、まだまだ親子二人でショッピングを
楽しむ、、、って年齢じゃないわね(苦笑)。

このお店に入る~、おもちゃが欲しい~、これ欲しい~、
と、ひと悶着、ふた悶着…はぁ~。。。
やっぱり、一人でショッピングに行ったほうがラクだわ…。

ともかくウチの醤油が切れて、作れるレシピが…、とのことで
中華系スーパーへ。もちろんここでも、これ欲しい~!!
というりすちゃんのおねだりがあり。。。


DSCF7537.jpg

買ってしまった「nippon」。
懐かしい「麦チョコ」の味がするドイツ製の(!!)お菓子です。
ドイツでは、日本のお菓子というと、、、麦チョコなのか?!?!
意味不明…。


DSCF7535.jpg

おもちゃ屋さんの前にて。
一緒に写真を撮ってもらいました。
風船も貰っちゃいました。


結局、その後、りすちゃんのおもちゃも買うハメになり、、、
やっぱり一緒に買い物にいかないに越したことはない、という
結論に至りました(爆)。


DSCF7536.jpg

最後に、再びトラムに乗ってHS駅へ。
バイバイ、ストリップンカート。
(右のオレンジの箱がカードを印字する機械。)


南ホランド州では、ほぼストリップンカートの使用は廃止
されたようですが、まだ他の地域では使用可能なんでしょうかね?
ウチの、、、まだしつこく余ってます。。。
関連記事
プロフィール

そらのくも

Author:そらのくも
オランダ生活も15年目に突入しました。

(ご案内)
オランダ情報は「そらのオランダ通信」でお届けしています。是非ご覧ください。

https://soraoranda.com/↓ ↓ ↓

photoeurope2.jpg

カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
写真のこと
当サイトで使用している写真と文章の無断転載はお断りしています。


情報
line_10.gif
line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記のお好きな画像バナーどれかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです 。

heart3.gif クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
気になる本
オランダ生活に役立つ、今、自分が欲しい本を載せています(いわゆる備忘録)。



前回載せておいたフランス菓子は買おうと思ったら絶版になっていた。。。うそ~…!絶版になるのが早すぎる。今度こそ…。

ブログキーワード別カテゴリー

オランダ お出かけ 街並み 子ども ヨーロッパ 旅行 ハンドメイド ガーデニング カフェ ミュージアム 洋服 ショップ ソーイング本 自転車 教育 子育て 学校 オランダの話題 庭園 ロッテルダム カメラ ニュース レストラン オランダの食材 日本語教育 スーパー 国際結婚 おうちのできごと 

ブログ記事カテゴリー
最近のコメント
メールフォーム
ご訪問ありがとうございます♪♪
ブログ・HPの感想はこちらまで↓

mail-pen2.gif
ブログ内検索
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数: 現在の閲覧者数:
Flag Counter
月別アーカイブ