アムステルダムでダッチ・デザイン

DSCF9633.jpg

オシャレな空間が広がるアムスの図書館

これまた、ずいぶん前の話になってしまったんですが、
最後の夏日だった9月末、久しぶりにアムステルダムに
出かけてきました。

メインプログラムは「友達とのおしゃべり」だったので(笑)、
特にどこに行こう、あそこに行こう、ていうプログラムも
なかったのですが、せっかくなので友達にお薦め場所を
案内してもらいつつ、、、アムス街中をぐるっと散策しました。

もう大抵の町を一人で歩きまわることができる、って
思うんですが、大御所アムスだけはまだちょっと…。
住んでいる日本人もいるし、大丈夫よぉ~ってとこなんでしょうけど、
「もし間違えて変なところへ入り込んでしまったら…。
もし偽警察に呼び止められたら…。」etc.心配はつきません(苦笑)。
あの放射状に延びる町並みってのもダメですね。
曲がって曲がって曲がれば元の場所、、、に辿り着かない(汗)!!
どーも迷いやすいんです。イマイチ良く分かりません。
ああ。でも、デン・ハーグもイマイチ良く分かりませんが…。
ユトレヒトだってくねくねしてるし。
、、、て、そんなんばっかりじゃないですか、ワタシ。

てなワケで、待ち合わせは無難に中央駅。
久々に田舎から出て行ったので、ごった返す人々が大きな
スーツケースを片手に英語を話しているのを見て、
「あー、なんか外国に来たみたい!!」と、
それだけでなんだか一瞬、旅行気分になりました。
スキポールも外国気分を盛り上げますが、アムス中央駅も
盛り上がりますな。

それにしても。
アムス中央駅周辺っていつ来ても、いつまで経っても、
工事中…。どうなってるんだろ?と思いきや、今、
町のど真ん中を横断する地下鉄を建設中なんですってね。
それでもって、その地下鉄が…当初計画していたより
難航していて、予算も工事期間も膨大に膨らんでいるんだとか。
なんでも、ゴールデンエイジの17世紀の家々が
地下に掘られた穴によって、ずぶずぶ倒れちゃうハメに
なって、「穴掘るな」運動に発展しているのだとか。
うーーーん、こりゃ、完成はまだまだ先そうですね(苦笑)。

私たちは、その工事現場を横断して、2007年に完成したという
「アムステルダム公共図書館」に行きました。
アート性溢れる空間として、日本の建築関係者にも有名だという
この図書館。

…いやぁ。ほんと、ステキな空間が広がっていました。
どこもかしこも、写真を撮りたくなってしまいます。
流行りのデザインホテルみたいな感じで、これが公共図書館!!
ていうのが、信じられないですね。


DSCF9635.jpg

お花のランプの下にあるのは、子供図書コーナー。
置いてあるソファが寝そべるソファで、親子が寝そべって
本を読んでいました。
図書館=寝そべって本を読んでOK、この発想に脱帽!!


DSCF9632.jpg

おしゃれなDVDコーナー(だったと思う。。。違ったかな?)
あ~、私だったら、マンガ置きたいな。なんかそういう空間。
(←意味不明)


DSCF9625.jpg

本がずらーっと並んでいるんですが、もうそれだけでオシャレ。
黄色と青の小さなランプが照らされていて、本がキラキラ
光っているんです。この写真だとちょっと分かりにくいんですけど。


DSCF9631.jpg

寝そべっていいのは、本を読むときだけじゃないよ。
なんと、こちらは、寝そべりソファと検索コンピュータ。
後ろにずらーっと並ぶCDも圧巻です。


DSCF9630.jpg

アート性溢れる検索コンピュータ。やっぱマックね。

どうです?ステキでしょう。
これを見ただけでも、アムスに来た甲斐があった、と思いました。
これを建築した人は、ほんと、楽しんでデザインしたんでしょうね。
こんなに自由な発想ってちょっとないもの。
我が町の図書館にも感動しましたが、こちらは比ではなかった(笑)。
恐るべし、ダッチ・デザイン!!

上階にはカフェがあって、テラスでお茶を飲むことができます。
私たちは何もオーダーせず、眺めだけちょいと拝借~。


DSCF9626.jpg

この日は良いお天気でしたが、霞がかかっているのか?
全体的に白っぽい景色でした。
下を眺めれば、気持ちよさそうにボートが通り過ぎていくし。
こういう天気の良い日にはボートに乗りたくなるわね。
寒い日は、、、絶対にイヤ、だけど。

さて。お昼ごはんの時間です。下調べでいろいろ見てみたんだけど、
どうも「これ」というものが見つからず…。
お友達に頼んで、お友達の好きなところに連れて行ってもらうことに
しました。お友達の好きな場所は…アムスでも有名な場所。
↑の写真にも半分見えてます~。


DSCF9638.jpg

そう。見るからにチャイニーズなこのお店!!
「え、このお店~?運河クルーズで見たことあるよ~。」
見たことあるけど、行ったことなかったこの建物で
ご飯を食べるということで、私もちょっと興奮。

この日は私たち以外にも日本人の方々がいらっしゃり、、、
アムスで有名な中華なんでしょうかね。
私たちは2人しかいなかったのであんまり頼めなかったけど、
おなじみの飲茶をオーダーしてばくばく食べました。

おしゃべりに夢中になって、もしや今日はここで幕引き?
て勢いでしたが(笑)、なんとか途中で切り上げて、
イザ!アムステルダム散策です~。


DSCF9640.jpg

ひとりだとそそくさと通り抜けなければいけない通りでも、
この日は写真を撮っちゃったりして。
お天気もよく、ものすごい活気づいているので、
怪しい雰囲気もないけど、たまーにコーヒー・ショップとか
大きな窓に椅子が置いてあるお店(←飾り窓)とか通ります。

そういえば、この日は、あんまり大麻?の匂いがしませんでした。
アムステルダムといえば、街角ごとにぷおーーーんと匂う
あの独特の香り…。「あんまり匂わないねェ」と友達に言うと、
「週末がけっこうすごいかな」と言ってました。
まぁ、日本じゃ、街角で匂うってことはないわね(汗)。

大麻の匂い、といえば、思い出があります。
以前、りすちゃんと地下鉄に座っていたら、後ろに怪しげな
お兄さんが来て座ったのです。すると、強烈な香りが…。
や、やばすぎる、、、(汗)。
そこに3歳だかそこらのりすちゃんが大声で一発。
「なんだか変な匂いがするねェ~~!」
しょえぇーーーーっ。
もう私は、即座に思いました。
「あーーー、日本語で良かったぁ~~。」ってね(汗・汗)。
結局、お兄さんは即座に立ちあがってどこかへ行ってしまい、
事無きを得たんですけどね。

二人でべらべらとめどもなくおしゃべりをしながら、
歩いていきます。どこをどう歩いていっているのか…
私にはイマイチ分かりませんでした(笑)。
街角・街角ごとに「あ、ここ、見たことあるな。」
「ああ、ここね。」と思うんですが、地図を開けて
「さあ、今、あなたはどこにいる?」と言われても、
絶対に指せないような…(汗)。
やっぱり、放射状は苦手です。

この日は、本当に良いお天気で、どこも人・人・人。
こんなに混んでいる日にアムステルダムを歩いたことは
なかったかな、てくらいすごい人混みでした。
あー、でも、アムスにくると、いつもすごい自転車だな、
混んでるなって、思うんですけどね。

人混みをかき分けて、すーっと静かな空間へ。


DSCF9642.jpg

アムステルダム・ベギンホフ。
すごく久しぶりにきました。たぶん10年ぶりくらい?
観光客がうるさいので、そのうち門を閉めるっていう噂を
聞いていたので、入れないのかと思ってました(苦笑)。


DSCF9644.jpg

ベギンホフ内にある英語改革派教会の内部。
ここは、エリザベス女王陛下もいらしたことがある由緒正しき場所。
今でも英語で礼拝が行われています。

ほんと、町のど真ん中にあるのに静かでいい感じです。
外へ出てからの私たちの会話。
「こういうところに住むと静かで便利だからいいよね。」
「でも、お庭でひとりビールってムリなんじゃない?」
「あと、お庭でバーベキューとかさ。ムリだよねー。」
「お友達を招いてワイワイってさ。ご近所さんにも声かけちゃう?」
「きっと追い出されちゃうよ。」
「ある日、追い出しの手紙がポストに入ってるのかな~。」
「どうやって追い出されるんだろうね~。」
どうも、二人ともベギンホフに住む住民にはなれそうもありません(爆)。


DSCF9645.jpg

お友達お薦めのお店、Pylones (ピローヌ)
かわいいパリの小物雑貨ショップ。
置いてあるものすべてがカラフルでかわいらしい~♪
こんなん、、、日本にも進出しそうだねぇ~と言ってたんだけど、
帰ってからコンピュータで調べてみると、やっぱり東京の
輸入雑貨店が取り扱っているみたい。かわいいですもん。

ただ、私はこういうの、どうやって飾ってどうやって使っていいのか
分からず、うまく使いこなせないタイプ(涙)。
難しいんだよな~。

お店を出て、再びずんずん歩きながらおしゃべり。
天気が良いからフォンデル公園でおしゃべり、または、
思い切ってダイヤモンド屋さんに行くか~?!

…って、ぜんぜん違う選択肢じゃんね(爆)。

ワタシ、ダイヤモンドやジュエリーはあまり興味ないんですが、
見るのは大好きなんです。って、誰でもそうかしら?
女二人だったら、気軽に入れるかなぁーなんて思ったんですが、
やっぱりダイヤモンド屋さんとしては、買う気な人に来てもらいたい
らしいですね(苦笑)。当たり前ですかね。。。
お友達がちょっと詳しいので、あれこれ聞いてみたら、
やっぱりちょっと敷居が高そうだったので、とりあえず
辞めておきました(苦笑)。

ちなみに、今は中国人がばんばんとダイヤを買っていくんだそうです。
何カラットもの巨大ダイヤがどーーんと売れていくそうな。
そのノリ「あ、じゃあ、ワタシ、これとこれ!」みたいな…。
すごいなあ~。でも、彼らの旅行(中国からの観光旅行)は、
買い物・買い物・買い物、で、せっかくヨーロッパに来ても、
買い物しかしないんだそうで、、、。
こういうのってあんまりうらやましくないなぁ~(苦笑)。

なんか聞けば聞くほど、バブルの頃に日本?って感じがします。
日本も、ちょっと前まで、世界の町の高級ショップのお得意様で…。
ここ、アムステルダムでもダイヤをばんばん購入していった
日本人がいっぱいいたんだろうなあ~。

あの頃、日本人は「世界を買った!」なんて浮かれていたけど、
今の中国人ツアー客を見て、私があんまりうらやましいと思わないのと
同様、きっとあの頃も、海外の人は日本人をうらやましいと
思わなかったのかなー、なんて、今更ながらそんなことを
考えてしまいます。きっと浮かれていたのは日本人本人たちくらいで。

ヨーロッパに住んであちこち訪れると、その文化遺産に圧倒されますし、
美術館に行けば貴重な美術品の量に驚きますし、
有名な絵画一点や二点が日本に流出したところで、
痛くも痒くもないということが分かります。それをマスコミが
「日本は世界の文化遺産を買った!」みたいに騒ぎ立てて…
あの頃は私もなんだかすごい!なんて思ってましたケド、結局、
本当はあんまり大したことなかったのでは、なんて思ってしまうのです。

あの頃、買われていったダイヤは今、日本でどうしているんでしょうか。
母から子へ、子から孫へ…と代々の遺産になっているとステキですけどね。

あーー、なんだか話がずいぶん変な方向へ…(苦笑)。

そんなこんなでダイヤ店にはいかず、私たちは、フォンデル公園へ。
この日の公園は、、、イベントでもあるの?ってなくらい、
ババ混みでした。ほんと、人・人・人。
皆、手に飲み物を持って、芝生に座りこみ~~。
私たちは、公園内のカフェで、まだまだおしゃべり。
女っちゅうのは、、、いくらでもしゃべれますな(笑)。


DSCF9648.jpg

この日は、夏日のように暑かったけれど、
公園内はかすかに黄葉していて、やっぱり秋が近づいてる?
そんな感じでした。

この日は、結局アムスを出たのが夕方6時過ぎで、
家についたら夜8時過ぎてしまいました。
最後は小走りし、急いで帰ってきました、みたいにアピール
したけど(←ムダムダ)、玄関を開けてくれたりすちゃんが
「ママー、何やってたのー。遅いよ~。」
と、喝!!母はしょぼーーーん、です(苦笑)。

ま、それはともかく。
お友達とおしゃべり、という目的が達成できて楽しい有意義な
日でした。このお友達、こちらに来てから、本当に災難続きで
私だったら絶対に日本に帰ってるよ!!て感じなんですけど、、、
彼女は会うたびにたくましくなっていって…。
すごいなァ~。この日も、またまた私のほうがパワーを
もらっちゃいました。どーも、ありがとう♪♪
(←って、これ、読んでるかどうか、、、びみょーだけど(汗))



line_10.gif

オランダ情報ブログランキングに参加中です↓。
薔薇の画像をぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。
関連記事

Earl Greyの国

DSCF9766.jpg

何気にお気に入りのAHのスッシェ。
日本のシュークリームに一番近いと思ふ…。

秋休みの今週。
秋休み前は、せっかくだからミュージアム訪問など、
女二人で楽しくやろうぜ~♪なんて思っていましたが、、、。
いつもながら、実行力は伴わず…(汗)。
結局、動物園に出かけただけで、あとはこれといったこともしませんでした。
まあ、動物園行っただけでも、すごい、と思うワ。。。(苦笑)。

そうそう。あと、スーパーに行きました!…笑。
いつもいく近所のスーパーAHが改装OPENしたんです。
10日間閉まっていただけだから、大したことはないだろう、、、って
思っていたんですが、行ってみてびっくり。
前と全然違う雰囲気になり、スペースも広くなったような?
午後1時にOPENしたんですが、りすちゃんと張り切って
お店に到着したのが、2時過ぎ。
もう熱気ムンムンの大混み、大行列でびっくりしました。
オランダでもあるんだ、こんなこと。
レジに10人くらい並んでいて、思わず実家の近くの
イトーヨーカ○ーを思い出しちゃいましたヨ。

ここの店長さんがねぇ。カッコいいんです~。ふっふっふっ。
いつもピシッとしたカッコしているんで、たぶん、彼が店長さん
だと思うんだけど。前は別の人だったから、変わったのかな。
自ら商品を並べていることがよくあって、
「頑張ってるわ~♪」、、、なんて、、、しっかりおばさんの
心つかんどります(爆)。
もちろん、この日も、彼はいましたよ。
おばさんたちに「綺麗になったわね~気にいったわよ。」
なんて声をかけられていて、彼もうれしそうでした。

それと、それと。
期間限定なのか分かりませんが、そのスーパーの前の広場に
お魚屋さんのブースが立つようになったんです。
けっこう賑わっていて、、、魚がなかなか手に入らない
環境に住んでいる私にはうれしい限り。
ずっといるのかな、ずっといてくれるのかな?!
そうだと、めちゃくちゃうれしいなあ~~。

こんな田舎、まったく田舎…ブツブツ。
なんて思っているんですが、実は、我が田舎、
けっこう便利なんじゃないかしら?
…そんな風に思う今日この頃。

上記のスーパーは家から歩いて10分ほどのところなんですが、
肉屋やパン屋や八百屋などの基本的なお店はもちろん、
おもちゃ屋、洋服屋(←何気に子供服はこの辺りではここが一番…)、
中華系ショップ、宝石店、花屋、、、etc.、、、
けっこうなんでも揃うんです。
それに、お醤油や日本のお酒を売っているインターナショナルな
お店もあるんだよ~♪

ただ、何気に手に入りそうで手に入らないモノ。
それが、お茶、なんですよね~。。。(涙)
先日、お友達が久しぶりに遊びに来てくれて、そのときに話題に
なったのだけれど、お友達がいつもスーパーで手に入れていた
トワイニングのダージリンティーがついに撤廃されてしまった、とのこと。
このお友達のお家にはいつもこれが常備されていたので、
ショックだろうなぁ~。。。

そうか、ダージリンティーねぇ。。。
いわれてみれば、取り揃えているスーパーって、なくない?
アッサムティーなんて、ほんと見たことないよ。

その日以来、いろんなお店を見ては、どんなお茶があるか調べて
みたんだけれど、これが、、、オランダ在住10年目にして
初めて気がついたんですが…(←遅い)。
この国って、「アール・グレイの国」だったんですね~~。。。
置いてあるお茶と言えば、アールグレイばかり!!!
アールグレイは、フレーバーティーなので、紅茶に分類される
ダージリンやアッサムとは違う種類だと思うんですけど、
逆にダージリン、アッサムがほとんど置いてない、ってことは、
実はこの国は紅茶嫌いの国だったってコトなのか?!

我が家の近くでは、唯一町の中心街にあるTuinenで、
トワイニングのダージリンの他、袋に入ったお茶っぱで、
アッサムやダージリンを取り扱っておりました~~。。。
でも、このお店でも、アール・グレイのスペースは大きく、
山積みでした、、、。売れ行きが違うんだろうねェ~…ため息。
アールグレイが好きだったらいいけど、苦手な人は、
大変だわ(汗)。

お茶つながりで…。
私がオランダで、いちばん好きなお茶は、Simon Leveltという
お茶屋さんで取り扱っているジャスミンティーです。


DSCF9656.jpg

Jasmijn Chung Hao

ちょっと高めの100グラム6ユーロ弱だったかな。
もう、、、匂いが違うんです。匂いをかいだだけで、幸せ気分~♪
しょっちゅう、「はぁ~っほぉ~っ!!」と嗅いでます。
あ、あやしい…。味ももちろん、超美味!!

このお茶っぱ、買ってくると、がんがん飲んでしまってすぐに
なくなってしまうのが悩み。。。二番茶まで飲むんだけどネ…。
しかも、うちの近所にこのお店はないので、どっかまで行かないと
手に入らない、、、うーーん(涙)。

美味しいお茶を探してます!って言う方は、是非トライしてみてくださいね。
このお店、今、どんどん各地でOPENしているので、
比較的見つけやすいのでは?!

お店: Simon Levelt



line_10.gif

オランダ情報ブログランキングに参加中です↓。
薔薇の画像をぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。


関連記事

森の中のオーベルジュと森歩き

DSCF9737.jpg

黄葉している木の下で撮ってみた…。
なんとなく秋らしく感じられる風景?!

昔から、週末旅行ってヤツが大好きな私です。
夏休みのような長い旅行もいいけれど、気軽に行って、
気軽にリフレッシュできる週末旅行は本当に楽しい。

社会人になってから数年は、毎月毎月どっかに行ってました。
あの頃は、会社に厚生施設なんてステキな福利厚生もあったし。
自分で稼いだお金も主に旅行代に使っていたので、
しょっちゅうプチ旅行してました。贅沢よねぇ~♪
ある年のお正月に「去年何度旅行に行ったかな?」と数えたら、
15回だった、という記憶が今でもあります。行き過ぎ~…。

しかし、ここ何年かはそういう旅行は「気軽に」というワケに
いかなくなってしまいました。お金の問題というより
何より私の体調が、、、(涙)。
自律神経が壊れて以来、レストランでご飯を食べることが
精神的に苦痛になってしまったのですが、
それにもランクがあって(苦笑)、特にダメなのが。。。

X 高級レストラン
X ホテル・レストラン(オーベルジュ)
X 3コース料理
X 懐石料理(とにかくお品書き多数ですから!)
X 一泊二食付き温泉
etc.、、、。

要するにお金が高いものほどダメなんです。
高いお金出して、食べられなかったらどうしよう~って。
超貧乏性ですよね~(苦笑)。
でも、お金出して、苦痛な思いするほど悲しいことはないんです。
しかも苦痛な思い出は頭に残るので、次回はもっと不安になる…。
こういうの、SAD(社会不安障害)ともいうんだそうですね。
下手すると、完全なる引き籠りになってしまうので、
要注意なのです。

こうなっちゃうと。
日本に帰っても、温泉なんか行けないし、美味しいモノも
食べられないし、、、ほんと、つまらないですよ。

しかし、しかし。
どうやら、こういった問題も、今現在は解消されつつあるらしく、
「将来はどうなるか分からない。行けるうちに。
楽しめるうちに。ともかくも、行っとこ~~!!」
をモットーに、今回、大胆にも森のオーベルジュの予約を
取ってしまいました~~。

オランダには、他のヨーロッパと同様、田舎にぽつんと
家族経営のこじんまり宿があって、いい雰囲気のところが多いのです。
どこにでもあるチェーンホテルなんかだと、泊まった後、
すぐに忘れてしまいますが、田舎のホテルの、なんとも言えない
優美な雰囲気は何年たっても頭の片隅に残っています。
また行きたいなァーって。

今回の宿も、まさにそんな感じでした。
もう予約する時点で、こりゃ絶対に!!と確信がありましたが、
うん、うん、ほんと、確信どおりで、ステキでしたよ。


DSCF9729.jpg

茅葺屋根がいい感じ。この辺り、茅葺屋根の家が多数ありました。


DSCF9727.jpg

ホテルの部屋はモダンで、好みってワケではありませんでしたが、
よく眠れました♪ (←これ、私にとってはとても大事)


DSCF9715.jpg

ワインを一杯…!みたいな写真ですが、もちろん違います(苦笑)。


DSCF9719.jpg

DSCF9720.jpg

DSCF9722.jpg

10月の3コース・ディナーから選びました。

今回は安定剤も飲んでいませんでしたが、
驚いたことに、何の不安感もなく、楽しむことができました(涙・涙)。
これだけ余裕を持って食べられたのは、、、えーっと、いつ以来?
たぶん妊娠中のことだから、6年前ってコトかな?
もう、めちゃめちゃうれしかったですよ~~♪
しかも全部完食!! 味もよかったので、満足です。

レストランは、ちょっと高級感があって、他に食事されている方も
年配の方が中心…。りすちゃんとくまのFlipくんは、
だんとつ若いメンバーでした(笑)。
子供メニューもあったので、子供Xってワケではないと思います。
たまたま、だったのかなー?!


DSCF9723.jpg

レストランで食事の後は、ラウンジに移ってコーヒータイム。
カプチーノを頼んだのですが、このカプチーノが、、、!!

人生で一番うまいカプチーノ てな、カプチーノでした。

だんなのコーヒーも美味しかったそうです。
二人で興奮して、なんの豆だ?と、ブランド名も聞きました。
、、、が、帰ってきてから調べたところ、一般売りは
していないとのこと(涙)。

朝は、普通、お茶を飲むのですが、残念ながらここはPickWickしか
置いてなかったので、コーヒーを飲みました。
朝のコーヒーなので、入れ方は簡素化で違うと思いますが、
それでも美味しかったです。


DSCF9731.jpg

チェック・アウト後、近くの森を散歩しました。


DSCF9733.jpg

ハート形の足跡。
シカかな、イノシシかな。
想像するだけで、楽しい~♪

あ、でも、私、小さい頃、山歩きしていて、(たぶん)イノシシに
遭遇したことあります。ものすごく怖くって…。
「もうあそこには行かない~!!戻ろう、戻ろうよーーー!」
と、喚き散らし、家族全員、Uターンを余儀なくされた、という
記憶が今でも残っております、、、(汗)。
実際に遭遇しちゃうと、ちょっとびびりますね~。。。


DSCF9741i.jpg

あちこちでキノコを見かけました。
いろんなキノコがあって、ほんと、豊富ですね。
自分の庭に生えているとイヤだけど、、、(汗)。
このキノコは、一番美味しそうに見えました。

おまけ:

DSCF9713.jpg

これは、森ではありませんが~。。。
もう秋だというのに、バルコニーの花がやけに綺麗だったので、
ついパチリ。

今回泊ったホテルはこちら: Hotel De Witte Berken


line_10.gif





そらのおらんだ通信HPでもたくさんの観光情報を載せています。
是非こちらもご参考ください♪

133.gif オランダ観光はこちらから → オランダ観光
133.gif ヨーロッパ各都市の観光情報 → とっておきのヨーロッパ
133.gif ヨーロッパ旅行記はこちらから → ヨーロッパ紀行

line_10.gif

関連記事

秋のお城訪問 - カネンブルフ (cannenburch)城

DSCF9752.jpg

青空下のお城

週末旅行の2日目は、お城訪問です。
オランダのお城を全部訪問するぞぉ~と、ひそかに決心している私。
なかなかその数は増えませんが、毎年数か所ずつ回っています。

今回出かけたのは、ヘルダーランド州のフェルウェ国立公園近くにある
カネンブルフ(cannenburch)城です。

事前に写真で見た感じ、あんまり大したことなさそうだなァ…との印象。
ま、オランダのお城はイギリスやフランスのそれと比べちゃうと
どこもそう大したことないんですけどネ…(汗)。
でも、それでも、いくつも出かけていると、すごいものと
そうでもないものの見分けが自然とできるようになります(笑)。
目がかなり肥えてくるんです。

こうやってヨーロッパのお城を回った後、日本にある「西洋の館もどき」の
場所に出かけると、えーーーっと…これは、、、(汗)となってしまいます。
あまりにも簡素すぎるといいますか。やっぱりマネはだめなんです。
日本には日本の美しい「住宅」や「お城」があるんですから、
そちらで真っ向勝負しなければ。

、、、なんか、話が逸れてきました。

この日は、お天気のよい週末、ということもあるのか?
お城の前の駐車場にはたくさんの車が止まっていました。
もしかして、人気のお城なのかしら?…ちょっと意外(←失礼)。

まずはお昼ご飯を別棟で食べ、その後、入場券を買いに別棟に
向かいました。入場料は前から調べていたので、ビックリ!
ということはありませんでしたが、なかなかのよいお値段で
大人8ユーロ。子供4.5ユーロ。

入場前は、こんなに高い入場料なんてどーなのかしらね、と
思いましたが、見学を終えた頃には、まぁ、こうやって努力を
しているのだから…しぶしぶ、、、て印象に変わっていました(笑)。
そう、けっこう頑張ってるなー、という印象が残るお城だったんです。

受付で子連れだと分かると、子供には「クイズ」がありますよ、
とクイズの紙を出してくれました。驚いたことに、年齢別に
いくつか分かれているらしく、りすちゃんは7歳以下のクイズに
挑戦です。全部クイズに答えられたら、なんとメダルが貰えるとのこと。
このクイズが、、、3枚の紙裏表びっしり…で、なんかの
テストか?ってくらいな量でした…(汗)。

ともかく、りすちゃんは大はしゃぎ。
このクイズは、ウォークラリーのような感じだったので、
質問の通りに歩いていかねばなりません。
まずは、お城のお庭に向かいました。

だんなとりすちゃんの二人は、クイズに夢中…。

一方、私は、とぼとぼと後ろから歩き、天気のよい秋の
散歩を満喫しました~♪ふふふ。


DSCF9754.jpg

オランダのお城スタイルは、だいたいどこも似たり寄ったり…。

このお城は、1543年に基礎部分が建てられ、その後、
何度か増改築されて現在のこのお城になりました。
1881年まで300年以上もの間、ファン・イッセンドールン家が
このお城に住んでいましたが、その後はずっと空家状態でした。
ヘルダーランド州の所有となり、充分な改装費用が溜まったのが
1976年のこと。それから5年かけて大改装が行われました。
2007年以降は、庭や前庭、お城の一部タワーや別棟が整えられ、
現在のスタイルになったのがようやく昨年のことだということです。


なるほど、出来たばっかりの「旬」のお城だから、混んでいたんですね。


DSCF9760.jpg

お庭も綺麗に手入れされていて、秋らしさがありました。
まだまだ植えられたばっかりの苗木状態の木も多かったので、
これから何年か経てば、もっとステキになってくるのでは。

こんなに良いお天気の日、のんびりのどかに歩けて、
なんだか本当に贅沢だなぁ~。
たまに子供たちが通り過ぎ、「やれ、この木はあっちだ」
「どの形だ」と、皆、クイズに大忙し(笑)。

ウォークラリーに沿って公園をぐるっと周った後、
いよいよお城の内部へ。


DSCF9749.jpg

この男性は誰なんでしょう。中世の騎士?

どうせたいしたことないんだろうな…というくらいの淡い期待しか
抱いておりませんでしたが、どっこい、、、どの部屋も綺麗に
改装されていてちょっと驚きました。


DSCF9763.jpg

本当は写真撮影は禁止なんですが…☆


DSCF9764.jpg

この部屋なんてかなり新しい感じですが、綺麗です。

長い間、空き家状態だったので、改装する前は本当にひどい
状態だったみたいです。一室が、改装前の状態のまま展示されていて
どのように改装がなされるのか?という写真が飾られていましたが、
しょえーーー。これに蜘蛛の巣がかかれば立派なお化け屋敷!!
って感じでした。お城を維持するって、お金がかかるんですねぇ~。
高い入場料を取らずには、綺麗なお部屋を見せることは不可能、
てことがよぉく分かりました(苦笑)。

考えてみれば、ドイツのお城(ベルリンのお城とか)も、
お値段べらぼうに高いですもんね。
フランスのベルサイユ宮殿みたいに巨大なモノだと、、、
当時の建築費も相当なる費用だったと思いますが、
現在の維持費もべらぼうなことでしょう、、、。
(←行ったことないですが、そのうち、そのうち、、、)

まあ、そんなこんなで、内部見学も無事終了。
なかなかの満足感を経て、外に出ました。
外に出る前、りすちゃんは、答え合わせをして、全部答えが
合っていたので大満足でした♪
受付に戻って、メダル獲得!!


DSCF9765.jpg

けっこう立派なメダルでした。良い記念です。

入場料が高い!と書きましたが、なんと今週末の土曜日は
ミュージアム・デーで、入場無料だそうです。
お天気も良いみたいなんで、機会あらばお出かけくださいな。
場所はアペルドールンの近くです。

リンクを貼りたいところですが、リンク先がやたら重くて、
私のコンピュータが固まるので、辞めておきます。

Kasteel Cannenburch
M. van Rossumplein 4, 8171 EB Vaassen
10月22日 Museumdag 11.00-17.00 無料公開




ランキングサイトに参加中です↓。
熱心に応援くださる方、感謝、感謝♪ ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
関連記事

アントン・ピック ミュージアム

DSCF9710.jpg

小さな町 - ハッテム(Hattem)

またまた、ブログの更新ができぬまま、
日々がずるずると過ぎていきました。
ま、今日から気分を新たに、、、!!ですワ。
って何度こんなセリフを言っているのかしらねェ…。
まあ、あんまりアテにしないほうがいいのかも(汗)。

この週末は1泊2日で、ちょこっと秋の週末旅行に行ってきました。
宿はずいぶん前に取っていたのですが、どこに行って何をするのか、
ということを決めておらず、直前になって何をしよう、何ができるの?
と、必死に調べるハメになりました(苦笑)。

秋の黄葉を楽しむのが第一目的だったんですが、黄葉はちょっと
早かったかしらね。あと1週間、2週間、、、うーーん。
でも、お天気は素晴らしい秋の青空で、オランダでこんな青空の中、
旅行できるなんて、幸せ!!と思いました。
私たちって、ほんと、、、ツイてることが多いです♪♪

初日には、ハッテム(Hattem)という小さな町にある、
アントン・ピック ミュージアムに行きました。
ここは、前日に急きょ行くことに決めたんです。。。はは。

アントン・ピックはオランダの挿絵作家ですが、日本でもシャドウボックス
やクリスマス・カードなどでよく知られているようですね。
ちなみに私は最近まで知りませんでした(汗)。

ブロとも、makisuke☆さんが、以前こちらを訪れているのですが、
そのときは、「知らんな~」と思った記憶があります、、、(汗)。

Makisuke☆さんのブログ → Anton Pieck Museum アントンピックミュージアム

ところが最近はオランダでも大ブレークらしく、去年は本屋で
彼専用のクリスマスカード・コーナーができていて、
ほう、なかなか、と思ったのです。そして、ご縁なのか何なのか
だんなが今年のカレンダーに彼の絵のカレンダーを選んできたので、
私の頭の中にしっかりと刻み込まれた、というワケです。


DSCF9704.jpg

ドアや窓枠のヒドコード・ブルーが可愛らしいミュージアム。
これは、裏側です。車が、、、邪魔だなあ。


DSCF9687.jpg

アントン・ピック ミュージアムへの入り口。
可愛らしい小さなドアがいい感じ♪

ミュージアムは、他のミュージアムと共同となっていて、
他のミュージアムの建物を抜けた中庭の向こうにアントン・ピックの
ミュージアムがあります。

どちらもかなり小さな規模のミュージアムです。
この日は、団体がいたのか何なのか、、、やたら混んでいました。


DSCF9690.jpg

DSCF9698.jpg

彼の絵を見ていると、ヨーロッパっていいなぁ、、、ステキ、って
思っちゃいますね。ヨーロッパらしさとおとぎの国がミックスしたような…。
そういえば、子供の頃、私が想像する外国ってこんなんだった気がする。


DSCF9694i.jpg

こちらは、エフテリングの本の挿絵。
白雪姫の有名な場面ですね。
「鏡よ、鏡!!この世で一番美しいのはだあれ?」


DSCF9696.jpg

彼の仕事場の様子…。


DSCF9691.jpg

展示室はこんな感じ。


彼のスケッチや油絵を見ても、相当な才能を持っていると思うのに、
オランダの批評家たちは「彼は画家ではない」と言っていたそうです。
イラストレーターの扱いだった、てことでしょうか。
日本でも、美しい絵を描くマンガ家は「芸術家」扱いされませんが、
そんなんと同じってことなんでしょうかね。
なんか、、、そういうカテゴリー化ってイヤだわ。

ちなみに、、、生前の彼もけっこう頑固な人だったのか?
「ミュージアムを作ってもいいけど、自分が住んでいる町に人が
来るのはいやだから、全然関係ないトコロに作ってくれ」と要望し、
このハッテムにミュージアムが作られたようです(by だんな談)。
彼が亡くなったのは1987年なので、だんなも記憶に残ってる、
て言ってました。この頃からオランダに住んでいる日本人は、、、
あんまり数は多くないかもしれませんから、日本人で
彼の記憶があるって人はあんまりいないかもしれませんが…。


DSCF9692.jpg

これらの絵を見て、りすちゃんも何か感じとって欲しい、と
欲張りにも思いましたが…まったく興味ナシ(汗)。
子供コーナーで黙々と遊んでいました、、、。ま、いいんだけど~。


DSCF9689.jpg

中庭からは、くるくる回る風車も見えました。


時間があったので、小さなハッテムの町も散策しました。
可愛らしい町でした。

DSCF9685.jpg

小さなマルクト。


DSCF9675.jpg

マルクトには、古い教会があります。
ただし、内部は夏の間、平日しか見られません、、、。


DSCF9681.jpg

マルクトには、井戸の手押しポンプもありました。
りすちゃんに「ちょっとやってみたら?写真撮ってあげる」
と言ったら、彼女はハマってしまい、延々とやってました(汗)。


DSCF9684.jpg

も、もういいよ~。終わりにしようよ~…。
踏ん張った足が必死さを物語ってますね…苦笑。


DSCF9677.jpg

カフェにて。
今回は、学校から借りてきたクマくん「Flip」と一緒。
Flip君については、また別の機会に。。。
彼は、オランダでは超有名人(←有名クマ)なのだ。


DSCF9703.jpg

ミュージアムの裏手にあった風車も見に行きました。
この日は、一般公開中でした。
風車で挽いた小麦粉が売られていたので、いつもOPENなのかな?


DSCF9708.jpg

いつも思うけど、羽根がくるくる回っているのは怖い。
この日、説明してくれた人の話しによると、怖いのは本当らしく、
1ヶ月前くらいに、子供が風車の羽根に叩き付けられて
亡くなったのだそうだ、、、ゾゾゾッ。
むやみやたらに羽根に近づかないほうがよいと思います。はい。

そんなこんなで…。
たった数時間の滞在でしたが、なかなか充実した時間でした。
どこかその辺りへお出かけの際、ちょこっと寄られるのがいいかも。
ちなみに、ハッテムの町はズウォレ(Zwolle)の近くです。

公式WEBサイト(オランダ語のみ):アントン・ピック(Anton Pieck)ミュージアム



ランキングサイトに参加中です↓。
更新もせず、すっかりランキング熱が下がってきてますが…(汗)
みなさんに応援いただくと励みになります。ありがとうございます!

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
関連記事

オランダの学校行事 - 朗読コンテスト

DSCF9666.jpg

本日は、「朗読コンテスト」でした。
これは、記念カップ!!すごいね。おめでとう~。

昨日は、めずらしくロッテルダムまで出かけ、
たくさんの日本人の方にお会いしておしゃべりを楽しみ、
ついでにイカれ・ポンチのように(?)一人散財も楽しみ、
ふふふ、、、と、すっかりハイ状態。

わー、楽しかったワ、とりすちゃんのお迎えに向かうと、
り、りすちゃんの様子が…(汗)。
帰ってきてからソファに横になったまま動かず。。。
寒い、寒い、の連発。。。(涙)
それでも最初は呑気に二人でカードなんかやっていたんですが、
夕方になるにつれてひどくなり、熱を測ってみると、
38.5℃ほど。ヒーッ!!
当たり前ながら、りすちゃんの機嫌はとても悪く、
ハイ気分は、シューっとしぼんでしまいました(涙)。

翌日は学校で「朗読コンテスト」があるので、なんとしても
よくなりませんと、、、!!と、
食後、ちょっと熱めのお湯で足湯10分。
その後、ぬるま湯を飲んで、あったかいお布団に入り、
お腹にお得意のホットパックをあてて眠りました。

これ、私が風邪をひいたときにいつもやるんですが、
かなり効果あります。ただし、やり方を間違えると、
かえってひどくなるので要注意なんですが…(汗)。

2時間後、枕や毛布がぐっしょりするくらい汗をかいていたので
パジャマを代えて、そのまま朝までぐっすり。
大丈夫そうかなァ、と思いきや、やっぱり大丈夫で、
翌日は元気に朝から学校に向かいました。ホッ。


さて、朗読コンテストなんですが。
りすちゃんの担任は二人いて、先週末の先生はパパ・ママも
参加して良い、とのお話だったのですが、昨日&本日の担当の先生は
「うーん、これは非公式の行事なので、基本的にはダメ」
とのお返事…。

先生が二人いても、申し送りはきちんとされているので、
普段は問題ないのですが、今回はお二人の意見が違ったようです。
それでも、だんなが「そーっと影に隠れながら写真を撮るくらいなら」
という返事を貰ってくれたのですが、当日はその先生も用事か
何かでおらず、その日にいた人は今まで見たこともない人。
この先生に「非公式の行事でも見たいんですが、、、!」という
勇気はなく、すごすご後ろ髪引かれながら帰りました(涙)。
まあ、非公式っていうなら、、、仕方ないよね、、、。
でも、見たかったな~ぁ。もう。

3時に迎えに行くと、りすちゃんはプレゼントと箱を抱えて出てきました。
お家に帰って開けてみると、なんと可愛らしいカップ!
「りすちゃん、優勝しちゃったのぉ~?」と聞くと、
なんでも参加した人は全員貰ったのだとか。
話を聞くと、各学年から一人ずつ出てきたようです(1年生は除く)。
プレゼントは、そのうち3人だけがもらえたようで、
りすちゃんはそれに選ばれてとてもうれしそうでした。

帰りがけ、何人かの大きいお兄さん・お姉さんに
「よく読んだね!」「上手だったね!」と声をかけてもらい、
すっかり澄まし顔で帰ってきました。
ありがとう、くらい言ったら~~?(苦笑)
(←私が付き人のように後ろについてペコペコ…汗)


DSCF9665.jpg

プレゼントは、、、この形を見たら、読書週間なんだから
「本」だって思うでしょ。
りすちゃんは「チョコレートだと思う」って言ってたけど(爆)。
私は本だと確信しましたよ。

そんな感じに、今日は我が家は、ソワソワのうれしい日でした。
今まで何かの折に「成長したな」ていううれしさはあったけど、
こういう意味でのうれしさはなかったですね。
すっかり大きくなっちゃった、ていいますか。
緊張して泣き出してしまうんじゃ、なんて思ったけど、
「興奮しちゃった!」ていうくらいで、きちんとできたようです。

母親がオランダ語がブーーなので、どーんなもんだろ、と
思いきや、まあ、今のところは、なんとかなっているようで安心しました。

え?日本語?
こちらもぼちぼち頑張ってますよー。


DSCF9667i.jpg

私は、日本にいる日本人と同じレベルまで頑張ってやる必要はない、
と思っているので(←あれ、それって当たり前なのかな?)、
私自身はかなり適当ですが、彼女はかなり熱心にドリルをやってます。
お陰で?最近、すらすらと絵本が読めるようになりました。
あ、でも、カタカナは相変わらずダメです~。
書くのも、イマイチですかね~。

ドリルの影響で、最近の私たちの会話は、
「りすちゃんのジュースが2本ありました。ママが4本買ってくれました。
さて、何本?」とか
「6本あったジュースなのに、パパが勝手に3本飲んでしまいました。
さて、何本?」とか、、、そんなんばっか。

適当、、、とかいいつつ、なんだか教育ママみたいね、私(苦笑)。
ふふふ。



ランキングサイトに参加中です↓。
ぽちっと押していただくとポイントが上がります~♪
みなさんの応援ありがとうございます!!

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
関連記事

昔のようなひとりごと

天気の悪い日が続いております、、、。
先日、すっかり良くなって甲状腺の薬も飲んでません~
なんて言ったばかりなのに、、、
寒くなったと同時に、調子が↓↓。。。(涙)。

朝、さぁ、掃除でもしよかーーー!!と、動き出すと、
ほんの30分ほどで、なんだかすごく疲れた…と横になる始末。
そんな日が2日続き、どっか悪いんだろうか…?!と…
ふと考えてみると、なんてことはない、これって
甲状腺機能低下の症状じゃないかぁ~~…。
「もう必要ないわね!るんるん!」しまいこんだ薬が再び
登場するハメになりました(涙)。
また再び薬の量を調整することから開始です。。。涙

そんな状態なのに、ちょこっとブログの機能(見た目)を
いじりだしたら止まりません。実は今まで、ブログの機能について
良く分かっていなくって、、、(汗)、ようやく最近、
へぇ、こんなんできるんだわ、、、と分かってきた次第なのです。
ワタシ、こういうのいじるのがけっこう好きで、、、
だからHPもやっているんですけど、止まりませんね。
体が辞めろ!!って言ってるけど…止まらない。ダメです。ダメ、ダメ。

そんなんで、カテゴリの移動を開始したのですが、
すんごい膨大な作業です。。。

私は、ブログが世の中に登場する前から、HPでひとりごとをつぶやいていて
その期間も勘定すると、もう8年以上!!ひょえ~~。
ワタシ、よう飽きませんわ~…って感じ(苦笑)。
その頃から、ずーーっと読んでくださっている方がいらっしゃるのかは
ちょっと分かりませんが、、、昔は「その日のぼそっとつぶやき」って
感じだったので、今とはずいぶん趣向が違いますね。
写真も全然ないですしね。(←昔は、載せられる写真の量やサイズも
ずいぶん制限があって、大変だったんです。)

実は、昔のひとりごとを全部このブログに移しているワケでは
ないんですが、移した分を今読んでも、しょえー、
昔はこんなんつぶやいてたのか~。恥ずかしい~~…!!
というか、誰の役にも立たんやん~~…!!!
、、、と一人赤面してしまいます。

それでも、消すのは躊躇しちゃうんですよね。
自分の昔の日記を捨てられないように、昔のどうでもいいつぶやきも
その頃の自分のつぶやきであって、、、その頃のワタシだから
つぶやいたワケですし。誰の役にも立ちませんけどね(笑)。

ただ、カテゴリ分けをする段階で、「えーーっと…(汗)。」
となってます。どうでもいいつぶやきは、仕分けも不可能…涙。
仕方ないので、えいや!と「昔のつぶやき」カテゴリでも
作って、そこに入れちゃおうかと思ってます。

そんなワケで、しばらくは、「カテゴリ仕分け」を続けることに
なりそうです。

この作業をしていてつくづく思うのは…。
ブログって気軽に始めることができますけど、長続きさせるのも
けっこう大変なのかもしれないってコトですかね。

たとえば、赤ちゃんの成長記!みたいなブログだと、子供が
成長してくるとはたしてどこまで続けてよいか難しいですしね。
少なくとも写真タップリ!てワケにはいかなくなりますし。
海外駐在員の奥様なんかも、海外に来てブログを始める方が
多いですが、いざ帰国ってなると、どうしましょう、、、て
なっちゃいますしね。
趣味のことを書いていても、いつまでも趣味が同じ、とも
限りませんし。

そういう意味で、どうでもいいひとりごとを、懲りもせず
続ける私ってすごいかも…なんて、自画自賛しちゃったりして(笑)。
一貫して続けるってすごいよ、と思いましたが、
こうやってカテゴリ分けしていて思うことは、
いやいや、全然一貫してなかったヨ…、ですかね。。。(爆)


というわけで、少々一貫性を持たせよう、ていうワケでもありませんが、
今回は、昔のようなひとりごと復活。

最近驚いたこと。
さいきん、っていっても、もうずいぶん前のコトになりますが、
夏の旅行前、りすちゃんのオランダのパスポートを更新しました。
オランダの子供のパスポートは、親のパスポートに併記することも
可能なのですが、一人前に一冊申請することもできます。
ウチの場合は、りすちゃんと私だけ日本に行くこともあるので、
一冊申請です。

で、サインを書くところがあるんですが、りすちゃん=幼児の書く
サイン(名前)なんて、はっきり言って、笑っちゃうような
ローマ字です。しかも、名前しか書けないし。
申請時、市役所の担当者の方が「自分で名前、書ける?」と
聞くので、りすちゃんはうなづきました。
じゃ、ちょっと書いてみて、と紙を渡されて、一生懸命名前を
書いたんですけど、、、これじゃぁ、ダメだろうな、と
思いきや、「あら~、上手に書けたわね。じゃ、これで申請するね」
ですって!!

パスポートって大事な証書だと思うけど、こっちじゃ、
こんな取り扱いなんだ~(苦笑)。
日本の市役所や大使館じゃ、、、「あら~、上手に書いたわね」
なんて言われて有効になるなんて有り得ないような?!?!
だんなは、5歳の「記念品」になった~!なんて喜んでるし。
これも小さな文化の違いってヤツですかね。

そのりすちゃん。
彼女は、やっぱりオランダ人です(苦笑)。
急に寒くなったので、水泳教室の帰り、濡れた髪の毛で帰るのは
寒すぎるかな、と思って、マフラーを巻こうとしたら、
「こんなの、冬じゃないんだから、いらないよ!」
ですって(笑)。

帽子=冬、マフラー=冬のもの、っていう概念。
これって、モロ、オランダ人~~(汗)。
昔、オフィスで、何度「クスッ」と笑われたことか。。。
「なんで笑うの?」と聞くと、「冬じゃないのに、
帽子なんか被ってるから」って言われちゃうんですよ~。
いいじゃーーん、寒けりゃ、使わないとー!って私は思うんですが。

りすちゃんには、そんなこと、一言も教えたつもりもないのに、
すっかりオランダ人、、、可笑しいので笑ってしまいました。
「いやぁ、キミも、オランダ人だねぇ」というと、得意満面な顔。

オランダは、今、「子供読書週間」です。
それにちなんで、学校で本の朗読会があるようで、
なんとりすちゃん、クラスの代表に選ばれました!!

はっきりいって、私は、りすちゃんにオランダ語の本なんか
読んであげたことはないんですが(だんながやっています)、
それでもクラスの代表…!!うれしいですね。
まだ幼稚園クラスなので、勉強は強制ではなく、
同い年でも、文字にまったく興味がない子もいます。
そんな中、本が読めるなんて、、、りすちゃん、すごいじゃ~ン!!
家族皆、得意げにニッコニコです。
朗読会には、親も来てもよいらしいので、楽しみです。
ま、あんまり期待すると、オランダの学校の行事=あれっ?!、、、
てことになりそうなので、ほどほどに(苦笑)。

先週は、だんなが珍しく出張に行き、私にとってはかなり
忙しい週でした。ドイツのライプチッヒに出かけていたんですが、
帰ってきただんなは、
「はい、お土産はこれ。バッハの教会はこうだった。
バッハのミュージアムも行った。東ドイツ時代の秘密警察の
ミュージアムにも行ってきた。写真見る~?…続く、続く…」
と延々に話していて、私はふと、
「はて?このヒトは、遊びに行ったのかな?それとも仕事に
行ったんだろうか?」と思ってしまいました(苦笑)。
ホテルはウェスティンだったらしいし、レストランでの食事も
美味しいフルコースだったそうだし、、、いやーーん、
私もついていきたかったワ~~。

ちなみに仕事は、午後3時半くらいから夜中の1時半まで(!)
だったようで、ヨーロッパ中から人々が集まっていたそうです。
たまーにしかないけど、だんなの出張は普通のサラリーマンの
出張とは違って楽しそうです。

ちなみに、オランダ人って、夜の接待時間も残業に数えるんですよね。
えー?レストランでご飯食べてるだけなのに、残業って
いうのかよ?!って、残業数を数えながら(←担当者だったもので)、
何度も何度も驚いたことがあります。
というわけで、だんなの今回の出張、豪華レストランでの
食事時間ももちろんワーキング時間に含まれてます。
いいなぁ~。

…あ、でも、今(日曜日の夜の12時)も働いてるっ!!
遊んでいるばっかじゃないんですな。


最後に。
行ったことないので、なんとも言えないのですが…
今週末は「秋のキューケンホフ」がOPENするそうです。
「ナショナル球根マーケット」なんだそうです。
ガーデニングが好きな人は、キューケンホフの裏舞台、
ちょっぴり興味あるかもしれませんね?!

もちろん、この時期は、入場料も駐車場代もタダです!!

開催時期: 10月14日~16日 10:00 - 17:00

De Nationale Bloembollenmarkt 2011



ランキングサイトに参加中です↓。
ちょっぴりさぼり気味で、ポイント、がた落ちです。。。
また頑張ります。みなさんの応援ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

そらのくも

Author:そらのくも
オランダ生活も15年目に突入しました。

(ご案内)
オランダ情報は「そらのオランダ通信」でお届けしています。是非ご覧ください。

https://soraoranda.com/↓ ↓ ↓

photoeurope2.jpg

カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
写真のこと
当サイトで使用している写真と文章の無断転載はお断りしています。


情報
line_10.gif
line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記のお好きな画像バナーどれかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです 。

heart3.gif クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
気になる本
オランダ生活に役立つ、今、自分が欲しい本を載せています(いわゆる備忘録)。



前回載せておいたフランス菓子は買おうと思ったら絶版になっていた。。。うそ~…!絶版になるのが早すぎる。今度こそ…。

ブログキーワード別カテゴリー

オランダ お出かけ 街並み 子ども ヨーロッパ 旅行 ハンドメイド ガーデニング カフェ ミュージアム 洋服 ショップ ソーイング本 自転車 子育て 教育 学校 オランダの話題 庭園 ロッテルダム カメラ ニュース レストラン オランダの食材 日本語教育 スーパー 国際結婚 おうちのできごと 

ブログ記事カテゴリー
最近のコメント
メールフォーム
ご訪問ありがとうございます♪♪
ブログ・HPの感想はこちらまで↓

mail-pen2.gif
ブログ内検索
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数: 現在の閲覧者数:
Flag Counter
月別アーカイブ