「明日ママ」議論に思う

今、日本では「明日、ママがいない」というドラマについて
続けるべきだ、続けてはいけない…etc.さかんな議論が行われています。
私は、このドラマを見ていないので、「続ける・続けない」のどちらにも
賛同することはないのですが、オランダに住んで、オランダの人権について
何か触れるたびに、日本のそれとは何かが違う?と違和感を感じることが
多いので、今日はそれについてちょっと書いてみようと思います。

日本では、ドキュメンタリーなどの放送番組などで
施設にいる子供を映したり、元犯罪者などへのインタビューを放送する場合、
必ずと言って「音声変更」「モザイクで顔隠し」があります。

これが、まぁ、実際の当事者の人権を守る、ということなのでしょうが、
反面見ている方にとって、このモザイクやら音声変更は、微妙な意図を
感じてしまうのではないでしょうか。

つまり
「やましいことがあるから隠さないとね」
「やっぱり出しちゃうと、差別されちゃうのかもしれないねえ」
どの人も多少なりともそういう意図を嗅ぎとるはずなのです。

一方、オランダは。
これが(少なくとも私は)ビックリ仰天だったのですが、
普通に、あっけらかんと、出てきてしまうのです。

元泥棒さんが、「ここに気をつけよう。泥棒対策。」という新聞記事に登場。
全身&顔写真ももちろん付いちゃってます。ご丁寧に、こういう風にやると
簡単に家に入れちゃうんだ、なんてアクション写真付き。

つまり、この人は公共メディアで堂々と私は元泥棒ですよ、と言っている
わけです。彼の周りに住む人はビックリかもしれません。
「あなた、元泥棒なの?」って。
でも、きっとそれで差別されることはないんでしょうね。
あくまでも「元」ですから。今、まっとうに生きていればやましいことは
何もない。正論ですが、日本ではこれが難しい。

りすちゃんがよく見ている子供向け番組。
おじさんが子供の家を訪ねて、一緒にケーキを作り、その子供が希望
する人にケーキをプレゼントする、という番組なのですが。。。

ここに出てくる子供たちもすごい!!
どんな子供が登場するかといえば、たとえば:
父は犯罪者で刑務所におり、母は子供を捨てて自分の国に帰って
しまったため、現在は、いわゆるオランダ版グループホームに
入っている子供とか、そんな感じ。テレビにはグループホームの
キッチンや子供たちが普通に出てきちゃうワケです。

りすちゃんと一緒に何気なく見ていた私は腰を抜かさんばかりに驚きましたよ。
これってまさに「明日、ママがいない」の本人登場ってワケでしょ。
これが普通にメディアに登場する。しかも子供が見る番組に。
日本じゃ、到底考えられないことです。

ケーキを作りながら、おじさんと子供が二人で淡々と色んな話をしてます。
子供は「お父さんに会いたい」「悲しいこともあった」色々言うけど、
どれも淡々。別に感極まって泣くこともありません。
言っては何だけど、至って普通の子で、拍子抜けするくらいなんです。
そこに友達も登場。もちろん友達もグループホームの子です。
その友達とちょっとふざけながら、3人で淡々とケーキを作る。
これが…なんてことない、普通のありふれた状況なんです。

たぶん、これを見た子供たち・大人たちは、
明日この子をからかってやろうとか、差別する気持ちが沸くとか、
可哀想ねと思うとか、、、そういう気分には到底ならないハズです。
せいぜい「あなた、テレビに映っていいねえ。私も映りたい。」
「美味しそうなケーキ作ったね。」くらいです。

これを見て、私は、、、なんというか自分の気持ちに気がついてしまいました。
私は、この子たちを可哀想な子だ、と思って見ていなかったか。
そして、可哀想な子があまりにも普通で驚いているのではないか。
そして…この子たちが普通であることを驚く自分、それこそが
この子たちへの偏見なのではないか、と。

同じ思いをしたことが他にもあります。
ちょっと前、日本で大論争になっていた「婚外子」問題。
スケートの安藤選手が、結婚せずにすでに子供を産んでいて、
社会がビックリ仰天しちゃったあの事件です。

Yahoo!記事のコメント欄には「婚外子なんて子供が可哀想。」「親は勝手。」
まあ、そんなコメントがわんさかと並んでいたように記憶しています。
それを見て、私はなんとなくピンと来なかったんです。
「子供が可哀想?」「それを決めるのはいったい誰なんだ?!」って。

オランダには婚外子がたくさんいます。
今では、それが当たり前すぎて婚外子だと聞いても、へーっ?とも
ええー?とも、何とも思わないけれども、やはりオランダに来て
まだオランダのことを知らなかった当初は驚きました。

そんなある日、新聞の記事にとある家族の紹介があったんです。
その新聞は、毎週土曜日に「家族と家」をテーマに、色んな家を紹介
するんですが。。。

その日映っている家族は綺麗な女性とハンサムな若い男性でした。
「へー、年上女性と若い男性カップルか?」と思いながら読んで見たら、
そうではありませんでした。母と息子だったんです。

「子供が出来たと告げたら、彼は父親になる気はないと
出て行ってしまった。」

日本では、こういう状況だとやむなく中絶というケースが多いのでしょうか。
オランダでは、産む人が多いのですけれども…。
この女性もためらうことなく出産、そして成長したムスコ君と一緒に
堂々と映っている写真。美しかったです。

何よりも驚いたのはその女性の強さ。
職業は、警察官で…美人警官ってところなんですが、
趣味が日曜大工で、なんとその新聞に映っているシャレー風の素敵な
一軒屋も半分以上は彼女が1人で建てた、と書いてあるではないですか。
やはり彼女が建てた納屋には、御自慢の日曜大工グッズがズラーッと
並んでいて…「近所の人も借りに来るぐらいなのよ。それが自慢なの。」
とのこと。

こ、これは。。。
ターミネーターのリンダ・ハミルトンではないかーーーーー?!

私はやっぱり腰を抜かさんばかりに驚いてしまったのです。
「母子家庭」「婚外子」「父不在」…これらのこの言葉に代表されるは
「可哀想な家庭」「力なき母子」ではなかったのか?!
やはり私の根底にあった偏見が、、、ちょこっと顔を出し、
それが見事に覆され、ガラガラと崩れていった瞬間だったのでした。

今は、身近なところにも婚外子はいます。
りすちゃんのクラスのDくん。
これがまた…お母さん=若くて超美人。モデル並み。
息子Dくん=ハンサムでクラスメートからJビーバーなんて言われてる。
お母さんは週5で働いているので、ほとんど学校に顔を出しませんが、
近くに住むおばあちゃんが、毎日送り迎えしています。
こ、れ、が…。おばあちゃんも若い!!!
下手したら私と同じ歳くらいなんじゃないでしょうね!?
…怖くて聞けません(汗)。
おばあちゃんと一緒くらいだったら、私のショックが大き過ぎる(汗)。

ともかく…とてもじゃないけど、可哀想な子供じゃないです。
むしろ、、、お母さんのその若さが羨ましいぜぃ…と言いたい。
そんな子を「婚外子」だからという理由だけで、
勝手に「可哀想」「大変ね」と決めつける。
それこそが偏見と言えるのではないでしょうか。

親が離婚した子供…。
これは日本も多いですが、オランダはさらに多いです。
子供が見るメディアでも、子供が普通に「親は離婚」といいますね。
言い辛そう…なんてことはまったくありません。ケロッといいます。
別に悪いことでも辛いことでもなんでもないんです。

たぶん。オランダでは、離婚した子供よりも、母親から毎日父親の
悪口を言われる子供の方が可哀想と思っているんじゃない
でしょうか。日本では、離婚したら子供が可哀想だから離婚しない、
なんて人がわんさかといるけど、オランダ人からしたら、
こっちのほうがよっぽど可哀想と思っているかもしれませんよ。

離婚してなくても、日本のお父さんは全体に帰りが遅くて仕事ばかり。
これだって、オランダの子供からしたら、可哀想な日本の子供たち、
なのかもしれませんよ?

つまり、、、言いたいのは、どっちもどっち、てこと。
価値観を決めるのは自分であって、他人がむやみやたらに
その人の境遇を見て「あの人は可哀想」なんて同情するまでも
ないということです。

人間って…可哀想だ、不幸だ、と言われれば本人もそう思い、
本当に可哀想で不幸な人間になっちゃいます。
子供は特にそうですよね。大変なことでも「大丈夫だよ」
「できるよ」と言われると、なんとなく頑張れてしまう、、、
現におまじないが絶大に聞くのも子供たちではありませんか。

日テレのドラマがどういう展開になっていくのか詳しくは分かりませんが、
私くらいの年代の方が「可哀想で見ていられなくて途中で辞めた」
と言っているので、たぶん「可哀想、可哀想・・・」と最初に強調し、
そんな困難を乗り越えていくたくましい子供を映しだし、
人々の涙を誘う…という感じなのでしょう。

私からすると、最初に「可哀想な子供」と決めつけているところで
「そこがすでに偏見なのでは?」と言いたいですね。
もしやるんだったら、別の番組で人々の偏見を解く良心的な番組を
作る、とか何か努力をしなくては。言論の自由だから、といって
視聴率のために何でもかんでもやってもいいものだとは思えません。

一方、重要で、人々が本当に知りたい点に関しては、
「人権侵害に当たるから」とかなんとか言って、報道にオブラードを
かけてしまう。私は…ちょっとそこが歯がゆいです。
なんか、オランダとはやってることがまったく反対?!みたいな。

もちろん、オランダがパーフェクト、というわけではありません。
でも、ここにきてから、私は自分の内なる偏見に気づかされ、
改められる機会が多かったのも事実です。

オランダは世界で一番幸せな国だ、というけれども、
それは、日本と比べて圧倒的に「あの人はxxだからxx」という
偏見が少ないからじゃないかしら。
確かに妙にラクなんですよね、この世界(笑)。

世間に絶大な力を持つテレビなら、人々の偏見を取り除く番組も
作っていけると思うし、またその逆もできてしまう。
だからこそ、テレビ局には高い文化水準をめざすプログラム作りを
していって欲しいと思うのです。



line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング

ソーイングブログランキングはこちらから↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村
関連記事

ついに私の服&トルコ人街布マーケット

CIMG2357.jpg

いくら子供は成長するんだから…とはいえ、ものすごいペースで
洋服を作り続けたら…そりゃ、ワードローブが溢れてくるというもの。
もう冬物は充分~…ということで、ついに早くも夏物を作り始めて
しまった私です。もともと、冬服よりも夏服のほうが好きで気合が入る、
ということもあるんですけれども。夏はお庭のお手入れ、その他で
通常忙しいハズですし(?)、ま、やれるときにやろう、と思って。。。

それと同時に、ついに私の服にも挑戦です!
何故かワクワク、そしてドキドキ☆
やっぱり自分のもの、と思うと、気合の入り方が違うんでしょうか?

考えてみると、私は成長しないので、1シーズンで終わり、
ということもなく、お気に入りを作れば何年でも着られるんですよね。
言いかえれば、大量に作ってワンシーズンで終わり、というワケには
いかない、ということ。そういう理由で気合が入るのかな~?

ワクワクドキドキ、ミシンを進めたらあっという間にできちゃった。
上段TOPの写真です。なかなかいい感じ♪

さっそく試着してみましたけど、外に着て行っても大丈夫そう!(?)
こんなに手軽に自分の服もできるなんて!
なんだか久々に新鮮な喜びがありました。

さて。
この布ですが、実はめちゃめちゃお買い得布なんです。
なんと、1M=2ユーロ!!!
日本の布と比べて、幅も広いので、たったの1.5M程で
このチュニックも出来上がってしまいました。

ということは…

このチュニックは、、、3ユーロ?!?!

や、安いじゃあありませんか~~♪

どこで買ったか?というと、
ロッテルダムのトルコ人街の布マーケットなんです。

この布マーケットも、以前紹介した布マーケットと同じような部類で
いろんな街を半年ペースでぐるぐる回るマーケットです。

そして。
この布マーケットのシーズン最終回が、いつもこのトルコ人街なため、
ここで最後の激安売り出しセールをしているんです。

すごいですよ~。このマーケット。
たぶん、ここに集まる人の90%はトルコ人たち(と思う)。
イスタンブールの観光地よりトルコ人が多いんじゃない?ってくらい
うじゃうじゃ~~います。たいてい女性が布を買うんですが、
男性が一緒についてきて、一緒に決めて買う人も多いですね。
オランダ人の男性は…まぁーまず一緒についてこないので、
こういう習慣は全然違うなあ、とついつい彼らをチラ見してしまいます。

言っちゃなんですケド…ずうずうしさも人一倍!
彼らは、「待つ」ってことを知らないね。
そして、文句だけは絶対言う。
まー、言葉は上達するかもね。文句ばっかり言うから…(苦笑)。

彼らのことはさておき、この布マーケット。
激安布が山積みされていて、最初に何回か訪れたときはまったく
ピンとこなかったんですよねえ。なんか…安布ばっかり~?!って。

しかし、何度か訪れて、私の布の目利きも少し上達してくると、
こちらのマーケットのほうが俄然、面白くなってきてしまいました。

まさにこれこそ…宝の山!なんです。

基本的に売れ残りばかりだから、人気布は残っていないことが多いけれど、
本当はお高い質の良い布がものすごい安く売られていたりする。。。
本当の意味での掘り出し物…わくわくしちゃいますよ、本当に。


CIMG2163.jpg

今回は自分用に、と思って買った3点。
全部、1M=2ユーロです。
真ん中の布が今回のチュニックを作った布です。
左のチェック生地なんか、本当にいい生地で…
何を作ろうか、今、悩んでいるところです。
2M購入したんですけど、最後に70センチくらい余ったので
おまけにもらっちゃいました。
右はペパーミント色のジーンズ生地。
こちらも70センチくらい余っておまけしてもらっちゃいました。
おまけ狙いの確信犯…?(笑)。


CIMG2372.jpg

こちらは、、、りすちゃんのミニ・ズボンです。
ものすごく可愛いコーデュロイ調の布なんですが、
これは1M=5ユーロでした。普通のマーケットだと、こういう布は
8~11ユーロするんで、やっぱり安いです。

黒のレギンスと合わせて履いたらとっても可愛くて…彼女も大喜び。

このマーケットの問題といえば、安いので買い過ぎちゃう、という
ことでしょうかね(汗)。そして帰って今度は家のストックに頭を
悩ますという問題が…(苦笑)。

もうこうなりゃ、どんどん作って誰かに差し上げる、とか
腕を上げて売りに出す、とか、、、?!?!
…って悩むのは、本当に困ってからにするとしますか(笑)。

この布マーケット、すでに春のスケジュールが上がってきているので
ご紹介しますね。

STOFFENBEURS

アムスやロッテには何度も行きますが、たぶん最終2回の
アムステルダムとロッテルダムが大バーゲンなのではないかと…。
少なくともロッテルダムは大バーゲンです。
ただし、、、治安はイマイチかも?
この辺りに初めて足を踏み入れる方は、あまりの移民街に
びっくりすること間違いなし!!です(汗)。



line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング

ソーイングブログランキングはこちらから↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村
関連記事

もう年もすっかり明けてしまいましたが…

新年あけましておめでとうございます。
って…今もまだ有効なのかしら(…汗)。
今年もどうぞよろしくお願いします。

今年も大晦日は、大騒ぎの花火にまんじりともせず、、、
本当は「ゆくとしくるとし」みたいに静かに新年を待ちたい気持ち
なんですけれども。。。もう今やこういうのは古流なんですかねえ。
日本でも、年越しライブや年越しカウントダウンっていうんですか?
大騒ぎに新年を迎えるのがメジャーになっていますものね。
あーあ。こういうのは好きじゃないなあ。
…って、なんか、毎年同じこと言っているような気がしますが。

しかし、しかし。
今年のお正月は、心が入れ替わってある意味お正月っぽかったです。
お正月の必須アイテムなんてひとつもないんですけれども(苦笑)。
でも、今年は変化の年だってことねっ!と、気分はフレッシュ。

1月2日は、例年ですとだんなは普通に会社にお勤めに出かけて
しまうんですが、今年は…例によって(笑)家におりまして。
で、1月2日はだんなの誕生日でもあるんですよ。
その日仕事のない家族が揃ってお祝いに来てくれました。
なんだか新年のご挨拶みたいじゃない?と私もうれしくなっちゃいましたね。
いや。あくまで、誕生日の集いなんですけど。

正月早々「私の転機」なる本をじっくり読み、今年の抱負について
考えていました。

この「私の転機」は50歳~の方が読む本なんですけれども。
50歳でXXを決意し、脱サラした!なんて情報がたくさん載っているワケです。
そういうのを見てねえ。私は、すごく実感したの。

嗚呼。私はここ何年も年齢を言い訳にしてなかったか、と。

「もうちょっと若かったらこれに挑戦するんだけど。」
「これやってみたいけど、もう今更無理ね。」
「この年齢で新しいことに挑戦しようとしてもねえ。」

年齢を言い訳に、努力する、挑戦してみる、ということを避けていた。
そんなことに気がついてしまったんです。

幾つまでが大丈夫で幾つからが無理なのか。
その境界線を誰が定めて誰が実行していくのか。
それは全て自分なのではないか、と。

こう書いてみると、当たり前のことなんですけれども…汗。

そんなワケで、今年の私の抱負はコレ!

年齢を言い訳にしないで、
やりたいと思ったらすぐに始める!



あれから、だんなが本を書く決心をしました。
ようやく重い腰を上げたか、と思ったら…。
そこからがものすごく速い!信じられないくらい迅速!
あっという間に資料を集めて(今も集めてますが)、
早くも構想に入り、新しいコンピュータも買いこんで(…汗)、
一気に突入モードなんです。

やっぱり、プロの「書く人」って違うんだなあ~~。
黙々と作業を進めるだんなを目の前に、唖然…といいますか。

これを書いたら誰かが認めてくれるのか、本になるのか、とか
そんなこと、うじうじ悩みもしないですね。

今やるべきことは「書くのみ!」


よーし、私も負けられないぞ。

そんなわけで、私もあれこれトライするぞ!と心に決めて、
本を読んだり、思ったことを綴ってみたり、相変わらずだけどソーイングして
クリエイティブ気分になったり。。。と、けっこう忙しい日々です。

心を入れ替えて2014年に突入!
こういう意味で、今年のお正月は非常にお正月らしかったなあ、と
思います。

こんな調子ですので、今年はこのブログがどうなっていくのか…
今のところはちょっと不明ですけれども、
ペースを落として更新していけたらと思っておりますので、
よろしくお願いします。



line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング

ソーイングブログランキングはこちらから↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

そらのくも

Author:そらのくも
オランダ生活も15年目に突入しました。

(ご案内)
オランダ情報は「そらのオランダ通信」でお届けしています。是非ご覧ください。

https://soraoranda.com/↓ ↓ ↓

photoeurope2.jpg

カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
写真のこと
当サイトで使用している写真と文章の無断転載はお断りしています。


情報
line_10.gif
line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記のお好きな画像バナーどれかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです 。

heart3.gif クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
気になる本
オランダ生活に役立つ、今、自分が欲しい本を載せています(いわゆる備忘録)。



前回載せておいたフランス菓子は買おうと思ったら絶版になっていた。。。うそ~…!絶版になるのが早すぎる。今度こそ…。

ブログキーワード別カテゴリー

オランダ お出かけ 街並み 子ども ヨーロッパ 旅行 ハンドメイド ガーデニング カフェ ミュージアム 洋服 ショップ ソーイング本 自転車 子育て 教育 学校 オランダの話題 庭園 ロッテルダム カメラ ニュース レストラン オランダの食材 日本語教育 スーパー 国際結婚 おうちのできごと 

ブログ記事カテゴリー
最近のコメント
メールフォーム
ご訪問ありがとうございます♪♪
ブログ・HPの感想はこちらまで↓

mail-pen2.gif
ブログ内検索
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数: 現在の閲覧者数:
Flag Counter
月別アーカイブ