夏のシャーリング・キャミソール

CIMG5640.jpg


もう読まなくなった本・絵本をりすちゃんと一緒に整理しています。
あ~…この絵本は、、、一緒によく読んだなー…
私がそう思う本はりすちゃんにとっても思い出深い本らしく、
たいてい「好きだから取っておく」と言います。

ほぼ100%私と同じ気持ち。

ふふふ。
ちょっとうれしいな、と心温まる瞬間です。

が。
しかし。

以前から言っておりますが、洋服については、、、。

…。

ほぼ100%意見が合いません。

…って…なんでやねーーーーーん!!!

ほんと、がっくり、、、。
ま、そういうことも多少関係して、
今夏は、ほとんどハンドメイド服を作りませんでした。
去年作った服がまだ余っている、ていうそういう事情もあるんですが。

彼女はけっこうやせ形で、こちらで売られているズボンは
どれもブカブカなので、パンツだけは作り続けてます&今後も作り続けますが
上は。。。もうTシャツでもいいかー、みたいな…(苦笑)。

そんなワケで、
今年の夏の旅行も、ハンドメイド服を持って旅行へ、と言うワケにいかず、
昨年&一昨年ブログでご紹介した「ハンドメイド服でxxへ」シリーズは
今年はありません、、、涙。

あ。
でも、ロンドンでねえ。
一昨年前に作ったワンピースを着てくれた日が一日だけあって、
その服を着てナショナル・ポートレイト・ギャラリーに行ったら、
「とっても素敵な服ね!」と声をかけられちゃいました~。

すごいっ!
ロンドン人(←そうなのかは定かではありませんがオシャレな女性でした)に
褒められてしまうとはっっっ!!!

素直にうれしかったです。

そんなこんなのソーイング事情ですが、
夏も終わりに近づいた8月中旬、写真のようなキャミソールを作りました。

初シャーリング!に挑戦です!


CIMG5638.jpg

小さい頃、シャーリングのワンピースが大好きだった私。
今も、やっぱりシャーリングは女の子らしさを発揮するアイテムだなあ、
と思います。

リボンもハートも花柄も好きではないりすちゃんですが、
彼女もシャーリングは好きみたい。

お?
少しは意見が一致してきたぞ?!


CIMG6234.jpg

もう夏も終わりで、着る日もほとんど残されていない気もしますが、、、。

あ、ちなみにこの布は日本で買ったものでーす。
淡い感じがどことなく。。。日本っぽいでしょ?
こちらの派手な柄もいいけど、やっぱり私も日本人。
こういう色合いに、やっぱりホッとしてしまうんです。



line_10.gif




line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング
イングリッシュガーデン・ブログランキングはこちら→イングリッシュガーデンブログランキング
関連記事

ドイツ・イギリスを旅して感じたこと

長かった夏休みも今週でおしまい。

私たちは、ドイツ旅行のあと、なんとイギリス旅行にも行きました(!)。だんなが失業中の割には超華やかな生活送ってます(爆)。まぁ~でも、来年のことを考えると、、、来年は心理的に余裕を持って旅行したりする気分でもないかもしれないし、時間的に余裕がないかもしれないし、何よりお金が全然ないかもしれないし。。。(汗)。

。。。

そんなワケで今年思い切っていっちゃいました。

しかし、イギリスの物価高。。。すごい物価の安かったドイツの後だけに、うへーーーー!という感じでしたね。正直、2倍~3倍はしたんじゃないでしょうか~(汗)。

今は不動産もものすごくあがっているみたいで、ロンドンでは大好きなB&Bとか、もう泊まれないんですよ、、、高すぎて。実際新しいお店も出店する余裕があるのはチェーン店ばかりらしく、歩いてみると、あるのは同じ系列のカフェばかり。前はここまで偏ってなかったんじゃないか、と。。。でも、確かにあんなに高かったら個人のセレクトショップなんてとても中心街には出店できないですね。今はトレンディエリアがどんどん郊外に移っている、というのも納得でした。淋しいけどね。

さて。
今、ヨーロッパでは移民・難民問題が毎日ニュースになっています。海から、陸から、多数の難民・移民が押し寄せて入り口であるギリシャやイタリア、そしてバルカン半島の国々はもう大混乱になっているとか。

ハンガリーでは今、大々的な「壁」を築いていて、壁がなくなって喜んだのはほんの25年前のことなのに、新たにまた壁を築かなければいけないなんてなんと皮肉なことか、という気分です。一度EU内に入ってしまうと、あとは行き来自由なので、彼らは行きたい国を目指して移動を続けます。

私の旅行先ドイツ、イギリスはどちらも移民・難民にとても人気のある国なようです。

…が。

しかし。

今回、二国を旅行して、両者には大きな隔たりがあるのを感じました。本当に全然違う雰囲気だったんです。国が違うんだから、当たり前、、、ていえば当たり前なんですけど。まー、旅行した場所も大いに関係していると思います。

片や旧東ドイツ圏でもっとも保守的と言われるドレスデン。片やイギリスの中でも中心のロンドン。これが、ドイツのミュンヘンとイギリス南部のコーンウォール辺りの旅行だったらまったく印象が違っていたと思いますし、、、(苦笑)。

ドレスデンは移民らしき人はあまりいませんでした。特に黒人系を見かけることはほとんどありませんでした。ゴミ回収やお掃除といった仕事は、オランダでは普通移民系の人がやっていますがここでは普通にドイツ人がやっていました。

トラムに乗ってもほとんどの乗客はドイツ人でした。あとは私みたいな旅行客、、、。この結果、、、得られたものというのは、、、皮肉なんですけど

「安心感」

だったんですよね、、、。

実際、なんだかとても安全な場所でした。どこに行っても何の心配もないくらい。たぶん私は普段、何かしら危機アンテナを立てて暮らしていると思うんだけどそこは海外にも関わらずアンテナがほとんど必要ないくらい、安心・安全を体感できる場所で。つくづくいいところだなー、と思っちゃった。保守的な場所らしいので、実際に住んだらどうなのかな、とは思うけどね。

移民や難民を差別しちゃいけない!!って心の中でいつも肝に銘じているけど…ここのところ続くテロ事件などでやっぱり心のどこかで若干の疲れ、みたいなものがあるのかな。正直、移民が少ないところはやっぱり平和でいいのかも、と思っちゃいました。

また、この地方は、もともと共産圏だったわけだけど、共産主義としてイヤだった部分は、見張られる生活、自由がない生活で東ドイツ崩壊後、それらを放棄することができ、共産主義のいいところだけを残すことができたここの人たちはとても幸せな人々だと思います。。。

え?共産主義のいいところって何、ですと?

それはですねー。人間は平等でお金がなくても幸せになることができる、という思想ですかねえ~。

今回も旅行中彼らの生活を見て…なんちゅーか、そんなんでいいんだ!ってすとーんと抜けた気分になったことが何回かありましたね。

全部トラムの中での発見でしたけど。。。あまりの飾りっけのなさに仰天!!!したことが3件。

一回は、持ちこみパーティをやるんだかなんだか知りませんが、トラムに料理を持ち込んでいたんですが、なんとその入れ物がバケツ(!!)。蓋はできるものでしたけどね。バケツの中に大量のパスタが入っているのが見えてびっくりしました。こんなん持って移動するかぁ~普通?って。。。日本でやったら、確実にヘンな人と思われるんじゃ、、、とさえ思えるバケツだったんですよ~…。

一回は、友達にプレゼントなんだか知りませんが、なんとビールケースを1ケース持ちこんでトラムに乗りこんできました。その中のビール瓶ひとつひとつにテープの飾りがついているんですよ。それもお世辞にも綺麗に飾られているとはいえないテープ、、、。こりゃ、どう見てもプレゼントなのだろうけど、こんな、、、プレゼント、ありなワケ~?ビールケース持ちこみ、しかもそれがプレゼントなんて初めて見ました(…汗)。

しかも、持っていた男女がけっこう美形の若いカップルで、、、。美形カップルなのにビールケース&ビールのプレゼント!!!このギャップがもうわたしにゃ、、、充分鮮烈で、なんか妙にうれしくなっちゃうっていうか。

一回は、これからどこかいい場所でバーベキューをするらしく、バーベキューセット一式&具材&お酒をゴロゴロとトラムに持ち込む若い人々発見。これは、、、もう、、、さすがに笑っちゃいました~~。家に庭がなくたっていいんだよ!車がなくたっていいんだよ!!自分たちが好きなところにいってやればいいんだから!!!

…そりゃ、そーだ(苦笑)。

。。。なんというか、どれも飾りっ気がまったくなくて。。。他人のことなんか気にせず、自分のできることを好きなようにやっているなー、って。お金がある、ない、にあまり惑わされることなく、悲観することもなく、自分の好きなことができる生活って、、、実は本当に幸せなことなんじゃないか、と。。。これは以前ベルリンに行った時も感じたので、たぶん共産主義時代のいいものがいい形で残ったんだと思う。

それに比べると、、、ロンドンはパリと同じ、まさに資本主義の象徴の街で。お金がないと、幸福感を得るのは相当難しい街なんでしょうね。今や不動産バブルで、小さな1部屋でも5000万円以上、とか言っているし…スーパーで食品買うのもやたらくたら高いし、、、。住む・食べる、の基本が高い国・都市はやっぱり厳しいのかなあ~。

日本は…ロンドンに比べると物価はいくぶん安いし(不動産を除けば)、賃金も高いほうだから、幸せに暮らそうと思えば充分できると思う。…ただ、お金がなければいけないと人々が信じる生活になっちゃっているよね。

子どもができたら、習い事に通わせなければいけない。
おもちゃや携帯を持たせなければいけない。
塾に通わせなければいけない。
大学に行かせなければいけない、、、。

…いやいや。本当は別にいいんじゃないの。それぞれの価値観・それぞれの懐具合で生きて行けば。「XXしなければいけない」なんて必須なものは何もないはず。だけど、そういうことをやらせないと「かわいそう」と親が、他人が感じる世界になっちゃっている。

きっとドレスデンの人は、お金がないから子どもは大学に行けない(行かない)、と言っても誰も可哀想とも何とも思わないんじゃないかな。幸せの道はそれぞれなんだから。ドレスデンは、そういう当たり前のことを再確認させてくれる場所で、しかもなんでもとても安かったので、私にとっては、とってもいい場所でした。

イギリスは、大好きだからやっぱり楽しかったけど…なんせこの物価高なんで、当分は行けそうにないかな(涙)。

そんなこんなの今年の夏でした。



line_10.gif




line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング
イングリッシュガーデン・ブログランキングはこちら→イングリッシュガーデンブログランキング
関連記事

クセになる…B級グルメ

CIMG5633.jpg

すみません、、、写真は上手に撮れておりませんが。。。

本日、昔オランダに在住されていたという方々にたまたまお会いしました。
何もかもが懐かしく、オランダを再訪できてうれしい、とおっしゃっていました。
そういう言葉を聞くと、ずっとこっちにいる私もとてもうれしくなります♪

驚いたことに、
オランダの料理は不味いと言われますけど、こっちに来て意外と美味しいなあ、
と、懐かしくパンとかチーズ食べてます」
とおっしゃっていて、、、なんかそれも嬉しかった。

私は、オランダの料理は味付けは不味いけど、素材は日本より上だと
思うのよね。

日本は…味付けにごまかされちゃっている感がすごく強いというか…。
食感をよくするためのヤバい化学物質がたんまり入っているものも多いし。。。
私はもともと素朴な料理が好きなせいか(焼いただけのナス、とかね)、
野菜の多い夏の季節はお安い値段でたんまり野菜が買えて幸せです。
ま、気にする人は…その野菜にだってたくさんのヤバいものが
かかってますよ、っとおっしゃるんですけどね、、、(苦笑)。

さて。
そんなオランダにて。

最近…一定期間を置くとすぐに食べたくなる食べ物があります。
お腹がすくと、そこに直行してしまいたくなるんです、、、(汗)。

それは。

超B級料理ながら、トルコのファースト・フード店。
「Doner Company」 ナリ。

ロッテルダムの駅ナカに入っているんですヨ~。
そして…悲しいことに、最近駅ナカには切符ナシでは入れなくなってしまった。
がーーーーーーーーん。

そんなワケで、旅行やお出かけ時にロッテルダム駅を通るときは、
もう絶対と言っていいほど、そこに入ってしまいます。。。はははは。

ロッテルダムのこのお店は、トルコ人男性たちがきびきびと働いていて、
テーブルなんかもいっつもぴっかぴか。
きったないファースト・フード店に比べると、
本当にっ!!!気持ちのよいファースト・フード店です。


CIMG5631.jpg

黙々と働くトルコ人男性たち
ここ、いっつも混んでます!!!

私はもう必ずといっていいほど、「Durum Doner Vlees(牛肉)」を
辛いソース・ナシで頼むのですが、この細切れ牛肉が…
あぁ、柔らかくて本当に美味しい。
味付けも日本人好みです。
さすがトルコはアジアに通じてるわ、、、。

以前、うちの子も連れて行ったら、眼の色を変えて
「美味しい、美味しい」と喜んで食べていて。。。
さすが、彼女もアジアに通じてますわ(苦笑)。

もし、まだこの美味しいファースト・フードを食べたことがない、という方が
いらっしゃいましたら、是非是非、トライしてみてくださいませ。
オランダの色んな駅に入店しています。

Doner Company

もう絶対クセになること間違いなし!!!

…で、きっとオランダで再び食べたいモノ・リストに
アップされるんですわ(笑)。

あー、書いたらまた行きたくなってきた、、、(汗)。



line_10.gif




line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング
イングリッシュガーデン・ブログランキングはこちら→イングリッシュガーデンブログランキング
関連記事

ドイツに来た~と思う瞬間

CIMG5380.jpg

美しいドレスデン…10年前に完成したフラウエン教会前の広場。


すっかりブログ放置の状態になってしまいました…。
先週は一週間、再びドイツに行っていました。

なんでまたドイツ~~?

…と聞かれれば、、、それは、もう、、、。

だって~お安いんですもの~~。うるうる…。

今回はドレスデンのとてもステキなアパートに1週間泊まったのですが、
なんと一泊50ユーロ程(1週間で360ユーロだった)。

リビングもキッチンもベッドルームもお風呂も付いて、
しかも閑静な高級住宅街と思われるエリアで…。

しかも、オーナーは先日日本公演を終えたばかりの
ドレスデン・フィルハーモニーの団員さん!
今は夏休みでレッスンされておりませんでしたが、
普段はレッスンの音も聞こえるそうです~~♪♪♪♪

こんな優雅なの、オランダじゃ、あり得ないっつーね。

オランダでは、夏の間にアパートを借りよう、などと思ったら、
700ユーロはしますね。
レストランも値段が全然違いますしね。
まったく、、、もう、、、。

今回は久しぶりの旧東ドイツ地域でしたが、
色々な歴史を想像しながら街を歩きまわれるので、
空想が好きな私にとってはとても楽しいところでした。

ドレスデンはヨーロッパで一番被害が大きい空襲を
第二次世界大戦時に受けたそうですが、
戦後、黒く焼けた石を再び積み上げて写真に忠実に、
以前と同じ街並みを再現したということで、
戦前と同じ風景を、私が今、この目で見られるという奇跡に
やっぱり深く感動しました。

さてさて。
ドイツに行くと毎度同じような光景を見て、
あ~~ドイツに来たなァ~と思います。
オランダとは隣国で、同じゲルマン民族なのに、、、
全然違ったりして。。。面白いんですよね~~。

いっつも同じことを思うので、今回はリストアップしたいと思います(笑)。

ドイツに来た~~と思う瞬間!


1. でっかいビール、かぁーーー!

やっぱ、これですよ。これ。
ビールを飲む量が半端ないですわーーー。
オランダでは、ビアカップを見ても「でか!」と思わないんで、
やっぱりドイツのカップは大きいんでしょう、、、。
イギリスも大きいけどね!

CIMG5556.jpg

これは、、、オランダサイズですが、こんなん飲んでいる人、
あんまりいませんね…苦笑。


2. やっぱアイス・カフェでしょ。

アイス・カフェを見ると、おー、ドイツに来た来た、と思いますね~(笑)。
アイスのサイズも、、、なんつーか、でかっ!!!
パフェみたいなものを食べている人の絶対数が全然違う。
というか、オランダにはパフェはあんまりないような?!(疑問…)
メニューによくアイス・スパゲッティとか載っているけど、
なんか…ふざけてませんか?ドイツ人はどう思っているんでしょう(汗)。

そもそも、アイス・カフェの絶対数も全然違う。
1通りにひとつ、って言っては大げさかもしれませんが、
それに匹敵するくらいの多さがありますね。
これだけあってもアイスカフェは繁栄するのか?!
…ということは、どんだけアイスを食べているんだ、ドイツ人!

逆に…冬はどうなっちゃっているんでしょう…。
(そういや、クリスマス・マーケットでもアイスカフェ、OPENしてたなぁ~…汗)


3. ↑の結果…お腹がオー・マイ・ガーッ!

いやぁ、今回は改めて、つくづく思いました。
お腹が…臨月みたいな男性陣、多すぎやしないか…と。
ズボンはサスペンダーがないと絶対履けないってパターンね。
オランダも太った人いるけど、サスペンダーがないとヤバいっていう人は
それほどいないんですよ。

でも、考えてみれば当たり前よね。
あれだけビール飲んで、アイス食べたら…どんな人だって太ります。
健康問題はどうなんでしょ。大丈夫なんでしょうか(なワケないか、、、)。


4. 服がみんなジャック・ウルフスキン?

ドイツに来ると、うぉ~、アウトドア系の服を着ている人が多いなあ~
と感じます。オランダ人はジーンズ系ばっかりなんでーー。

私のイメージするドイツ人は…黒系のTシャツ(またはシャツ)、で
下が緑っぽいアウトドアズボン、かな。
こういうカッコの人、すごーーーく多い気がする。

私もジャック・ウルフスキンが好きなんで…ドイツでお店を見つけたら
絶対に入ってしまうんですけど、ドイツ人も本当に好きですよね。
もう~~、、、まさに国民服?


5. みんな、お金を払って乗っているのかな~?

オランダの公共交通機関は、無賃乗車はほぼムリ。
しょっちゅうチェックが入るし、日本みたいにゲートシステムを採用しているし。
こういう国から行くと…ドイツは、まるで10年前のオランダのよう、、、!
DBやSライン以外でチェックが入ることはほとんど皆無ですよね…。
チェックが入らない地下鉄やトラムで、みなさん、キチンとお金を払っているんでしょうか。
ちょっと心配になっちゃいます、、、って私が心配してもしょうがないんですが(苦笑)。
まぁ、でも、、、みなさんの理性を信じますっていう姿勢、私は好きですけど。
ロッテルダムのトラムなんてくどいくらいチェックに来るんで、もう~いい加減にせぃ!
って思っちゃうんですよね。。。


6. ペットボール・空きビン集めの人々

最後にコレ。
実は、私にとってはこれが最大の「ドイツに来たな~」と思う瞬間だったりします(笑)。
ドイツは、ペットボトル、ビール瓶、缶などにディポジット代を払わなければいけないので
当然空きビン・空きペットボトルなどをお店に持っていけば、ディポジット代を
返金してもらえるんです(オランダでも一部そうです)。

この制度を、お小遣い稼ぎに利用しよう!と思う人が、、、
ドイツにはとても多いらしく、街を歩いていると、大きな袋にビール瓶を
かき集めている人をよぉぉーーーく見かけるんですよね!!! 
この数、ほんと、相当数ですよ!

別にスリや泥棒みたいに悪いことしているわけじゃない。
人様に迷惑をかけるわけでもない。
彼らが集めてくれれば、街も綺麗になる!!!

これって一石二鳥じゃーーーん!!…かな?

でも、どれくらいのお小遣い稼ぎになるんでしょ。
これで生計が立てられるっていうんだったら、、、
うーーーん、私も移住して参戦? (笑)


以上が、私が思う、ドイツに来た~~と思う瞬間!でした。
他にまた思いついたら、ひょっこり加えるかもしれません。
いかがでしょう? 私がいかにドイツに愛着を持って観察しているか
お分かりいただけましたでしょうか、、、(本当ですよ~~!!)。



line_10.gif




line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング
イングリッシュガーデン・ブログランキングはこちら→イングリッシュガーデンブログランキング
関連記事
プロフィール

そらのくも

Author:そらのくも
オランダ生活も15年目に突入しました。

(ご案内)
オランダ情報は「そらのオランダ通信」でお届けしています。是非ご覧ください。

https://soraoranda.com/↓ ↓ ↓

photoeurope2.jpg

カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
写真のこと
当サイトで使用している写真と文章の無断転載はお断りしています。


情報
line_10.gif
line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記のお好きな画像バナーどれかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです 。

heart3.gif クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
気になる本
オランダ生活に役立つ、今、自分が欲しい本を載せています(いわゆる備忘録)。



前回載せておいたフランス菓子は買おうと思ったら絶版になっていた。。。うそ~…!絶版になるのが早すぎる。今度こそ…。

ブログキーワード別カテゴリー

オランダ お出かけ 街並み 子ども ヨーロッパ 旅行 ハンドメイド ガーデニング カフェ ミュージアム 洋服 ショップ ソーイング本 自転車 教育 子育て 学校 オランダの話題 庭園 ロッテルダム カメラ ニュース レストラン オランダの食材 日本語教育 スーパー 国際結婚 おうちのできごと 

ブログ記事カテゴリー
最近のコメント
メールフォーム
ご訪問ありがとうございます♪♪
ブログ・HPの感想はこちらまで↓

mail-pen2.gif
ブログ内検索
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数: 現在の閲覧者数:
Flag Counter
月別アーカイブ