キューケンホフ シーズンパス

keukenhof.jpg

身近すぎてその価値に気がつかないまま通り過ぎてしまう…そういうものっていっぱいあると思います。

今や世界遺産に登録された富士山のふもとで育った私は、毎日家の玄関を開けると目の前に雄大な富士山が見えるのが当たり前でした。でも、あれだけ大きな日本一の山が目の前にあっても、目の前にあるのが当たり前すぎて、ときどき富士山の姿さえ見えないことがあったのです。

富士山の周りには、今やカメラマンが大きなカメラと三脚持参で押し寄せるような、写真の名所と呼ぶべき美しい自然・見どころがたくさんあります。かすかな記憶ではありますが、たとえば本栖湖を通り過ぎたとき、身延山の桜を見に行ったとき、うわ~きれいだな、と思った記憶があります。でも、もし今訪れたとしたら、世界遺産というネームバリューも手伝って、もっともっと感動が大きいかもしれません(笑)。単純だけど☆

そして、それは富士山のふもとだけじゃなくて、次に住んだ京都も同じで。…て、考えてみると、京都だって世界遺産都市じゃーーーーん。。。私、成人するまでずっと世界遺産が身近にある場所に住んでいたんだ、、、。今、気づいたよ(苦笑)。

それなのに、なんでわたしは、これらの世界に誇れる美しい場所をしっかり目に刻み付けることができなかったんだろう?

歳を取ってきたのか、そんな過去の後悔がこの頃よく頭に思い浮かぶんですが、ふと冷静に考えてみると、、、。まてよ。私は同じ過ちを再び繰り返そうとしてはいないだろうか?

このブログを覗いてくださっている方はご存じだと思うのですが、私は花が好き。ガーデニングも大好きで、夏になると花の写真ばかり。

でも、そんな私が、、、ですよ?今までにオランダが世界に誇る春の名園キューケンホフに何度足を運んでみただろう?…そう考えたとき、たった3回しか訪れたことがないことに気がついてしまったのです。

15年以上住んでたったの3回、、、!!

うちのだんなみたいに花が好きじゃないんだったらこれでもいいと思うけど。でも、私は、わざわざ名園を見るために国境を超えるほど、花が好きなんです。それなのに、、、これでいいワケ?身近の名園をないがしろにしてはいないかい?

そんなわけで、次回のキューケンホフはシーズンパスを買って、球根の開花開始時期から最後まで見てやろう。昨年の夏にそんな決心をした私。秋にはうれしくないケガもあり、その後体調も悪くて、本当に行けるのかいな?て感じだったけど、私の決意は石のように固く(…???)年明けにシーズンパスを申し込みました。

3月に入ってシーズンパスが届き、そして本日は初めての会員メールも届き…けっこうワクワク。、、、って、今は本当に寒くて来週マジで開園するのかい~~(汗)…てな気分でもありますが、、、。

シーズンパスは3回いけば元が取れるのですが、最低でも4回は行って、キューケンホフが自分の庭みたいな気分で球根の成長を楽しく見守れたらいいな、と思っています。

何回か行くので、カメラもいくつかのレンズを組み替えて持って行って、面白い写真が撮れたらいいな、と思っています。本当は今年の冬はマクロレンズを購入したかったんですけどね、、、インプラントがいくらかかるのか分からず(保険がどれくらい下りるのか分からず)、無駄遣いができないのが辛いところ、、、(涙)。ま~それは次回の課題として、今あるレンズで頑張って撮ってこようと思います。

楽しみ。だけど、早く暖かくなってくれ!!!
関連記事

プリンセス・フェイクニュース

DSC_086418.jpg

日本で最近週刊誌をにぎわせているニュースと言えば…結婚が延期となった眞子さまのニュースでしょう。けっこう熱心にヤフーコメント欄などを見ていますが(笑)、みながみな、結婚反対の意見…というのも珍しい現象なのではないでしょうか。

これだけ国民に祝福されない結婚だとしたら、もう私は婚約解消しかないと思うのですが、、、。かくいう私も、ちょっと最初から「うーーーん」って思っていたんですが、今回の金銭トラブルが出てきた時点で、私の中ではチーンと終了しています(苦笑)。

私は人事部で仕事をしていたので、いろんな人の履歴・略歴を見てきました。その中には、お金がなくて高校しか出られなかったとしても、就職してからずーっと努力して、大学も2部にいって卒業資格を取って、そのほか難しい資格も取って…順々に上のランク目指して努力している人がいるっていうことも知っています。つまり、お金ってあったほうがいいに決まってるけど、なかったとしても自分の努力次第でいくらでも這い上がっていけるんですよ。

そもそも私自身も、社会人になった後、留学して転職しましたが、留学費用は自分でコツコツと貯めたし、留学・転職できるよう多少努力しました。だから援助してもらったお金を返そうともせず、一流企業を1年未満でぱっと辞めてしまった彼に「甘い!!」とダメ出ししたいし、履歴書を見る人事部の立場からしても、彼の履歴は採用には躊躇しまくりな履歴、と言いたいですよ。中途半端すぎます。

彼のお母さんの存在はさらに怖いですね。なんか彼女の話を聞いて、チャールズ皇太子の弟であるアンドリュー王子の元妻、ヨーク公爵夫人(セーラ・ファーガソン)のことを思い出しました。

セーラ・ファーガソンは結婚当初からかなりの浪費家で、離婚に至るまでの10年で借金が500万ポンド(約7億円)を超えていたそうですから、浪費家というのはいくらでもお金を使うことができるのでしょう。ちなみに彼女はいまもたびたび金銭トラブルで告訴されてますから…イギリス王室も、離婚して縁が切れたとはいえ、頭が痛いですよね。日本なんて結婚したら離婚は難しいでしょうし、さらにひどいことにもなりかねないのでは?!…って感じ(汗)。ともかく、こういう人はお金になるなら暴露でもなんでもしますから、日本の皇室もうかうかしていられないんじゃ、、、と思います。

さて。最近、オランダでもギョッとする王室ニュースがありましたので、ご紹介したいと思います。私なんて新聞でそのニュースを見た途端「え…マジ?」と声を出してしまったほど…。

それは、オランダ国王ウィレム=アレクサンダーの長女で将来の女王となられるアマリア王女が中国へ1年間留学する、というもの。学校名まで出ていて、それは本当のニュースのように思われました。

もう~、なんていうんですかね。眞子様のニュースもなんかモヤモヤですけど、こちらもモヤモヤですよ。ちゅ、中国~?!?!

中国は長い歴史を持つ大国で尊敬すべき文化は多数持ち合わせておりますが、なんてったって共産党に支配された国であり、昨日は独裁政権へ傾く憲法へ改正された国です。こんなところに、将来の女王、でも現在は権力はまだ持ち合わせてない子供を送りこむなんて、人質を送り込んだも同然じゃありませんか?!しかも、中国は法治国家ではないのですから、たとえ何もしてなくても逮捕でも死刑でもなんでもできるのです。

オランダの政治は三流ではないと思っていたが、ついにオランダも中国の賄賂の手に落ちたのか?と、このニュースを読んだ後、私はなんというか自分の住んでいる国にガッカリして、しばらく暗澹たる気持ちになってしまったほど、ショックを受けてしまいました。

と・こ・ろ・が。

これはまったく事実無根のデマのニュース、つまり最近で言うとフェイクニュースだったのです。事態を重く見たウィレム=アレクサンダー国王自らが、中国に留学することはない、と否定したことでこのニュースは一気に収まりました。あ~、良かった。

それにしても。いったい…出所はどこだったんでしょうね。オランダの官僚は中国に使節団として派遣されて、ずいぶん派手な接待を受けている、というまことしやかな噂は聞いたことがありますが、懐柔されているオランダ人がいて、その筋から流れてきたんでしょうか。今のご時世に、ちょっと、、、いや、かなり怖いですね~。

この二つのプリンセスニュース。全然中身は違う内容で、しかも、ひとつはフェイク、ひとつはリアルなんですけど、共通点がひとつあります。それは、30年前だったら「あり得なかった」ということ。30年前だったら、結婚話は進まなかったでしょうし、留学話も誰も信じないあり得ない話だったはずです。そういう意味でも…時代は流れているんですね。いやはや。

関連記事

裁量労働制が可能な環境

DSC_037118.jpg

なんとか良くなってくれ、、、という願いは結局かなわず。

転倒事故で吹っ飛んでしまった歯は事故後にすぐまた入れ戻したのですが、再生できず…あまりにも体調が悪化してしまったため、もう諦めて抜いてもらいました。

今年に入り、だんだんと良くなる傾向になっていけば多少痛くても我慢しようという気持ちになったと思うんですが、思いとは裏腹にどんどん悪くなる一方で。最後は、めまい、動悸、全身のしびれ…と、全身どこも良いところナシ、夜もあんまり寝られず、みたいな感じになってしまい、もう我慢することはできなくなりました。こういう状況だと本当に未来もまったく見えないですし。ただただ不幸な毎日。

なんやかんやと歯医者には大変お世話になり、お金も吹っ飛んでいったのですが…(これからもインプラントで吹っ飛んでいきます…涙)、でも、今は前歯がなくて不快なこと以外は不調ではなくなったので、ホッとしています。

最後抜いてもらう時も、「もう今すぐ即時に抜いてほしい」と頼んだところ、その日に義歯の型を作りに行くことを許可され、翌日にはその義歯もできて抜いてもらうことができました。

日本人の同僚にその話をしたら「え、日本だったら義歯の注文に1週間はかかるよ」って言っていたので、日本より全然早いってコト?!すごいやん、オランダ!!その迅速な対応に驚いてしまいました。

歯医者さんも予約でほぼ一日埋まっているんですが、お昼の休憩時間を削って予約を入れてくれたり、終業間近時間に予約を入れて多少残業してくださったりして、、、緊急時は真摯に即時対応してくださることが分かり、なんていうか、心の拠り所になったかな。心細くても「もういやだ、オランダは酷い、日本に帰りたい」みたいな気持ちには一切なりませんでした。

ただ。面白いのが…やっぱり残業なしが基本のオランダにおいては、残業する人は本当に残業が必要な人だけなんですわ。なので、患者である私が口を開けて治療を受けている間でも、治療に当たっている歯医者さん以外、アシスタントの方もほかの専門医も、「じゃ、よい週末を~~」なんて、みーんな先に帰っちゃうんですよ、、、まー驚いたことに。

これが、、、けっこう心細いんですよ(苦笑)。歯医者さんは治療専門で、治療薬がどこに閉まってあるか等あんまり分かっていないらしく、あちこちの引き出しを開け閉めしている音が盛んに聞こえてくるんです。

「だ、大丈夫かいな…」(←私の心のつぶやき)

ここまでやって、どこに薬が入っているか分からない、等と言われた時にゃ~~!!!私は怒るよ!!!みたいな(笑)。ま、結局大丈夫だったんですけどね。

でも、実はこういう経験は初めてではなく、以前大病院に行ったときも、まったく同じだったんでどこもそうなんですけどね。あのときもめっちゃ心細かったな~。奥で診療している私のお医者さん以外、全員ゾクゾクと帰路についていて…広い病院内で私一人がぽつーんと待合室で待ってるんです。総合受付ももちろん誰もおらず閉まってしまっているし。

本当にこのあと、私が呼ばれるのかしら???もし呼ばれなかったら…どーしたらいいのよ、私?!?!…てか、玄関が閉まってたらどーすんねん?!?!

…とまあ。どこもかしこも5時過ぎたらこんなもんですわ。オランダは。

サービスとしてはイマイチかもしれませんが、でも、不必要な残業はしない、という徹底したシステムの中にいると、そういうのもアリなのかな、と思うんですよね。だって、別にアシスタントや受付が残っていたって、それによって患者に何か「病気が改善される成果」があったか、というと何もないわけでしょ。単なる心理的なサービスということだけで。「成果がない」のだからそこに支払うお金は発生しない、と。そこは徹底しているわけですよ。

一方、日本の状況は、といえば。本当に必要な残業もあると思うけど、無駄な残業もたくさんありますよね。…というか、残業ありきで一日のスケジュールが成り立っているのが当たり前で、営業アシスタントさんでさえ付いている営業担当者が帰ってくるまで帰れないとか…。いや、そんなん、メモ置いてちゃっちゃと帰ろうよ。。。そのあと、6時過ぎから会議がスケジューリングされていたり。その会議も、別に自分なんていなくったっていいじゃん、みたいな、自分は一言も発言しないどーでもいい会議だったりして。

こんな状況、オランダ人だったら発狂してますね(苦笑)。日本人も、従業員みんなで同時に発狂すればいいんだと思うんだけど…(笑)。

こーんな状況の日本で、今、裁量労働制がどうのこうの、と話題になっていますが。ちょっと寒くなっちゃいました。みんなで発狂して、拒否するくらいの強い立場で発言できない労働者がこんな条件を受け入れざるをえなくなってしまったら、どーなってしまうんだろう、って。こんなん取り入れたら本当に日本は最後かも。

私は決められた仕事だけやります、あとはどうなったって知りません~~。サービス低下になったって、そんなことは私の知ったこっちゃありません。経営者であるあなたが考えてください。

それくらい強気でいけたらいいんですけどね。もともと日本の職場はそんな従業員が強気な雰囲気はまったくなかったと思うけど、今、ニュースなどを読むとますますそんな感じじゃなくなっているような、、、大丈夫なのか?!日本の行く末は。
関連記事
プロフィール

そらのくも

Author:そらのくも
オランダ生活も15年目に突入しました。

(ご案内)
オランダ情報は「そらのオランダ通信」でお届けしています。是非ご覧ください。

http://soraoranda.com/↓ ↓ ↓

photoeurope2.jpg

カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
写真のこと
当サイトで使用している写真と文章の無断転載はお断りしています。


情報
line_10.gif
line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記のお好きな画像バナーどれかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです 。

heart3.gif クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
気になる本
オランダ生活に役立つ、今、自分が欲しい本を載せています(いわゆる備忘録)。



前回載せておいたフランス菓子は買おうと思ったら絶版になっていた。。。うそ~…!絶版になるのが早すぎる。今度こそ…。

ブログキーワード別カテゴリー

オランダ お出かけ 街並み 子ども ヨーロッパ 旅行 カフェ ハンドメイド ガーデニング ミュージアム 洋服 ショップ ソーイング本 自転車 オランダの話題 庭園 教育 学校 カメラ ロッテルダム 子育て ニュース レストラン オランダの食材 日本語教育 スーパー 国際結婚 おうちのできごと オランダサッカー 

ブログ記事カテゴリー
最近のコメント
メールフォーム
ご訪問ありがとうございます♪♪
ブログ・HPの感想はこちらまで↓

mail-pen2.gif
ブログ内検索
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数: 現在の閲覧者数:
Flag Counter