教育移住?なんだそれ?

DSC_022318.jpg

最近、日本では「教育移住」とか「親子留学」なるものが流行っていて、オランダにも教育移住を目指している人がいる、と聞きました。以前にとあるサイトでオランダの教育について書いてほしい、と言われたので、承諾したのですが、そのサイトが親子留学を奨励するもの、と聞いて辞めてしまったことがあります。正直言うと、私は「なんだ、それ?」で、賛成しかねる部分が大きいからです。

いったい子供をどうしたいんだろう?…小さな子供をかかえて、あれをさせよう、これをさせよう!という親はけっこういるらしいですが、私には彼らの望む子供の将来の着地点がイマイチよく見えません。

子供に多大なお金を費やして、幼稚園からお受験だ~、なんだ~、、、と頑張るのも、子供が自分の道具かなんかと思っているの?という気もします、、、たとえば、芸能人の子どもとか、よく話題になってますが。

そういえば、最近も、わざわざ子供を連れて英国までやってきてしまった人がいましたよね、、、。あと、本当になれるかどうか怪しい気がするけど、子供を国際的に活躍できるモデルにさせる、と張り切っている親も最近出てきました。

あの~~モデルは~~…どれだけお金を積んでも、背が足りないと国際派にはなれないという…単純な世界なハズなんですが~~…(汗)。あのスーパーモデル、シンディ・クロフォードの美しい娘さんだって、175センチになってようやく本格ブレイクしたんですよ~~…。

まー、芸能人事情はおいておいて、、、。

将来のグローバルな人材を育てるために、小さいころから国際感覚を育てる。

なんとなく聞こえは素晴らしい。そして、もっともな気がする。でも、ちょっと待てよ?よく考えてみると…それよりなにより先にやることがあるだろう?と思うのです。国際感覚を育てるのも大事ですが、両親が日本人の場合、その子供は将来日本で生きていかなければいけない可能性が高い。というか、どっか別の国の滞在・就労ビザが取れない場合は、それしか選択がないのです。

だから、国際感覚よりも、日本できちんと社会人をやっていけるかのかどうか?のほうが、ずっとずーっと、ずーーーーっと大事なことだと思うのです。

実は、日本は、大学までは意外と柔軟で好きに生きていける可能性が高いです。帰国子女は優先されるし、外国帰りは喜ばれる傾向がありますから。でも、社会人は違います。どんなに外国人が多い外資系であっても、メンタリティーは日本。そして労働コミュニティーも日本です。

ここで日本の感覚についていけない人になってしまうと、会社に定着することができません。もちろん、会社に勤めることだけが人生ではありませんから、自営業でも会社起業でも、なんでも道があればそれでいいと思いますが…。でも、結局日本人相手にお商売していくためには、日本人のいわゆる「あうん」を理解しておかないとお金を稼ぐことは非常に難しいと思います。

昔、外資系の人事に勤めていたからけっこう事情はよく知っています。(帰国子女で外国の大学名やら高校名がずらずらと…)学歴は素晴らしい!…でも、この人、なんか会社の中で浮いていて、うまくやれてないな~…てな感じな方。こういう人は、たいてい1年くらいで辞めてしまうんですよ。「なんか自分はこの会社に合いません」「僕のやりたかったことと違います」って。…こういう人、けっこう多いんですよ。

話をするとなんとなく理解できるんですよね。なぜ、彼らが浮いているのか。ずばり、上司・同僚の指示・顧客の意向がよく読み込めない。これは、実際に言葉を飲み込めない場合(←サイアクケース)と、理解はできるけど日本人が普通に行う感覚が分からずとんちんかんなことをしてしまう場合があります。

実はごく最近もこの部類の人に会ってしまいました。経歴は知りませんが、英語が非常に流暢なので、まぁ~帰国子女でしょうね…。大企業の超一流サラリーマンなハズなんですが、、、言葉も非常に慇懃なんですが、、、困ったことにこちらが言おうとしていることを理解してもらえない!!!!そしてなぜかこちらも理解できない!!!!びみょーにかみ合わないんです。。。

なんだこれ?と思いましたよ、、、。あんまり具体的に言うと、狭いコミュニティーだから「あ、あいつかも?」と思われちゃうと困るんですけどね、、、でも、たぶん…もう日本に帰ったハズ(…苦笑)。そんなんで、たった1枚の紙のやりとりで3か月くらいかかってしまった。普通なら5分で終わる案件と思うよ?!

こういうタイプの人。そうそう。今なら具体的なお名前、出せます。

ズバリ「小室圭さん」その人!!!!

彼が今回3年も留学すると聞いて、私はもう、、、ますます確信しました。この人は、まさにそういう人だと思います。会ったことないけど、たぶん、、、いや、絶対そうだ!!!

日本の社会で成功している人っていうのは、国際感覚に優れている人じゃないよね。それはプラスアルファで持ち得ているかどうかの話であって、もっと根本的に大事なことがある!

それは何か、ていうと、やっぱり「人の話を聞く力」、そして「強靭なメンタリティー」なのです。日本人の場合(外国でも結局そうでしょうけど)、3聞いたら10分かる。それこそスマートな仕事人なのです。それは、海外にいると身につくものではなく、むしろ日本でいろんな人と話をする経験を持って初めて身につくものなのです。そして、それは親がしゃしゃり出ようと、何をしようとまったく無駄で、子供が経験を経て自分で吸い上げていかなければいけない力なのです。

日本人の親の子育てとして、一番大事なことは「日本の社会でしっかり生きていける人間に育てること」。それにプラスアルファして、どこか別の国でも生きることができる力を身に着けさせたら、最強で、その子供はまさに「本当の自由」を勝ち取る権利を得た、ということになると思いますけどね。

ただし、海外育ちであろうとなんだろうと、謙虚さを知るスマートな人であれば、最初はダメでもすぐに追いつくことが出来るでしょう。私の後輩は
「皆さんに育てていただいて」
「私は本当にいろいろ理解できていないので」
「最初はドジばかりやらかしたんですよ」
「分からないので教えてください!」
…謙虚な心をいつも忘れずに持っていました。なので、1、2年ですぐ追いつきましたよ。

かくいう私だって、純粋に日本でずっと育ってきたハズなのに、新入社員の時は、電話の取り方も分からなかったワケで。会社の顔である総務に配属になって「すべての電話を取れ!」と言われたときは、地獄のようだと思ったけど…ときどき怒鳴られたりして…社長に向かって「どちらの●●さまでしょう?」とお決まりのドジもやらかしてしまったし、、、(苦笑)。でも、考えてみるとあの経験は今でも確実に役に立っていると思うのです。

最近聞いた話は、「オランダの自由な教育を受けさせたくて頑張ったけど、結果、それは子供にとって自由ではなかった」という話(←成長したら、けっきょく…どの言葉もよく飲み込めない中途半端な人…まさに私が上で説明した人になってしまったらしい…)。妙にナットク~~、実話ここにもアルアル~~と思ったわたしでした。

そんな訳で…いろんな実例を見ているだけに…小さな子供にあんまりリスクを背負わせないほうがよい、というのが私の持論です。

子供が育っていくうえで一番恐ろしいことは、「相手が何を言っているのか分からない」という状況を常態させてしまうこと。それを何年も続けて受け流していると、子供は理解するという根本的なことが分からなくなります。そうなってしまうと、もうどこへ行っても成功することはできないでしょう。言語問題で一番やっかいなのはそこだということを理解した上で、挑戦していただきたいな、と思います。

そもそも、本当に能力のある子供であれば、高校留学でもまったく遅くないんですから(かくいう私は最も最後尾の社会人留学です)。

ま~~…必死な人には何を言っても無駄な気もしますが、、、一応吠えてみました(笑)。
関連記事

ミツバチの数が少ない

DSC_229919.jpg

Yahoo!ニュースを見ていたら、ネオニコチノイド系の農薬のニュースが載っていました。EUでは今年度一部成分の使用禁止が決まった、ということですが、てっきり私はすでにもう全面使用禁止になっているのかと思っていました。

ネオニコチノイド系の農薬はペットや乳幼児にも多大な影響を及ぼすことがすでに分かっており、オランダや近隣国では、たぶん家庭用・庭用のネオニコチノイド系農薬は2000年代半ばからすでに使えなくなっていたと思います。ナメクジ殺しなどの薬は、以前のものと比べて全然効果がありませんから。

昔は薬を撒いておけば次の日には、恐ろしい数のカタツムリの殻が転がっていました。それをザーッとすくって捨てるだけ。なんと簡単だったことでしょう。あの光景は、ちょっとすごい光景だったので、忘れることはできません。

でも、今は、撒いてもほとんど効果がありません。薬について何も知らなかった頃は、憤慨していました。なんでこんな効果のない薬になってしまったんだ、と。でも、その薬が実はネオニコチノイドという成分を使用しており、中枢神経系や自律神経系、骨格筋などを破壊するものである、ということを知って、無知な自分を恥じました。

無知である、ということはなんと恐ろしいことなのか。自分は、薬の危険性も知らず、庭に大量の薬を撒いていました。それをなめた近所の猫ちゃんはもしかしたら神経をやられていたかもしれない。うちにはペットはいないけど、もしいたら、小さなワンちゃんがダメージを受けていたかもしれない。いやいや、子供が生まれたころはどうだったであろう?子供が生まれて、よちよちと庭を歩き始めた頃に、私はその薬を使用していなかっただろうか?危機感がなかったので恐ろしいことに記憶すらありません。

さて。このネオニコチノイド系の農薬は、今、別の問題で大きく揺れています。前にも書いたように思うのですが、ミツバチが失跡や大量死してしまうという問題です。すでに世界中でミツバチの減少が報告されていて、この原因にネオニコチノイド系の薬が疑われています。

ネオニコチノイド系の薬がまかれることで、神経をやられてしまったミツバチは、帰巣行動が破壊されて、元の巣に戻れなくなり、結果、群れが崩壊してしまうというものです。考えてみれば、どうやってミツバチは外へ飛び出し、また自分のお家に帰れるのでしょう。不思議な、神秘的な能力を持っているものです。

ほぼこの説は確定されつつあり、世界で問題定義されていますが、日本は使用禁止案は出てきていません。ネオニコチノイドの薬を販売しているのは大手メーカーですし、過去の水俣病公害などの経過を見ても…なかなか使用禁止にはならないのではないでしょうか。公害は私が生まれるずっと以前に起きた問題ですが、その経過を見ても、苦笑しちゃうくらい、いかにも日本らしい経過で廃止になってますね。もうほぼクロ確定だったのに実験結果は封印され、垂れ流しを辞めるのに10年以上もかかってしまった。国も、人間も、いつだって大企業の利益を優先するのよ。その間にたくさんの人々が被害者となってしまいました。

今回は人間どころか声を発しないミツバチの話ですから。大企業は、相当な理由がない限り販売を辞めることはないでしょう。そして政府も…それを後押しするように禁止にすることはないのではないか、と。

そういうわけで日本では、身近に大量の薬が出回ってますので、ペットがいる方、小さな乳幼児がいる方、妊娠中の方…はぜひ気をつけてくださいね。身近なガーデニング用の薬や家庭用殺虫剤には思わぬ猛毒が含まれているかもしれません。

具体的な商品名は、たとえばこちらにあります → ネオニコチノイド系の商品

気のせいかもしれませんが。まだこれから来るのかもしれませんが。この乾いた天候のせいかもしれませんが。はたまたウチだけの事情かもしれませんが。…今年は、我が庭にやってくるミツバチの数が少ないです。いつもは、ラベンダーが咲くこの時期、ありとあらゆる花にミツバチがくっついている、そんなイメージなのに、今年はなんだか、あんまり…飛んでいない。

気になりだすと止まらなくなって庭に行っては確認するけど、いつもはうるさいぐらいのジージーという音もあんまりなく…「沈黙の春」という言葉を思い出してしまいます。自然豊かなこの土地で、まさか。とは思うものの、、、。

嘘か真か、ミツバチが地球上からいなくなったら、人間は数年以内に滅亡するそうですよ。受粉なんて気の遠くなるような膨大な作業をやってくれるのはミツバチしかいないのです。

人類の滅亡か、はたまた今一瞬の金もうけか、どちらが大事かなんて比べるまでもないはず。なのに、本当の危機になるまで理解できない人がいるというのが悲しい限り。

私は、今、ここにいるミツバチたちに、ちゃんとお家に帰ってね、と祈りながら…アブラムシもカタツムリもナメクジも、見つけ次第、手や靴裏で捕殺(一応グローブはしてますが…)。都会育ちの人が見たら、びっくり呆然でありましょう。だんだん図太くなっている自分が怖い(汗)。でも、知ったからには使うわけにはいかない。そんな気持ちで頑張っています。
関連記事

子供の携帯電話事情

DSC_020818.jpg

うちの子もついに携帯電話デビューしました。4月のことです。もともと日本の中学1年になったらね、と約束していたので、約束通りなのですが、オランダ人の子供が携帯を持つのは早い!!!なんと、うちの子はクラスで最後になってしまいました。

4月からさかのぼること半年ほど前。うちの父がスマホ買ったけど使うことないし、暇しているのでメールしてくれ、と頼まれてメールをしました。話題がないぞ、困ったぞ、と思い、「ついにお父さんもスマホデビューですねえ。オランダの子は携帯を持つのは早いんですよ。うちの子は最後になってしまった~。」とメールしました。純粋に、そんな教育でいいんかい!という気持ちで書いたのです。

ところが。父からの返信は、、、といえば。「お金あげるから、早く携帯買ってあげなさい。」でした…(汗)。あれ?別にお金を催促したわけでもなかったんですが。そう捉えられちゃったんでしょうか???

…ま。買ってくれるというし、いいか~、ということで、お正月に両親からお金を貰って(←おいおい)、でも、娘と約束したとおり、4月まで待って携帯を購入しました。ついに携帯デビュー。

子供だけあって、あっという間にわたしにはなんだかよく分からない機能を使いこなし、楽しんでます。うちは特に携帯に対して規制もなく、好きに使わせてます。すでに彼女自身がある程度の危機情報をどこからか取得しているらしく(?)、これはダメだ、とか、気をつけなければ、とか言ってます。SNSでFBを使っている私に「ママは危機感が足りない」と説教するくらいなので、もしや私よりも詳しいのかもしれない…汗。

しかし、先日は知らない人から「モ●●に興味あるか」というメールが来た、と言うではないですか。…え、、、。オランダにも悪徳スカウトみたいなのが存在するの??と…慌てて、いったいどんな写真を上げているんだ?と確認したところ、別に大した写真でもない模様(というかほとんど本人が映っていない模様)。そもそもプライベートにしてるから見えないと思うんだけど…ちょっとやっぱりシステムが見えなくて、急に不安になってきました。

ともかく、どこで誰が見てるか分かんないもんだ~…とあんまり放任主義もよくない、とせめて普段の親子の会話は充実させて、なんでも子供が話しやすい環境を作っておくことは大切、、、と思い直したわたしです。オランダでも、携帯を通して知り合った人に会いに行って未成年の男の子が殺されてしまった、というニュースが何か月か前にあったばかりなので、本人も相当気にしていたので、気をつけるとは思いますけど、なんせ子供ですからねえ。抜けているところもあるに違いありません。

まー、気をつけるべきところは気をつけるとして。。。子供の携帯を見て笑ってしまうのが…、オランダの子だけなのか、いろんな国の人がやっているのか…???ちょっと分かりませんが、どの子もみんな、歌に合わせて手をひらひらさせながら独特のポーズで踊ってそれをインスタに載せているんですよね。それも、みな、けっこう真剣なまなざしで。

…なんなんですかね。もういかにも、親には理解できない子供の遊びって感じで、まったくついていけませんわ(苦笑)。うちの子も、たまに部屋のドアを閉めているので、そういうときはたぶん「なりきりXX」になっちゃってるのかなー、と想像しつつ…あえて部屋に突っ込むことはしませんが。

そもそも自撮りを理解できないのは、おばさんの証拠なのでありましょう。そんなおばさんだって、若かりし頃のことを考えてみれば、誰かがカメラを構えていれば「うわー、待って、待って、私も入る~」と突っ込んで写真に写っていた時代がありますしね。断捨離できず、そういう写真もしっかり取ってあるんですが、見ると恥ずかしい…大学生のころの写真なんて、酔っぱらった御一行の写真ばかりなんですもの。いや、恥ずかしいなら捨てろよ、てな話でありますが。

それにしても、80年代の頃までは、カメラを持っているといえば日本人、となんだか世界の人々から馬鹿にされていた…とそんな風に記憶しておりますが、今となってみれば、なんだ、世界中の人も日本人とまったく同じ。カメラもカメラに映るのも好きなんじゃん!てな話です。もしやあの頃、世界の人は実は日本人が羨ましかったのか?…そーなのかも。もしかしたら、この自撮りなども、カメラオタクな日本文化が徐々に世界に浸透した結果、、、なのかもしれません。

関連記事

声なき声を聞く

DSC_021718.jpg

今年は去年にも増して暑いような気がする…と思いきや、やはり5月は空前の暑さだったようです。昔は20度を超えたら、「うわ~」て感じだったのに、今は毎日20度越え。このままいくと30年後には、オランダは現在のフランス・ボルドーぐらいの気候になってしまうそうです。オランダ人はもはや南にバカンスに行く必要はない!うわ~い!って。いや、そういう問題なのか?!?!

5月に熱心に庭の水やりをやらなければならない必然性はほとんどなかったように記憶しているのですが、今年はかなりの頻度であげています。高温に弱い宿根草が、それはもう、、、だらーーーんとしてしまっているのです。雨がほとんど降らないので。

近所を通り過ぎるとき、庭の様子を眺めながら歩くことが多いですが、たぶん、、、この時期、水やりを気にしているご家庭はあんまりなく、だらーーーーんとした花々を何度も見かけました。

あぁぁぁ~…水をあげなければ枯れちゃうよ?と思うけれど、まさか他人の家にジョウロ持参で登場するわけにもいかず。あーあーあーあー、と横目で見ながら通り過ぎる日々。

一方、我が家の庭は、自分でいうのもなんだけど、現在、超奇麗に花が咲いています。花が溢れんばかり、とはまさにこのこと!

お金はほとんどかけていません。今年買ってきたのは、数種類のポット苗と、種、球根少々、土、そして種まき用のポットくらい…?去年も同様かな。

これはお金じゃないんだな~。つくづく思います。お金をかけてたくさんステキな苗を買ってきても、そこが適地ではなく、手入れがされなければあっという間に淘汰され、枯れていくからです。

私がやっていることは、すごいことでもなんでもなくて。毎日、朝くるっと庭を一回り。帰ってきてもう一度一回り。そして夕方ちょこちょこと手入れ。と、、、一日に何度も庭に出て庭の様子を確かめているだけです。でも、これだけ見ると、小さな変化に気がつくんです。あ、芽が大きくなったぞ?とか、虫にやられている、とか、お水を欲しがっている、とか。

私は、その、聞こえない花の声を聞いて、変化を見つけて、ダメになりそうな原因があったら、それを見つけて元に戻す作業をする…そんな風に日々過ごしています。丹精を込めて、とか、愛情を込めて、、、とか。よくそんな言葉が使われるけど、これが、そういうことなのかな。あんまり実感ないけどね。

こうやって作業していると、ふと、思うんです。人間も、人間の子育ても同じなのではないかなあ、と。

お金をかければよい、ってもんじゃない。毎日べったりくっついている必要もない。でも、毎日、毎日ちょこーっと向き合う時間を作って子供の変化を見届けるのが何よりも大切なのかもしれないなあ、なんて。花の変化を見ながら、そんなことを思います。

今、日本では、子育てにはお金がないと!みたいな風潮がすごく強まっている気がするんです。たぶん政府が一般家庭にお金を使わせるようにするためかつてない格差社会を作り上げている、、、ていうのが根底にあるんだと思うんですが、子供のためにお金を稼がなきゃ!て、夫婦ともに忙しい共働きになっちゃって、子供と向き合う時間が減っちゃったら、本末転倒だよなあ、と思います。だって、習い事や学歴は、子供に愛を注いでくれるわけではないんですから。

子供がもっとも精神豊かに育つ環境は、今も昔も変わらず、愛情が存分に注がれる親の元でだけ。そのことを忘れちゃいけないと思います。

関連記事
プロフィール

そらのくも

Author:そらのくも
オランダ生活も15年目に突入しました。

(ご案内)
オランダ情報は「そらのオランダ通信」でお届けしています。是非ご覧ください。

https://soraoranda.com/↓ ↓ ↓

photoeurope2.jpg

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
写真のこと
当サイトで使用している写真と文章の無断転載はお断りしています。


情報
line_10.gif
line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記のお好きな画像バナーどれかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです 。

heart3.gif クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
気になる本
オランダ生活に役立つ、今、自分が欲しい本を載せています(いわゆる備忘録)。



前回載せておいたフランス菓子は買おうと思ったら絶版になっていた。。。うそ~…!絶版になるのが早すぎる。今度こそ…。

ブログキーワード別カテゴリー

オランダ お出かけ 街並み 子ども ヨーロッパ 旅行 カフェ ハンドメイド ミュージアム ガーデニング 洋服 ショップ ソーイング本 自転車 オランダの話題 庭園 学校 教育 ロッテルダム カメラ 子育て ニュース レストラン オランダの食材 日本語教育 スーパー 国際結婚 おうちのできごと 

ブログ記事カテゴリー
最近のコメント
メールフォーム
ご訪問ありがとうございます♪♪
ブログ・HPの感想はこちらまで↓

mail-pen2.gif
ブログ内検索
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数: 現在の閲覧者数:
Flag Counter