人種差別といじめの構造

DSC_265519.jpg

日本ではあまり同列で語られることはないように思うが、人種差別といじめというのは同じ構造を持った種類のものだなあ、と思う。

今、日本ではいじめ問題は子供社会でも、大人社会でも大きな問題となっており、私もそれらのニュースには食いついているけれども、いつも思うことは、これだけ問題となっているのに同じようないじめによる悲惨な結果が後をたたないというのはどういうことなんだ?ということ。

客観的に海外から日本の状況を見ていると、先輩を敬え、とか、先生のいうことを聞け、とか…日本の社会の中にはいたるところに序列や分断があって、いじめが発生しやすい環境が整っているなあ、と思う。外国人の数が増えているとはいえ、日本はまだまだ欧米諸国と比べて単一民族国家と呼ぶに等しい国で、要するに誰もがアジアに属する日本人であるにもかかわらず、だ。

最近は学校のクラスでもカーストとかリア充組とか、主人の勤める企業が立派な大企業だからうちは他とは違うとか、、、マウントをとる傾向がさらに?強くなっている気がするけど、人種差別が歴然と存在するヨーロッパに住む私からすると、同じ民族でごちょごちょとナニせこいコトやってるんだ~!と声を大にしていいたい。

ハッキリ言うと、日本で勝ち組であろうと、カーストのトップであろうと、世界の人種という枠組みで考えると、日本人=アジア人は一人残らず全員差別される側にまわるのだ。誰一人として勝ち組には属することはできない。そのことを忘れてはいけない。

そのことを踏まえて、残酷なことを言えば、日本でいじめられやすい人は海外に行くと人種差別にあう可能性は高い気がする。人種差別といじめは同じ構図なので、立場の弱いアジア人はよりターゲットにされやすいからだ。

また、意外かもしれないが、日本でいじめっこに分類される人も危ういように思う。何故ならいじめっこも、序列を作って自分の立ち位置を確保するという、メンタルがそもそも弱い人間なので、人種差別という見た目100%の世界に入ってしまうと、どう対処してよいのか分からなくなるに違いないのだ。

そういえば、昔、会社のお偉いさんで、会社では周りの部下に向かって超威張り倒しているのに、外国人のお客さんの前で、へーこらぴーこら…なんだこりゃ?てくらい小さくなってたおっさんがいた。私はまだ大学を出たばかりの新卒だったが、なんと情けない…と思ったことか。しかし、悲しいことに…日本人はこういう人がけっこういる。

海外で人種差別に遭遇しないために日本でできること。それは、自分がいじめる側にもいじめられる側にもならない強いメンタルを育てていくこと。これしかないと思う。

私自身、あんまり差別を体感したことはない。これはたまたま、とか、ラッキーとか、そういうことではなく、自分自身がきっちりと対処できる法を小さい頃から身につけてきたからではないか?と思う。幼児の頃でも大人に対して負けない言葉を持っていて、子供が半人前扱いされる日本で育った割には大人に対しても平等を貫いてきたほうではないかと思う。クラスメートに対しては…小さい頃は相手を泣かしてしまうことも多々あるくらいでちょっと強すぎちゃったくらいだけど…💦。

それは大人になっても同じで、上司に対して、先輩に対して、後輩に対して…誰であっても本人にきっちり言ってしまうタイプである。特にきっちり本人に物申すのは勇気がいることだけれども、それでも、裏で誰か別の人に文句を言うくらいならば本人に言うべし!を持論にしてやってきた。何より、裏で「こうなんですかね?」なんて憶測で話を進めるくらいなら本人に直談判するほうが相当手っ取り早くスムーズなのだ。

もちろん、誰かに対してモノだけ申す人は単なるうるさい人で嫌われてしまう。そうならないために必要なことは、普段から自分と関わる人々の信頼を得る行動を取っておくことが最低条件になる。また、そのために自分に必要なことは相手を理解する寛容性なのだ。相手を理解できなければ信頼を勝ち得ることなんて不可能なのだ。これは対人関係の基本。

いずれにせよ、誰かに何か言うということは勇気のいることで、小さい頃からのこの勇気の積み重ねが…人種差別で差別される側に立たなければいけない海外においても自分自身を平等の立場に置くことができているんじゃないか、とそんな風に思う。日本で上司や先輩方に対して決してひるまなかった私は白人や黒人に対してもひるむことが今はない。あとで悔しい思いをする、誰かに悪口を言うくらいなら、今、その場で言って解決するのが一番なのだ。

今、日本での対人関係を見ていると、逃げろ、とか、嫌な人との縁を切れ、とか、…逃げ腰の論調が多い気がする。そりゃ、子供がいじめで自殺しては元も子もないし、最近の困ったモンペやクレーマーのような人たちは…なんていうか、説得したらナットクする、とか、常識が通じる、なんてそんな簡単なものではなくて複雑になっているけれども、でも、このまま野放しにしていい問題でもないと思う。もちろんどうやっても合わない人、自分を嫌っている人とまで仲良くする必要なんかないけれども、最近は割と簡単に自分からパターンとシャットダウンしてしまう人が増えているような気がする。

しかしながら、大事なのは逃げることではなく、ひとりひとりがやってはいけないことを見逃さない勇気なのではないだろうか。クラスでクラスメートがいじめているのを見かけたら傍観するのではなく、「それはダメでしょ」といえる勇気を持つこと。その勇気こそが、人種差別にも立ち向かっていける力になるのだということを、私は断言したい。

…とこんなことを書いているが、私自身、小学6年生の秋から冬にかけて、大事な幼馴染がいじめられているのを見逃してしまったという…深い反省がある。なんであのまま助けの手を出せなかったんだろうか?と考えてみると、自分自身、受験生で忙しかったのかな、とそんな風に思う。もう自分はこの学校も友達もみんなと別れて別の場所に行くのだから、と打算的に物事を先送りしてしまった。

結局その幼馴染も地元には残らず東京に行ってしまったので、二人だけがその場から去ったのだが…成人になって結婚式にも呼んでもらったけど、自分自身の後悔は消えてなくなることはない。

昨今、、、なんとなく感じるのは、日本の格差社会である。よくYahoo!のコメントなどを読んでいるが、公立に行くと荒れているから私立に行かせたい、できるだけ自分と似たような所得層の人がいる学校に入れたい、限られた人間関係の中で安全に子供を育てたい、というような意見が多いような気がする。

その意見に反対はしないけれども、しかし、海外の人種差別にも打ち勝てるような力をつけたいと思うのであれば、なるべく色んな人がごっちゃりと混ざった学校に入ったほうがいいのでは?と思う。そもそも親はずっと子供をかごの中の鳥にしておくわけにはいかない。

子供というのは、親が思うよりも色んなことを考え、そして親よりもずっと正義を考えている、と私は思う。色んなことに対処できる力をつけるのは結局、本人でしかないのだ。なるたけ若い10代までのうちに色んな人と関わるようにしておくことが長い人生をうまくやりくりできる人間性を身に着けることができるんじゃないかな?と思ったりする。

2020年の今年、教育改革で小学校でも英語が取り入れるようになるらしい。ちょっと、私はフフフと鼻で笑ってしまいたい思いがある。英語がしゃべれる=グローバルな人間では決してないのだ。いじめ問題も全然解決されず、大事な人間関係を築くというところに蓋をして、成績をつける学問だけを増やして忙しくしていくとは、いかにも今の日本らしい教育だと皮肉をいいたい。

いじめに対処できない人間は人種が複雑なグローバルな社会ではさらに困難が付きまとう。そして、すでに言った通り、私たちアジア人は全員見た目で損をする、差別される側にいるのだ。

その差別と正々堂々と渡り合っていくために必要なことは、英語力では決してない。人間力なのだ。

1.誰にでもきちんと本人に自分の思いを伝えられる勇気
2.自分の思いを受け入れてもらうために普段から勝ち得る信頼力
3.自分自身が相手を信頼するために必要な寛容性

子供がグローバルな社会でも活躍できるような子に育ってほしい、と思ったら、まずできることは親である自分自身がこの3つのことを実行し、子供の信頼を勝ち得ていくことなのではないかと思う。

人種差別…というとどこか日本以外の対岸の出来事のように感じるかもしれないが、それはいじめの延長上にあるものだ。そう考えるとグローバルな社会で生きていくためにできることは、まず身近ないじめ問題から対処していくこと。

今の日本の状況を見ると、グローバル、グローバルといいつつ実情はどんどん逆方向へ進んでいるのではないかなあと感じることが多いのは気のせいだろうか。
関連記事

男女格差がない社会を目指して

DSC_249119.jpg

クリスマスはだんなを家に置いて娘と二人でスペインのカナリア諸島のひとつ、グランカナリア島に行ってきました。娘が行きたい、行きたい、と言っていたことと、常春の気候でいいところ、と聞いたことと、トーマスクック社が破たんしてカナリア諸島の観光業が大打撃と聞いたこと等いろいろあって、初めてオランダの旅行会社で旅行を申し込んで行ってみました。

結果的には、すごく良かった~~💛

気候が…めっちゃ良い。私は暑すぎも寒すぎもダメ、という人間として一番弱いところにいるんですが(汗)、そんな私が心底心地よいと思いました。実際行って3日目くらいに普段いつも感じる不定愁訴のようなものがすーっとなくなり、最近の更年期障害?からくるフラフラ感も全部なくなり、最後はお肌がツルツルになってしまった、、、。マジか。

こんな気候のよいところ、もちろんEU国民が見逃すわけもなく、EUの寒い国々からここに移り住む人が何百万といるらしく、なんというかEU一究極の白人ワールドになってました(そのうち半分くらいが年金生活者カモ)。ここまで白人しかいない場所は、、、行ったことあったかな?て感じ。私はほぼどこに行ってもひとりぼっちのアジア人でした💦。よく探すといないことはないんですけれども…。EUの原則、人の移動の自由にのっとり民族は大移動しているんだなあ~なんて再確認しましたわ。

海岸に行くと、若い人も老人も素っ裸のところがいくつもあって、、、若いきれいな女性もトップレス…たくさんいたなあ。白人はある意味アグレッシブだからね。

それを見て、なんていうかねえ…日本の男性陣がよく言う「そんな恰好をしているほうが悪い」という普通に使われる言葉はやっぱり男性の勝手な言い訳に過ぎないんだな、ってしみじみ思いました。年末に詩織さんの判決もあったけど、それは、私がとてもうれしかったニュースなんですが、男女格差がない世界から日本を見ると、日本は本当にまだまだ発展途上の位置にあるな、…というか、むしろ進化するスピードが違いすぎてどんどん差がついてしまっているな、とそんな風に思うんです。実際に、男女格差は世界121位になったというニュースを聞いて、妙に納得しました。

そんなカッコをしているほうが悪い、スキがあるほうが悪い、てそれじゃあ、どんなカッコならいいわけよ?中東みたいに全身をベールで覆っていればよいワケ?そうだとすると、日本も中東もインドもあんまり変わらない、てことになってしまいませんか?悪いのは加害者であって被害者には何の落ち度もないはず。

それにしても、権力に守られた男というのはああもみっともないものなのか。山口という人の強気な態度を見て、本当に嫌気がしました。普通に考えて、奇麗で若く才能もある女子大生がオッサンとホテルに行きたいと思うかよ?自分にはそれだけ魅力があると考えているのだったら、本当に勘違いもいいところ。でも、人権派ジャーナリスト広河隆一も同様だけど、そういうことをしても許される世界がまだまだ日本には存在しているってことなんです。結果的には。

こういう世界を正していくためにも、男女格差がなくならないことには…ということなんですが、まず男女格差がなくなるためには、女性が高い地位に就くことも大事ですけど、反対に家庭に入る男性を認めることも大事なんじゃないかと、、、最近はそんな風に思っています。

ちなみにうちのだんなはいまだにプラプラとあんまり働いてませんけど(苦笑)、私はまぁ別になんとも思ってませんが、この話をすると日本人の方はまずいことを聞いてしまった!て感じの顔をされてしまいますね。かえって気を使わせてしまってすみません、です。でも、私の感覚から言えばですけど、うちの妻は実は働いてませんが、と言っても誰も何も言わないのにこれが男女入れ替わると突然反応が違うのはおかしな話なのです。

ま、私もフルタイムで働いてないので、、、お金に余裕がないのは事実なんですけど…💦。本音を言うと、彼が週1~2日、私が週3~4日働ければ十分かなあ、なんて思ってます。ビジネスセンスは私のほうがいいので(笑)。稼ぎがいいけど、家に全然帰ってこないような旦那は私にはまったく合いませんし。ま、本音の本音では、稼ぎもよくて、家のこともどんどんやってくれて「キミがいるだけで僕は幸せだから一緒にいてくれればそれだけでいいよ!」なーんて、私を自由にさせてくれる人だったらサイコーだけど…そんな人はいなかったかなあ~…てそれだけの魅力が自分にはなかっただけか(笑)。

日本は今は女性もかなりハードに働いてますけど、男女ともに働いて忙しすぎて子供にしわ寄せがいってしまっているのを見るのは本当にしのびないです。子供にしわ寄せ、といえば、共同親権のない日本は離婚数激増でこれもさみしい子供が増えてしまっている原因となってますよね。離婚して貧困になると分かっているのならなぜ共同親権を採択しないのか?て思いますけど、これも、結局は男性が政治や経済を動かす男女格差がある日本ならではの選択なのでありましょう。

子供の面倒を共同に見るって、子供からすると天国ですけど、大人からすると子供の受け渡しとか…割と面倒くさいシステムですからねえ。少なくとも今の日本の男性陣にかかってくる負担は非常に大きい。今まで子供の面倒見なさすぎでしたからね。でも、これを採択すれば子供は劇的に幸福になると思います。

なんてったって、離婚によって親が一人になってしまうことがない!二人に育てられるので母、父二人の影響を受けることができますし。その父、母が結婚すれば、自分にかかわる大人が増えるのでさらに色んな人の影響を受けることができます。共同親権は離婚によって家族が増えるけど、単独はどんどん減っていくイメージかな?お金も同じで、貧しくなるのではなく…むしろ豊かになるってイメージ?!

…たとえばオランダの離婚した親の子供は、夏休みは3週間、3週間で父母交代になるんで、うまくいくと、子供は母と3週間他国へバケーション、父と3週間キャンプ…みたいな感じに楽しい体験がハーフじゃなくてダブルになるんですよ…たまにうちの子が羨ましがってる、、、いや、そこは違うだろ、と思うけど…💦。

話がちょっと子供のことに逸れてしまったけど、でも、日本はなんだかどんどん余裕がなくて、寛容性に欠けて、みんなでいがみ合っているようなイメージになってしまってるけど、、、男女格差がなくなれば、割と生きづらいと思うことは少なくなるんじゃないかなーって思ってます。でも、多くの人は今なお昭和な家庭像が当たり前すぎて、男女格差があることで何が弊害があるのかすら気がついていないという現実。議論の論点が「保育園が足りない」とか…ピンポイントすぎて、まだ社会に影響を与える大きな全体像につながっていないなあーと感じます。

実は男性しか活躍しない社会っていうのは、結果的にものすごく損をしている社会なんですよ。それはもう…学術的にも証明されているんです。日本ではまったくメジャーにならない「人的管理論」というマネージメント論理がありますが、実は私はそれを学ぶためにアメリカ留学しちゃったくらいなんですが…色んな人種、男女、階級の人が同じ会社でうまく働いていけるような環境を作ることはその会社にとってとても有益なんです。いろんな格差が存在する中で生きる人全員にとって有益なビジネスを生み出そうと努力することによってもっとも最適なビジネスが誕生する、考えてみれば当たり前のことなんです。

でも、日本は…こういう視点がまったく欠けていて、多くは男性年配者によって支配されているので、それ以外のひとにとっては全然良いシステムが誕生しないというワケ。

いよいよ少子化が加速化してきて、今後日本は変わっていかなければいけない、、、崖っぷちが近づきつつあります。2020年が始まりますが、この一年、少しでも変わっていけばよいなあ~と願ってます。そのためには、政治が~、とか、社会が~、とかじゃなく…一人一人の意識に変化が生まれないと。。。!日本はもう良くならない…と日本人全員が思っていたら絶対に良くなるわけがないので。

そのために私ができることは何かな?最近はそんなことを考えていますが、それを実行できる年にできたらいいな、と思っています。

では、では、皆様にとってよい一年になりますように。
関連記事
プロフィール

そらのくも

Author:そらのくも
オランダ生活も15年目に突入しました。

(ご案内)
オランダ情報は「そらのオランダ通信」でお届けしています。是非ご覧ください。

https://soraoranda.com/↓ ↓ ↓

photoeurope2.jpg

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
写真のこと
当サイトで使用している写真と文章の無断転載はお断りしています。


情報
line_10.gif
line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記のお好きな画像バナーどれかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです 。

heart3.gif クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
気になる本
オランダ生活に役立つ、今、自分が欲しい本を載せています(いわゆる備忘録)。



前回載せておいたフランス菓子は買おうと思ったら絶版になっていた。。。うそ~…!絶版になるのが早すぎる。今度こそ…。

ブログキーワード別カテゴリー

オランダ お出かけ 子ども 街並み ヨーロッパ 旅行 ハンドメイド カフェ ガーデニング ミュージアム 洋服 ショップ ソーイング本 教育 子育て 自転車 学校 オランダの話題 庭園 カメラ ニュース ロッテルダム レストラン オランダの食材 日本語教育 スーパー 国際結婚 おうちのできごと 

ブログ記事カテゴリー
最近のコメント
メールフォーム
ご訪問ありがとうございます♪♪
ブログ・HPの感想はこちらまで↓

mail-pen2.gif
ブログ内検索
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数: 現在の閲覧者数:
Flag Counter
月別アーカイブ