オランダでいじめ・差別?

DSC_0246.jpg

美しくなりたい…人々の願い


今年は本当に芸能情報が次から次へと出てきますね…。
その中でも新春から賑わせている問題といえば、、、ベッキー問題
なんだと思いますが、、、。

すみません、私、ベッキーが誰だかイマイチ知らないので
この問題はかなりスルーしてます、、、っていうか
何をみんなそんなに怒っているのかよく分かりません。

浮気・不倫で村八分ならぬ国八分ってけっこう怖いんじゃない?て
思っちゃう私はダメなやつですかね?
それに悪いのは、この場合、男だろう、、、とか、、、?
結婚している人はいくらでも言い訳しますからね~きっと。

私自身、修羅場みたいな状態が訪れたら一番に逃げ出したい
恋愛冷め冷め人間なので、この奥さんもすごいなー、って思っちゃう。
私だったら、もし決定的証拠を見つけたら、週刊誌には売らんで
傷ついたので精神的慰謝料ください、ってそれをネタに慰謝料ふんだくりたい。
もし金額低すぎたら、週刊誌に売りますヨ~etc.ちらちらさせながら。
って、そんな私もゲスの極み…???(苦笑)

…とまあ、この問題はかなりとんちんかんなのですが、
ベッキー → ハーフ つながりで、ハーフの現状を伝えるサイトに到着し、
その中のひとつ、「ハーフいじめ」の内容があまりに興味深かったので、
今日はそのことを少し、、、。

サイトはこちら → ハーフを考えよう

ハーフのいじめ in Japan はこちら → 学校でイジメに遭うハーフ
いじめ・ドイツ版 はこちら → チン・チャン・チョーン!

うちにもハーフの子どもがおりますが、、、
(←正直ハーフという言葉は好きじゃないが)
彼女の場合、目鼻付近の彫が深いせいか、色が真っ白なせいか、
日本人にはまずほぼ100%日本人とは思ってもらえません。

こちらの知り合いの方によく言われるセリフは:
「本当にお父さんにそっくりだね(=日本人ぽくないということ?)」

日本で知らない子どもには…大抵ハローと声をかけられます。
さらに続いて「can you speak English?」とか、、、(汗)。

これ、かなり微妙なんですよねーーーー。
英語がべらべらしゃべれたらいいのかもしれないけど、
日本語以上に英語がしゃべれない彼女が、何故か日本人から
「can you speak English?」と聞かれてしまう。。。
英会話のレッスンか、つーね。
どう返事をしていいのか困ってしまい逃げてきたこともあります。
いや、せめて、「can you speak Japanese?」と聞いていただきたいよね。
。。。いや、冷静に考えれば、
「日本語しゃべれるの?」と日本語で聞くのが普通だと思うが。

まー、うちの場合、日本へは旅行で行っているわけだし、
日本人から「can you speak English?」と聞かれても
は、は、は、、、の笑い話で済ませられるけど、
これが「ずーっと日本に住んでます」ていう状況だと話はかなり
変わってくるよね。

入学式で、クラス替えの度に、、、
「クラスに外人がいる」
「ハロー」
「バイリンガル?英語しゃべってみて?」
「あなたハーフでしょ。何人のハーフ?」
「can you speak English?」
こういうことを聞かれ続ける羽目になるのだとしたら、
相当イヤだなあー、ほっといてくれ、と思うんじゃないかなーと。
だって、見てくれが一応日本人であればこういうことは聞かれないワケでしょ。

「あなた何人?」

この回答はかなり難しいと思う。
たとえばオランダの王女さんたちなんて、一応オランダ人だけど、
日本人の質問的には「血・出身」を知りたいワケなんでしょ。
そうだと、彼女たちでさえ、えーーーっとアルゼンチンと、ドイツと、
オランダと、、、???と複雑に絡まってくるわけですから。
もーどうでもいいよ、と私的には思うけど、そうはいかないのかい?

また、中には
「お父さんとお母さんはどうやって知り合ったの?」と聞かれる
ケースもあるらしいけど、よく知りもしない人にいきなりこれは、、、汗
プライバシーの侵害かぃ?という感じもしますね。
本人だったらまだしも、親の話ですもんね。
普通会ったばかりの日本人に「あなたのご両親の出会いは?」
なんてそんな質問、しませんよね。
私もいまだかつて一度たりとも聞かれたことないし(笑)。

「ガイジンは外国へ帰れーーーー」
こんなこと言われたら凹みますね。
うちの子は、日本が嫌いになっちゃうんじゃないでしょうか。
そう考えると、日本で育てるっていう選択肢はかなり
慎重にならざるをえません。

あー、でも子どもがハーフなのが自慢っていう親も存在しますね。
私、東京でいきなり声をかけられたことありますよ。
知らぬ人「この子、ハーフでしょ?うちの子もクオーターなんですっ!!!!」
私「はぁ。。。(←返答できず)」
知らぬ人「ほら、髪の毛、すごい茶色いでしょ。義理の父が
ロシア人なものでーーーー。」
私「はぁ。。。(←真面目に反応に困る)」
知らぬ人「やっぱりクオーターもハーフも白人っぽい顔になりますよね???」
私「はぁ。。。(←本当の本当にどうしたらいいのか困る)」

こういう場合、いいですね、とか、かわいいですね、とか言えば
いいんでしょうか。
わー、ほんとお子ちゃまロシア人っぽい顔してますね~くらい
言っておけば良かったのかな?(赤ちゃんだったのだが…)
「将来はプーチン大統領みたいな顔になるでしょうね」とか言ったら
それはそれでひっぱたかれるかなー。。。(←超嫌味です…笑)

でも、いずれにせよこの場合も、一応普通の日本人であれば、
どんなに可愛い子であっても、知らない人に
「ほら、うちの子、超美人ですよね~」なんて突撃しませんよね。。。
微妙だ、微妙ーーーー。

さて。
日本人には絶対に日本人とは取り扱ってもらえないうちの子どもですが
これが、、、オランダでも、当然「白人枠」なんかには入れません。

ぶっちゃけ、うちの子も、どうやらからかわれたことが何度もあるみたいです。
うちの子は学校であったことを何でも話すタイプなんですが、
「どうせ私の眼はこんなんで(といいつつ指で目じりを釣りあげる)
細くて小さくて、中国人みたいな顔なんだーーー」
…と、悲しい顔で話したことが何度かあるのです。

正直、私は彼女の目が小さいとは思わない。
目がつり上がっているとも思わない。
むしろ、白人であるレオナルドディカプリオとかハリソンフォード、
女性でいえばキムベイシンガーやケイトモスなんかのほうが
目は小さいんじゃない?と思うし、
白人オランダ人も目が小さくて目つきが怖い人はいっぱいいるんで、
そっちのほうが小さくて釣り上がっているだろー、っと思う。
…というか、かっこいいじゃんね、私、ハーフでいえば
目がきりっとしている黒木メイサの顔なんかが一番大好きなんだけど…。

だから、彼女がそういう風にからかわれる、ということを知って
へー、それは実際の見てくれとは関係ないんだなー、と妙に
感心してしまった、というか。。。

彼女の目が小さかったら、ママの目なんて極細じゃん?
それに極細の目の何が悪いの?中国人じゃなんでダメなの??
なんて対応してたけど、
正直…なんて対応していいのか分かりませんでした。
迎えに行く私こそが実は差別されているのかな、と思うと
なんとも悲しかったなあ。

でも、ま、オランダの場合はそうやってからかう子は一部だけ
じゃないかな、と、、、そんな希望的観測があります。
「集団で」ていうのはあんまり聞いたことありません。
悪がきっていうのはどこにでもいるワケで、、、。
うちに日本人のお友達が遊びに来た時も、子どもたちだけで
公園に遊びに行ったことがありますが、
(うちの子曰く)ヤバい悪がきが何人かいたということで
一目散で帰ってきたことがありました。
やっぱり「チャイニーズ!ニーハオ!」とか言われた、って言ってました。

オランダ人の悪がきが数人で固まっている場合は体も大きいし、
勝ち目がないので逃げるが勝ち!みたいです。
悪がきが一人の時は、向こうもあまり悪いことができないので、
うちの子も堂々と言い返していたことがありますが、、、。
逃げるにせよ、戦うにせよ、自分が傷つかない最小限の方法を見つける
のが一番なのかなー、と思います。
本当はそんなのないのが一番なんだけど。


DSC_0118.jpg

りすちゃんの今年の誕生日会 (12月)にて。
今年は3人を招いてお泊まり会をしました。
にこやかに笑って座っている4人ですが、、、
実は純白人オランダ人はひとりだけ(見れば分かるかな?)。
でも、多種多様な顔でも、皆、普通のオランダ人なんですけどね???
これを見た目で分ける意味なんてあるんでしょうか?
この誕生日会前に、ひとりがひとりに向かって「二グロ」と呼んだ
ことで親も巻き込んで大ゲンカもしていたそうです、、、(汗)。
こうやってぶつかりあいながら、人種を乗り越えて
お互いを思いやれる大人になれるのならば、
この喧嘩もムダでもないのかなー、と思ったり、、、しました。

でも、本当に難しい問題。
最近は、日本では難民や近隣国民に対する心ない差別コメントが
相次いでいるので、ちょっと過敏に怖くなっている私なのでした。



line_10.gif




line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング
イングリッシュガーデン・ブログランキングはこちら→イングリッシュガーデンブログランキング
関連記事

Trackback

Trackback URL
https://oranda.blog.fc2.com/tb.php/1066-d5162fdf

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

そらのくも

Author:そらのくも
オランダ生活も15年目に突入しました。

(ご案内)
オランダ情報は「そらのオランダ通信」でお届けしています。是非ご覧ください。

↓ ↓ ↓

photoeurope2.jpg

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
写真のこと
当サイトで使用している写真と文章の無断転載はお断りしています。


情報


line_10.gif
line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記のお好きな画像バナーどれかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです 。

heart3.gif クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
気になる本
オランダ生活に役立つ、今、自分が欲しい本を載せています(いわゆる備忘録)。



前回載せておいたフランス菓子は買おうと思ったら絶版になっていた。。。うそ~…!絶版になるのが早すぎる。今度こそ…。

ブログキーワード別カテゴリー

オランダ お出かけ 街並み 子ども ヨーロッパ 旅行 ガーデニング カフェ ハンドメイド ミュージアム 洋服 ショップ ソーイング本 オランダの話題 自転車 カメラ ロッテルダム 教育 庭園 レストラン 学校 ニュース 子育て オランダの食材 スーパー 日本語教育 オランダサッカー 国際結婚 英語学習 おうちのできごと 

ブログ記事カテゴリー
最近のコメント
メールフォーム
ご訪問ありがとうございます♪♪
ブログ・HPの感想はこちらまで↓

mail-pen2.gif
ブログ内検索
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数: 現在の閲覧者数:
Flag Counter