勝手に格付!ヨーロッパ5カ国の鉄道状況

CIMG5133.jpg

写真:どこの列車でしょう?

I love Europe
なーんて、声に出して言えるほど世の中単純ではありません。

体を壊してから、
「考えない」
「頑張らない」
「逃げろ、忘れろ」
「現実逃ー避
などをモットーに生きている私ですが、
ここのところ、ちょっとストレスを溜めている感じです。
いかんなーーーー。

しかし、こういうときにこそ、思いっきり皮肉・毒舌発想が出るのも事実
(←え、それはいつもですか…笑)。
ということで、今日は思いっきりいっちゃいます。

ザ!ヨーロッパ5カ国の鉄道悪口大会~~~!!!

基本的には。
私は鉄道は大好きです。
まー、我が家は車もない、という状況もありますが…(汗)、
でも、鉄道は好きですヨ。
車窓を眺めながら、今はどのヘンかなーなんて思いにふけるのもいいし、
周りのお客さんを見て、その国の事情を垣間見るのもとても楽しい。

た・だ・し。

それは、普通に予定通りに運行されていればっ!!の話です。
これが、遅れだ、故障だ、ストだーーー、といろいろあると、、、
もうストレス・マックス200%!!!
最近は、私は「ひやり」とイヤな思い出がよみがえるトラウマさえあります。

というわけで、私がヨーロッパで比較的行く国の鉄道状況を
ボロクソと言わせていただきます。。。

ちなみにこの5カ国とは、イギリス・フランス・ドイツ・オランダ・ベルギーです。

まずは…。


1.鉄道会社の分かりやすさ

旅行客がその国を訪れて、その国の鉄道がすぐに使えるかどうか。
切符購入がラクかどうか。


イギリス - 非常に分かりにくい (分かりやすさ 30%)

この国は…日本と同じで色んな鉄道会社が存在します。
目的地によって出発場所、値段、切符、運行状況が違います。
前もって調べておかないとダメでその場気分での旅行はほぼムリ。
わっかりにくいんだよねーーーー。イギリス!!!


フランス - 分かりやすい (分かりやすさ 80%)

フランスはほぼ同じ鉄道会社が運行しているので難しいことはありません。
(パリは地下鉄、郊外列車などがありますが、、、)
切符も前もって買えるし、駅員さんもけっこう親切。
まー、行列していることも多々あり、で時間に余裕は必要ですが。
あのいつでもどこでもバリデーション!!は意味不明だけどね。


ドイツ - 分かりやすい (分かりやすさ 70%)

こちらもほぼ同じ鉄道会社が運行しており、別会社もほぼ必ずDBと
提携しているので難しいことはありませんね。
ただ、、、この提携が時々、、、切符購入時の混乱を招いたりしますが…。
DBは地方地方で、いろいろお得券を出してくれているのはいいのですが、
これがめちゃくちゃ不明なことが多く、、、このお得券を買わないと割高、
という現実も、うーーーーん、、、だったりするんですが。


オランダ - 分かりやすい (分かりやすさ 90%)

こちらもほぼ同じ鉄道会社が運行しており、別会社も同じ切符を
そのまま使用できるので難しいことはありませんね。
単純明快だと思います。


ベルギー - 分かりやすい (分かりやすさ 90%)

こちらもオランダやフランスと変わらず。。。
国鉄の駅員さんも非常に親切な方が多い、というのが私の印象。


2.ホーム確定率・時刻表

駅に行っても何番線から列車が出るのか分からない~。
時刻表を探しても見つからない~。
日本では当たり前の出来事が、、、ここでは当たり前でない現実(涙)。


イギリス - 非常に悪い、悪すぎ (10%)

ロンドンの大きな駅なのに発車10分前になってもホームが決まらない。
ありえないっつーーーね!!!
最後にようやく出発ホーム番号が出ると、大きな荷物を持った人々が
駅改札口に殺気立って殺到するという、、、
ありえないっつーーーーね!!!
ここには余裕をもってコーヒーを飲みながら、、、という世界は
存在しませーーーーん。

また列車に乗っていても、駅の手前で突然止まり、
「今、どのホームに入るか調整中です」
なんていうのよね、、、しかも10分以上待たせたりして、、、。
おめーら、毎度じゃんけんかアミダくじでもやってんのかー?
ほんっと、ありえないっつーーーーーね!!!!


フランス - 非常に悪い、悪すぎ (20%)

フランスもイギリスと同じく番線がなかなか決まりません。
イギリスほど土壇場、ということもないような気もしますが…
しかし、この国の問題点は、、、、!!!!
時刻表がない、という現実!!!
(あるところもあるかもしれませんが…?ないことも多いです。)
往復しようというとき、帰りの時刻は何時かな、と気軽にみられないのは
本当に不便ですね~~~(涙)。
アプリのなかった昔はいったいどんな世界だったんだろ、、、。
列車は1番線ですよ~なんて親切に教えてもらえるのは有難いですが…
最初から書いてあれば問題ないんだよっっっ!!!


ドイツ - ほぼOKです (70%)

ときどきドタバタしますが、基本OK。
時刻表も番線もほぼ合っており混乱することはほぼありません。
(たまに遅れが発生するとホームが変わったりするのですが、、、)


オランダ - 非常によい (90% - 100%)

いや。贔屓しているわけではないんですよ、、、。
でも、オランダの時刻表は単純だし、どこにでも表記があるし、
毎時ホームも確定しているので、迷うことはありません。
あるはずの列車がない!!!と走りまわることもありません。
日本と同じ、と言っていいレベルだと思います。


ベルギー - 十分よい (80% - 90%)

こちらも時刻表がきちんと分かりやすく貼られているし、
ホームもほぼ確定していますね。
ただ、メインステーションだけダメなところもあるのですが、、、。
でも私的には十分OK!


3.発車時間の正確さ

ふ、ふ、ふ、ふ、ふ、、、。
これは、日本を基準に考えてはいけない世界です。
日本は、、、ある意味異常です(笑)。
日本の鉄道で、3分遅れがあってイライラされる方は
ヨーロッパの鉄道旅行を計画してはいけません!
きちっきちっの予定を立ててはいけません!!


イギリス - 非常に悪い、悪すぎ (10%)

これは路線(鉄道会社)によるのかもしれませんが、、、
ケンブリッジ方面はけっこうOKです。
が、しかし、、、オックスフォード方面~(ロンドンより西方面)…。
時間通りにやってくる列車がナイという現実。
ありえないっつーーーね!!!(…汗)
電光掲示板を見ると、遅れ時間がつらつら書いてありますが、、、
上から見て行くと、10分遅れ、20分遅れ、27分遅れ…(絶句)。
時間通りはGoodと書いてあるんだったかな。
でも、時間通りじゃないですよ。3分は遅れてます(笑)。
Goodは5分以内、ってそんなイメージ???

始発駅でも時間通りに進まないですよ。
一向に発車する気配がないので、これって32分の始発ですよね?
と乗り合わせの方に聞いたら、「うーん、そうだったと思うよ?」
とのお返事。。。
さすーがイギリスのジェントルマン!!!
15分遅れだろうと一切気にしちゃぁいけないのだ!!!!


フランス - まあまあ (60% - 70%)

フランスで列車に乗った回数が少ないのかもしれませんが、
意外と定刻通りに到着・発車していた記憶がありますね。
TGVも意外と普通どおりっていうか、それほど遅れない、ていうか。
タリスは15分くらい遅れますけどね。


ドイツ - ちょっと、、、悪い (30% - 40%)

普通は普通に来ますが、特急ICEやICは遅れますね~。
ほぼ遅れるんじゃないですか???
乗り換え間に合わない、、、と思いきや、乗り換えのICも遅れていたり…
20分くらいの遅れは普通にあると思いますね。


オランダ - あまりよろしくない (40% - 50%)

5分、10分遅れはけっこうありますが、30分遅れってあんまりないですね。
ただ乗り換え時間が無謀なのが多いんですよ。
たいてい1分、2分!!!しょえーっと走ること多いですね。
待ってくれること多いけどね。待つ=遅れるってことじゃんね。
あ、それに特急はダメです。まだ信用できません。


ベルギー - あまりよろしくない (40%)

こちらもオランダとほぼ似たような状況???
ただ、数字にするとオランダより発着遅れは多いという現実だそうです。


4.ハプニング発生率

突如の故障、ストライキ、列車運休…。
日本の首都圏の積雪による列車ハプニング並みに、、、
ヨーロッパでもハプニング起こります。
いったいどおなってるの???


イギリス - 悪い (40%)

故障、多いです!
でも、列車の運休には出会ったことがないな。
運がよかっただけ、かもしれませんが…(笑)。


フランス - 悪い (50%)

フランスのイメージどおり、、、ストライキ、多いです!


ドイツ - 悪い (30%)

たまたまかもしれないけどね。
私たちが乗ると必ず何かが起こるDB。
昨年は2往復して4回とも不幸に出会いました。
1回は列車運休(ちゃんとシートも取っていたのに!!!)
1回はストライキ
1回は故障により3時間以上の遅れ
1回は30分遅れ

もう、、、今、私はDBトラウマです。
今年もドイツに行こうかな、とページを開いたら密かに指が止まりました。
やっばいーーーー体が恐怖を忘れてないよ(汗)!!!!
どーしてくれるんじゃっ!


オランダ - 悪い (40%)

オランダはストライキはあんまりないけど、天気に弱いね。
すぐに運休・間引き運転にしちゃう。
運休にはよく出会うから、こりゃ贔屓できません。
ダメ~~~の喝っ!!!。


ベルギー - 悪い (40%)

ストライキ、この国もけっこう多いね。


…というわけで。
ボロクソ・ボロクソーーに書きました。
オランダに長く住んでいる方たちの間では、いろいろ文句があっても
「でも、イギリスよりはマシじゃねー?」というのが一種の合言葉なんですが、、、
上の鉄道状況を見てもなんだかそれは明らかかも…。
イギリス在住者さん、スミマセン(汗)。

こうやって見ると、オランダってけっこうマシなほうでしょ???
オランダ在住者さん、オランダに住んでいることを感謝いたしましょう(笑)。
するとストレスもスーッと消えるハズ…?



line_10.gif




line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記の画像バナーどちらかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

いつもありがとうございます。

オランダ情報はこちらから → オランダ情報ブログランキング
海外育児ブログランキングはこちら → 海外育児ブログランキング
イングリッシュガーデン・ブログランキングはこちら→イングリッシュガーデンブログランキング
関連記事

コメント

あーはは、とてもウケました!!最高ですー。

時々ブログ覗かせてもらってます、コメントははじめておじゃまします、UK在住18年です。
ロンドン郊外で、ウチも車を使わないので、鉄道でセントラルに出かけます。
土日は、エンジニアリング・ワークと称して、順繰りにどこかの箇所が不通です。土日は極力出かけないようにしています。(自営業なので通勤はなくて幸い。)
11月~2月の冬の期間は、洪水、凍結、積雪、「濡れ落ち葉」、嵐のような天候による「倒木」等、様々な理由で、電車は遅れかつ、キャンセルされます。リプレイスメントバスは、ごく普通。
最悪の時期、クリスマス~新年に、帰省や鉄道旅行する人を「チャレンジャーだなぁ」と、呆れて見ています。
ウチはまだ、郊外でも鉄道便がとても便利な立地なので、車なしで平気ですが、ちょっと郊外に出ると車が必ず要る、というのもやむを得ない話です。
海外から来る方には、鉄道はお勧めできませんわ・・・。
UKは、19世紀に鉄道網を発達させすぎたまま、20世紀の斜陽期にメンテナンスをせずに放置、で、21世紀になんとかキャッチアップしようとしてるのですが、何しろ路線が複雑すぎて・・・そして、いまだに職人芸の人力手動切替(だ、そうですよ・・・笑)。
基本、鉄道好きなので、書き出したら止まらないので、このぐらいにしときます。
また、オランダ鉄道ネタ、ぜひ書いてください。
あ、最後にオランダの鉄道の不条理を一つ。海外のカードで、ネットでチケットが購入できないのがとても不便。UK・フランス・ドイツ・ベルギーすべて海外カードOKなのに、どうしてなんでしょうね?(って、鉄道関係者じゃないのに知りませんよね・・・笑)。

英蘭鉄道

私もときどき、お邪魔しています。私もはじめてコメントします。
日本からオランダとUK等の欧州に年に何度か出張を繰り返しています。
 UKの鉄道はあまりに高くて、料金システムが複雑だと思います。今週からUKへ出かけますが、リプレイスメントバスで、所要時間が2倍です。値段も若干高いような?時間はかなりひどい。民営化のプロセスがあまりにひどかったと私の周囲では文句が多いような。なんでもかんでも、民営化というかエージェント化することの問題点が一番わかりやすく出ているように思います。特に料金と時間の正確さで。
 オランダ(というか、私の行動する範囲では)OVカードでだいたい問題ないのですが、自動販売機では紙幣が使えないのが不便。結構ホーム変更もありますし、時間も少し遅れることがありますが、まあ満足です。
 また寄らせていtだきます。あたりさわりのないものより、文句を書いてある方が面白いです。

Re: あーはは、とてもウケました!!最高ですー。

☆ KFYさん、

こんにちは。はじめまして。コメントありがとうございます。
貼ってくださったリンクに飛んだら美しい写真に見とれて帰ってこれなくなりました(笑)。
お宝ごっそりの標本箱なので少しずつ覗かせていただきますね!

土日がエンジニアリング・ワーク、11月~2月の陶器は電車が遅れる、キャンセルっていうのはオランダとまったく同じですね。ただ代替バスはけっこうきちんとしてはいるほうかなーとは思いますけど、でも時間はかかりますね。イギリスは、、、それも問題だとは、、、やっぱり贔屓目に見てもいいところがまったくナイ、ということなんですね(涙)。

そうだ、そうだ、切符購入編、も書けばヨカッタですね。
オランダは、主流はクレジットカードではないんですよね。いわゆるデビットカードが普及した国で(ネットショッピングもデビットカード主流です)、クレジットカードの信用があんまりないので、そういう理由で海外のカードがはじかれるのかもしれません。切符購入編を書けば、オランダはかなり%悪いですね。紙幣も使えないし、田舎の駅は販売機が2台あるのみでそこでカードが使えなかったらアウトですもんね。ドイツに行くと普通に紙幣が使えるので「うわー、近代的だ!」と妙に興奮してしまう私です。いったいどこの国の人なんだか…って自分で自分にツッコミいれたくなりますね(苦笑)。



Re: 英蘭鉄道

☆ひげめっこさん、

はじめまして。コメントありがとうございます。お初コメントが続いてうれしいな。
UKはなんでも高いですけど、鉄道料金ももれなく高いですね。私なんか頭の中ではEURO=ポンドのレートになってしまいます。ともかく色んな会社があってそれぞれの会社がそれぞれのシステムを採択しているので海外からの人間が行くと、なんだこりゃ?の世界ですね。民営化でこれほど問題が複雑化したんですか?そうだと本当にひどいですね。せめて日本のJRみたいにしないと…JRがもしイギリス式だったとしたら、東海道新幹線がブツ切り状態で、途中で何度も降りて切符を買い直さないとダメ、しかもそれぞれの切符料金システムはそれぞれの会社によります、みたいなそんな世界ですよね…。まったく使う人のことを考えてませんよね…。

オランダは確かに紙幣が使えないのが不便です。初めてオランダの来た頃は、将来はきっと取り入れられるだろう、なんてけなげに将来に期待をかけていたんですが…(苦笑)ダメですね。今はそんな期待はまったく持ってません(汗)。ホーム変更はアムステルダム辺りですかね、、、あそこはまだうまくさばけてないかな、というイメージがあります。あんまり行かないのでちょっと分かりませんが…。

>  また寄らせていtだきます。あたりさわりのないものより、文句を書いてある方が面白いです。
あはは、ありがとうございます。個人的には、本当はヨーロッパおとぎ話のようなフワフワ癒しステキブログを目指しているんですけど、たまに本性が出てしまって、二重人格ブログみたいになってますよね(笑)。書いちゃった後、あ、目指すべきものがブレてる…(汗)なんて思ったりしてるんですけど…。でも、本性のほうが面白い、と言っていただけると、ま、たまには本性出しちゃっていいか、という気になります。また出てくると思います。
非公開コメント

月別アーカイブ