裁量労働制が可能な環境

DSC_037118.jpg

なんとか良くなってくれ、、、という願いは結局かなわず。

転倒事故で吹っ飛んでしまった歯は事故後にすぐまた入れ戻したのですが、再生できず…あまりにも体調が悪化してしまったため、もう諦めて抜いてもらいました。

今年に入り、だんだんと良くなる傾向になっていけば多少痛くても我慢しようという気持ちになったと思うんですが、思いとは裏腹にどんどん悪くなる一方で。最後は、めまい、動悸、全身のしびれ…と、全身どこも良いところナシ、夜もあんまり寝られず、みたいな感じになってしまい、もう我慢することはできなくなりました。こういう状況だと本当に未来もまったく見えないですし。ただただ不幸な毎日。

なんやかんやと歯医者には大変お世話になり、お金も吹っ飛んでいったのですが…(これからもインプラントで吹っ飛んでいきます…涙)、でも、今は前歯がなくて不快なこと以外は不調ではなくなったので、ホッとしています。

最後抜いてもらう時も、「もう今すぐ即時に抜いてほしい」と頼んだところ、その日に義歯の型を作りに行くことを許可され、翌日にはその義歯もできて抜いてもらうことができました。

日本人の同僚にその話をしたら「え、日本だったら義歯の注文に1週間はかかるよ」って言っていたので、日本より全然早いってコト?!すごいやん、オランダ!!その迅速な対応に驚いてしまいました。

歯医者さんも予約でほぼ一日埋まっているんですが、お昼の休憩時間を削って予約を入れてくれたり、終業間近時間に予約を入れて多少残業してくださったりして、、、緊急時は真摯に即時対応してくださることが分かり、なんていうか、心の拠り所になったかな。心細くても「もういやだ、オランダは酷い、日本に帰りたい」みたいな気持ちには一切なりませんでした。

ただ。面白いのが…やっぱり残業なしが基本のオランダにおいては、残業する人は本当に残業が必要な人だけなんですわ。なので、患者である私が口を開けて治療を受けている間でも、治療に当たっている歯医者さん以外、アシスタントの方もほかの専門医も、「じゃ、よい週末を~~」なんて、みーんな先に帰っちゃうんですよ、、、まー驚いたことに。

これが、、、けっこう心細いんですよ(苦笑)。歯医者さんは治療専門で、治療薬がどこに閉まってあるか等あんまり分かっていないらしく、あちこちの引き出しを開け閉めしている音が盛んに聞こえてくるんです。

「だ、大丈夫かいな…」(←私の心のつぶやき)

ここまでやって、どこに薬が入っているか分からない、等と言われた時にゃ~~!!!私は怒るよ!!!みたいな(笑)。ま、結局大丈夫だったんですけどね。

でも、実はこういう経験は初めてではなく、以前大病院に行ったときも、まったく同じだったんでどこもそうなんですけどね。あのときもめっちゃ心細かったな~。奥で診療している私のお医者さん以外、全員ゾクゾクと帰路についていて…広い病院内で私一人がぽつーんと待合室で待ってるんです。総合受付ももちろん誰もおらず閉まってしまっているし。

本当にこのあと、私が呼ばれるのかしら???もし呼ばれなかったら…どーしたらいいのよ、私?!?!…てか、玄関が閉まってたらどーすんねん?!?!

…とまあ。どこもかしこも5時過ぎたらこんなもんですわ。オランダは。

サービスとしてはイマイチかもしれませんが、でも、不必要な残業はしない、という徹底したシステムの中にいると、そういうのもアリなのかな、と思うんですよね。だって、別にアシスタントや受付が残っていたって、それによって患者に何か「病気が改善される成果」があったか、というと何もないわけでしょ。単なる心理的なサービスということだけで。「成果がない」のだからそこに支払うお金は発生しない、と。そこは徹底しているわけですよ。

一方、日本の状況は、といえば。本当に必要な残業もあると思うけど、無駄な残業もたくさんありますよね。…というか、残業ありきで一日のスケジュールが成り立っているのが当たり前で、営業アシスタントさんでさえ付いている営業担当者が帰ってくるまで帰れないとか…。いや、そんなん、メモ置いてちゃっちゃと帰ろうよ。。。そのあと、6時過ぎから会議がスケジューリングされていたり。その会議も、別に自分なんていなくったっていいじゃん、みたいな、自分は一言も発言しないどーでもいい会議だったりして。

こんな状況、オランダ人だったら発狂してますね(苦笑)。日本人も、従業員みんなで同時に発狂すればいいんだと思うんだけど…(笑)。

こーんな状況の日本で、今、裁量労働制がどうのこうの、と話題になっていますが。ちょっと寒くなっちゃいました。みんなで発狂して、拒否するくらいの強い立場で発言できない労働者がこんな条件を受け入れざるをえなくなってしまったら、どーなってしまうんだろう、って。こんなん取り入れたら本当に日本は最後かも。

私は決められた仕事だけやります、あとはどうなったって知りません~~。サービス低下になったって、そんなことは私の知ったこっちゃありません。経営者であるあなたが考えてください。

それくらい強気でいけたらいいんですけどね。もともと日本の職場はそんな従業員が強気な雰囲気はまったくなかったと思うけど、今、ニュースなどを読むとますますそんな感じじゃなくなっているような、、、大丈夫なのか?!日本の行く末は。
関連記事

Trackback

Trackback URL
https://oranda.blog.fc2.com/tb.php/1206-94afac4d

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

そらのくも

Author:そらのくも
オランダ生活も15年目に突入しました。

(ご案内)
オランダ情報は「そらのオランダ通信」でお届けしています。是非ご覧ください。

http://soraoranda.com/↓ ↓ ↓

photoeurope2.jpg

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
写真のこと
当サイトで使用している写真と文章の無断転載はお断りしています。


情報
line_10.gif
line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記のお好きな画像バナーどれかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです 。

heart3.gif クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
気になる本
オランダ生活に役立つ、今、自分が欲しい本を載せています(いわゆる備忘録)。



前回載せておいたフランス菓子は買おうと思ったら絶版になっていた。。。うそ~…!絶版になるのが早すぎる。今度こそ…。

ブログキーワード別カテゴリー

オランダ お出かけ 街並み 子ども ヨーロッパ 旅行 カフェ ハンドメイド ガーデニング ミュージアム 洋服 ショップ ソーイング本 自転車 オランダの話題 庭園 教育 学校 カメラ ロッテルダム 子育て ニュース レストラン オランダの食材 日本語教育 スーパー 国際結婚 おうちのできごと オランダサッカー 

ブログ記事カテゴリー
最近のコメント
メールフォーム
ご訪問ありがとうございます♪♪
ブログ・HPの感想はこちらまで↓

mail-pen2.gif
ブログ内検索
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数: 現在の閲覧者数:
Flag Counter