解放

CIMG9222.jpg

ずいぶん間があいてしまいましたが、元気にやってます。書きたいな、と思うことも多いのですが、文字を打つのが面倒くさく…はい、これは、単にやる気がない、ということですね(苦笑)。

今日、ネットでいつもの通り芸能ニュースを見ていたら(笑)、引退した成宮さんがオランダに住んでいるって書いてありました。そうだったんだ~…、て、みな知っていることなのかな?インスタやってる、と書いてあったので、ちょっと覗いてみたら、うん、マジ、オランダだ、これは。長年住んでいるヒトからするとすぐ分かっちゃいます。まぁ~自転車を購入した、てとこでもう分かっちゃうよね。ちなみにオランダの自転車ブランド●●●のヤツで、しかも電動!う、うらやましい。。。

彼が実際に薬物に手を出していたのかどうかは真相は分かりませんが、あの記事は脅しで、彼からお金をせびり取るための悪意に満ちた記事であったことは100%間違いないと思っています。何故そこで戦わないんだ!それはやっぱり黒だからだろう、という人もいるかもしれないけど、まぁ戦える人と戦えない人がいますよね。一般人を含め、周りは全員敵、みたいな状況ですし。そこで戦いに挑むと、自分が明かしたくない部分までさらけ出さなければいけないかもしれませんし。

その後、彼が海外に行った、と聞いて、オランダに来ればいいのに、と内心思ってました。あれ、もしかして、このブログでも過去にはっきり言っていたかしら?

彼のことを実際に存じ上げているわけでもなんでもないですが、デザイナー系に優れている、そっち系の人である…そういう話を統合すると、オランダはぴったり、と思ったんです。オランダ(アムステルダム)というと、大麻が合法の国、くらいに思っている人が多いかもしれないけど、私はそれよりもゲイが集う場所、というイメージのほうが強いです。世界中から集まってきているから出会いの場も多いですし。

だんなが購読している新聞では、オランダの家族やカップルを様々な形で紹介するシリーズがあるのですが、写真付きで登場するカップルにはゲイカップルも多いです。まず、これが日本の新聞だとあり得ないかな(苦笑)。あまりにオープン過ぎますよね、日本の感覚からいうと。

シリーズによっては、彼らの住んでいる家の紹介なんかもあるんですが、これが…ゲイカップルのおしゃれな住居スペースに驚愕することが多いです。実際に職業がデザイナーの人も多いし、私は脳のことはよく分かりませんが、そういう部分に優れる特性があるんじゃないかなーと思います。芸術家にも多いっていいますよね。今人気のフィギュアスケーターとか!

今は日本でもLGBTへの理解が進んできていると言いますが、そうは言ってもこのオランダの状況と比べるとまだまだ後進国だと思います。実際に日本では自分で自分を認めたくなくて悩んでいる人が多いと思いますし、たぶんそこまで到達していない人…気づかないように封じ込めている人も多いんじゃないかなーと思います。

私が学生の時の先輩に、そっち系の方がいたのですが、やっぱり最初は彼女がいて本人は自覚がありませんでした。私は彼に「男」をまったく感じなかったので、絶対そっちじゃないですか?なんて今考えると失礼だったかも?という発言をしていたのですが、最初は認めていませんでした。ただ、イギリスに留学したら気がついたみたいで帰ってきたらカミングアウトしてました。今、オランダに住んでるよ、って言ってたら、僕も住みたい、と言ってました。うん、うん、彼にもピッタリの環境だと思う、、、。ぜひ、ぜひ、おいでよ。

海外に行って住むと、自分がフツフツと悩んでいたことが意外とどうでもよいことだと気がつくことがあります。私はそれを「解放」と呼んでいるのですが、私もオランダに長年住んで、ずいぶんいろんなことが解放されたなあ、と思います。LGBTに関しては、自分は最初から偏見はない!と思っていたのですが、それでもこっちに住むと、自分が想像だにしなかった事実に出会うことがありまして…。

例えば、うちの子供のお友達には3人のおばあちゃんがいるのですが、うちの子が3人のおばあちゃんの話をしたとき、この子は頭がおかしい、と思いました(苦笑)。どう考えたって、おばあちゃんは2人以上いるわけないじゃん!って。でも、よくよく話を聞くと、おばあちゃんの再婚相手は女性だったそうで、そうか、、、!!そうだとおばあちゃんが4人までいたっておかしくないってことなんだ~?!?!と、ガツーンとやられた、ていいますかね(笑)。もう、考えたことなかったですよ、そんなコト。

そう考えると、私も今のパートナーは男性ですが、将来もしかしたら女性と再婚する可能性もあるってわけか、と思ったら、なんか…スポーンと解放されちゃったんですよ。この解放は感覚的なことなので…ちょっと具体的にどういうことなのか言葉にするのは難しいのですが、以前よりいろんな人間が好きになった、と言ったら近いかな。これは「人間たるもの、こうじゃなくちゃいけない」ていう絶対的な枠組みがガラガラと崩れてきた結果によっておきているのかもしれません。

そうなってくると、あの人のあーいうところが!みたいにカッカとしていたことのほとんどがどうでもよいことだと気がつき、昔より他人に対して腹立つこととかが少なくなったんじゃないかなー、と思います。もちろん、どうしても譲れないところはありますけれども。

…というわけで、成宮さんも日本で「こうでなければいけない」と考えていたことが、オランダに来たことで解放されていたならばいいな~なんて思いつつ。。。やっぱり今日もだらだら長々書いちゃいました。だから書くのが億劫になるのだって、、、(汗)。

関連記事

Trackback

Trackback URL
https://oranda.blog.fc2.com/tb.php/1232-c8c13f3d

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

そらのくも

Author:そらのくも
オランダ生活も15年目に突入しました。

(ご案内)
オランダ情報は「そらのオランダ通信」でお届けしています。是非ご覧ください。

https://soraoranda.com/↓ ↓ ↓

photoeurope2.jpg

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
写真のこと
当サイトで使用している写真と文章の無断転載はお断りしています。


情報
line_10.gif
line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記のお好きな画像バナーどれかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです 。

heart3.gif クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
気になる本
オランダ生活に役立つ、今、自分が欲しい本を載せています(いわゆる備忘録)。



前回載せておいたフランス菓子は買おうと思ったら絶版になっていた。。。うそ~…!絶版になるのが早すぎる。今度こそ…。

ブログキーワード別カテゴリー

オランダ お出かけ 街並み 子ども ヨーロッパ 旅行 ハンドメイド カフェ ガーデニング ミュージアム 洋服 ショップ ソーイング本 自転車 オランダの話題 庭園 学校 教育 ロッテルダム カメラ 子育て ニュース レストラン オランダの食材 日本語教育 スーパー 国際結婚 おうちのできごと 

ブログ記事カテゴリー
最近のコメント
メールフォーム
ご訪問ありがとうございます♪♪
ブログ・HPの感想はこちらまで↓

mail-pen2.gif
ブログ内検索
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数: 現在の閲覧者数:
Flag Counter
月別アーカイブ