みんなが幸せになる世の中を作る仕組み

DSC_1423191.jpg

お庭が花でいっぱいです。花が好きなので…ほんと、たまらんわ~って感じです。天気のよい週末は朝食を食べ終わると庭へ直行!どっか外出しようか?てなことも考えるんですが、ココ以上にいいところへ行こうってそりゃ、けっこう難しいわ~って感じ。いや、マジで。

ニャンコちゃんも我が庭が好きらしく、けっこう何匹も入り浸ってます。じーっと一日中我が物顔で座っているニャンコもおり、やっぱ居心地いいわよねえ~…なんてニャンコに同意を求めてます(笑)。

歩き回るとラベンダーの匂いがしたり、バラの匂いがしたり、ローズマリーやタイムの匂いがしたり…ほんと、ステキなんですよ。そんなんで、すっかり家に引きこもり状態です。

引きこもり…といえば。日本でまた悲惨な事件が。犯人像や犯人の生い立ちが少しずつ分かってきていますが、ハッキリ断定はできませんが、この人、きっと家族から「おまえは一家の恥」みたいな対応をされて生きてきたんだろうなあ…と想像してしまいます。だからといって人を殺していい、というワケではありません。でも、彼によい影響を与える大人が身近にいたら、きっとこんなことはしなかったんだろうな、と考えてしまいます。

なんか、最近読んだ漫画で(また漫画かよ?って感じですが…)、これにかぶるものがあるんですよ。「僕に花のメランコリー」って少女漫画なんですけどね。登場人物は、実母が病気で死んで、引き取られた実夫の家で継母に実母の悪口を毎日言い聞かされて大きくなるんです。けっこう重たい内容ですよね、、、。ま、少女漫画なので、もちろん、この重さの上に甘さが上塗りされてるんですけど~(爆)。でも、毎日毒を吐かれて、子供が正常に育つわけがない!

どの親も責任をもって子供を育てよう!と言って、みながみな、それに従えれば世の中これほど楽なことはありません。でも、世の中にはそれができない、いや、むしろ、自分が子供に毒を吐きかけていることに気がつかない親さえいるわけで、、、。引きこもりという特殊な現象があるのも日本ならではなんですけど、なぜそうなってしまうのか?あんまり考えてないですよね、みんな。自分が当事者になって初めて、どうしたらいいんだ~と右往左往する始末。

今回のこの事件、昨年の新幹線で起きた事件、もっと古くは秋葉原の殺傷事件。いずれも毒親・毒のある保護者に育てられてモンスターになっちゃったわけですが、それらから我が子、わが身を守る方法を考えていても解決策はもはやなし。やはりこれからはいかに人をモンスターに育て上げない世の中にしていくか、ということが求められていると思います。

オランダは、すでにもうこの次の段階に進んでいます。私はこちらで子供を育ててきて、最初はワケの分からないことも多かったのですが、今、考えれば、要するにひとりでも幸せな人間を作ることが世の中の幸せにつながる、ということをもっと早い段階で気がついて、それを実行しているんだな、と思います。

オランダでは、子供たちの成長を行政が確認する段階がいくつかあり、そこでひっかかる家族・子供・親は行政の指導のもと、解決策が練られるシステムになっています。たぶん、、、日本は、オランダと比べると、子供が生まれた後、なかなかチェックが入らないです。死に至る子供がかろうじて助け上げられるくらいで…といっても、助け上げられない子もけっこういて、犠牲者が次から次へと、、、いったいどうなっているんだ?て話なんですが。。。

オランダで確認が入る段階は:

〇 生まれた時点  - 子供が生まれた時点で、家族構成チェックがあります。うちの街は、家庭訪問がありました。私は外国人なので、生まれた国のこと、仕事のことから学歴まで、、、根掘り葉掘り聞かれました。。。いやはや。。。

〇 4歳までの成長段階で何回か - コンサルタントビューローが指定して子供の確認を行います。

〇 5歳くらいの段階で - 子供たちもだんだんいろんなことが分かってくるこの段階で、虐待が行われていないかのチェックが学校であります(ビデオを見せて子供に認知させる)。

当たり前ながら、子供たちは虐待がなんたるかを知りません。いや、たぶん多くの日本人だって知らないハズです。暴力を振るわれている場合は即=虐待と思いますが、毎日ネチネチと言い続ける言葉の暴力は虐待だと気づいてない人は多いです。また、ネグレクトも最近話題にのぼるようになりましたが、どの段階で虐待と定義づけられるのか?これを書いている私自身もイマイチよく分かっていません、、、。

ビデオを見て、ん?うちはいつもこれが行われているぞ?と思った子供は、先生に申告、もしくは電話などでヘルプ機関に自分で申告します。なるほど、5歳という年齢はうそがつけない(うそをつくほどの能力がまだ発達していない)ちょうどよい年齢なのです。

申告があった家は、行政がカウンセリングに入ります。深刻な場合は、即実親からの引き離し、里親への預け入れが行われるそうです。多くの場合は、即引き離しではなく、カウンセリングを通して段階チェックとなるようですが。

私はここの段階がとても大事だと思うんですよね。日本でも、たとえ介入はできなかったとしても、家庭状況を把握できるという点で、たとえば入学前検診で子供たちを集めてビデオを見せる、とか、、、なんかできるんじゃないかな~、と思います。

〇 11歳くらいの思春期に入る前に - 面談が子供とカウンセラーの間であります。

うちの子は、こんなんいらない、私のママがカウンセラーだからほかの人に相談しなきゃいけないことは何もない、と言って即座に断ろうとしました(ママ、感激!)。しかし、とりあえず会いましょう、と言われ、結局、その時間、カウンセラーに日本語を教えてきたそうです、、、。ま、こんな感じに多くの子供にとっては、どうでもよい面談でもありますが、問題を抱えている子にとっては大切な時間です。たとえば実親や保護者から性的暴行を受けている(受けていなくてもベッドに入ってくるとか~?ゾワゾワ)なんて場合、ここが大事な砦なのです。

さて。オランダで、里親ってこちらでは割かしそこらじゅうにありまして。例えば、うちの向いの家は里親です。子供の誕生日パーティなど特別な時だけ、実親も顔を出したりしているみたいです。お母さん、、、めちゃ若い。たぶん16歳の時の子、とかなんかな?この場合は、きっと生まれてすぐに里親に預かられたんじゃないかな、と思います。

あと、前も言ったかもしれませんが、うちの子と仲良かったAちゃんの家もひとり子供を預かっています。それが…Aちゃんが12歳の時、12歳の男の子を預かる、と聞いたので、もう心底オドロキマシタ。日本じゃ、普通しないよね。誰もやりたがらないと思うよ。

その子は、ネグレクトが原因で、複雑みたいです。シングルマザーの精神がちょっとおかしいというか。子供に「あんたは学校なんていかなくてもいい」みたいな感じだったらしく、最初から里親ではなく、カウンセリングを通して最終的に里親、となった模様です。でも、以前別の家に預けられていたけど、うまくいかなかったしく、ますます…本当によく引き取るなあ~と思いましたよ。だって、そんな子を預かって自分の子に被害が及んだら、、、とか、普通は考えませんか?そんなことを考える私の器量が狭いってわけではないよね?!

でもね。今、Aちゃんとは学校が違ってしまったので、最近の事情は分かりませんが、SNSなどを通してみると、楽しそうなんです。その子も、Aちゃん家族も。

もちろん。美しい物語ってわけではないと思う。その家は、その子とAちゃんという二人の思春期の子供がいて、その下にいろいろ学校で問題を起こす弟がいて、さらにその下にもうひとり、、、こちらは性格もカワイイ弟がいるんです。Aちゃんも勝気でいかにも思春期の女の子で、いろいろ大変らしいですし(うちの子とよく揉めてました~…(;^_^A))。そんな4人の子供があーだこーだとなっては、そりゃ、毎日が楽しくてステキな人生だわ!ってなハズがないと思うんです。

でも、そのお母さん。とってもポジティブ。いろいろ大変、困ったわーーーーと言ってる割には、正直あんまり大変そうに見えない。いや、話を聞くと、それって人生一大事?みたいなビックリ仰天な案件もあったりするんだけど。。。結局、楽観的な人なんだろうなあ~と思います。

そういう人の元にいれば、預かっている子もきっとよい影響を受けて、実母に育て上げられるより、よっぽどまともな人間になっていくんだろうと思います。この間、13歳になったみたいですけど、ステキな笑顔をSNSで拝見しました。。。がん撲滅運動のボランティアを発足させたり、まとも、どころか、スゴイじゃん?みたいになってます、、、。

社会が子供を育て、不幸な人をひとりでも減らすことで世の中が幸福になっていく仕組みとはこういうことを言うんだ、と実感します。

日本はどうかな。引きこもりだった人が書いたブログに「日本は割といい国で、頑張ればこんな僕を支援してくれる人がどこからか現れる国」って書いてたけど、私もこれには賛成。日本って、割と広いというか、割と理解してくれる人がいるんですよ。やっぱり、元サムライの国だからかな。スーパーボランティアの尾畠春夫さんなんて典型的です。ここまでいかなくても、子ども食堂を支援・運営する人とか、すごいなあ、と頭が下がります。

ただ、国の運営がねえ~…金の亡者や自分のことしか考えないような人たちに操られているような、、、。そこがいけないところなんですけど、でも、まあ、子供たちのために、といえば、動く人はいると信じたい。

最近は人手が足りなくてよほど多くの人を仕事の奴隷にさせたいのか、PTAいらない、専業主婦は仕事をしている女性より価値が低い、といった煽りのような記事もたくさんあって、それに賛同する利己的な人が増えてきていて、ちょっと、んーーーーーこの傾向、大丈夫かぁ?仕事と子供を天秤にかけて(結果的に)仕事をとるのが正しいなんて、、、子供を不幸にする傾向を選んではいけないよ?…とは思うところですけど。

自分さえよければいい、と思って生きても、世の中の治安が悪くなればいつ引きずり込まれるとも限りません。こういう事件が増えてきて、本当に考えなければいけない。アクションしなければならない。そういう時期にさしかかっている、と思います。

関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ブログ運営者様 平素より楽しくブログを拝見させていただいております。 私はTrip-Partner社の記事Director範國(ノリクニ)です。 弊社はTrip-Partner(https://trip-partner.jp/ )という新しい海外情報メディアの立ち上げを行っております。 是非、貴ブログのような、海外旅行者にとって内容に富んだ記事を弊社サイトでも投稿して頂きたいと思いまして、ご連絡差し上げました。 報酬としては2000文字程度で2500円を考えております。 もしご興味御座いましたら範國宛(director@trip-partner.jp)にメールを頂くことは叶いますでしょうか?(その際メールにブログのURLを記載いただければ幸いです。 )具体的な依頼内容等について相談させていただきます。 何卒宜しくお願い致します。 範國

Re: タイトルなし

☆鍵コメさん、

こんにちは。先日は運動会ご苦労様でした(コメ主さんのお顔を拝見することはできなかったけど、、、お子様見かけました)。

日本は、基本子供の言うことをあんまり信用してないな、と思います。子供の扱いはあくまで小人なんですね。私自身もそういうところがあったけど、オランダで子育てしていくうちに矯正させられたな~と思います(^_^;)。だから虐待を受けている、って子供が思い切って申告してもどの程度受け止めるのかな?と思います。あの野田の子供も悲惨な運命でした。

基本、学校や幼稚園でも親と先生のやり取りで子供の言い分を何も聞いていないでしょう。それじゃぁダメなんだな、と思います。大人は直接子供に問いかけ、子供の疑問に答えなければいけないのだ、と思います。子供は、けっこう敏感で「この人にいっても無駄」と思えば絶対に自分の思いを打ち明けることはないと思うので。最近は親に対しても警戒している子がいっぱいいるし。学校ではクラスメートに空気よめ、と言われて本当の自分は出せないし…病んじゃうはずですよね。これを書いた後も、恐ろしい事件が続いてますけど…このままだと今後はさらに精神疾患の子ばかりになっちゃうんじゃないかー?なんて思ったりしますよ。

【海外情報メディアとの相互協力・記事執筆依頼】

ブログ運営者様
先日連絡したTripPartner運営事務局です。(https://trip-partner.jp/ )
弊社海外情報メディアとの相互送客、もしくは弊社サイトでの記事執筆(2500円~4500円/1記事)をお願いしたいのですが、いかがでしょうか?
範國(ノリクニ)宛(director@trip-partner.jp)にメール頂けますと具体的な内容等を相談いたします。(その際メールにブログのURLを記載ください。)
何卒宜しくお願い致します。
※既に返信頂いた方・ライター登録頂いた方がおりましたらご放念ください。申し訳ありません。
非公開コメント

月別アーカイブ