花と虫、発達障害と農薬

DSC_194319.jpg

前回書いた記事ですが、ここ数週間、またうちの子が近所の幼馴染と遊ぶようになりました。あちらも携帯を持参するようになり、連絡取りあえるようになったらしく、ちょっと行ってくる~…といそいそと出かけて行きます。まー、ちょっと話をしたらまたすぐに帰ってきますけど。色んな人と新たに知り合っても、昔馴染みを大事にできるってことは素晴らしいことだな、と思います。わたし自身、それがなかなかできなかったもので、、、汗。

今、庭の花が咲き乱れていて、それに伴ってものすごい数の虫がやってきています。今年はともかくすごい。改めて見渡してみると、なんじゃこりゃー!の数。たぶん、都会育ちの方や、虫が嫌いな人からすると、うぎゃー、ぎゃー、の世界ではないでしょうか。

私自身は、子供時代が田舎育ちだったこともあり、虫はあんまり気になりません。こちらに来て鍛えられたこともありますが、、、(汗)。

そもそも私が花々の真ん中に立っていても、どの虫もまったく私に興味を示さないんですね、これが。もののみごとに虫に無視されているって感じ(←笑うところ、ここ)。

たまーに間違えた虫が止まりますけど、あっちのほうがビックリしちゃうんですよ。ありゃ、間違えた、どうしよ、どうしよ、みたいに。ミツバチなんかは実は本当に臆病者らしく、アワアワとなってしまっていて、正常に戻るまでにかなり時間がかかります。観察しているとけっこう滑稽です。こんな世界なんですね~。虫の世界っていうのは。

最近、発達障害の話題がよくニュースに上がっています。実際に日本の発達障害の統計は以前に比べると人数・割合が激増しています。

記事によっては「昔も今も変わらない、でも、発達障害の認知が上がってそちらにカウントされる人々が増えただけ」というようなソースも見かけます。私は自分自身で持つソースも何もないので、統計が正しいのか、それともそういう記事の言い分が正しいのか、客観的に見ることはできません。

ただ、現場で子供たちを指導する先生の話によると「ここ10年見ただけでもずいぶん教室の様子は変わってきている」とのこと。それもたまたまなのかもしれませんが、最近教えてもらった記事を見て、なんかこれは絶対そうかも!と頭の中でパチンと合致しました。

教えてくれたのは、高校の同級生で今医者として開業している方。SNSで彼女がシェアした記事を見かけたんですが、それは除草剤として使われているグリホサートが自閉症に関係あるというもの。

その記事に関係して、いろいろ調べてみると出てくる、出てくる~…なんてことはない、以前私がミツバチやペット、幼児に多大な影響を与えるからアブナイ、と書いたネオニコチノイド系の農薬も典型的な「発達障害」の起因になっているらしいとのこと。

多大な影響を与えるからアブナイ、、、と自分で書いておきながら、いったいどんな影響があるのか?そこまで考えていなかった非常に浅はかな私。影響とは…致死に至るわけではない発達障害や小児がんの影響だったのです、、、(汗)。

確かに発達障害は神経の異常で細胞同士の伝達がうまくいかなくなってしまうものだと考えれば、ネオニコチノイドはまさにドンピシャの働きを行いますよね。考えれば当たり前の話でした。

以前書いた記事についてはこちら→ ミツバチの数が少ない

どんな身近な農薬にネオニコチノイドが入っているかのリンクも貼ってあります。

関連記事を読みながら、そうなんだ~、やっぱりね~、、、などと思っていたら、最近日本から来た人からさらに恐ろしい話が…。

恐ろしい話とは、昔と比べて明らかに虫の数が減っている、という話。小さな子供はさまざまな虫の話をしても、見たこともない子供がけっこういる、ていうではありませんか。

え?それも本当なの?俄かに信じがたい話ではありますが、今、日本の殺虫剤の中には、シュッと一吹きすれば部屋中の虫が死ぬものもあるそうで、、、そんなの、普通に考えたら人間にだって害があるに決まってるよな、、、。

殺虫剤など家で使うものは自分で気をつければいい話ですが、空中散布に至ってはなすすべもなし、って話。なんとか辞めさせなければ、です。日本は2011年の大震災の後、世界と逆行して農薬の大幅規制緩和を行っているので、これら農薬が本当に直結理由のひとつだとすると、10年後はさらに発達障害児の割合が増え、教育現場は崩壊することでしょう。

今、オランダも毛虫の異常発生で大変なことになっています。ここまで発生してしまうと写真で見るのもキモチ悪いの局地です。でも、そこで短絡的思考で駆除しようとしてはいけない、ってことですよ。

最近、日本でも、世界でも、さまざまなことが短絡的思考でやりくりされているな、、、と思うことが多いだけに、心配です。

因果応報。

昔の人は素晴らしい言葉を作り出したものです。きっと世界の仕組みは劇的に変化しているように見えても、実は物事の心理というのは今も昔もまったく変わっていないということなのです。この言葉がそれを表しています。

insectenhuis.jpg

今ヨーロッパで大流行なのがこの「昆虫ハウス」。オランダでも大流行で、Actionから高級花屋までどこでも買えます。田舎を歩いていても、突如巨大な昆虫ハウスに会うこともあります。

DSC_1431-COLLAGE.jpg

<最近の我が家の庭の様子>
虫も多いが、花も多い、です。
関連記事

Trackback

Trackback URL
https://oranda.blog.fc2.com/tb.php/1243-b1474df7

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

そらのくも

Author:そらのくも
オランダ生活も15年目に突入しました。

(ご案内)
オランダ情報は「そらのオランダ通信」でお届けしています。是非ご覧ください。

https://soraoranda.com/↓ ↓ ↓

photoeurope2.jpg

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
写真のこと
当サイトで使用している写真と文章の無断転載はお断りしています。


情報
line_10.gif
line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記のお好きな画像バナーどれかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです 。

heart3.gif クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
気になる本
オランダ生活に役立つ、今、自分が欲しい本を載せています(いわゆる備忘録)。



前回載せておいたフランス菓子は買おうと思ったら絶版になっていた。。。うそ~…!絶版になるのが早すぎる。今度こそ…。

ブログキーワード別カテゴリー

オランダ お出かけ 街並み 子ども ヨーロッパ 旅行 ハンドメイド ガーデニング カフェ ミュージアム 洋服 ショップ ソーイング本 自転車 教育 子育て 学校 オランダの話題 庭園 ロッテルダム カメラ ニュース レストラン オランダの食材 日本語教育 スーパー 国際結婚 おうちのできごと 

ブログ記事カテゴリー
最近のコメント
メールフォーム
ご訪問ありがとうございます♪♪
ブログ・HPの感想はこちらまで↓

mail-pen2.gif
ブログ内検索
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数: 現在の閲覧者数:
Flag Counter
月別アーカイブ