夏休みも終わりに近づきました

stmal2.jpg

今年の夏休みもまた娘と二人旅でした。もう旦那様には旅行は期待できない、という感じ…。かくいう私もこれは更年期の症状?という症状が出てきて、精神的に不安定で、、、できれば国内旅行チョロっとぐらいが気ままで良いのですが、うちの子がどうしても外国に行きたいというので、、、。歯を食いしばって旅行に行ってきました、、、て修行気分で旅行してどうする~…。

旦那様も一種の不安症なんですが、こちらは心配性なんですよね。不安になると心配度が増してしまうという、、、特にうちの娘に対してで私に対してはなーーーんにも心配しないんですけどね、ときどき悔しくなるくらい、、、アレ?(汗)。あまり無理させておかしくなられても、娘との関係が壊れるだけだし、旅行に行って離れるとだんなも気ままな時間が持てるみたいなので、ともかく少し離れるのも重要かな、と思って私が頑張るようにしています。

で、今回の旅行。まー、終わってみればよい思い出なのですが、旅行中はかなり不安定でした。更年期の症状が出たのには理由がありまして、6月末に風邪をひいてしまったのです。今年は暑くなったり寒くなったりの落差が激しくて、つい油断してしまった。

風邪が素直に治ればよかったのですが、風邪がもたらしたものは内耳炎でした。そういえば20年くらい前にも夏風邪の後、耳がおかしくなったんだった、、、と思い出したのは内耳炎になったあと(汗)。

内耳炎という病気は、めまいがひどい病気で、最初の1週間は立ち上がることもできないほど。歩くのも誰かにつかまっていないとまっすぐ歩けないし、地下鉄やバスなんかに乗ったら最後。ジェットコースターに乗っている気分で、全身が「助けてくれ~~」と叫んでしまう状況なんです。

こちらでは内耳炎では一切処方箋はナシ。激しい眩暈は1週間でよくなったものの、耳の調子がずーっと悪く、そのうち自律神経がおかしくなって、そして更年期特有のホットフラッシュが出るようになってしまった、、、。そして目前には1週間のフランス旅行が迫り、、、。まー、こうなってしまうと不安になって当たり前といいますか。タリスにちゃんと乗れるのかぁ~?みたいな世界ですからね(苦笑)。

実際、行きのタリスは、「助けてくれ~」みたいな状況に陥ったのですが、お守りのつもりで持って行った ANWB Acustraps に効果があって乗り物酔いを回避することができました。これはちなみに乗り物酔いのツボ、内関(ないかん)を刺激する東洋的腕バンドです。東洋的ですが、ANWBで売ってます(笑)。

さて、今回はフランスのブルターニュにあるサンマロとパリ・ディズニーランドに行ったのですが、、サンマロはひたすらのんびり、ディズニーランドは娘のアテンドのみ(勝手に並んで好きにやってもらってこちらはどこかで待っている態勢…(笑))、なので体力的にどうこうの問題はなかったのですが、旅行目前には、パリの最高気温更新42℃!なんとも恐ろしいことが起こっていて、フランス旅行の最中には暑くなりませんように!とひたすら祈ってました。

祈りが通じたのか、、、旅行中は割と涼しい日々で、最後の難関ディズニーランド2日間!もなんとかなりました。ディズニーランド1日目は3時間くらい恵みの大雨で(私にとってはあいにくの雨ではない、、、)、涼しくなって良かったです。

私の実家はディズニーランドから10キロほどのところにあり、花火の音が聞こえるくらいなのですがディズニーランドに行ったのは4、5回?…という、、、ディズニーが好きでもなんでもない人間なんですが(混んでるところはイヤなんですぅ~)、今回のパリ・ディズニーランドは初めてだったんですけど、意外と楽しかったです。

最後に東京ディズニーランドに行ったのが、ゴールデンウィーク中だったのですがあまりに混雑していて、もう二度と行かない!と思ってたけど、それは撤回して、またパリディズニーランドになら行ってもいいかな、という感じです。比較的乗り物が空いているんですよね、ここは。私は基本何にも乗らないから待っているだけなんですけど、さすがに1~2時間もポケーっと待っているのはつらいですね、、、。うちの子だってひとりでそんなに長い間待ってもつまらないでしょうし。パリディズニーは、東京に比べて待ち時間が少なく(15分~20分待ちのものが多く)、夜になると5分待ちも多数出てくるので、割といいなー、と思いました。うちの子もすごく楽しかったようです。2日間で20のアトラクションに乗れましたヨ。

それにしても、フランス。今回パリは素通りだったので、よくは分かりませんが、ほんと、日本人がめっきり少なくなっちゃった、ていう印象ですね。同僚も別の場所に行ったのですが、そこにも日本人は誰もいなかった、と言ってました。私たちはサンマロに4泊もしたけど、日本人は二組しか見なかったなあ。ディズニーでも数組見かけた程度だし。

サンマロなんか本当に平和でいいところなんですけどね。前回出かけたリールとその郊外は、ほんと、、、情けないくらい荒廃していて悲しくなっちゃうくらいでしたけど。でも、海外で地図だけ見ても、そこが平和で安全な街かどうかなんて分かりませんよね。長年行っていないアメリカも、最近は銃の事件が一段と多くなり、なんか怖いなあ~と思ってしまいますし、無理もないのかな、と思います。

サンマロは安全なところなので、毎日娘と二人で夜遅くまで旧市街を歩き回り、夕日を見たり、暗い中で泳ぐ人を眺めたり、どんどんと変化する干満の変化を見たり(ここはヨーロッパで一番干満の差が激しい、モンサンミッシェル並みの変化を眺められるところです)、そんなことをして楽しんでました。4泊もしたので、もう十分かな、と思ったけど、もっと居たいな~と思いました。料金の安いバスであちこち行けるのも魅力的で、フランス人しか行かないような田舎散歩道を歩いたりして、、、平和そのものでした。次回はアパートを1週間くらい借りてのんびりしたいわ。それくらい良いところでしたよ。

うちの子の夏休みも今回は日本と同じなので、今週で終わり。宿題がまったくないので、のんびり、、、でも学校が始まるのが嫌だぁ~とため息をついています。どこの国の子供もおんなじなんですねぇ…。

関連記事

コメント

非公開コメント

月別アーカイブ