オランダと日本のハザマで働く大変さ

会社に復帰し、すっかりクリームティー&ローラアシュレイのふわふわ気分が
消え去ってしまった私です。

私は日系企業で働いている、、、とは何度か書いておりますが、オランダ人を
含めるこちらの現地人と駐在員を中心とする日本人とは、やはり色んな面で
差があって、大変だなぁ、、、と、もう勤めて5年近くになるのに、それでも
毎日のように感じてしまいます。

日本国内で日本人たちだけに囲まれていれば、「皆が同じようにモーレツに働く」
のは当たり前と思っていても、それが世界のどこでも通用するかといえば、
とんでもない話。むしろ日本人のように夜10時まで残業、、、などと働くのがオカシイのであって、
他の多くの国では、「働くのはお金をもらうため。家族と一緒に過ごす時間が一番大切。
自分の時間を大切にする。」と、残業せずに定時帰宅するのが当たり前なのです。
それを十分に理解して、その中でなんとかやりくりするしか選択肢はないのです。

そうは言っても、それがどんなに難しいことか。日系企業であれば、お客さんは
日本のお客さんが多いので、彼らは日本と同じようなサービスを受けて当たり前、と
思っています。しかし、実際には現地人に日本人のように働いてもらうのは
ムリ。そのハザマにいるのが、まさに異国の地に送られた「駐在員」であったり、
現地で雇われた日本人であったりするのです。まあ、私の場合は、現地人向けの庶務なので、
まったく問題はないのですが…。

最近、新しい駐在員の方がうちの部にもやってきて、彼がものすごく苦戦している
のを会社に行く日は毎日眺めています。「えらいなあ、大変だなあ。私だったら
日本に逃げ帰っちゃうなあ。。。」そんな風に思いながら、観察しています。
英語もそれ程得意そうでもないのに、いきなり何も知らない外国に送られて。
駐在員っていいなあ、なんて漠然と思うこともありましたが、今はこの「ハザマ」の
仕事を引き受けなければいけないのならば、絶対にいやだわ、、、とすら思ってしまいます。

これからオランダにいらっしゃる方に。下記は私が学んだちょっとしたkコトです。
これを知れば仕事がスムーズに行くというわけではないと思いますが…。
見ていると、新しく入ってきた現地のオランダ人たちもやっていて、これが
オランダ流なのかなぁ、と。

★ ぶしつけの質問はタブー
いきなりぶしつけに押しかけて質問しない。オランダ人は意外とセンシティブ(?)。
突然何か聞かれても「知らない」と応える可能性が高いです。ラテン国では
答えを知らなくても適当に応える、というのが通説ですが、オランダでは大抵
「知らない」といいます。何か知りたい場合は、自分が一緒に働いている、または
紹介してもらった同僚などに「誰に聞けばいいの?」と聞いて、
その人から相手に連絡してもらう、または、自分から最初にメールを送り、
その後、「メールで質問した件だけど」とその人を尋ねるくらいがいいペース。
オランダ人も「なんでわざわざこんなことを聞いてくるの?直接本人に
最初から聞けばいいじゃん」と思うことでさえ、知っている人に確認し、それから
初めての人を訪ねるようにしているのを良く見かけます。日本ではそんな
簡単なこと、私に聞かないでよ!と思われる簡単な質問でさえ、こちらでは
あらかじめきちんと確認するのです。それがオランダ流なのです。ぶしつけに
質問することはもしかしたら大変失礼なのかもしれません。

★ 聞く人を見極めよ!
上にも書きましたが、何かあったら誰かに聞くのがいいのですが、その誰かは
誰がいいのか!?これを見極めることが大事です。聞いても役に立たない人
(といっては失礼だが…)だと、時間の無駄にさえなってしまいます。
会社には色んな人がいると思いますが、長く勤めていて聞きやすい人に
「これは誰に聞いたらいいの?」と聞くのがいいです。そのときの反応が
けっこうテキパキとしていたら、、、その人は頼りになる人です。反対に、、、
んん?と周りの反応を見ている人は、、、何を聞いてもきっとそんなお答え。
なので、あんまり頼りにしないほうがいいかも。

★ 彼らなりのスピードを尊重する
オランダ人は(人にもよるけど)けっこう真面目な人が多いと思います。やるといったら
ちゃんとやります。ただ残業してまで、、、という責任感はありません。
残念ながら…(苦笑)。だから夕方に何かをごそごそ聞き込む・頼み込むのは
ものすごくイヤがられるし、どんなに頼んだところで無視されてしまうやも
しれません。どうやら残業があるらしい、というときは、こちらの上司は
前もって残業したい人を募っておく、というやり方をし、夕方に突然あれこれ
押し付けたりしません。日本だって、昔はそうだったに違いありません。
映画や漫画で「○○くん、今日は残業頼むよ」なんて、頼んでいるシーンが
あったような気がします。ですから、現在の日本流の働き方は押し付けても
ムリ、という風に割り切っておくほうがいいのです。

あんまり役に立たない内容ですけど、、、以上が、オランダで仕事をしていく
上で、最低限に知っておいたほうがいいこと、でしょうか?!自分のペースを
見つけるまでが大変だけれど、なんとか慣れて、皆さん、頑張っていってほしいものです。
もちろん、私も…頑張っていきますわよん♪
関連記事

Trackback

Trackback URL
https://oranda.blog.fc2.com/tb.php/270-25af208a

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

そらのくも

Author:そらのくも
オランダ生活も15年目に突入しました。

(ご案内)
オランダ情報は「そらのオランダ通信」でお届けしています。是非ご覧ください。

https://soraoranda.com/↓ ↓ ↓

photoeurope2.jpg

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
写真のこと
当サイトで使用している写真と文章の無断転載はお断りしています。


情報
line_10.gif
line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記のお好きな画像バナーどれかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです 。

heart3.gif クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
気になる本
オランダ生活に役立つ、今、自分が欲しい本を載せています(いわゆる備忘録)。



前回載せておいたフランス菓子は買おうと思ったら絶版になっていた。。。うそ~…!絶版になるのが早すぎる。今度こそ…。

ブログキーワード別カテゴリー

オランダ お出かけ 街並み 子ども ヨーロッパ 旅行 ハンドメイド ガーデニング カフェ ミュージアム 洋服 ショップ ソーイング本 自転車 子育て 教育 学校 オランダの話題 庭園 ロッテルダム カメラ ニュース レストラン オランダの食材 日本語教育 スーパー 国際結婚 おうちのできごと 

ブログ記事カテゴリー
最近のコメント
メールフォーム
ご訪問ありがとうございます♪♪
ブログ・HPの感想はこちらまで↓

mail-pen2.gif
ブログ内検索
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数: 現在の閲覧者数:
Flag Counter
月別アーカイブ