(今月のおでかけ) 新旧入れ替わる町、マーストリヒト その1

そんなわけで マーストリヒトに週末旅行にいってきました。

maastricht2.jpg


マーストリヒトはオランダの最南部に位置し、ドイツとベルギーの
国境とも間近。インターナショナルな雰囲気で人気の町です。

私がここに行くのは、5年以上ぶり…。信じられないけど、
それだけ月日が経っちゃってます。到着するまでは、どんな町
だったかすっかり忘れておりましたが、駅に降り立ったとたん、
ああ、そうだった、そうだった、と思い出しました。

駅からまっすぐまっすぐ進むと、有名な橋があり、そこを超えると
いわゆる旧市街です。旧市街の町並みは、他のオランダの有名な
旧市街を持つ町と変わらず趣があってとても素敵です。

maastricht3.jpg


大きな本屋の看板があったので、曲がり、中に入ってみると…。

maastricht4.jpg


驚きました。なんと、教会が本屋になってしまっているのです。
こんなの見たの初めて。中にはラックが組み立てられていて、
2階、3階にあがることもできます。

maastricht5.jpg


3階に上がると、教会の天井が近くなって、今まで見たことがない
視点かもしれません。

maastricht6.jpg


奥には喫茶コーナー、そして子供の本コーナーもあって、
普段から「boek lezen!」と本が大好きなりすちゃんは大興奮。
かなり興奮して、本をめくっていました。私は紙を破ってしまう
のではないか…と、気が気じゃありませんでしたが…。

maastricht7.jpg


たしかに外から見ると、教会です。。。この教会本屋を出て、
左に曲がると、、、。

maastricht8.jpg


本当にクリスマスマーケット。ここだけ、、、クリスマスです。
へーんなの。季節が季節なだけに、実際のクリスマス前と比べると、
もう「終わった感」も漂っているのか、ちょっぴし盛り上がりに
欠けている?…それでも、メリーゴーランドやら、観覧車などの
移動遊具。そして、グリューワインなどを売るお店がちゃんとありました。
ここのメリーゴーランドは2階建てでとても大きく、大人も一緒に
乗れる、ということで、りすちゃん、だんなと一緒に
メリーゴーランド初体験!!

maastricht9.jpg


得意げなお顔?…とっても楽しそうでした。

私も本格ドイツのソーセージを食べて、大満足!ドイツで
食べたのよりここのほうがおいしいぞ?まあ、売っている人は、、、
ドイツ人のようだったのでこれもドイツのソーセージなのだろうが…
(さすが、インターナショナルな町)。

だんなとりすちゃんはポフェチェ(オランダパンケーキの
小さい番…一瞬たこ焼きのようなもの)を食べて、大満足。
ひと段落したところで、本日のホテルに向かいました。

マーストリヒトのホテルは高い。はっきりいって、、、。
安い選択肢があまりないんです。でも、バスに乗って遠くまでいく、
というのも嫌だったので、仕方ありません。

選んだホテル 「HOTEL MABI」 は、立地条件は最高。
市庁舎のすぐ裏手にあります。とてもきれいなホテルなのですが…
スタイルは私たちの好きなものとは違い、シンプル&モダン。
だから、、、最初入った瞬間はちょっと…「うーん」だったな。
泊まって慣れると、いこごちよく、んん、けっこういいホテルだったな、
と意見を変更したのですが(苦笑)。

mabi.jpg


30年代は映画館だったというホテルMABI。

りすちゃんのオムツを替えて、再び外に出ます。天気は悪く、
雨が降っているのに今日に限って傘を持ってくるのを忘れ、おばかな私…。
(だんなはもちろん持っているわけがありません!)。

maastricht10.jpg


雨の中、旧市街の中を再び歩きはじめ、確か5年前に来たときは、
このあたりがアンティークショップ通りになっていて、素敵なお店が
たくさん連なっていたハズ…と思った付近を、歩いてみましたが、
ない、ない、ないのです!!アンティークショップが一軒もないのです。
あれ?と思い、だんなに確認してみると、だんなの記憶はナシ(…)。
おいおい。覚えておいてよ。しかし、だんなの持っていた古い
ガイドブックを見てみると、その本にもその付近にはアンティーク
ショップがひしめく、と書いてあって、「あれ?おかしいね?!」と
いうことになりました。なんか狐につままれたような気分、
とでもいいますか。

後で分かったことなのですが、今、マーストリヒトから、多数あった
アンティークショップが消え去っているそう。途中見つけた1軒では、
閉店セールをしており、そのお店の入り口には新聞記事が
貼ってあって「また、マーストリヒトから1軒、伝統あるアンティーク
ショップが消え去ろうとしている」とかかれてあったのです。
60年以上も歴史のあるそのお店。もう次回ここにくるときは、その
お店もなくなっているのでしょう。。。

アンティークショップの代わりに入ったお店はどれも、高級服店で、
私とは縁もなし。。。それ以外のお店は、オランダの各地で見られる
いわゆるどこにでもあるチェーン店で、個性的なお店がどんどん
消えてしまっているのです。

日本の京都などもそうだけど、オランダもどうして?どこも似たり
寄ったりのつまらない町になっていくんだろうね?ついつい私は
だんなにそんな話をしてしまいました。するとだんなは、イギリスも
そうだよ、といいました。おや?イギリスもそうなの?!と、、、
問いただすと、かの有名旅行作家、ビル・ブライソンの本でも
ビルが私と同じように嘆いていたのだとか…。そうか。私はビルと
同じ感性の持ち主だったのね?!もしかして…旅行本、書けるかも?!
(←だんなの返事はなかった。)

何かよいアンティークにめぐり合えるかな?と思っていた私は、
変わってしまった町にちょっとがっかりしてしまいました。
だんなはいくら5年が経ったとはいえ、そんな歴史ある
アンティークショップが一挙に全部消えてなくなるものだろうか?と
言うし、本当に不思議。どうなっているんでしょう?マーストリヒト。

結局、アンティークめぐりに、と考えていた時間が宙に浮いてしまい、
かといってどこかに行くには十分な時間もなし、という感じに、
中途半端な時間をすごすことになってしまいました。
聖母教会で美しいマリア様を見て、なんとなくイタリア旅行を思い出し…。

maastricht11.jpg


こちらは聖セルファース教会のファサード。残念ながら時間がなく、
中に入ることができませんでしたが、、、前回は訪れました。
中の聖セルファースの聖具室は必見!!

残念ながら、この日は私の体調もいまいちで、雨の中を歩き回って
疲れてしまったので、ご飯も適当にブラッセリーで食べることに。
入ったブラッセリーは、古い伝統的なカフェ、の雰囲気で、だんなは
相当気に入ったよう。。。彼は本当に古きヨーロッパが好きなんだわ。
壁にはベアトリクス女王の写真まで貼ってありました(苦笑)。

ホテルに戻る前、もう一度クリスマスマーケットに行き、今年最初の?
(今冬最後の?)クリスマスマーケットの雰囲気を楽しんでから、
ホテルに戻りました。

maastricht.jpg


maastricht12.jpg


maastricht13.jpg


疲れていたので、顔も洗わずグーッと寝てしまい、夜中に
おきるハメになりました。。。

- 2日目に続く -
関連記事

Trackback

Trackback URL
https://oranda.blog.fc2.com/tb.php/375-4d6df6ad

Comment

アングラ | URL | 2008.01.15 01:25 | Edit
この教会、じゃなかった本屋さん、イギリスの新聞「ザ・ガーディアン」のサイトで、世界で最も美しい本屋さん10軒のトップで紹介されていますね。

http://books.guardian.co.uk/shoptalk/story/0,,2239172,00.html
sora@oranda | URL | 2008.01.15 05:08 | Edit
☆アングラさん、
うわー。一位で紹介されてますね~。たしかに雰囲気のある、何かを買いたくなる雰囲気でしたものね。この10位の中では、京都の本屋も入っていますね。何処なんでしょ…何年か京都に住んだくせに、どこだか分かりません。。。悔しい。ポルトの本屋も気になります。
なごみ | URL | 2009.02.02 11:44
古い記事にコメント失礼します。
オランダ情報を検索していてたどり着き「京都の本屋」で思わずコメントしたくなりました。

イギリスの新聞うんぬは知りませんが、京都で美しい本屋と言えば「丸善」だと思います。
河原町通りにある・・いえ、ありましたが数年前閉店しました。

小説「檸檬」で主人公が本の上にレモンを置いて立ち去るってくだりで有名になりました。
ヨーロッパの本屋はこうなのか?って思うようなインテリアで、一階がなぜか輸入雑貨(しかもパイプとか紳士的なもの)、2階以上に本があり洋書も手に入りました。
あの本屋へ行くことがステイタスみたいなとこがありました。

さて、5月にオランダの旅計画しています。
そらさんのおらんだ通信、隅々まで読ませていただきますね。


sora管理人 | URL | 2009.02.03 00:17 | Edit
☆なごみさん、
コメントありがとうございます。
京都の丸善さんは大手だと思われますが、
それでも閉店されたのですか。
そんなにステキでも、、、やはり出版業界は
厳しいということなんでしょうか。

私が、日本の本屋で思い出すのは、愛知県
の小さな町「足助」町にあった本屋です。
「日本らしさ」とかなりテーマが絞られた本が
並べられている空間に、なぜこんな田舎町に
こんな魅力的な本屋が?!と驚いたことを
今でもよく覚えています。田舎をばかにしちゃ
いけない、、、深く反省しました。

ヨーロッパにも、とても魅力的な本屋が
点在しているので、なごみさんも是非
思い出に残る本屋を見つけてみてくださいね。
Comment Form
公開設定

プロフィール

そらのくも

Author:そらのくも
オランダ生活も15年目に突入しました。

(ご案内)
オランダ情報は「そらのオランダ通信」でお届けしています。是非ご覧ください。

↓ ↓ ↓

photoeurope2.jpg

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
写真のこと
当サイトで使用している写真と文章の無断転載はお断りしています。


情報


line_10.gif
line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記のお好きな画像バナーどれかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです 。

heart3.gif クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
気になる本
オランダ生活に役立つ、今、自分が欲しい本を載せています(いわゆる備忘録)。



前回載せておいたフランス菓子は買おうと思ったら絶版になっていた。。。うそ~…!絶版になるのが早すぎる。今度こそ…。

ブログキーワード別カテゴリー

オランダ お出かけ 街並み 子ども ヨーロッパ 旅行 ガーデニング カフェ ハンドメイド ミュージアム 洋服 ショップ ソーイング本 オランダの話題 自転車 カメラ ロッテルダム 教育 庭園 レストラン 学校 ニュース 子育て オランダの食材 スーパー 日本語教育 オランダサッカー 国際結婚 英語学習 おうちのできごと 

ブログ記事カテゴリー
最近のコメント
メールフォーム
ご訪問ありがとうございます♪♪
ブログ・HPの感想はこちらまで↓

mail-pen2.gif
ブログ内検索
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数: 現在の閲覧者数:
Flag Counter