オランダで自転車 ~ 風車にお城に…

このところ、いい感じに過ごしています。
1カ月間、冷え対策、コンピュータをあまりやらない、
そして寝ることに重点を置いたのだけれど、
やっぱりこういう「基本」がとてもいいみたい。
この一カ月、体にいろいろな変化があって、
どうやらひと山越えたって感じ。
もちろん、本当に完治しなければ、
今の状態であれこれ言うことはできないけれどもね。
ともかく、しばらくはこの「基本」を守っていきましょ、です。

さて。
昨日は、久々に自転車に乗って…でした。
気がつけば、もう9月。
本格的な観光・自転車シーズンももうすぐ終わりです。
あー、まだまだ行きたい所は山のようにあるのになぁ。。。

昨日は、オランダはモニュメントデー。
いろんな文化遺産、施設などが一般にOPENになる日です。
私の行きたい、と思っていた場所も、この日はOPEN、
しかも自由に見学してもよい、ということだったので、
その近辺も合わせて、よっしゃ行ってみよ~、ということになりました。

まずは電車でデンハーグHSへ。
自転車を持って、大都会(?)から出発です。

ここから2キロ南東に下ると、Voorburg(フォーブルグ)。
小さな町に到着です。


DSCF5143.jpg


小さな町なので、メインストリートが一本ですが、
お店はおしゃれなものがたくさん。
アンティークのお店や子供服のお店など、、、
どれもお値段が高め、、、なので、
このあたりに住んでいる人は、リッチな人たちなのだな?
ということが、なんとなく分かります(苦笑)。
私たちの好きな、英国風のお店がたくさんあったので、
何度もすぅぅぅーーー、と吸い込まれそうになりました。


DSCF5146.jpg


今日は土曜日で、マーケットが開かれているよう。
緑の中のマーケットは、絵になりますね。


DSCF5147.jpg


マーケットの先には、だだーーーん。
有名なミシュランスター1つ星のホテルレストラン、
Savelberg がありました。
ここ、政治家さんとか有名人の利用もとても多いのだとか。
なーんか、そんな感じね…。
まあ、私の場合、オランダの有名人を見ても、
有名人と気付かない可能性は大だが…(苦笑)。
お値段もだだーーんで、ワインを開ければ、
おひとり100ユーロ以上は覚悟の上で、とのことです。
さすが、ミシュランだわね。

ちなみに、このVoorburgには、もう一軒なかなかよさげな
レストランがあります。 → Villa La Ruche
ここのウェブサイトはイマイチですが、私のもっている本
での紹介はなかなか魅力的でした。
お値段は、Savelbergの半分ほど…なので
少し親近感がわきます(笑)。

話がレストランになってしまいましたが、
Savelbergを過ぎると、大きなお屋敷街。
あー、やっぱり金持ちの街だったんだぁ~、と思いつつ…。
次の町、Leidschendam(ライチェンダム…よ、よめない…)へ。

ここは、町の中心にいかなかったこともあるけれども、、、
通ったルートは、なんだかイマイチ。
なので、すーーっと通り抜けました。

ここの郊外には、、、有名な、というより、小有名な、
というか、、、あんまり有名でない…(どんどん規模が
小さくなる…汗)、ミニ・キンデルダイクがあります。
風車が3基、連なって立っているのです。


DSCF5153.jpg


キンデルダイクの19基に比べると、規模はかなり「小」
ですが、大きな風車の目の前までいけるので、
迫力はなかなかのもの。

この日は、一番奥の風車がぐるぐるとものすごい勢いで
まわっていたのですが、この風車の音って、、、独特。
聞いたことある人なら分かると思いますけど…。
ちょっと怖いっていうかね、なんか不気味な、っていうかね。
少なくとも心地いい音ではないんですよ。
それがすごい勢いでまわってものすごい音を奏でている
ので、、、りすちゃんが、怖い、怖い、と半べそに。
無理もない…。私でさえ、うわ、壊れて飛んできたら
どーしよ、て思ったくらいですから…苦笑。

これら風車は3基とも、住人がいるのですが、
こんな田舎の何もないところで、この音と一緒に住むって、
ちょっと勇気がいるねぇ、、、と、だんなとそんなことを話しました。

ここから先は、ずーっと農家が並ぶ田舎道。
オランダの農家って庭が綺麗だったり、コテージ風だったり、、、
なんか魅力的な家が多いのですが、ここらの農家は
どこもちょっとひなびた感じ…。
あんまりお手入れも盛んではないらしく、
おぉぉーー、と目を奪われるような家はありませんでした。
一軒だけ、3基の風車の前の家だけコテージ風でステキでした。

しかも、ものすごい向かい風。。。
自転車で、向かい風って厳しいぃぃ~。
えいやー、がんばれ、えいやー、がんばれ、と
ひたすら風に向かって漕いでました…。

ようやく左へ曲がり、ホッと一息。
本日のメインイベント、お目当てのモノまであと少し…。

お目当てのモノ、とは…。
じゃじゃーーん。


DSCF5156.jpg

Kasteel Duivenvoorde (ドゥイヴェンフォールデ城)
またまたお城です。

入り口から、並木道が続き、なかなか良い感じ。
今日は、モニュメントデーと知っている人が、
次々と自転車やら自動車でやってきて、
多くの人で賑わっていました。
(通常も5月1日から10月31日まではOPENしているのですが、
普段は決められた時間にツアーでまわるのが原則。)


DSCF5159.jpg


(中は写真撮影禁止です…はは、そっと撮りました)
建物の中は、17世紀から19世紀の調度品が品よく
飾られていて、ステキ。
私の好むヨーロッパのホテルのような品のよさで、
ここなら泊まってみてもいいなぁ~。なーんて。

ここでは、クラシックコンサートも時々開催されているよう。
お城でのコンサートなんてステキ、と思われる方は、
こちら → お城でコンサート


DSCF5160.jpg


この日は、ウェディングも行われていました。
なんと4台ものリムジンが止まっていて…。
想像するにとってもリッチな結婚式。
ロッテルダム方面からのカップルだったようです。
(中にいたので、顔はほとんど見えず…残念。)


さて。お城を終えると2時。
お昼も食べていない私たちは、さすがにおなかが空きます。
りすちゃんなんて、
「レストランに行こうよ。レストラン。」
と、自転車の後ろで、ずーっとレストランを連呼。
最初のVoorburgから言っているので、さすがに機嫌が
悪くなってきました。
「もう、私、歩かない!自転車乗らない!ちょっと座りたい!」
と、切れかけたりすちゃんを、
「ほうれ、ほれー。美味しいレストランが待っているぞ。」と
なんとか、レストランという言葉で釣り、
自転車に乗っけて、出発です。

さて。どこに行こう…。
最終目的地のVoorschoten(フォースコーテン)はもうすぐ。
そして、Voorschotenといえば…。
王族の敷地内に美しいティールームがあったはず。

というわけで、懐かしのティールームに行くことに。
ここを前回訪れたのは、、、2003年?!6年前?!
とにかく、ずいぶん昔のことです。
ずいぶん昔だけれども、HPのひとりごとで
つぶやいた記憶があるぞ…。
あの頃は、ブログはなかったけど、毎日毎日HPの日記を
更新していて、すごかったなあ。
よくぞそんなに書くことがあったものだ。
(その後、HPのワンダレン日記にも転記してあります。
こちら → デンハーグ郊外を歩く


記憶をたよりに、その王族の敷地、De Horstenに向かいます。
門をくぐると、駐車場(駐輪場)。
こんなんだったかしらね?ここの記憶はまったくないものの
たくさんの車が止まっているのにびっくり。
まさかみんなティールームに行くわけじゃなし。。。?
ワンダレンを楽しんでいるのかなぁ?!
一人1ユーロ払って、敷地内へ。

中は高い木が多い茂る森で、深呼吸すると体に良さそう…。
つい考えることが、そんなことに…(ははは)。 


DSCF5165.jpg


りすちゃんも、さっきの機嫌の悪さがウソのように
楽しそうに走り回ってました。鼻歌まで出てるし。
車も自転車もこないから、好きに走り回っても大丈夫だし、
そういうのって、やっぱり気分的に楽ちんになりますね。


さて。
ティールーム。


DSCF5171.jpg


やっぱり以前と同じように素敵に建っていました。


DSCF5172.jpg

DSCF5178.jpg


建物そのものも魅力的だけれども、
お花の飾り方なんかが、すごく私好み♪
もう、いい感じぃ~、なんですよね。

私たちが着いたときは、すでに2時半を回っていて
昼食タイムはすでに終わり…。
とほほ。以前もそうだった記憶があるよ。そーいや。

ここのティータイムは、本格英国風で、
クリームティやらアフタヌーンティ、ハイティーなど。
昨今は、オランダはハイティーブームで、どこでも
かしこでもハイティーをやっていますが、
6年前はとても珍しかったんだなぁ!!

…で。
今回も、クリームティーを頼むことに。


DSCF5177.jpg


ここのスコーンは、ちょっとふわふわとパンのような感じ。
私はどちらかというと、ぱさぱさのほうが好きなんだけど。
お茶は「Horsten」というミックスティーを頼んだけど、
ミントが効いていて、ほっくり美味しかった~。  
緑の中で、のんびりとティータイムって、やっぱ特別だな。

ティールームのHP: Thee Paviljoen De Horsten 

のんびりした後は、この敷地内を少し歩いて…。
ドングリを拾ったり、大きなマッシュルームを見つけたり。
あんまり時間がなかったので、ゆっくりはできませんでしたが、
今度はここにゆっくり来て散歩もいいかもなあ、なんて
思いつつ…(きっとまた6年くらい経っているのだな…苦笑)。

その後は、自転車に乗って駅へ。
とにかく向かい風が多く、終わるころには、モモが痛い~、
てな状態で、帰ってから大変でしたが、
変化に富んだ風景&寄り道、で楽しい自転車デーでした。    
関連記事

Trackback

Trackback URL
https://oranda.blog.fc2.com/tb.php/472-54326a79

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

そらのくも

Author:そらのくも
オランダ生活も15年目に突入しました。

(ご案内)
オランダ情報は「そらのオランダ通信」でお届けしています。是非ご覧ください。

↓ ↓ ↓

photoeurope2.jpg

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
写真のこと
当サイトで使用している写真と文章の無断転載はお断りしています。


そらのオランダ通信お薦め:オランダのベストミュージアム
↓ ↓ ↓
photoeurope2.jpg
情報

line_10.gif
line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記のお好きな画像バナーどれかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです 。

heart3.gif クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
気になる本
オランダ生活に役立つ、今、自分が欲しい本を載せています(いわゆる備忘録)。



前回載せておいたフランス菓子は買おうと思ったら絶版になっていた。。。うそ~…!絶版になるのが早すぎる。今度こそ…。

ブログキーワード別カテゴリー

オランダ お出かけ 街並み ヨーロッパ 子ども 旅行 ガーデニング カフェ ハンドメイド ミュージアム 洋服 ショップ ソーイング本 オランダの話題 自転車 カメラ ロッテルダム 庭園 教育 レストラン 学校 オランダの食材 ニュース 子育て スーパー 日本語教育 オランダサッカー 国際結婚 英語学習 おうちのできごと 

ブログ記事カテゴリー
最近のコメント
リンク
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数: 現在の閲覧者数:
Flag Counter
メールフォーム
ご訪問ありがとうございます♪♪
ブログ・HPの感想はこちらまで↓

mail-pen2.gif
ブログ内検索