週末ベルギー旅行その2 - クノッケ・ヘイストとデ・ハーン

ベルギー週末旅行の2日目。

そもそもなんでベルギーの海沿いに来たのか、というと、
私が「海沿いトラム」に乗ってみたかった、という理由。
週末「鉄子」になりたかった、ってワケ。

ベルギーの海岸は、地図で見てもお分かりのとおり、それほど広い範囲では
ないのですが、なんと、この海岸沿いを、ずーーーーっとトラムが走っているのです。

一日トラムに乗りながら海を眺める、、、。
なーんて素敵なんだろ…。
感じは、日本の「江ノ電」みたいな感じかしら…。
ああ、その昔、中学・高校の頃、その頃流行っていた女の子小説
「丘の上のミッキー」を読んで、湘南や鎌倉、逗子なんかにあこがれたっけ…。
由比ヶ浜、七里ガ浜…かっこいいサーファーさんたち。。。
ああ。。。


と、思ったのに。

実際のベルギーの海沿いトラムは、状況は違って。


海沿いを走る、といっても、海が見えるワケではなかった…(涙)。


駅名も「aan zee(海沿い駅)」とかなのに、海が見えない。



こりゃ、ちょっとがっかりだったヮ~。


DSCF6187.jpg

デ・ハーン駅に来るトラム


ま、こんな勘違いはあったものの、オステンドからトラムに乗って、
北東の街、クノッケ・ヘイストへ。
トラムに乗っているのは1時間。けっこう長いですよ。

このクノッケ・ヘイストは、日本人にはほとんど知られてないと思うけど、
実はベルギー1の高級ショッピングストリートが並ぶといわれる海沿い
ショッピングの街。

オランダの海沿いの街は、田舎~~…なんで、ショッピングが好きな
オランダ人はここに数日間休暇に来る人が多い。
前の職場に顔を出していた派遣会社のおしゃれマネジャーさんも、
よく「ベルギーの海岸にバケーションに行くの~」と言っていたっけ。

高級ストリートと呼ばれる海岸通り(kustlaanだったか?)は、
時間がなくてほとんど見ることができなかったけど
少し歩いただけでも、たしかに、、、オランダでは見かけない
ラルフ・ローレンとかロエベ、高級フランス子供服のcatiminiなど…
ずら~~っとリッチそうなお店が並んでおりました。。。

そもそも、なんで時間がなくなったか、というと、
それ以外の通りにも、ずらーーっとお店が乱立していて、
子供服を扱うお店がやたら多く、ちょっと入ってみよう、こっちもあっちも、
といっているうちにあっという間に時間が経ってしまったのです、、、汗。
ウィンドーショッピング、ってヤツ。

実は、ほんとは、ここにはショッピング以外に、
自然保護区に鳥さんを見に行こう、、、という最大の目的も
あったのだけど、お店巡りに夢中になりすぎて、
この自然保護区に足を運ぶことすらできなかった、、、。
何しにいったんだか、、、汗。

ま、天気もあんまり良くなかったし、、、いいんだけどさあ。。。


DSCF6178.jpg

クノッケの海岸線の建物


DSCF6176.jpg

海の家はまだオープンしてませんでした


この日入ったカフェはイマイチ。
ベルギーといえ、やっぱイマイチの店はあるんだな。


この日の収穫は:
りすちゃんは、パパにアイスを買ってもらって大満足。
ベネトンで、子供チックな柄のTシャツをママに購入してもらった。

私は、アウトドアショップで、大好きなJack Wolfskinの
ウィンドジャケットを50ユーロ引きで購入して大満足。
さっそく毎日着てます。ムフフフ。


帰りにデ・ハーン駅で降りて、少しだけ散策。


DSCF6185.jpg

海岸沿いはどこも似たり寄ったり。


DSCF6186.jpg

この街はアール・ヌーボーの街として有名(らしい)。


DSCF6184.jpg

私が泊まってみたい憧れホテルも2軒あります。


DSCF6183.jpg

クノッケに比べると少し落ち着いた雰囲気。


DSCF6181.jpg

デ・ハーンのノスタルジックなトラム駅。


この日の夕食は、デ・ハーンの海の見えるレストラン。
、、、が良かったのだけれど、トラムの最終時間が分からなかったため、
オステンドに戻って、イタリアン・リストランテへ。


DSCF6189.jpg

ピザを食べるりすちゃん。


お味は、まあまあ。
でも、店内が狭く、食べ終わったりすちゃんがぴょんぴょん跳ねていて、
他の客やお皿を運ぶ人の邪魔になって迷惑になるので、
メインを食べ終わると早々に退散。。。


ホテルに戻って、バーでゆっくりとコーヒー時間にしました。
りすちゃんは、子供遊び部屋で遊んでるし、ラクチンだ~。


そんなわけで、今日も何をしたんだか最終的には良く分からない(?)
まったりとした一日なのでした。
関連記事

コメント

始めてコメントします。Eindhoven在住のnakoと言います。私もこの週末に子連れでブルージュとデハーンに行ってきました。デハーンでは、もちろんトラムに乗りましたよ。でも、同じく海が見えずに残念な思いをしましたよ。始めに読んでから行けばよかった・・・。
街はどちらもとてもよかったのだけれど、デハーン駅前で入ったカフェはいまいちだった上、後からレシートを見ると12%と21%の税金がかかってる。かかりすぎじゃありませんか、これは?と言うか、これは何???と思ったものの時すでに遅し。この税金の仕組み、ご存知ですか?

Re: タイトルなし

☆nakoさん、

はじめまして。こんばんは!
コメントありがとうございます。
デハーンとブルージュに行かれたんですね。
トラムは…海が見えると思っていくと、相当残念ですよね。
私も、、、じーっとみてましたが…見えない、見えない、見えなーい!
と、乗った当初は相当がっかりしました。
町並みは全然違いますけど、アールヌーボー調のデハーンも、
中世の街並みブルージュもどちらもいいですよね!!

デハーン駅前のカフェ…。
私たちもそこに入ろうと思ってましたよ~。
トラムの最終時刻さえ勘違いしてなければ…。
(勘違いして、、、ヨカッタ~~…汗)

その21%は普通の付加価値税だと思いますが、12%は…
いわゆるサービス料(チップ)ってヤツじゃないですか?!
高級料理店なんかに入るとかかってくるヤツ。
(記憶にあるのは、ロンドンの三越の下のレストラン、
あそこも12%だかなんだかのサービス料が勝手に取られます)
カフェでそんな料金を請求するなんて、相当悪質ですね。
最高のサービスだったんならいざ知らず…イマイチだったの
なら、、、なおさら。

あー、なんだかベルギーのイメージが…。
こういうのがあると、評価がぐぐっと下がりますよね(怒)!
非公開コメント

月別アーカイブ