旅はロマンだ ~ 雑誌「旅」休刊に思う・・・

DSCF0026.jpg

またまたパイに挑戦!
今週は、クランベリー・アップルパイ。
美味しかったけど、ちょっと酸っぱかったかなァ~。。。

ところで。
新潮社の「旅」が来年1月をもって休刊するそうです。

やっぱり…。

私は、この雑誌を5年近く購読していたので、とても身近に感じている
のですが、最後に辞めてしまった理由は、「面白くなくなった」
だったんですよね。休刊してしまうってことは、ワタシ以外にも
面白くない、て思った人がたくさんいたってワケなんですね。
残念ですけど、仕方がない結果です。

以前、購読を辞めてしまった時にも、ぶつぶつ呟いてます。→ コチラ

このときは、「特集される場所がマンネリ」と書いていますね。
パリばっかりで面白くない、って。まあ、今でもそう思います。

…でも。今、さらに思うことは、、、このインターネット普及時代に
インターネットでも得られるような情報だけを提供しているのでは
やっぱり雑誌としては失格なのでは、てコトです。

たとえば、パリのカフェ。
魅力的な響きだけれども、今やパリに住んでいる人やパリを旅した人が、
ブログでステキなカフェの情報を写真付きで公開している時代
じゃないですか。プロフェッショナルであるはずの雑誌と、
一応素人であるはずのブログ、、、どっちもどっち?になってしまえば
お金を払わなければいけない雑誌の売上部数が減るのは当たり前の話。

考えてみると、インターネットが普及するちょっと前までの旅行は
まだどこもかしこもナゾや冒険が溢れていましたね。
情報は、本や雑誌しかなかったんですから、世界はまだまだ広くて…。
写真もほとんど載ってない文字だけ情報の「地球の○き方」片手に、
その場所に行き、、、実際、行ってみたら…まあ、大変!!なーんて(笑)。

もちろん、今でも世の中にはそんなところは多数存在していて、
面白い世界は広がっているのですが、、、それでも、昔に比べたら
最低限の情報や口コミはインターネットで拾うことができます。
そういう意味で、旅のワクワク感・空想や冒険といった要素はずいぶん
減ってきてしまったと言えるんでしょうね。

ともかく、今は旅雑誌にとって、単なる情報だけじゃダメ、
綺麗な写真だけじゃダメ、だからといって、、、皆が全然興味のない
場所もダメ、でも予算内以内に収まらないとダメ、、、とダメダメづくし。
昔より工夫していかなければいけない、やりづらい時代に
なったんじゃないかなー、なんて思います。

でも。やっぱり思うんです。
プロなんですから!!いろいろ深く掘り下げていけば、プロならではの
面白い特集っていくらでも可能なんじゃないかな、てね。

美味しいカフェ、美味しいレストランの感想なんて、行った人なら
誰でもできる、って言っちゃあ、、、書いている人(←自分も含めて…笑)に
失礼だけれども、まあ、プロじゃなくてもできるワケ。
でも、それを一歩踏み込んで、たとえば、このレストランの歴史、
過去に起こった出来事、、、なんかを物語り風に展開させて、
「私もここに行ってみたい!!」て思わせることができるかどうか、
てことがプロか素人かの線引き、ってそんな風に思うんです。

この雑誌「旅」は、松本清張の「点と線」を連載した雑誌なんだそうですが、
その関連で、一度「松本清張 小説のゆかりの地を訪ねて」という小冊子が
ついたことがあるんです。これは、、、引き込まれましたね~。
大きな声では言えないけれど、わたしゃ、松本清張の本なんて
読んだことがない(苦笑)!!
それにも関らず、引き込まれたんです。行ってみたい、って。
特に近年再映画化された「ゼロの焦点」の舞台となった石川・金沢には
行ってみたいなぁ~、行くんだったら絶対に本を読んでから!!て
思いました。

ちなみに今、とても行ってみたい場所はドイツのレーゲンスブルグ。
ここ数日、家に転がっているマンガ「オルフェイスの窓」に再び
没頭中なんです(笑)。問題は、、、全9巻中、6巻までしか揃ってない
ってことでして…。あーーーー!続きが気になるっ!(涙)

ベルばらで有名な池田理代子作のこの「オルフェイスの窓」。
このマンガが書かれたのは、なんと35年も前の話なんですが
いまだにレーゲンスブルグには、このマンガを片手に名所巡りをする
日本人(老いも若きも)が出没するという、、、まさにベストセラー
ならではの、「文字の力(絵?)」が働き続けているんです!

レーゲンスブルグは世界遺産にも指定されている古い街並みが魅力的
だそうですが、それだけじゃ、他の世界遺産の町と変わりません。
なのにわざわざここを訪れたいと思うその理由。それは、
マンガに通じる世界を自分も共有してみたい、と思えばこそ。
これぞ旅のロマン、とは言えないでしょうか。

そう、旅のロマン。
これはいくらでも見つけることができますよね。
「世界でたった一つのXX」ていうのも旅のロマンだし、
「歴史上の人物の足跡を追って…」とか、
上に書いたような有名な小説や物語り・映画の舞台を訪ねるとか、
ヨーロッパならキリスト教の聖書に通じる舞台巡りとか、
奇跡が起きた場所を訪れる、とか。。。
そんなん一切関係なく、「ただひたすらに美しい風景」てのもアリ
だと思いますし。。。ちょっと考えてみただけでも、
いくらでも題材になりそうなものが思い浮かんできます。
私でさえ、ね。

本に詳しい人々が集まる出版社であれば、なおのこと面白い題材が
見つかるはず、なのに、この「旅」雑誌は、毎度毎度、美味しいモノやら
アンティーク・マーケット巡りやら、、、。
確かに食べることも買い物も旅の魅力の一つだけどねーーー。
でも、それだけじゃ、行きたいと思う強い動機にはならんだろっ!!
それだけで5年も6年も同じ雑誌を購入はできんだろっ!!
てのが、私のいいたいことですかね~。

この雑誌の購読を辞めてから、購読したい雑誌が本当になくなってしまって…
今はクレア・トラベラーを買っているんですが、これも面白くないので
たぶん辞めます。てか、次回、再び「パリ特集」なんだよね、、、汗。
もういいよ、パリは(苦笑)。家に溢れてるんだから~…。ははは。。。



line_10.gif

オランダ情報ブログランキングに参加中です↓。
薔薇の画像をぽちっとクリックしてくださるとうれしいです heart3.gif

クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。
関連記事

Trackback

Trackback URL
https://oranda.blog.fc2.com/tb.php/717-422afda6

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

そらのくも

Author:そらのくも
オランダ生活も15年目に突入しました。

(ご案内)
オランダ情報は「そらのオランダ通信」でお届けしています。是非ご覧ください。

↓ ↓ ↓

photoeurope2.jpg

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
写真のこと
当サイトで使用している写真と文章の無断転載はお断りしています。


情報


line_10.gif
line_10.gif

ブログ村ランキングに参加しています。
下記のお好きな画像バナーどれかをぽちっとクリックしてくださるとうれしいです 。

heart3.gif クリックしてね♪ありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
気になる本
オランダ生活に役立つ、今、自分が欲しい本を載せています(いわゆる備忘録)。



前回載せておいたフランス菓子は買おうと思ったら絶版になっていた。。。うそ~…!絶版になるのが早すぎる。今度こそ…。

ブログキーワード別カテゴリー

オランダ お出かけ 街並み 子ども ヨーロッパ 旅行 ガーデニング カフェ ハンドメイド ミュージアム 洋服 ショップ ソーイング本 オランダの話題 自転車 カメラ ロッテルダム 教育 庭園 レストラン 学校 ニュース 子育て オランダの食材 スーパー 日本語教育 オランダサッカー 国際結婚 英語学習 おうちのできごと 

ブログ記事カテゴリー
最近のコメント
メールフォーム
ご訪問ありがとうございます♪♪
ブログ・HPの感想はこちらまで↓

mail-pen2.gif
ブログ内検索
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数: 現在の閲覧者数:
Flag Counter