インドに出かける同僚の話

この9月は例年より4度も平均気温が高かったそうである。
4度!!かなり大きい?平年は14度。今年は18度。。。かなり大きいよ!
8月は寒く、記録的な雨。そしてこの9月。。。なんだか、天気、
乱れているなあーーー。そういや、毎年行われている(いた)
大スケート大会ももう96年から(?)開催されていないんだから、
今年で10年。。。もうムリなのかもね。やっぱ温暖化?!

会社で私の前に座っている同僚が、バカンス、バカンス、と
もう2ヶ月も前からさわいでいる。来週、彼女はバケーションに
出かけるのだ。すっごく何年かぶりかに出かけるバカンス。
いったいどこに出かけるのかと思いきや、インド。
イ、インド~?!ちょっとオドロキ。じゃない?!

インドといえば、、、私のインドとの出会いは、マザーテレサで
ありました。カトリックの学校に通っていた私は何度も彼女の
ビデオを見る機会があったのです。そして、路上で死にそうに
なっている人を連れてきて、最期をみとるための施設「死を待つ
人々の家」のビデオは、まだまだ何も知らないティーンには強烈な
シーンでありました。世の中には、私の知らない病気があって
(ハンセン病のこと)道端にぼろきれのように横たわる人がごろごろ
といる世界なんて!まだ、日本以外の国を見たこともない私には
想像も出来ないショッキングな世界でした。
現実とも思えぬその世界。。。それがインド。

二度目にインドに近づいたのは、大学時代。大学時代といえば、
多くの学生がバックパッカーになって、あちこちの国をさまよう
時代であります。旅行が好きな私は3年生の時に中国に行きました。
西安からウルムチまで、、、それはそれは、オドロキと衝撃の
連続の旅でありました。10年前の中国は今の中国とは全然違い、
上海でさえ、マクドナルドもない完全な「異国」だったのです。
まあ、なんにでも馴染んじゃう私は、その旅行にもすっかり
慣れて、普通の旅では味わえない楽しさを知ったのだけれど…。

そこで出会った人々(日本人)にはかなりのツワモノがいて、
ウルムチの先、クシャなどを経て、パキスタンに渡り、最後には
インドに行くつもりの人がいました。く、今だったら、、、
かなりやばいかも?そのルート。。。その他、可愛らしい大学生
のお姉ちゃんも、かなりのつわもので、出会った年の冬には、
バングラディッシュに行ってしまいました。バングラディッシュ
からの絵葉書ってそうそうないかも。。。す、すごすぎる。。。

大学にもインドにいった人は何人かいて、「好きになるかキライに
なるか、どっちかだな。けっこう強烈~…。」などと感想を
述べていました。お腹が弱い私は、絶対いけないだろうなー、、、
などと思っていたものです。

そんなインド。家族8人か何かで団体旅行を計画している我が
同僚。いったい何をするのだ?!話を聞いてみると、これが、また、
しかし。オドロキなのだ。まあ、彼女はインド系スリナム人
でヒンズー教徒。プラス、ヒンズー言語が話せるので、私みたいな
人が旅行するのとは話が違うのかもしれないが、旅行中、家族で専用
ハイヤーを雇い、ショッピングを楽しんだり、美味しいインド料理の
レストランにいったり、5つ★のホテルに泊まってのんびりしたり、
南のほうの大自然の地域やお茶の栽培地域を訪れたり、豪華客船を
借り切って海上で一泊したり、、、特にショッピングはすごく楽しみ
にしていて、アクセサリーも欲しいし、美しい絹布も欲しいし~!!
絨毯も買っちゃおうかなー…と。。。話を聞けば聞くほど、いったい
どこのインドの話をしているんだ?!という気分になってくる。
インドで豪華な美味しいレストラン?!ショッピングーー???

とにかく彼女の話は、今迄私が頭の中で描いていたインドとはほど遠く、
なんだか全然違う世界なのである(まあ、ニューデリーの事情は
かなり私の想像に近いものがある、と彼女は話していたけれど。)
そして、それだけ豪華な旅行をしても、たったの1500ユーロ(20万円)
だ、というのだから、ますます、ええええーーー?とオドロキなのである。

なーんだか。いろいろ知っている!と思い込んでいる自分だけど、
やっぱりまだまだ世界は広いのだなー。そうそう。彼女から、
聞いたスリナムの話もこれまた、面白い世界なのだよ。

- つづく -

b-kumori.gif
関連記事

コメント

非公開コメント

月別アーカイブ