スリナムという国

さて。今日はスリナムについて語る日でした。
スリナムという国の名前を知っている人、あなたはそれだけで
地理は得意、といえるに違いありません。ましてや、スリナムという
国を世界地図ですぐに指差せる人、これはもう、、、あなたは
何物ゾ?の世界です。。。といっては大げさかもしれませんが(笑)。

ちなみに私はスリナムはオランダに来るまで知りませんでした。
名前も、聞いたことあったかもしれませんが、記憶には留まって
いませんでした。でも、私、中学時代、地理は得意だったんですよ。
なんといっても卒業テスト、ただ一人の満点で私の回答が、
模範解答になったくらいですから♪…ああ。過去の栄光。。。

スリナムは元オランダの植民地で1975年にオランダから独立
しました。たった30年前のことなんですね。国民はオランダ語を
しゃべりますし、独立した今でもオランダとは大きな関係が
あります。なんといっても、オランダには、スリナムを母国とする
スリナム人がごろごろといますから。こうごろごろいるには理由が
あります。1975年の独立時、全スリナム人はスリナム国籍を
取得するかオランダ国籍を取得するかの二者選択の権利が与えられ
ました。多くのスリナム人はそこでオランダ国籍を選択し、
こぞってオランダに向ったといいます。ちなみに私の同僚も
家族とともにスリナムを出て、オランダに向いました。
彼女は今でこそオランダのオランダ語をしゃべりますが、
彼女が母親と話すときはイントネーションが違います。なんだか
アヤシイスリナムちっくな(?)オランダ語なんです。

スリナムにはインド系住民とアフリカ系住民がいます。アフリカは
どこだったかな。アイボリーコーストかどこかの国からの人が
多い、ということでした。最近は、中国人も多いです。
スリナムは中国に対し、土木関係の事業につく人にはビザなし
の渡航を認めているのです。多くの中国人はこぞってスリナムに
向かい、、、そして、最終的にはオランダに向おうとたくらんで
います(たくらむ、という言葉はよくないかもしれませんが。。。)
今、オランダには大量の中国人がいますが、彼らはどこから来たか、
というとスリナムからやってきたのです。思うに、私がやってきた
4年前よりずいぶん中国人の数が増えているような…?このまま、
抜け道ビザ政策が続けば、そのうちこの国は中国人だらけになって
しまうのでは…?などと、私なんかは思ってしまいます。

- つづく -

b-kumori.gif
関連記事

コメント

非公開コメント

月別アーカイブ